トヨタはル・マンの覇者にはふさわしくない

先日開催された、ル・マン24時間耐久レース。

2000年頃まではテレビ朝日系列で、
日本時間の23時~翌5時、16時~17時頃、ゴールは23時~24時頃と、途切れ途切れながら中継をしていましたが、過去のモノ。
当時、テレビ朝日系列はパリ-ダカールラリーも、毎晩深夜に15分枠程度で放送してましたがね……

だけど、今年はストリーミング生中継をやっていたので、見る事が出来ました。
今年1月に本格稼働した、ウィンドウズ10機の有難みを初めて実感しましたよ(笑

今年のトヨタは3台体制と万全に思える体制で参戦するも、ポルシェには全く歯が立たず。
7号車はクラッチトラブル、8号車はモーター/ジェネレータートラブル、9号車がクラッシュからピットに戻る際に車両を破損させ炎上。

7号車のクラッチトラブルは、
LMP2クラスのドライバーであるビンセント・キャピラリー選手をマーシャルと勘違いし、スタートを何度も繰り返したのが要因だそうで、
ビンセント・キャピラリー選手は、違反判定を受けて罰金を科されている。

トヨタはリタイヤの要因は自身ではないような言い分だが、「予選でも似たような出来事が起こった。」とも報道されている。
だったら、更に注意を払うべきではなかったのか?
その注意を払う事が出来なかったのが敗因ではないのか?

確かに要因はLMP2ドライバーのビンセント・キャピラリー選手だが、勘違いしたのは小林可夢偉選手だろう。
しかも、トヨタのハイブリッドはスタート以外クラッチを使わないから、壊れる事は想定していなかったと発言している。
だけど、今年はLMP2クラスが異常に速くクラッシュも多くスロー走行区間が多かったり、選手をマーシャルと勘違いしたりし、
結局、クラッチを壊してリタイヤしているではないか。

8号車のトラブルもそう。
同じようなトラブルをポルシェの2号車も起こしているが1時間5分でレースに復帰しているが、トヨタの8号車は2時間を要している。
修理にポルシェの倍かかった要因を、「壊れないように作ってきたからだ」と豪語しているが、結局、壊れた訳でしょう。

要因は、「FIAから供給されている電圧センサーが動いていなかった。それは僕らの責任じゃない」と発言してるが、
FIAから供給されたものだからと、何の確認もせずにレースに使用したのなら、無防備にもほどが在る。
つまり、確認作業を怠ったという恥を晒しているとは気付かないのかね。

9号車のクラッシュはレースをしている以上、仕方がないと思うが、
クラッシュした車体で高速走行をした結果、千切れたタイヤが車体を叩き、それによって炎上させてしまったのは明らかなミス。

挙句、「3台目投入は無駄になってしまった」とか、
「もし9号車が最後まで走りきれていれば、優勝を手にしていたかもしれません」と発言したり、
「LMP2クラスが速すぎ、ドライバーの力量を超えて、クラッシュが多い」とか、「今年は暑かった」とか、
「速く走るテストはしているが、ゆっくり走るテストはしていない」言い訳や責任転嫁に余念がない。

なんか、この期に及んで「たら・れば論」を展開している時点で、来年のル・マン24時間も勝てないと思うよ。いや、勝たなくていい。
負けたら言い訳や責任転嫁ばかりのチームが、万が一優勝でもしようものなら天狗になるに決まっている。

「ゆっくり走るテストをしていない」のはトヨタの慢心だが、
クラッシュが多かった事も、今年は暑かった事も、トヨタだけにプレッシャーを掛けた訳ではないよね?
同じトラックに居たポルシェも、同じようにクラッシュが多く暑い中、24時間、トヨタより速く走った訳だよね?
「クルマが速すぎて技量が足りていない」とこき下ろすLMP2クラスの後塵を拝しているのは、何処のLMP1車両だい?

昨年、ホームストレートでトヨタの5号車が残り3分でストップした時に、
トヨタ6号車がしっかりとバックアップ出来ていれば初優勝も夢じゃなかっただろう。だが結果は3周遅れの2位。

今年のポルシェも同じような状況に陥っている。
1号車のポルシェが安全策で走行していても、残り4時間でトラブルを起こしリタイヤした。
まさか今年は、LMP2のジャッキー・チェン・DCレーシングのオレカ07・ギブソンがLMP1を抑えて優勝するかと色めき立ったが、
トラブルで1時間5分も止まっていたポルシェ2号車がしっかりと仕事をこなして、残り1時間7分で逆転し優勝を飾った訳だよね。

私はここがトヨタが勝てない理由だと思うのよ。
昨年、2台のマシンですら、しっかりマネジメントできていないのに、今年は3台目を投入する。
しかも、ル・マン24時間の優勝経験のないドライバーばかりで、中には耐久レースに不向きなドライバーも居た。
物量作戦で無理をした結果が、全滅だったんじゃないのかな。

ポルシェチームが、ル・マン24時間3連覇のTシャツを作ってたでしょう。
今年はWECでトヨタにやられっぱなしだったのに、ル・マン24時間3連覇のTシャツを作る余裕と遊び心。
これが今のトヨタに足りないんじゃない?

もし、ポルシェ2号車もトラブルでリタイヤしてたら、トヨタ悲願の初優勝だったろうけど、
それだと、最高峰のLMP1クラスで総合8位でクラス優勝なんていう、恥ずかしい結果だったんじゃない。

あと、今回のトヨタに限らず、日本人ってスポーツで負けると「期待に応えられず本当に申し訳ありません。」と謝罪するでしょう。
私は、全力で戦って負けたのであれば、その謝罪はいらないと思う。
全力で戦って負けたのなら相手が一枚上手だっただけだし、勝負には必ず勝敗が付くのだからね。
手を抜いて負けた訳でもないのに、なんで謝るのか、私には理解が出来ない。

まぁ、今年のル・マン24時間は、LM-GTEプロクラスが目玉だったかな。
LM-GTEプロクラスはトップが常に同一周回でバトルしてたし、
ファイナルラップまで続いたコルベットの3号車とアストンマーチンの97号車のバトルに鳥肌が立ったよ。
コルベットの3号車は満身創痍でゴールしたけど、67号車のフォードGTにも抜かれクラス3位だったのが、ちょっと可哀そうかな。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PoLo

Author:PoLo
~未来は何処の空の下へ~
へようこそ!

「銀塩カメラ・銀塩写真」、「国内旅行」
「お酒」、「美味しい食べ物」、
「自転車」、「鉄道(客車・貨物等)」、
「ガーデニング」、「機械式時計」、
「I've Sound」が
好きな放蕩者の管理人PoLoが、
ストイックに物欲・写欲を追求し、
思いのままに書き連ねるブログです。

被写体は、風景や古い街並み、
夜景、ネイチャー、鉄道です。
撮影はリバーサルフイルムを使用し
外注現像・スキャンに時間が掛かるので
更新は撮影から1ヵ月後を目標とします

2013年5月にα Sweet DIGITAL、
2014年8月にα-7 DIGITAL
2017年5月にD700を購入するも、
メインはフイルムから変わらず、
毎月フイルム5本撮る事を目標に、
色々な被写体を撮影しています。

誹謗、中傷、差別的発言、暴言、
猥褻・卑猥な言葉、事業者による宣伝、
記事内容と無関係な内容、
礼節を重んじない不快な投稿や、
道義的・法的に問題があるサイト、
有料・有害サイトへの誘導リンク等は、
管理人の裁量で削除します。

トラックバックは、
成人向けや出会い系サイトが多く、
不快なので受付けていません。

細心の注意を払っていますが、
趣味の範囲内での運営であり、
文章中の誤字・脱字、情報の誤り等、
ご指摘いただければ修正いたしますが、
思想・価値観の違い等による批判は、
一切の聞く耳を持たず削除します。

当ブログの情報により、
不都合・不利益を被られても、
当方は一切の責任は負いかねます。

写真・文章の
無断使用・無断転載・無断直リンク等は
如何なる理由でも一切禁止します。
転売目的の出品者を不快に思うので、
特にオークションからの直リンクは、
厳重に禁止します。

迷子の黒猫 Maukie
ネコ温度計
東京ステーションシティ
列車フラッシュ撮影自粛同盟

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード