カメラバッグはキリがない……

DSCF7241.jpg
先日、賀茂しょうぶ園に行った際にthink TANK Photo エアポート・コミューターを持ち出そうかと思ったのだが、
縦位置グリップ付きのカメラが収納奥行きが、単焦点レンズの収納時には深すぎるし、
持っていくレンズが、MINOLTA AF 50㎜ F2.8 Macro(D)、AF 100㎜ F2.8 Macro(D)、STF 135㎜ F2.8(T4.5)、
TAMRON SP AF 180㎜ F3.5 Macroと4本にしたので、大げさすぎると思い見送る。

DSCF5212.jpg
そこで、DOMKE F-2BBを持ち出したのだが、
TAMRON SP AF 180㎜ F3.5 MacroにSIRUI TYクイックシューTY-LP75を付けると、標準コンパートメントへの収まりが悪い。

TAMRON SP AF 180㎜ F3.5 Macroをレンズケースに入れる手もあるが、
カメラバッグ+レンズケース+一脚ケースと3つに分けるのが移動や撮影時に便利だとは思えない。

コンパートメントを標準の4分割の240Wから、大小2分割の245Wに変える手もあるが、
小さい方にレンズが入るか微妙な感じだし、最近245Wを売っているのを見かけない。

それに、機材が増えるとショルダーバッグでは肩や腰への負担を辛く感じる時もでてきたのよ。
「車で行けば運ばなくていい」と言う意見もあるけど、実際、電車で移動したって、常に持ち続けている訳ではない。
「家から駅まで」や「駅での乗り換え」では持ち続けなければいけないが、
電車に乗れば膝の上か網棚の上に置くし、空いていれば座席の上に置ける。

撮影に出掛けて、一番持ち続けているのは撮影している時だから、車で行こうが電車で行こうが大差ないと思うのだが、
ボディ1台とレンズ1本は使用しているので、カメラバッグは少しは軽くなるけど、それでも1日肩から下げているのは結構つらい。

その後、なばなの里に行った時にthink TANK Photo エアポート・コミューターを持ち出したのだが、
ボディ2台+レンズ数本の他にアングルファインダーやフイルム、ペットボトル等を入れる事を考慮すると丁度良いサイズでしたが、
ボディ1台とレンズ3~4本で済む時は大きすぎる。

そこで、縦位置グリップ付き一眼レフとレンズ4本程度に身の回りの品が入るバックパックタイプのカメラバッグを探してみたのだが、
小さいモデルは深さが120~130㎜程度のモノが多く、高さが150~160㎜ある縦位置グリップ付き一眼レフは入らない。
縦位置グリップを取り外せば収まるのだが、分割して持ち歩くのは面倒だし、縦位置撮影の多いネイチャーでは在った方が便利。
いや、MINOLTA VC-9M以降、縦位置グリップが在る機種には絶対に付けたいと思っているから、外したくはないのよね。

色々したらべてみたら、Manfrotto MA アクティブバックパック2 CAが目に留まった。
価格は13,500円程と手ごろな価格なのもうれしいが、
TAMRON SP AF 180㎜ F3.5 Macroは収まらない感じだが上部スペースに入れられるし、軽装備の時に収まりが良さそう。
それに、歩鉄やチャリ鉄の時にも便利そうだし、上部スペースに食料なども入れられそうで融通が効きそう。

他にも、従来の仕切りの代わりにネオプレーン素材性のポケットをインナーにしたthink TANK Photo シェイプシフターを見つけた。
縦位置グリップ付きが収まるのに薄くて便利そうなのだが、ボディ2台と大三元以外収まりが悪そうなので見送り。

それなら、think TANK Photo ストリートウォーカープロV2.0の方が便利そうな感じがする。
ただ、V2.0にモデルチェンジし、価格も28,000円前後と定価並みの価格の店ばかりなのがネック。
このバッグ、エアポート・コミューターを買う際に最後まで迷ったバッグだったりするが、
エアポート・コミューターがかなり大柄なので、今ではこちらの方が使いやすそうな感じがする。

バックパックタイプはManfrotto MA アクティブバックパック2 CAかthink TANK Photo ストリートウォーカープロV2.0の2択になりそうだけど、、
もう少し機材が増えた時や撮影地周辺の道路事情が良い時にローラータイプのカメラバッグも欲しいと思い始めてきた。

ただ、当面、300㎜F2.8や500㎜F4を買う事はないだろうから、小さめのローラータイプを探してみると、これまた少ないのだ。

こちらも同時に探してみて、
Manfrotto MP ローラーバッグ50がthink TANK Photo エアポート・ナビゲーター辺りかなぁ…なんて思っている。
Manfrotto MP ローラーバッグ50は普通のローラータイプで寝かさないと機材が出せないタイプ。
think TANK Photo エアポート・ナビゲーターはフライトバッグをイメージし、立てたまま上部からの機材の出し入れが出来るタイプ。

デザイン的にはどちらも好みの部類なので、使い勝手で決めたいんだけど、
価格は、ローラーバッグ50が4万円強、エアポート・ナビゲーターが35,000円前後と共に値が張る。
決め手は、think TANK Photo エアポート・ナビゲーターの上面と前面の両方からのアクセスが本当に使いやすいか否かって所かな。

とりあえず、Manfrotto MA アクティブバックパック2 CAかthink TANK Photo ストリートウォーカープロV2.0を買っておこうかな。
一時期、Lowepro バーテックス200AWを買おうと思って、「また今度」とほかって置いたら、生産終了しちゃったからねぇ~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PoLo

Author:PoLo
~未来は何処の空の下へ~
へようこそ!

「銀塩カメラ・銀塩写真」、「国内旅行」
「お酒」、「美味しい食べ物」、
「自転車」、「鉄道(客車・貨物等)」、
「ガーデニング」、「機械式時計」、
「I've Sound」が
好きな放蕩者の管理人PoLoが、
ストイックに物欲・写欲を追求し、
思いのままに書き連ねるブログです。

被写体は、風景や古い街並み、
夜景、ネイチャー、鉄道です。
撮影はリバーサルフイルムを使用し
外注現像・スキャンに時間が掛かるので
更新は撮影から1ヵ月後を目標とします

2013年5月にα Sweet DIGITAL、
2014年8月にα-7 DIGITAL
2017年5月にD700を購入するも、
メインはフイルムから変わらず、
毎月フイルム5本撮る事を目標に、
色々な被写体を撮影しています。

誹謗、中傷、差別的発言、暴言、
猥褻・卑猥な言葉、事業者による宣伝、
記事内容と無関係な内容、
礼節を重んじない不快な投稿や、
道義的・法的に問題があるサイト、
有料・有害サイトへの誘導リンク等は、
管理人の裁量で削除します。

トラックバックは、
成人向けや出会い系サイトが多く、
不快なので受付けていません。

細心の注意を払っていますが、
趣味の範囲内での運営であり、
文章中の誤字・脱字、情報の誤り等、
ご指摘いただければ修正いたしますが、
思想・価値観の違い等による批判は、
一切の聞く耳を持たず削除します。

当ブログの情報により、
不都合・不利益を被られても、
当方は一切の責任は負いかねます。

写真・文章の
無断使用・無断転載・無断直リンク等は
如何なる理由でも一切禁止します。
転売目的の出品者を不快に思うので、
特にオークションからの直リンクは、
厳重に禁止します。

迷子の黒猫 Maukie
ネコ温度計
東京ステーションシティ
列車フラッシュ撮影自粛同盟

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード