フルサイズデジタル機のメリットとは…

DSCF7299.jpg
今年5月に、ようやくフルサイズデジタル機 Nikon D700を購入した。
その後、コンパクトデジタル機もAPSサイズのRicoh GR IIを購入した。

DSCF6067.jpg
今まで、KONICA MINOLTA α-7 DIGITALを使っていた時はフルサイズへの憧れも在ったが、
実際使ってみると、フルサイズデジタル機のメリットって、なんだろうな……って思ったのよ。

確かに、銀塩カメラと同じ感覚でレンズが使えるのは大きなメリットであり、安心感でもある。
今まで使って慣れ親しんできた画角と被写界深度のまま撮れるのはすごく楽。
フルサイズなら予想通り使うレンズが決まるけど、APSサイズを使うと思っていたより画角が狭くてレンズ交換する羽目になる。

例えば50㎜のレンズは50㎜の画角46°で撮影できるが、APSサイズで使用すると31°30′の画角、75㎜相当になってしまう。
APSサイズで50㎜の画角が欲しければ、単焦点なら35㎜のレンズを使用して、44°の画角、52.5㎜相当として使う事になる。

ただそれは、フイルムと併用する事が出来る現状だからメリットと感じられるのだろう。

暗記してしまえば良いけれど、35㎜×1.5倍=52.5㎜相当とすぐに出てこない場合も在って、迷うのよね。
それなら、いっその事、換算倍率が2倍のマイクロフォーサーズが計算するのが楽ってことになる(^^;
まぁ、マイクロフォーサーズ機だと、私の嫌いな電子ビューファインダー機か背面液晶機しか選択肢が無くなるがな……

まぁ最近はそれだけでAPS用に10.5㎜のフィッシュアイレンズも出ているから、慣れ以外のメリットは余りなのかもしれない。
10.5㎜のように小数点の付いた焦点距離表記は、昔、焦点距離表示がcmだった時代みたいだなぁ…なんてね(^^;

まぁ冗談はさておき、画像素子の大きさが135㎜判フイルムサイズである36×24㎜、Nikonの場合は35.9×24㎜ってだけで、
撮影した画像は4256×2832ピクセルってサイズで出て来るから、画像素子の35.9×24㎜ってサイズは余り意識はしない。

そう思っても、50㎜を50㎜として使える精神的な安心感は欲しいと思いつつ、1.5倍テレコン内蔵ボディとしてAPSサイズも在りだと思ってみたり……
APSサイズなら900m相当で撮影することが思いのほか楽だからねぇ~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PoLo

Author:PoLo
~未来は何処の空の下へ~
へようこそ!

「銀塩カメラ・銀塩写真」、「国内旅行」
「お酒」、「美味しい食べ物」、
「自転車」、「鉄道(客車・貨物等)」、
「ガーデニング」、「機械式時計」、
「I've Sound」と、
「ラブライブ!」シリーズが
好きな放蕩者の管理人PoLoが、
ストイックに我欲を追求し、
思いのままに書き連ねます。

被写体は、風景や古い街並み、
夜景、ネイチャー、鉄道です。
撮影はリバーサルフイルムを使用し
現像・スキャンに時間が掛かるので
公開は撮影から、
2~3ヵ月後を目標とします。

2013年5月にα Sweet DIGITAL、
2014年8月にα-7 DIGITAL
2017年5月にD700
2018年5月にD300
2018年8月にK-5IIs
2019年5月にX-E2を購入するも、
メインはフイルムから変えずに、
毎月フイルム5本撮る事を目標に、
色々な被写体を撮影しています。

誹謗、中傷、差別的発言、暴言、
猥褻・卑猥な言葉、
事業者による営利目的の宣伝、
記事内容と無関係な内容、
礼節を重んじない不快な投稿や、
道義的・法的に問題があるサイト、
有料サイト、有害サイト、
まとめサイト等へのリンク等は、
管理人の裁量で削除します。

トラックバックは、
成人向けや出会い系サイトが多く、
不快なので受付けていません。

細心の注意を払っていますが、
趣味の範囲内での運営であり、
文章中の誤字・脱字、情報の誤り等、
ご指摘頂ければ修正いたしますが、
思想・価値観の違い等による批判は、
一切の聞く耳を持たず削除します。

当ブログの情報により、
不都合・不利益を被られても、
当方は一切の責任は負いかねます。

写真・文章の
無断使用・無断転載・無断直リンクは
如何なる理由でも一切禁止します。
転売目的の出品者が不快なので、
特にオークションからのリンクは、
厳重に禁止します。

迷子の黒猫 Maukie
ネコ温度計
東京ステーションシティ
列車フラッシュ撮影自粛同盟

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード