単焦点レンズ と ズームレンズ

写真を撮る事も好きだが、カメラをいじることも好きな私は、多様な機材を所有している。

Nikon F6を購入以降、銀塩ボディの購入はもう良いかなと思いつつも、
安くなったLeca R8・R9やPANTAX 645 NIIが気に成るのだが、レンズが高くシステムを組むのが大変なので思いとどまっている。

反面、デジタルボディは在れば便利だとは思うのだがイマイチ惹かれず購入に至っていない。
と言うのも、デジタルカメラの使用目的が、モータースポーツ撮影と本数の少ない土休日の貨物列車撮影で、
正直、風景やネイチャーでデジタル機をメインにしたいとは思わないし、
多様なカメラを使うのが楽しいと思って居るので、例えハイエンド機種だとしても1台で満足出来る性質じゃない。
それに、肝心のWTCCが茂木開催になってしまったので、
土休日の貨物列車撮影だけなら所有するMINOLTA α-7 DIGITALで十分かと思うのよ。

なので、物欲の中心は所有するマウントのレンズになってきている。
そんな中で、単焦点レンズとズームレンズを比較すると、やっぱり単焦点レンズが良いなぁ…と思ってしまう。

確かに、チャリ鉄の時に何本もの単焦点レンズを持ち出すのは現実的では無いし、
鉄道写真の場合、撮影場所に制約があって、もう一歩踏み出したくても鉄道用地や私有地で法律的に立ち入れなかったり、
柵や河川等で物理的に踏み込めない事が往々にしてあって、便利なズームレンズを持ち出すことが多いのだが、
Nikon AF-S Nikkor 300mm F4D IF-ED と、Nikon AF-S 70-300mm F4.5-5.6G VR IFを比較した際に、
やはり単焦点の方が描写が良いのよね。

特に、スキャンした画像のホコリ取りレタッチやピント精度を見る際にピクセル等倍にするのだけれど、
やはり単焦点の方がシャープな像を結んでいるし、歪曲収差なども少ない感じ。

まぁ、古いとは言えミドルクラスの単焦点レンズと、最新とは言えエントリークラスのズームを比較しちゃいけないし、
ピクセル等倍での描写力の優劣は無意味なんだけど、シャープネスはプリントサイズで見ても判る時が在る。
ズームレンズの歪曲収差は、広角側での樽型収差は余り気にならない事が多いけど、望遠側のイトマキ型収差が目立つ事が多く、
鉄道写真で画面隅に架線柱があったりすると、ふんぞり返った架線柱が目だって仕方が無い。

あと、単焦点レンズだと欲張らないから良い結果を生んでいる可能性も在ると思う。
ズームレンズだと欲張って望遠→広角と引いて撮ったりするけど、上手く撮れる事って稀。

それを考えると、少し古くても単焦点レンズの方が良いのか、ちょっと贅沢にF2.8ズームを選ぶのが良いのか……物欲は尽きないねぁ~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PoLo

Author:PoLo
~未来は何処の空の下へ~
へようこそ!

「銀塩カメラ・銀塩写真」、「国内旅行」
「お酒」、「美味しい食べ物」、
「自転車」、「鉄道(客車・貨物等)」、
「ガーデニング」、「機械式時計」、
「I've Sound」が
好きな放蕩者の管理人PoLoが、
ストイックに物欲・写欲を追求し、
思いのままに書き連ねるブログです。

被写体は、風景や古い街並み、
夜景、ネイチャー、鉄道です。
撮影はリバーサルフイルムを使用し
外注現像・スキャンに時間が掛かるので
更新は撮影から1ヵ月後を目標とします

2013年5月にα Sweet DIGITAL、
2014年8月にα-7 DIGITAL
2017年5月にD700を購入するも、
メインはフイルムから変わらず、
毎月フイルム5本撮る事を目標に、
色々な被写体を撮影しています。

誹謗、中傷、差別的発言、暴言、
猥褻・卑猥な言葉、事業者による宣伝、
記事内容と無関係な内容、
礼節を重んじない不快な投稿や、
道義的・法的に問題があるサイト、
有料・有害サイトへの誘導リンク等は、
管理人の裁量で削除します。

トラックバックは、
成人向けや出会い系サイトが多く、
不快なので受付けていません。

細心の注意を払っていますが、
趣味の範囲内での運営であり、
文章中の誤字・脱字、情報の誤り等、
ご指摘いただければ修正いたしますが、
思想・価値観の違い等による批判は、
一切の聞く耳を持たず削除します。

当ブログの情報により、
不都合・不利益を被られても、
当方は一切の責任は負いかねます。

写真・文章の
無断使用・無断転載・無断直リンク等は
如何なる理由でも一切禁止します。
転売目的の出品者を不快に思うので、
特にオークションからの直リンクは、
厳重に禁止します。

迷子の黒猫 Maukie
ネコ温度計
東京ステーションシティ
列車フラッシュ撮影自粛同盟

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード