自動車税を払ってきた

昨年、10月に車検を通さなかったのですが、3月末までに車検を抹消しなかったので自動車税は課税される。
正直、走らせる事の出来ない車に税金を払うのは癪だけど、自動車税は登録税だからねぇ……

実際、今年度いっぱいで今の職場から定期異動する可能性が高いのよ。
もう車通勤などしたくないので、
上司に「車は辞めたし、車通勤はしたくないので、移動先は自転車か公共交通機関で行ける職場」とリクエストしているけど、
会社が、私のそんな個人的な事情など考慮してくれるとは思えない。

だから、まだナンバーの登録だけ残しておけば、まだ分類番号が「500」のナンバーで再登録する事が可能になるのよね。
抹消して登録しなおすと希望番号で同じ指定番号は選べても、分類番号が「504」や「505」になってしまうのよ。
車齢20年を超えた車に、分類番号が「504」や「505」なんて新しい番号なんて付けたくないのよ。

あと、廃車にしないのもそう。
置物にしてでも手元に置いておきたい思い出と愛着の在るクルマ。

今は運転などしたくないと思っているけど、それが未来永劫続くとも限らないし車が必要な環境になるかもしれない。
そうなった時に、幾ら生活必需品になろうと、好みではないモノに大枚を叩く事が私に出来るとは思えないのよ。

幾ら必要になっても、見た目が嫌、コンセプトが嫌な車に、苦労して稼いだ金を費やしたいとは思えないのよ。

だから、嫌々でも自動車税を払ってきた。嫌々だから納期ギリギリに払ってきた。
もし、次の移動先が自転車や公共交通機関で行ける職場であれば、車検を抹消しても良いのかもしれないな。

だけど、もし次の移動先が自転車や公共交通機関で行けない職場だったら、
再車検を受けて、雨の日用セカンドカーに軽トラでも買おうかな。

沢田酒造 「特別純米白老」

CIMG0204.jpg
3月に佐布里池に行った際に、梅の館の売店で購入しました。

今年からラベルが一新されたそうですが、私は初めての購入で、
「白老」とちょっと古風な文字ですが、青いラベルに知多の海と空を飛ぶ飛行機とちょっとポップな雰囲気が目を引きました。

香りはさほど高くなく穏やかな感じ。
口当たりは、スッキリとした爽やかな酸味が広がり、追って穏やかで優しい甘みが丸く口の中に広がります。
その甘みが引いた後の後味はスッキリ。
際立った個性は無いけれど、爽やかさとコクが在り料理の味を引き立てる食中酒にも最適な感じです。

日本酒度:+2
酸度:1.6
アルコール度数:15度
原料米:知多半島産 若水100%
精米歩合:60%精米
酵母:協会9号
仕込水:知多湧水
飲み頃温度:冷や~燗

JR東海:関西線-蟹江駅付近

3月2日、Ricoh GR II 撮影。

満月の月に照らされながら、蟹江駅に入線する5283レの石炭灰。普段より入線速度が速かった感じがします。
GR002114.jpg
カメラ:Ricoh GR II + GR Lenz 18.3mm F2.8 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/20秒、F3.5、ISO12800相当

Nikon D300で関西線の貨物列車を撮る

雨模様の天気予報も曇に変わったので、ゴールデンウィークに購入したNikonD300と、
先日修理から戻ってきたAF-s 300㎜ F4Dのテストを兼ねて、関西線沿線でテスト撮影してきました。

当初は少し遠征しようかと思ったのですが、
余りスッキリしない空とテスト撮影で交通費を掛けて出向くのは勿体ないと思い今日もチャリ鉄。

今日の機材は、Nikon D300に、
Nikon AF-s 300㎜ F4D、テレコンバーター TC-14E IIとTC-17E IIを、Lowepro フリップサイド 300AW2に入れて,
Manfrotto 276Bをバッグサイドに取り付ける。

DS3_6842.jpg
先ずは、前回テスト撮影をし不具合を発見した福田川橋梁で2085レのコンテナを撮影。

DS3_6933.jpg
少し時間が空くので一旦帰宅し、回1910Dのキハ11回送から2080レのコンテナまでを庄内川橋梁で撮影。
途中、東京から用事の序にやってきたという年配の方と暫らく雑談をし、楽しい時間を過ごす事が出来ました。

DS3_6926.jpg
その後、ひとりで撮影していると、電車が行きかう土手で土鳩が交尾をしようとして失敗してました。

昼食を取りに一旦自宅に帰り、今後の予定を検討。

今日も2089レのコンテナがDD51 1028運用で、8079レの石油返空がDD51 1801+DD51 1146の重連。
8072レの石油はDD51重連運用なのは確実。
8075レの石油返空は中央線の8084レが運休なので運休だと思うけど、6286レの石油が運転すれば重連単機は走る。
それなら春田駅で8072レの石油と8075レの石油返空がDD51重連同士の交換が撮れる可能性が在るので、
8380レの石油の撮影は見送り、機材をD700と入れ替え、念のためTAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USDを追加し、
フットワークの軽い地元民のメリットを最大限に生かし、春田駅16:15着の列車に乗車。

DSC_5652.jpg
春田駅のホームから8072レの石油の入線を撮影し、一本前の普通を撮影し8075レの石油返空を待つ。
今日は、接続の8084レの石油返空が運休なのが判っていたので、在っても重連単機。
判っているせいもあってか、前回ほどの武者震いもせず淡々と8075レの重連単機を撮影。

とは言え、運用消滅後にDD51の重連同士の交換が撮影出来れば嬉しいもので、
夕日も期待できない空模様なので2084レのコンテナの撮影は見送り、意気揚々を家路を急ぐ。

今日の最初の機材、APS-CのボディにレンズがNikon AF-s 300㎜ F4DのみとTC-14E IIとTC-17E IIって組み合わせって、
450㎜相当、600㎜相当、750㎜相当でしか撮れない超望遠縛りは、撮影地探しに一苦労でした(^^;

佐布里池の鴨

3月2日、MINOLTA α-9 撮影。

波間に漂う鴨。
2018-03-02_03-20.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:TAMRON SP AF 180mm F3.5 Di LD MACRO
露出:1/800秒、F4.0、+0.7段補正、一脚使用
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (064-407)

佐布里池の梅 6

3月2日、MINOLTA α-9 撮影。

青空に白梅。
2018-03-02_03-22.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:TAMRON SP AF 180mm F3.5 Di LD MACRO
露出:1/1000秒、F4.0、+1.0段補正、一脚使用
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (064-407)

トウヨウミツバチかな?
2018-03-02_03-25.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:TAMRON SP AF 180mm F3.5 Di LD MACRO
露出:1/500秒、F4.0、+1.0段補正、一脚使用
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (064-407)

ひっそりと咲く梅。
2018-03-02_03-30.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:TAMRON SP AF 180mm F3.5 Di LD MACRO
露出:1/250秒、F4.0、+1.0段補正、一脚使用
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (064-407)

佐布里池の梅 5

3月2日、MINOLTA α-9 撮影。

佐布里池と梅。
2018-03-02_03-08.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D)
露出:1/640秒、F4.0、一脚使用
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (064-407)

丘の上の梅。
2018-03-02_03-09.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D)
露出:1/1000秒、F4.0、+0.7段補正、一脚使用
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (064-407)

雑木林の中でひっそりと咲く。
2018-03-02_03-18.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:TAMRON SP AF 180mm F3.5 Di LD MACRO
露出:1/200秒、F4.0、一脚使用
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (064-407)

佐布里池の梅 4

3月2日、MINOLTA α-9 撮影。

青空に映える白梅。もう少し咲いていると良かったな。
2018-03-02_02-31.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF FishEye 16mm F2.8
露出:1/640秒、F5.6、+1.0段補正、一脚使用
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (480-404)

丸い世界に咲く白梅。
2018-03-02_02-32.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF FishEye 16mm F2.8
露出:1/320秒、F5.6、+1.0段補正、一脚使用
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (480-404)

ほぼ満開の梅。
2018-03-02_03-05.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D)
露出:1/400秒、F4.0、+0.7段補正、一脚使用
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (064-407)

佐布里池の梅 3

3月2日、MINOLTA α-9 撮影。

丸く咲いた紅梅。あちこちに赤いふわふわが咲いていて可愛らしい感じ。
2018-03-02_02-09.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D)
露出:1/200秒、F5.6、+0.7段補正、一脚使用
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (480-404)

紅梅の中の白梅。
2018-03-02_02-13.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D)
露出:1/320秒、F4.0、+1.0段補正、一脚使用
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (480-404)

白梅と枝ぶりをフィッシュアイで狙う。
2018-03-02_02-18.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF FishEye 16mm F2.8
露出:1/400秒、F5.6、+1.0段補正、一脚使用
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (480-404)

佐布里池の梅 2

3月2日、MINOLTA α-9 撮影。

満開より差が在って面白い。
2018-03-02_01-26.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D)
露出:1/250秒、F4.0、一脚使用
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (480-404)

紅梅の中の紅梅は、鮮やかな感じ。
2018-03-02_02-05.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D)
露出:1/320秒、F4.0、+0.7段補正、一脚使用
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (480-404)

紅梅は青空によく映える。
2018-03-02_02-08.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D)
露出:1/500秒、F5.6、+0.7段補正、一脚使用
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (480-404)

佐布里池の梅 1

3月2日、MINOLTA α-9 撮影。

佐布里池の梅。今年は寒かったからか、3月に入ってもまだ5~6部咲きでした。
2018-03-02_01-03.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D)
露出:1/640秒、F4.0、一脚使用
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (480-404)

日陰の梅の花は儚い感じ。
2018-03-02_01-12.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D)
露出:1/200秒、F4.0、一脚使用
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (480-404)

太陽に照らされた白梅は良く映える。
2018-03-02_01-16.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D)
露出:1/160秒、F4.0、+1.0段補正、一脚使用
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (480-404)

キリン 「一番搾り 名古屋づくり」

DSCF7683.jpg
4月17日に発売された、全国9箇所の醸造家がその土地の風土や郷土ならではの味覚にあわせた9種類の一番搾り。

パッケージデザインは昨年とほぼ同様の右上部に県の形を金色であしらったデザインですが、
左上部に「限定醸造」を赤い帯が無くなり、裏面だけだった名古屋城のしゃちほこが表面にもあしらわれ、
裏面のコメントは、名古屋工場醸造長が大勝信秀氏。

色は、通常の一番搾りよりオレンジ色よりの濃いゴールド色で泡立ちが良く濃密な泡が立ちます。
味の濃い名古屋メシに合うように、味わいはしっかりとした濃い味でコクがあり苦味も強めなのだが、
嫌な雑味は感じられず、思いのほかすっきりと引いていく感じのパンチが在ってキレが良い美味しいビールですが、
前回の「名古屋づくり」に比べると、幾分マイルドな味わいになったような感じがします。

原材料:麦芽・ホップ
アルコール分:5.5%
内容量:350ml

JR東海:関西線-日光川橋梁

2月28日、Nikon D700 撮影。

8075レの石油返空。DF200を有名撮影地で王道の形式写真で撮影したのは、今回が初めてだったり(^^;
DSC_4891.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:TAMRON SP 70-200mm F2.8 Di VC USD (135㎜)
露出:1/500秒、F5.6、ISO400相当、晴天

一脚を軸に回転し後追い撮影。DF200 216のサイドのギャラリーに夕日がギラリと反射する。
DSC_4894.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:TAMRON SP 70-200mm F2.8 Di VC USD (70㎜)
露出:1/800秒、F5.6、ISO400相当、晴天

JR東海:関西線-日光川橋梁(東)

2月28日、Nikon D700 撮影。

8380レの石油。日没まで時間はあるがいい色の染まってくれた。
DSC_4882.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:TAMRON SP 70-200mm F2.8 Di VC USD (200㎜)
露出:1/800秒、F8.0、ISO400相当、晴天

「白州12年」「響17年」が販売休止

サントリーは6月以降、主力商品「白州12年」と「響17年」の販売を休止発表しました。
2000年代の低迷期に立てた需要予測に基づき原酒を仕込んだのが理由だそうです。

国際品評会での相次ぐ受賞やハイボール人気、NHKの連続ドラマ「マッサン」ブームもあり、
ウイスキーが人気になったのですが、10年前にそれを予測する事は不可能でしょうね。

2015年にも同じような事象が在ったんですが、その時アサヒビールは正反対の対応をしたんですよね。

「余市」と「宮城峡」は、長期熟成酒の「10年」「12年」「15年」「20年(余市のみ)」のエイジ商品と、
10年以下の若い原酒を使うノンエイジ商品の二本立てで販売していて、
「竹鶴」は余市蒸留所と宮城峡蒸留所の原酒をブレンデッドして作られいたものを、
「余市」と「宮城峡」をノンエイジ商品のみにし、品種を絞る事により「竹鶴」に廻す原酒を増やすという対応をしているのよ。

「原酒が足りなくなったから混ぜちゃえ」って利益至上主義のアサヒビールと、
「原酒が足りなくなったから終売」と潔いサントリー。私は潔いサントリーの方が好きだね。

終売になると殺到するのが日本人の悪しき習慣だと思うが、
それを転売して一儲けしようとする人間は最低・最悪だし、だからオークションって大嫌い。

今、メーカーがコストを掛けて増産体制を整えているんだから、
賢いユーザーは転売屋なんかからは買わず、メーカーが定価で出す商品を待ち望もうよ。

転売屋なんか儲けさせたって、造り手には何のメリットも無いし、
希少価値に当て込んで、モノを右から左に動かすだけで小銭を稼ごうとするなんてロクな行為じゃない。
だいやお転売屋なんかがきちんとした管理をしているとは思えず、雑に保存されたお酒は絶対に不味くなっているから。
賢いユーザーはその商品を大切にするメーカーを大切にして欲しい。

転売屋もクズだと思うけど、転売屋から買う奴もクズ。
買う奴が居なければ転売屋なんか儲からないんだから居なくなる。転売屋なんか兵糧攻めして潰してやろうぜ!!!

日本カメラ と アサヒカメラ と 旅と鉄道 と Rail Magazine

DSCF7725.jpg
6月号の日本カメラとアサヒカメラと、7月号の旅と鉄道と、7月号のRail Magazineを買ってきました。

日本カメラ・アサヒカメラ共に今月号は記載寄りの記事ですが、内容は正反対で面白かったですね。

日本カメラは、久しぶりの中古カメラ特集「新・中古カメラ道入門」がメイン記事。
「最近、ずっと中古カメラ特集が無いなぁ…」と思っていたら、彼是10年ぶりだそうです。
まぁ、「SNS時代の」と枕詞が付いていますが、内容は銀塩・デジタル半々で、ネット情報も載せている感じ。
もう少し記事の量が多くても良かったなぁ~って思えるくらい、待ち焦がれた内容ですね。

あとは、「カメラの大敵、水と熱 徹底対策」は、実際に炎天下にカメラを晒すなど中々アグレッシブなな記事。
この時期だと実害はないようですが、まぁこれから気を付けた方が賢明ですね。
他に、「新世紀 望遠レンズの使いこなし術!」は、超望遠レンズを狙ている私にはタイムリーと思いきや、
プロカメラマンの使いこなし術が中心で、もう少しレンズの特性とか使用感の記事も在っても良かったかと思います。

アサヒカメラは、「カメラの進化と最新機能の基礎知識2018」がメイン記事で、ミラーレススタイル10が付録として付いています。
カメラの進化から、最新カメラの機能説明、更にはAIがもたらす可能性と、中々の記事量ですが、
「最新カメラの機能説明」はその機種を持っていないと興味が沸きませんし、
「AIがもたらす可能性」は、今のところ私の望む可能性ではないようで、興味が沸きませんでした。

あと、連載記事の「ふらり旅(呑み)日記」は、毎月読み物として面白いですし、
「麗しき名列車」はタイ国鉄で、線路に降りての記念撮影等、お国柄の違いを実感しましたし、
「銀塩カメラ放蕩記」は、ニコン F2 フォトミック
「ニッコール千夜一夜物語」がAi AF NIKKOR 85㎜ F1.4D(IF)と、興味のある記事が多かったですかね。

旅と鉄道は、観光列車はしご旅がメイン記事で、
JR四国の観光列車やリゾートしらかみを皮切りに、JR・私鉄問わず全国の観光列車を特集していて、
更には「空想観光列車」と、空想(妄想?)で、「あんな列車が在ったらいいな」を集めてみたりと、中々面白かったです。

Rail Magazineは雑誌としては高い部類なので、最近は貨物列車や機関車特集の時だけ購入しています。
まぁ、毎年似通った内容ですが、在ると撮影に便利ですし、読み物としても面白いので購入しました。

Nikon F6で関西線の貨物列車を撮る

沼津帰りの泊まり勤務明け。
流石に身体は疲れているけれど、明日は生憎の天気のよう。
それなら身体を休めるのは明日で良いと思い、ちょっと無理をして関西線沿線でチャリ鉄をしてきました。

今日の機材は、Nikon F6とRicoh GR IIと、先日の残り富士フイルム 写ルンですシンプルエースに、
TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USDとTAMRON SP 70-200mm F2.8 Di VC USDと、
MINOLTA FLASH METER IVを、Lowepro フリップサイド 300AW2に入れる。

GR003116.jpg
先ずは永和駅東側の田んぼで水鏡を狙おうと思うも、思いのほか風が強い。
それでも、移動していたら間に合わないので、回1910レのキハ11の回送から撮影を始める。

火曜なのに8970レの単機が上って行ったりと、ダイヤ改正以降、この運用がよく判らなくなりました。
その後も、何処で撮影するか迷うも、結局2080レのコンテナまでを永和駅東側の田んぼからサイド狙いし、フイルム1本終了。

次の8380レの石油まで時間が空くので、一旦帰宅し昼食を取る。

8380レの石油以降は、D300とAF-s 300mmF4Dのテスト撮影でも…と思っていたのですが、
流石に疲れからか、チャリ鉄はキツイと判断し撮影断念。

もうすぐ不燃ごみの日なので、胴付ノコギリの刃を替えたりと雑用を済ませたんだけど、結局、身体は休めてないね(^^;
明日も、多分ブログの更新や貨物列車の時刻表のチェックとかで忙しいんだろうなぁ……

JR東海:関西線-佐屋川橋梁

2月28日、Nikon F6撮影。

8380レの石油。佐屋川橋梁で水鏡狙い。川面のヘッドライトがよく目立つ。
2018-02-28_01-37.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD (70㎜)
露出:1/800秒、F8.0 (-0.7)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-401)

JR東海:関西線-津島街道踏切

2月28日、Nikon F6撮影。

2080レのコンテナ。遠くに見える保線員さんたちとのコラボ。
2018-02-28_01-32.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S Nikkor 300mm F4D IF-ED
露出:1/800秒、F8.0 (+0.5)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-401)

JR東海:関西線-白鳥信号所付近

2月28日、Nikon F6撮影。

8079レの石油返空。
エキゾーストをなびかせながら力行しているスノープラウ付きのDD51 1801号機が主務機の気に入ってる一枚。
2018-02-28_01-28.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:TAMRON SP 70-200mm F2.8 Di VC USD (135㎜)
露出:1/800秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-401)

一脚を軸にして回転してもう一枚。
2018-02-28_01-29.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:TAMRON SP 70-200mm F2.8 Di VC USD (135㎜)
露出:1/800秒、F8.0 (-0.2)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-401)

JR東海:関西線-白鳥信号所付近

2月28日、Nikon F6撮影。

特急ワイドビュー南紀4号。鹿バンパー付きの車両でした。
2018-02-28_01-24.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:TAMRON SP 70-200mm F2.8 Di VC USD (70㎜)
露出:1/1000秒、F5.6 (+0.2)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-401)

キハ25の回送。光りやすい車体だから、曇天の方が撮りやすい。
2018-02-28_01-25.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:TAMRON SP 70-200mm F2.8 Di VC USD (70㎜)
露出:1/800秒、F8.0 (-0.3)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-401)

キハ75 快速みえ。薄日が差してきた。
2018-02-28_01-26.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:TAMRON SP 70-200mm F2.8 Di VC USD (135㎜)
露出:1/800秒、F8.0 (+0.2)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-401)

JR東海:関西線-津島街道踏切

2月28日、Nikon F6撮影。

5282レの石油。もう少し長いレンズで攻めても面白そうだな……
2018-02-28_01-19.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S Nikkor 300mm F4D IF-ED
露出:1/800秒、F5.6 (+0.5)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-401)

5282レの石油。流石にDF200はデカい。
2018-02-28_01-21.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S Nikkor 300mm F4D IF-ED
露出:1/800秒、F5.6 (+1.2)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-401)

JR東海:関西線-津島街道踏切

2月28日、Nikon F6撮影。

先ずはキハ75 快速みえ。
2018-02-28_01-13.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S Nikkor 300mm F4D IF-ED
露出:1/800秒、F5.6 (+0.8)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-401)

2089レのコンテナ。豪快にドレンしていたので撮ってみた。
2018-02-28_01-14.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S Nikkor 300mm F4D IF-ED
露出:1/800秒、F5.6 (+1.0)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-401)

2089レのコンテナ。狙いはこちらだったんですけどね(^^;
2018-02-28_01-16.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S Nikkor 300mm F4D IF-ED
露出:1/800秒、F5.6 +0.8)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-401)

JR東海:関西線-善太川橋梁

2月28日、Nikon F6撮影。

回1910Dのキハ11回送を善太川橋梁で撮影。曇っているので逆光になる北側から水鏡を狙う。
2018-02-28_01-06.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:TAMRON SP 70-200mm F2.8 Di VC USD (200㎜)
露出:1/800秒、F5.6 (+0.7)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-401)

80972レの単機も善田川橋梁で水鏡。シンメトリーっぽい構図だけど、DD51 + DE10。
2018-02-28_01-10.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:TAMRON SP 70-200mm F2.8 Di VC USD (135㎜)
露出:1/800秒、F5.6 (+1.0)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-401)

JR東海:関西線-福田川橋梁

2月28日、Nikon F6撮影。

500㎜じゃ足りないと思いつつも、2085レのコンテナを福田川橋梁左岸で撮影。
150-600㎜を買うべきか…APS-Cのデジタル一眼を買うべきか……悩むところだな。
2018-02-28_01-02.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S Nikkor 300mm F4D IF-ED + Nikon AF-S テレコンバーター TC-17 E II (500㎜)
露出:1/500秒、F8.0 (-0.2)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-401)

Nikon D700 と FUJIFILM GF670 Professional で沼津港 と 伊豆箱根鉄道 駿豆線を撮る

「ラブライブ!」にはまった友人が沼津に頻繁に通っていて、1月以来のお誘いが来た。
週間予報では生憎の天候が日を追うにつれ天気が回復してきたので、気持ちよく沼津に行ってきました。

今日の機材は、Nikon D700とFUJIFILM GF670 ProfessionalとRicoh GR IIと写ルンです シンプルエースに、
TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USDとTAMRON SP 70-200mm F2.8 Di VC USDを、DOMKE F-2BBに入れる。

伊豆箱根鉄道駿豆線の撮影ならNikon D700だけでも十分だけど、
PROVIA 100Fの120の使用期限が、2018年4月のモノが3本、2018年5月期限のモノが10本も在るし、
富士山が見える可能性もあるのでデジタル機だけじゃつまらないと思い、今回もGF670を持ち出すことにしました。

今日はプランニングから運転まで古くからの友人任せで、しかも送迎付と感謝感謝です。
6時に迎えに来て貰い、もう一人の友人を途中で拾い東名阪~新東名と経由し、NEOPASA駿河湾沼津で休憩。

GR002968.jpg
NEOPASA駿河湾沼津から駿河湾や伊豆半島を眺めたり、試食をいただいたり、

GR002971.jpg
「ラブライブ!」のねぶたを撮影したりして過ごし、早めに昼食を取るとの事で一路、沼津港へ。

GR002976.jpg
先ずは、「沼津港大型展望水門びゅうお」に上り撮影。スタンプをしてもらえば当日中は再入場自由と言うので一度退出。

GR003013.jpg
その後、マンホールの撮影をして「あじや」さんに向かい、昼間っから静岡麦酒と漁火丼で少し早い昼食。

GR003016.jpg
その後、「磯丸」さんもハシゴすると言うのだが、少し腹ごなしを兼ねて廃線跡を撮り歩き、地域ネコやマンホールを撮影。

GR003037.jpg
再び沼津港に戻り、「磯丸」さんに向かい、昼間っから「万丈 あらばしり」を一献と、

GR003038.jpg
「光3点盛り」と、

GR003041.jpg
「由比3点盛り」を注文。

GR003045.jpg
その後、伊豆箱根鉄道駿豆線で沿線撮影。

韮山-伊豆長岡間の北条踏切付近や、伊豆長岡-田京間の振興館前踏切、田京-大仁間の吉田裏踏切付近で撮影。

GR003061.jpg
撮影後は、友人が行きつけの仲見世商店街のお店を廻りつつ、オブジェやマンホール撮影。

DSCF7721.jpg
途中、マルサン書店で鉄道ダイヤ情報 6月号を購入。
道中に「今月のダイヤ情報が貨物列車特集で、時刻表が付録」と聞いていて、詳細な時刻が載っていたので購入しました。

関西線に至っては、数年かけて作ってきたオリジナル時刻表の努力が水の泡とも……
まぁ、答え合わせしてかなり正確だったら、自分でも驚きだけどね(^^;

GR003098.jpg
その後、夕日が撮影出来ないかと再び「沼津港大型展望水門びゅうお」に向かってみるも、
分厚い雲に阻まれたので、もう1か所のマンホールを撮影して、沼津港を出発。

GR003113.jpg
新東名に乗るまでに気になる飲食店が見当たらなかったので、
NEOPASA駿河湾沼津の「しおや」さんで厚切りしおや定食を食す。

GR003114.jpg
SAなのでアルコール類は置いていないので、サントリー オールフリーを注文してみる。
しかし、ちょっと炭酸がキツイ感じがするし、甘い味わいなのでちょっと微妙かな……

NEOPASA駿河湾沼津を21時頃に出発し、自宅に送ってもらったのが24時少し前。
それから風呂に入って、カメラ機材を片付けて、ブログを書いたら26時少し前…明日起きれるのかな……

Nikon AF-s 300㎜ F4Dが直ってきた

先日の木曜日に、ニコン 名古屋サービスセンターから、「AF-s 300㎜ F4Dの修理が完了した」と電話が在ったんだけど、
生憎、朝顔や夕顔、フウセンカズラ等の種を蒔いたりと忙しく、汗と土で汚れていたので栄まで行く気にならず、
雨も朝には上がり関西線のDD51の撮影に行きたい気持ちも在るけれど、ドニチエコきっぷが使えるので行ってきました。

とは言え、先ずは美容院に行ってカットとグローイング。
4月1日に美容院に行ったんだけど、
ちょっと伸びてきて湿度で癖が出るようになったし、暑くなってきたので短くしようと思ってね。

さっぱりしてから、市バスと地下鉄を乗り継いで栄を目指す。
オアシス21やNHK名古屋放送局がイベントを焼ていて混雑していたけど、ニコンサービスセンターは待ち人数は0人。

サクッと受け取って、KeyMission 80とか双眼鏡のカタログでもと思ったけど、混む前に帰ろうと思いそそくさと帰路に付く。
復路は、栄-名古屋間の混雑を避ける為に、金山駅から市バスに乗る事にした。

ただ、金山駅のバス停が老朽からか、どこかに雨が溜まっていて強風で飛沫になって飛び散るのよ。
レプリカ天守閣の木造復元なんかに500億円も掛けるより、地下鉄の駅やバス停を便利に改修してもらった方がマシ。
観光で行きたい街になる事より、住みやすい街になる方を私は望むよ。

だけど、乗った市バスの運転手さんがバス停の度に「足元に注意してゆっくりと下車してください」とアナウンスし、
時折、「後方から自転車がきますからご注意ください」とか「風が強いのでお気を付けください」とか凄く丁寧な人で、
乗車する時もオーバーハング部を歩道に乗せるくらい寄せてくれるし、下車する時もバス停で縁石にべた寄せしてくれるから、
ほぼノーステップ状態で乗車・下車出来て、快適でした。

DSCF7720.jpg
因みに、修理代は31,428円と当初の見積もりの63,180円の半額で済みました。

修理内容は、
1.AF動作不具合のため、超音波モーター部組(SWM部組)を交換しました。
2.AF接点部接触不具合のため、AF接点部組を交換しました。
の2点で、
・SWM部組(R)の15,900円ととAF接点部組の1,700円の交換で合計17,600円。
それに修理料金が11,500円で、消費税が2,328円。

ホント、消費税って無駄に高く感じるし、こんな国に1円でも余分に税金など払いたくないんだけどねぇ~

岩村醸造 「女城主 純米 生一本」

DSCF7719.jpg

岩村醸造の「味めぐり頒布会 第2回」が届きました。
味めぐり頒布会は2009年以降、9回目の注文です。

香りはフルーティで華やかな感じで白ワインのような雰囲気ですが、
味わいはボリューム感が在りますがバランスが良くてスッキリとした印象で、
後味はスッキリとした酸味が爽やかで、飲み飽きない美味しい日本酒です。

日本酒度:+4
酸度:1.6
アルコール度数:15.6%
原料米:ひだほまれ
精米歩合(麹):50%精米
精米歩合(掛):60%精米
飲み頃温度:冷や~ぬる燗

岩村醸造 「ゑなのほまれ 特別本醸造 Base」

DSCF7717.jpg

岩村醸造の「味めぐり頒布会 第2回」が届きました。
味めぐり頒布会は2009年以降、9回目の注文です。

「ゑなのほまれ 特別本醸造 Base」の720mlは今回の頒布会で終売となってしまうそうで、引き続き1.8Lは販売されるそうです。

名前は「Base」ですが、ひだほまれ特有の優しい甘味を感じつつ、
ボリューム感豊かな味わいが印象的な美味しい日本酒です。
「濃いと感じたらほんの少しの水を加えると軽く飲みやすくなる」と在ったので試してみましたが、
ボリューム感は潜めますが、後味がよりすっきりとして非常に飲みやすくなりますが、私には少し物足りないかな。

日本酒度:-2
酸度:1.6
アルコール度数:15.4%
原料米:ひだほまれ
精米歩合(麹):50%精米
精米歩合(掛):60%精米
飲み頃温度:冷や~ぬる燗

JR東海:関西線-庄内川橋梁

2月27日、Nikon F6撮影。

8380レの石油を庄内川橋梁右岸で撮影。
2018-02-27_01-32.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:TAMRON SP 70-200mm F2.8 Di VC USD (200㎜)
露出:1/640秒、F8.0 (+0.2)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-401)

名古屋駅前のビル群を背景に211系快速を撮影。
2018-02-27_01-33.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:TAMRON SP 70-200mm F2.8 Di VC USD (200㎜)
露出:1/1000秒、F8.0 (-0.3)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-401)

8075レの石油返空。名古屋駅前のビル群とDF200。数年後にはこれが当たり前の光景になるんだろうなぁ~
2018-02-27_01-35.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:TAMRON SP 70-200mm F2.8 Di VC USD (200㎜)
露出:1/1000秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-401)

8072レの石油。思った以上に西の空が赤く染まらなかったけど、タキの側面に僅かに夕日を感じる。
2018-02-27_01-36.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:TAMRON SP 70-200mm F2.8 Di VC USD (100㎜)
露出:1/640秒、F8.0 (+1.0)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-401)
プロフィール

PoLo

Author:PoLo
~未来は何処の空の下へ~
へようこそ!

「銀塩カメラ・銀塩写真」、「国内旅行」
「お酒」、「美味しい食べ物」、
「自転車」、「鉄道(客車・貨物等)」、
「ガーデニング」、「機械式時計」、
「I've Sound」と、
「ラブライブ!」シリーズが
好きな放蕩者の管理人PoLoが、
ストイックに我欲を追求し、
思いのままに書き連ねます。

被写体は、風景や古い街並み、
夜景、ネイチャー、鉄道です。
撮影はリバーサルフイルムを使用し
現像・スキャンに時間が掛かるので
公開は撮影から、
2~3ヵ月後を目標とします。

2013年5月にα Sweet DIGITAL、
2014年8月にα-7 DIGITAL
2017年5月にD700
2018年5月にD300
2018年8月にK-5IIs
2019年5月にX-E2を購入するも、
メインはフイルムから変えずに、
毎月フイルム5本撮る事を目標に、
色々な被写体を撮影しています。

誹謗、中傷、差別的発言、暴言、
猥褻・卑猥な言葉、
事業者による営利目的の宣伝、
記事内容と無関係な内容、
礼節を重んじない不快な投稿や、
道義的・法的に問題があるサイト、
有料サイト、有害サイト、
まとめサイト等へのリンク等は、
管理人の裁量で削除します。

トラックバックは、
成人向けや出会い系サイトが多く、
不快なので受付けていません。

細心の注意を払っていますが、
趣味の範囲内での運営であり、
文章中の誤字・脱字、情報の誤り等、
ご指摘頂ければ修正いたしますが、
思想・価値観の違い等による批判は、
一切の聞く耳を持たず削除します。

当ブログの情報により、
不都合・不利益を被られても、
当方は一切の責任は負いかねます。

写真・文章の
無断使用・無断転載・無断直リンクは
如何なる理由でも一切禁止します。
転売目的の出品者が不快なので、
特にオークションからのリンクは、
厳重に禁止します。

迷子の黒猫 Maukie
ネコ温度計
東京ステーションシティ
列車フラッシュ撮影自粛同盟

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード