MINOLTA α-9で鈴鹿の森庭園の梅を撮る

ここ2年は佐布理池の梅の撮影に出掛けていましたが毎年同じでは飽きるので、
今年は相方が見つけた鈴鹿の森庭園のしだれ梅を撮りに行く事にしました。

今日の機材は、MINOLTA α-9とFUJIFILM GF670 ProfessionallとRicoh GR DIGITAL IIIに、
MINOLTA AF Fish Eye 16mm F2.8、AF 20mm F2.8 New、AF 35mm F1.4G New、AF 50mm F1.4 New、AF 85mm F1.4G(D)を、
DOMKE F-2BBに入れる。

当初は四日市までJRで出て、三重交通 室山・高花平線に乗って、野田停から歩いて向かう予定でしたが。
野田停から30分は歩かなければならず、所要時間は片道2時間以上で、交通費が2人で1万円近く掛かる。

更に前回、車を出したのが2016年2月17日に佐布里池に梅の撮影に行った時以来。
3月10日のシロアリ防除の薬剤散布の際にクルマを車庫から出した時、バッテリーはヘタリ気味でセルを回すのが精いっぱいだったし、
ウォーターポンプのテンションベアリングから異音がしていたのよ。

ちょっと気になったので、3月10日と昨日、2時間ほどアイドリングをしてみたら収まったようなので、
ガソリンはまだ残っているし、高速代だけなら2,500円程度、所要1時間未満で行ける事が判明したので、
1年1ヶ月ぶりにクルマを出すことにしてみました。

まぁ、今年の10月の車検を通さなければ、最後のドライブが近所のショッピングセンターじゃ可哀そうってのもあってね。

9時少し前に自宅を出て東名阪道を走り渋滞もなく鈴鹿ICに到着。
久しぶりの運転なので、操作はクラシックカーを扱うようにゆっくり丁寧に運転し、鈴鹿の森庭園まで大きな渋滞もなく到着。
第一駐車場は満車と書いてあったので、ガラガラの第二駐車場に愛車を止めて、鈴鹿の森庭園に向かう。

R0022293.jpg
しだれ梅を撮影するのは今回が初めてなのですが、梅と比べて豪華で青空に映えて風も少なく、人が多い事以外、最高でした。

最初はα-9でフイルム3本撮影し、売店でソバやうどん、あなご寿司やあなご巻玉子焼き等を売っていたので昼食を取り、
食後は、GF670でフイルム3本撮影し、お土産屋さんをのぞいて、14時過ぎに鈴鹿の森庭園を出発。

帰路は四日市JCT付近で少々渋滞するも、イライラするほどでもなく順調に走れました。

半年ほど前にバッテリーがサルフュージョンを起こし充電できなくなって以降、放置してあったんだけど、
必要な時にはぎりぎりエンジンが掛かったし、今回もトラブルも起こさず走り切った…アイツ、まだまだ走りたいんだろうな……

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PoLo

Author:PoLo
~未来は何処の空の下へ~
へようこそ!

「銀塩カメラ・銀塩写真」、「国内旅行」
「お酒」、「美味しい食べ物」、
「自転車」、「鉄道(客車・貨物等)」、
「ガーデニング」、「機械式時計」、
「I've Sound」が
好きな放蕩者の管理人PoLoが、
ストイックに物欲・写欲を追求し、
思いのままに書き連ねるブログです。

被写体は、風景や古い街並み、
夜景、ネイチャー、鉄道です。
撮影はリバーサルフイルムを使用し
外注現像・スキャンに時間が掛かるので
更新は撮影から1ヵ月後を目標とします

2013年5月にα Sweet DIGITAL、
2014年8月にα-7 DIGITAL
2017年5月にD700を購入するも、
メインはフイルムから変わらず、
毎月フイルム5本撮る事を目標に、
色々な被写体を撮影しています。

誹謗、中傷、差別的発言、暴言、
猥褻・卑猥な言葉、事業者による宣伝、
記事内容と無関係な内容、
礼節を重んじない不快な投稿や、
道義的・法的に問題があるサイト、
有料・有害サイトへの誘導リンク等は、
管理人の裁量で削除します。

トラックバックは、
成人向けや出会い系サイトが多く、
不快なので受付けていません。

細心の注意を払っていますが、
趣味の範囲内での運営であり、
文章中の誤字・脱字、情報の誤り等、
ご指摘いただければ修正いたしますが、
思想・価値観の違い等による批判は、
一切の聞く耳を持たず削除します。

当ブログの情報により、
不都合・不利益を被られても、
当方は一切の責任は負いかねます。

写真・文章の
無断使用・無断転載・無断直リンク等は
如何なる理由でも一切禁止します。
転売目的の出品者を不快に思うので、
特にオークションからの直リンクは、
厳重に禁止します。

迷子の黒猫 Maukie
ネコ温度計
東京ステーションシティ
列車フラッシュ撮影自粛同盟

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード