FUJIFILM GF670 Professionalで末広可動橋を撮る

折角の泊まり勤務明けなんだけど、今日は生命保険のお姉ちゃんが来るので午前中は出掛けられない。

手続きは午前中に終わり昼食を取って、
ふと、今月はフイルム4本しか撮っていないし、2018年5月期限のPROVIA 100Fがまだ6本も在ると……
それならふらりと何処かに行こうと思い、貨物列車撮影メインだとゆっくり撮影出来ない末広可動橋一帯を撮り歩く事にしました。

今日の機材は、FUJIFILM GF670 Professional とRicoh GR II と、MINOLTA FLASH METER IVを、
WENGER ショルダーバックに入れる。

GR003489.jpg
午前中が勝負と思っている人間なんだけど、もう背に腹は代えられないので四日市14:06着。
先ずはホームで撮影しようと伊勢鉄道のホーム先端に向かうと、
上田から来たと言う人が先に居たので一緒に撮らせてもらい、暫らく雑談。

GR003544.jpg
毎度のこにゅうどうレンタサイクルで自転車を借りる。ちなみに今年度は初めて。

GR003552.jpg
先ずは末広可動橋を撮影し、四日市旧港をぶらぶら。

GR003561.jpg
普段、鉄道メインで撮影しているとゆっくり撮影する事の出来ない、
末広可動橋や工場地帯、海に停泊する船など、結構良い被写体が彼方此方に在ってシャッターが進むし、
鉄道撮影には不利な中判レンジファインダー機だと、制約が在るけどそれが逆に新鮮な構図を見つけさせてくれたりと、
たった半日の撮影でしたが、楽しい撮影でフイルム4本も撮ってしまいました。

ただ、17時台のセメント列車が運休のようで撮れなかったのが心残りでした。

あと、夏休みなのに末広橋梁付近は家族連れを一組見ただけで、鉄ちゃんらしい人は見かけなかったのよ。
沿線では数人見掛けたんだけど、DF200狙いの人の方が多いのかな?
人より早く新しい機関車を撮りたい気持ちも分かるけど、
フイルム、しかもブローニーを使っている時点で速報性なんて捨てたからねぇ(^^;

四日市駅に戻りレンタサイクルを返却し、暫らくホームで撮影して四日市17:53発の列車に乗って帰路に付く。

神奈川県横浜市のマンホール

GR002828.jpg
神奈川県横浜市の消火栓用マンホールの蓋で、JR鶴見線 浅野駅付近で撮影しました。

最新タイプの消火栓の蓋で、
中央に「消火栓」、その上部に横浜市の市章、下部の「300」は水道管の口径を表記しているとの事です。
周囲に水滴の要は模様と、「FIRE HY-DRANT」と表記され、黄色い樹脂が流し込まれた目立つマンホールです。

神奈川県横浜市のマンホール

GR002830.jpg
神奈川県横浜市の雨水用マンホールの蓋で、JR鶴見線 浅野駅付近で撮影しました。

JIS規格模様マンホール蓋で、中央に「雨水」と表記されただけのシンプルなタイプのマンホールの蓋です。
錆具合から、結構年季の入ったマンホールの蓋なのかもしれませんね。

神奈川県横浜市のマンホール

GR002829.jpg
神奈川県横浜市のマンホールの蓋で、JR鶴見線 浅野駅付近で撮影しました。

全面に亀甲模様が描かれ、周囲に空気抜きの穴が在り、中央に横浜市の市章が配置されたマンホールの蓋ですが、
どのような目的のマンホールなのかは、判りませんね。

神奈川県横浜市のマンホール

GR002826.jpg
神奈川県横浜市水道局の仕切弁用マンホールの蓋で、JR鶴見線 浅野駅付近で撮影しました。

全面に菱形が浮き彫りにされ、中央に、横浜市の市章と3本線のようなものは横浜市水道局の局章でしょうか?
それらを取り巻くように、「仕切り弁」、「横浜市」と記載されれています。

神奈川県横浜市のマンホール

GR002824.jpg
神奈川県横浜市水道局の空気弁用マンホールの蓋で、JR鶴見線 浅野駅付近で撮影しました。

全面に菱形が浮き彫りにされ、中央に、横浜市の市章と3本線のようなものは横浜市水道局の局章でしょうか?
それらを取り巻くように、「空気弁」、「横浜市」と記載され、
周囲に「□□□□空気弁□□□□」・市章・「□□YOKOHAMA□□」と記載されています。

神奈川県横浜市のマンホール

GR002770.jpg
神奈川県横浜市の下水道用マンホールの蓋で、JR鶴見線 国道駅付近で撮影しました。

1997年から導入されたマンホールの蓋で、
周囲は船の舵輪、中央には横浜ベイブリッジをデザインした横浜らしいデザインのマンホールの蓋で、
周囲の空気抜きの穴が丸いタイプです。

GR002868.jpg
こちらも同様に、神奈川県横浜市の下水道用マンホールの蓋で、JR京浜東北線・鶴見線 鶴見駅付近で撮影しました。

同一デザインながらつや消しグレー。
駅前の歩道設置なので、空気抜き穴が無くキー穴だけのT-14(歩道又は大型車の通行の少ない道路)型マンホールで、
「053」 「32」 「501」と、おおよそ設置番号だと思われる番号の樹脂がはめ込まれています。

JRのマンホール

GR002730.jpg
JRのロゴの入ったマンホールの蓋で、JR鶴見線 扇町駅前で撮影しました。

全面に菱形が並んだマンホールで、中央にJRのロゴが付いている水封型と思われるマンホールで、
詳細は不明ですが、おおよそ電気関係の埋設物にアクセスする為のマンホールだと思われます。

JR東日本:鶴見線-鶴見駅

5月4日、Ricoh GR II 撮影。

鶴見線の始まり。
GR002855.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/250秒、F5.6、+0.7段補正、ISO100相当

鶴見駅もレトロな雰囲気。
GR002860.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/350秒、F4.0、+0.3段補正、ISO400相当

跨線橋から鶴見駅を眺める。
GR002874.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/1000秒、F5.6、ISO100相当

JR東日本:鶴見線-海芝浦駅

5月4日、Ricoh GR II 撮影。

海芝公園から鶴見つばさ橋を望む。
GR002803.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/1250秒、F5.6、ISO100相当

海の最寄り駅。
GR002809.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/1000秒、F5.6、ISO100相当

生垣の向こうを、船と鳥が行く。
GR002816.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/1000秒、F5.6、ISO100相当

終着駅。
GR002823.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/160秒、F5.6、ISO100相当

JR東日本:鶴見線-浅野駅

5月4日、Ricoh GR II 撮影。

花咲く入船公園。
GR002788.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/500秒、F4.0、ISO100相当

錆びた鉄路。
GR002792.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/1000秒、F4.0、ISO100相当

他人の多さに怯えながらも懐いてくる駅ネコ。
GR002794.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/1000秒、F4.0、ISO100相当

木と鉄の競演。
GR002797.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/640秒、F4.0、ISO100相当

JR東日本:鶴見線-国道駅

5月4日、Ricoh GR II 撮影。

僅かにカーブしている国道駅詩下。
GR002772.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/10秒、F4.0、-0.3段補正、ISO800相当

下りホームに上がる階段。
GR002902.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/350秒、F4.0、-1.0段補正、ISO800相当

連なるアーチ。
GR002905.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/30秒、F4.0、-0.7段補正、ISO800相当

真新しいベンチがちょっと浮いた感じ。
GR002911.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/180秒、F4.0、段補正、ISO100相当

JR東日本:鶴見線-国道駅

5月4日、Ricoh GR II 撮影。

国道駅のガード下。複雑な形状をしていて面白い。
GR002757.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/8秒、F5.6、-0.7段補正、ISO400相当

ガード下のカラス。
GR002760.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/15秒、F4.0、-0.7段補正、ISO400相当

国道下のゴールデンウィーク。
GR002763.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/30秒、F4.0、-0.7段補正、ISO800相当

レンガとアーチの組み合わせがレトロ。
GR002767.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/320秒、F4.0、-0.7段補正、ISO800相当

JR東日本:鶴見線-扇町駅

5月4日、Ricoh GR II 撮影。

改札をするネコ駅長。
GR002742.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/45秒、F5.6、+0.3段補正、ISO100相当

強い日差しを避ける。
GR002745.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/60秒、F5.6、+0.3段補正、ISO100相当

花の前でポーズを取ってくれる。
GR002748.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/125秒、F5.6、+0.3段補正、ISO100相当

扇町駅。
GR002754.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/640秒、F5.6、、ISO100相当

JR東日本:鶴見線-扇町駅

5月4日、Ricoh GR II 撮影。

落ち着く寝床。
GR002731.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/125秒、F4.0、ISO100相当

駅前に咲くバラ。
GR002734.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/250秒、F4.0、+0.7段補正、ISO100相当

引き込み線。
GR002735.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/640秒、F4.0、+0.7段補正、ISO100相当

変わった向きに設置されたポスト。
GR002737.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/640秒、F4.0、ISO100相当

キリン 「一番搾り 超芳醇」

DSCF7769.jpg
高濃度一番搾り麦汁を使用した限定醸造の一番搾り。
9工場の一番搾りの缶よりさらにゴールドの強い缶が印象的。

DSCF7772.jpg
裏面には、「お、濃いのにすっきり。たっぷりの麦と一番搾り製法だからできた味」とPR文言。

グラスに注ぐと、色は通常の一番搾りよりオレンジ色よりの濃いゴールド色で泡立ちが良く濃密な泡が立ちます。
ベースは一番搾りなので、麦芽やホップの香りの方向性は同じながら、こちらの方が香り高い。
味は一番搾りと別物で、ホップの苦みは控えめで麦芽の味わいが強くて濃厚で、麦芽の甘味を感じます。
アルコール度数が6%と少し高めなので少し重さを感じますが、コクが在り余韻を残す感じですがすっと引いて後味スッキリ。

濃厚で飲み応えのある美味しいビールですが、夏より冬向けと言う感じですかね。

超芳醇の後に通常の一番搾りを飲んだのですが、
薄いとは思わず、少しの酸味を含む爽快感を感じ、普段とは違う味わいを感じて少々驚きました。
しかし、この辺りが完成された一番搾りの良さなのかもしれませんね。

原材料:麦芽・ホップ
アルコール分:6.0%
内容量:350ml

JR東日本:鶴見線-鶴見駅

5月4日、FUJIFILM GF670 Professional 撮影。

鶴見線の始まり。
2018-05-04_02-08.jpg
カメラ:FUJIFILM GF 670 Professional + EBCフジノン 80㎜ F3.5
露出:1/125秒、F5.6
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F(064-4526)

車両はステンレス製で新しい雰囲気。
2018-05-04_02-09.jpg
カメラ:FUJIFILM GF 670 Professional + EBCフジノン 80㎜ F3.5
露出:1/60秒、F5.6
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F(064-4526)

鶴見駅もレトロな雰囲気。
2018-05-04_02-10.jpg
カメラ:FUJIFILM GF 670 Professional + EBCフジノン 80㎜ F3.5
露出:1/60秒、F5.6
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F(064-4526)

JR東日本:鶴見線-海芝浦駅

5月4日、FUJIFILM GF670 Professional 撮影。

海芝公園から鶴見つばさ橋を望む。
2018-05-04_02-01.jpg
カメラ:FUJIFILM GF 670 Professional + EBCフジノン 80㎜ F3.5
露出:1/250秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F(064-4526)

青い空と青い海を横切る赤い船。
2018-05-04_02-04.jpg
カメラ:FUJIFILM GF 670 Professional + EBCフジノン 80㎜ F3.5
露出:1/250秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F(064-4526)

JR東日本:鶴見線-浅野駅

5月4日、FUJIFILM GF670 Professional 撮影。

木彫りのフクロウが迎えてくれる入船公園。
2018-05-04_01-07.jpg
カメラ:FUJIFILM GF 670 Professional + EBCフジノン 80㎜ F3.5
露出:1/250秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F(064-4526)

鶴見線と並ぶ錆びた鉄路。
2018-05-04_01-08.jpg
カメラ:FUJIFILM GF 670 Professional + EBCフジノン 80㎜ F3.5
露出:1/250秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F(064-4526)

JR東日本:鶴見線-国道駅

5月4日、FUJIFILM GF670 Professional 撮影。

ホーム屋根を支える柱もアーチ状の国道駅。
2018-05-04_01-06.jpg
カメラ:FUJIFILM GF 670 Professional + EBCフジノン 80㎜ F3.5
露出:1/250秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F(064-4526)

JR東日本:鶴見線-扇町駅

5月4日、FUJIFILM GF670 Professional 撮影。

引き込み線に続く鉄路。
2018-05-04_01-01.jpg
カメラ:FUJIFILM GF 670 Professional + EBCフジノン 80㎜ F3.5
露出:1/250秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F(064-4526)

改札をする茶トラ駅長。
2018-05-04_01-03.jpg
カメラ:FUJIFILM GF 670 Professional + EBCフジノン 80㎜ F3.5
露出:1/30秒、F4.0、+0.7段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F(064-4526)

CONTAX G2D の修理完了

DSCF7796.jpg
7月2日にリペアサービス諏訪さんに発送した、CONTAX G2Dが直ってきました。
当初、2ヶ月ほど掛かると言われていたので覚悟はしていたのですが、まさか3週間程度で直ってくるとは思いませんでした。

まぁ、早くなったのは嬉しい限りですが、金策がね(^^;
別にない訳じゃないけど、お盆のカメラや巡りの軍資金がちょっと目減りしてねぇ……

結局、シャッターユニットとシャッターチャージユニットの交換で、
修理代が22,000円と部品代が13,000円に消費税2,800円と送料1,080円で、総額38,880円。
正直、出番の多くないカメラの修理代としては結構高いが、それに輪を掛けて高いのが消費税。

いや、8%って税率はヨーロッパに比べたら格段に低い税率だけど、
国民の為に有意義に使われるなら納得して払うが、
国会議員とその友人に優先的に使われるなど、使われ方が不透明だし無駄も多い。

それに消費税って、
企業が使う人件費には消費税を支払う義務が無い。国民が使う人件費には消費税を払う義務が在る。
同じように労働力を消費しているにも関わらず、一方通行で不公平感が在るよねぇ~

話がそれたけど、CONTAX G2は私はカメラ沼にハマった要因となるカメラで思い出もあるカメラだし、
CONTAX G2が使えなくなるとGレンズの使い道も無くなるのよね。

1999年から背景探しで彼方此方、旅するようになった時に手にしたカメラはPENTAX ESPIO 115M。
当時、α-8700iも所有していたが、背景探しの旅に大げさな一眼レフは不釣り合いとコンパクトカメラを買い求めた。

だけど、函館山方の夜景を撮った時の仕上がりにガッカリ。
今思えば、バルブも使えないズームのコンパクトカメラにISO400のネガを詰めただけだから当然。
でも一眼レフは嵩張るから嫌だし、コンパクトで長時間露出が出来てレンズが高性能なカメラを探し、
当時はMFのレンジファインダー機を使いこなす自身が無かったから、AFのCONTAX G2を買った次第。

まぁ、その時にLeicaは無理にしろ、KONICA HEXAR RF辺りでも買っていたら、また違った人生を送っていたのかもね。

その後、函館山や稲佐山などで夜景を撮って仕上がりに満足し、
カメラ沼・レンズ沼にハマる要因となった原点みたいなカメラだから、直せるなら直してあげたいのよね。

因みに、ネイチャー撮影するきっかけは、MINOLTA M ROKKOR 28mmF2.8。
このレンズを買った後に、友人と「質流品・金融品緊急処分市」に行たのよ。
大したことなかったら、テスト撮影に行けるようにカメラを持ってね。

広告に、「一眼レフ中古品が500円~」とか、沢山のカメラが写ってる写真に引かれ行ってみるも、
カメラ系は銀塩・デジタルのコンパクトが各十数台と、レンズ数本だけのお寒い限りな上、
値段も定価並だったり、付属品が無かったりと全然魅力なし。

しかも店員が柄の悪いチンピラみたいな兄ちゃんだったり、
その兄ちゃんが手を叩き大声を張り上げるのに飽き足らず、棒で看板をバンバン叩いている有様。
五月蠅いし不快だし、もうその空間にいる事が嫌になって、
木曽三川公園へ花見を兼ねてのMINOLTA M ROKKOR 28mmF2.8のテスト撮影に行ったのよ。

ネイチャー撮影には不便なレンジファインダー機で撮影しても結構楽しくて、
出来も中々良くて、それならマクロレンズを手に入れて本格的に取り組もうと思い今に至るのよ。

思い出のあるカメラ・レンズは、直してでも末永く使っていきたいからね。

[駅弁] 焼売炒飯弁當

GR002956.jpg
5月の上京の際に、東京駅八重洲中央乗換改札口付近の駅弁売場で購入した「焼売炒飯弁當」です。
シウマイ弁当と言うと崎陽軒が有名ですが、こちらはJR東海パッセンジャーズ製造で920円。
赤いパッケージに龍のイラストが中華料理らしいパッケージで、弁当の当の字も旧字体の「當」を使っています。

GR002959.jpg
内容は、「国産豚肉と干しホタテの肉焼売」と「海老焼売」が各3個に、鶏唐揚げにグリーンピースを散らした炒飯。
付け合わせは、キャベツの塩だれ焼きと紅しょうがに、薬味に個包装の醤油と辛子が付いています。

駅弁なので当然冷めているのですが焼売はそこそこ美味しい。
海老と肉の二種類の味が楽しめますが、個人的にはプリッとした海老焼売の方が好みでした。
付け合わせの、キャベツの塩だれ焼きは結構美味しいです。
鶏唐揚げは小ぶりですし、ちょっと残念な感じ。
炒飯はいたって普通な感じ。パラパラではないですが、箸で食べる駅弁スタイルなので食べやすさ優先と言った感じですかね。

普通に東京駅で売っている駅弁と言う感じでした。

[駅弁] 寿司風幕の内 万葉

GR002612.jpg
5月の上京の際に、JR名古屋駅新幹線南口改札内のデリカステーションで購入した「寿司風幕の内 万葉」で1,030円。
柿の葉寿司で有名な「ゐざさ」ブランドで展開している中谷本舗の駅弁です。

GR002617.jpg
内容は、
左上から、いなり寿司と干瓢巻き、酢蓮根・玉子焼・合鴨スモーク、サーモンと真鯛の手毬寿司、
左下から、椎茸・蒟蒻・人参・蕗の煮物、海老と錦糸卵のちらし寿司、白団子と大根なます。

流石は柿の葉寿司で有名な中谷本舗だけあって、お寿司が美味しい。
お寿司以外にも煮物や合鴨など、バランスよく多様な味が楽しめて、こじんまりと纏まった様子は「幕の内」と言うより懐石風。
過去に買った「ゐざさ 彩のお弁当 寿司盛合わせ」のベーシックバージョンのような感じ。

泊まり勤務明けでの上京で、ビールを飲みながらつまむには品数も量も良い、丁度良いサイズの駅弁でした。

JR東海:関西線-蟹江駅付近

4月28日、Ricoh GR II 撮影。

先日、8970レの単機が中待避線に待避していたので、買い物ついでに確認に行って撮影。
GR002599.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/750秒、F5.6、ISO100相当

買い物帰りに、8079レの石油返空を待つも大型連休で運休のようで、回1924レのキハ25を撮影。
GR002604.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/1000秒、F5.6、ISO100相当

JR東海:関西線-蟹江駅付近

4月27日、Ricoh GR II 撮影。

ダイヤが乱れていたからか、蟹江駅で待避した8970レの単機。DD51-1801+DE10-1581の重単でした。
GR002493.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/1000秒、F4.0、ISO100相当

跨線橋から俯瞰撮影。もう少し長いレンズが欲しいなぁ~
GR002495.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当 クロップで47㎜相当で撮影)
露出:1/640秒、F4.0、ISO6400相当

日本カメラ と アサヒカメラ と 旅と鉄道

DSCF7795.jpg

8月号の日本カメラとアサヒカメラと、9月号の旅と鉄道を買ってきました。
今月号は、日本カメラが機材寄りの記事、アサヒカメラがハウツー系の記事と対照的な感じでした。

日本カメラのメイン記事は、先月号の「カメラが欲しい」に引き続いたような内容で「レンズが欲しい!!」です。
正直、「壊れない限り、カメラボディはもう良いや…」って思い始めているのでタイムリーな記事なんだけど、
例によって、私が欲しいと思えない最新レンズが多くってねぇ……

ただ、「私が選ぶこの1本」で、
SMC PENTAX FA 77㎜F1.8 LimitedやTokina AT-X 107 DX Fisheye10-17mmF3.5-4.5(IF)などの、
古いレンズも取り上げられていたりと、興味をひかれる記事でした。

あと、「ニコンのフルサイズミラーレス機を勝手に大予想」って記事としては面白いんだけど、
個人的には、Nikon・Canonには最後まで光学ファインダー機で頑張って欲しいと思う。
ミラーレス機を使うなら、Nikonをメインに据えつつ、FUJIFILMかOlympusuを使うからさ。

最後に、見開き2ページの「調査報告書」で、丸栄 中古カメラ・用品大バーゲンが取り上げられていて嬉しかったです。

アサヒカメラのメイン記事は、「脱・風景写真のススメ」。
賛否両論色々ありそうな記事だけど、「作品の仕上げはパソコンでなく現場(カメラ)でしよう」とか、
「撮影名所めぐりは時間の浪費。身近な風景を撮り続けよ」なんかは共感が持てたかな。

あと、「初期設定を疑え」は、ちょっと役に立つ記事でした。

最近、ようやくデジタル一眼レフを本格的に使い始めたけど、
私はまずは取説を読まず、使って行き詰ってから、ようやくイライラしながら取説をめくるような人だからさ。
ちょっと暇な日を見つけて、取説を見ながら初期設定を見直してみる事にするよ。

連載記事の「ふらり旅(呑み)日記」は、毎月読み物として面白いですし、
「麗しき名列車」はスイスの「リビエラ・ベル・エポック号」で、SL重連で渡れない橋だけは単機で渡るなんて面白いと思ったし、
「銀塩カメラ放蕩記」はコピーライカで、最近買うモノが少なくなってきたから面白い選択肢かな…と思ったし、
「ニッコール千夜一夜物語」は、NIKKOR-Q・C 13.5㎝F4と古いレンズで馴染みが無いのですが、
占領下の日本で作られた党レンズが思いのほか高性能だったりと、まだまだ知らない事が多くて面白いですね。

旅と鉄道は、「夏の絶景鉄道 100」がメイン記事で、夏らしい爽やかな表紙が印象的です。
でもトップ記事は、新連載の「ねこ鉄」で、ネコと鉄道コラボ写真の特集は可愛らしくて良いですし、
乗って良し・撮って良しの絶景鉄道の記事は、この暑い時期に車窓から眺める絶景も良いなぁ…と思いました。

FUJIFILM GF670 Professionalで丸栄跡地を撮る

そろそろ美容院に行こうと思うも、この暑い中、汗だくになりながら自転車で行くのはちょっと気が引けるが、
車の維持は辞めてしまったし、自転車を使わないとなると公共交通機関しかない。

それなら市バスで行けば良いのだけれど、単純往復しても420円掛かる。
土日ならドニチエコきっぷを使えば600円で市バスも地下鉄も乗り放題。
今月はまだフイルム3本しか撮っていないし、2018年5月期限のPROVIA 100Fがまだ6本も在るので
+180円で栄まで行けるのなら、カメラを持って丸栄周辺でもブラつこうと思った次第。

今日の機材は、FUJIFILM GF670 Professional とRicoh GR II をARTISAN&ARTIST ACAM-7000に入れる。

大荷物で美容院に行くのもみっともないので軽装備。
FUJIFILM GF670 Professionalなら、シャッター音も小さく目立たないので、街中での撮影でも最適と思ってね。

昼食後、市バスに乗って美容院に向かい、カットとミントシャンプーとグローイングですっきりしてから、
市バスと地下鉄を乗り継いで栄に向かう。

GR003439.jpg
栄に到着し、地下から回り丸栄の周囲を一周。

6月30日の営業最終日は泊まり勤務で行けなかったから、本当に閉店したのか実感が湧かなかったけど、
本当に閉店したんだねぇ……

まぁ、中古カメラ・用品大バーゲンは、9月は松坂屋に場所を移して開催するから、
実害は交通アクセスが少し不便になった程度で済んだけど、
半世紀以上、丸栄で開催されてきたことを思うと、やっぱり寂しいねぇ……

津島 天王川公園のネコ

4月27日、Ricoh GR II 撮影。

パンジーの合間でくつろぐ猫。
GR002571.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/5000秒、F4.0、+0.3段補正、ISO400相当

何故か藤の幹のにおいを懸命に嗅いでいました。
GR002572.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/160秒、F4.0、ISO400相当

その後、ロープの匂いを嗅いで突然おすまし顔。
GR002573.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/160秒、F4.0、ISO400相当

津島 天王川公園の藤 3

4月27日、Ricoh GR II 撮影。

17時近くなると、藤棚の下も人がまばらになって落ち着いた雰囲気。
GR002574.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/60秒、F4.0、ISO400相当

珍しい八重咲のツツジが咲いていました。
GR002576.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/200秒、F4.0、+0.7段補正、ISO400相当

夕日に染まる三色のツツジ。
GR002583.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/250秒、F5.6、+0.7段補正、ISO100相当

夕日を浴びて輝く八重咲のツツジ。
GR002590.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/125秒、F4.0、+0.7段補正、ISO200相当
プロフィール

PoLo

Author:PoLo
~未来は何処の空の下へ~
へようこそ!

「銀塩カメラ・銀塩写真」、「国内旅行」
「お酒」、「美味しい食べ物」、
「自転車」、「鉄道(客車・貨物等)」、
「ガーデニング」、「機械式時計」、
「I've Sound」と、
「ラブライブ!」シリーズが
好きな放蕩者の管理人PoLoが、
ストイックに我欲を追求し、
思いのままに書き連ねます。

被写体は、風景や古い街並み、
夜景、ネイチャー、鉄道です。
撮影はリバーサルフイルムを使用し
現像・スキャンに時間が掛かるので
公開は撮影から、
2~3ヵ月後を目標とします。

2013年5月にα Sweet DIGITAL、
2014年8月にα-7 DIGITAL
2017年5月にD700
2018年5月にD300
2018年8月にK-5IIs
2019年5月にX-E2を購入するも、
メインはフイルムから変えずに、
毎月フイルム5本撮る事を目標に、
色々な被写体を撮影しています。

誹謗、中傷、差別的発言、暴言、
猥褻・卑猥な言葉、
事業者による営利目的の宣伝、
記事内容と無関係な内容、
礼節を重んじない不快な投稿や、
道義的・法的に問題があるサイト、
有料サイト、有害サイト、
まとめサイト等へのリンク等は、
管理人の裁量で削除します。

トラックバックは、
成人向けや出会い系サイトが多く、
不快なので受付けていません。

細心の注意を払っていますが、
趣味の範囲内での運営であり、
文章中の誤字・脱字、情報の誤り等、
ご指摘頂ければ修正いたしますが、
思想・価値観の違い等による批判は、
一切の聞く耳を持たず削除します。

当ブログの情報により、
不都合・不利益を被られても、
当方は一切の責任は負いかねます。

写真・文章の
無断使用・無断転載・無断直リンクは
如何なる理由でも一切禁止します。
転売目的の出品者が不快なので、
特にオークションからのリンクは、
厳重に禁止します。

迷子の黒猫 Maukie
ネコ温度計
東京ステーションシティ
列車フラッシュ撮影自粛同盟

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード