Nikon F6で関西線の貨物列車を撮る

今日はせっかくの公休日だが、午後から曇る予報だけど余りスッキリしない空。
月背景狙いが出来なくなりそうだが、目標の月5本まであと1本なので撮らずに後悔するくらいなら撮りに行こうと思い、
昨夜片付けた機材+αを持ち出し、関西線沿線で撮影してきました。

今日の機材は、Nikon F6とRicoh GR IIに、
Nikon AF-s 300㎜ F4D、テレコンバーター TC-17E II、
TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USDと、TAMRON SP 70-200mm F2.8 Di VC USDと、MINOLTA FLASH METER IVを、
think TANK Photo エアポート・コミューターに入れて、一脚はManfrotto 276Bをバッグサイドに取り付ける。

この装備だと、10㎏以上の重量になる。
その10㎏を背負って自転車で走り回るんだから、ある意味、ウェイトトレーニング(^^;

公休日は2085レのコンテナから撮影が出来るのだが、スッキリしない空を入れたくないので福田川橋梁左岸で撮影。
ココは600㎜が必要なんだけど、試しに500㎜で撮影してみた。
これでダメなら、TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USDを買わないとダメかなぁ……

GR002078.jpg
少し時間が空くし時刻表を忘れたので一旦自宅に帰り再出発。キハ11 300番台の回送と8972レの単機を善田川橋梁で撮影。

GR002082.jpg
人が多そうと避けていた白鳥信号所に向かうと誰も居なかったので陣取ると、
昨日もご一緒した原付おじさん一行が現れお互い驚きつつも雑談しつつ、2089レのコンテナから2080レのコンテナまでを撮影。

一旦別れ、昼食を取りに自宅に帰る。
因みに、自転車で撮影に出て自宅に昼食を取りに帰れば、フイルム代と現像代以外、1円も使っていなかったりします。
なんせ、複数回撮りに出ようと思うと、無駄なコストを掛けている余裕はありませんからね。

GR002085.jpg
8380レの石油は佐屋川横の公園で水鏡狙い。これでフイルムが終わったので自宅に帰ろうと自転車を走らせると、
先ほどの、原付おじさん一行の車と出会い暫し雑談し、「そこで撮るから~」って話になったので、
急いで自転車を走らせ自宅に帰り、Nikon F6をNikon D700に入替え再出発。

DSC_4878.jpg
8072レの石油の通過10分ほど前に到着したので、ご一緒させてもらい撮影。

DSC_4887.jpg
撮影後に「日光川に行くよ~」と言うので、自転車で追いかけご一緒させてもらい8075レの石油返空を撮影し撮影終了。

夕方、雲が切れていい色になってきたから、諦めて帰らなくてよかったよ。

DSC_4895.jpg
帰り際に、鵜が上陸して休んでいたので撮影していたら、睨まれた(^^;
鵜って意外と怖い顔してたよ。

Nikon F6で関西線の貨物列車を撮る

泊まり勤務明けで疲れてはいるけれど、今月はまだフイルム3本しか撮影していないので関西線沿線でチャリ鉄をしてきました。

今日の機材は、Nikon F6とRicoh GR IIに、
TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USDと、TAMRON SP 70-200mm F2.8 Di VC USDと、
MINOLTA FLASH METER IVを、Lowepro フリップサイド 300AW2に入れる。

風が少なく暖かな日で、スカッとした青空が広がっているんだけど、暖かさのせいで鈴鹿山脈はスッキリ見えない。
それなら狙いは水鏡と思い、何時もなら裏道をゆっくり走るけど、県道29号線をクルマ並みの速度で走り善太川橋梁を目指す。

GR002072.jpg
僅かに風が在りヘドロから分離したスカムが浮いているのが気になるけど、
野鳥も居るので、キハ11 300番台の回送から、2080レのコンテナまでを撮影。
ケーブルが邪魔だしもう、少し先に行けば白鳥信号所があるからか、ここで撮影している人って殆ど見かけないなぁ~

一旦自宅に帰り昼食を取り再び出発。

GR002074.jpg
今度は、庄内川橋梁に向かい、8380レの石油から8072レの石油までを撮影。

8380レの石油の時は関西弁のお初な方とご一緒し、16時頃までDD51談議に花が咲き新川に行くと言うので別れ、
8075レの石油返空と8072レの石油の時は何時もの原付おじさんとご一緒し、17時頃までカメラ談義に花が咲き、
楽しい時間を過ごす事が出来ました。

GR002076.jpg
因みに、庄内川右岸堤防の法面にSIGMAの77㎜径レンズキャップが落ちていました。

今日、1日撮影しても、貨物列車とワイドビュー南紀、一部の快速みえだけだと、フイルム1本撮り切るのががやっとですね。
無駄打ちすればもう1本位撮れるけど、313系ばかり撮っても面白みに欠けるからなぁ……

JR東海:関西線-蟹江駅付近

12月22日、Nikon D700 撮影。

8072レの石油を福田川橋梁で撮影。雑草は多いものの何とか回避できた。
DSC_4168.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:TAMRON SP 70-200mm F2.8 Di VC USD (200㎜)
露出:1/500秒、F8.0、ISO800相当、晴天

8075レの石油返空。僅かな時間で一気に暗くなった。
DSC_4177.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:TAMRON SP 70-200mm F2.8 Di VC USD (135㎜)
露出:1/500秒、F4.0、ISO800相当、晴天

Triple Tree 自由雲台

Amazoneで2,010円で買ったアルカスイス規格の自由雲台。

CIMG0176.jpg
パッケージは小箱にブランドネームの「Triple Tree」のシールが貼ってあるだけの簡素なモノ。
しかも、そのシールがセンターからズレているわ、しわが寄っているわで、雑な印象を受ける。

CIMG0177.jpg
内容は、自由雲台と、3/8インチ→1/4インチ変換止ネジアダプター2個、取扱説明書。
自由雲台が油っぽい感じがするだけで、止ネジアダプターもきちんとネジが切られていて普通に使える。

CIMG0184.jpg
仕上げ塗装も雑な感じで、擦りキズやホコリの巻き込み等も見られる。

CIMG0180.jpg
脱落防止ピンの付いたアルカスイス規格のクイックシュー。
コイン溝だけでなく取っ手も付いているのだが、この取っ手が尖った形状なのでつまむ面積が狭く締めにくい上に、、
取っ手が緩くて締めている最中に手を離すと収納されてしまい結構使い難い……

CIMG0183.jpg
脱落防止ピンはある程度の所までは脱落を防止してくれるが、最後まで脱落を防止してくれる性能はない。
あと、ボールを抑えるオレンジ色の樹脂が見えるのは初めてだし、ボールの動きも擦れている抵抗感を感じスムーズではない。

CIMG0178.jpg
Manfrotto 276Bに取り付けてみた。

CIMG0179.jpg
アップはこんな感じ。

使ってみた感想は微妙な感じ……まぁ2,010円だと思えばそれ相応かな。

「タイトボール荒調整ネジ」と「ボール微調整ネジ」に分かれているけど、その差がよく判らない。
どちらのネジを締めても、Nikon D700 + Nikon AF-s 300㎜ F4D + テレコンバーターTC-17E IIで、
レンズの三脚座を使うと、重さでカメラ側が下がってくる。
数回使っただけで「タイトボール荒調整ネジ」が渋くなったりと、耐久性は余り無いような感じ。

三脚で機材の全加重を掛けて使うには心許ないが、一脚でティルトトップ的に使うなら、無いよりはマシって所かな。

耐久性がどのくらいかは分からないけど1年程度で壊れるようなら、またこの自由雲台を買う事はないかな。

JR東海:関西線-西尾張中央道付近

12月7日、Nikon D700 撮影。

211系の快速の後ろに日が沈む。
DSC_4137.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF-S Nikkor 300mm F4D IF-ED + AF-S テレコンバーター TC-14 E II (420㎜)
露出:1/640秒、F8.0、ISO800相当、晴天、一脚使用

太陽は、山陰に隠れた後も僅かな時間、西の空を赤く染める。
DSC_4144.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF-S Nikkor 300mm F4D IF-ED + AF-S テレコンバーター TC-14 E II (420㎜)
露出:1/640秒、F8.0、ISO1600相当、晴天、一脚使用

8075レの石油返空。既に日没後なので、少し寂しい雰囲気。
DSC_4160.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF-S Nikkor 300mm F4D IF-ED + AF-S テレコンバーター TC-14 E II (420㎜)
露出:1/500秒、F8.0、ISO3200相当、晴天、一脚使用

JR東海:関西線-西尾張中央道付近

12月7日、Nikon D700 撮影。

普段は余り撮らない313系だけど、夕日とススキのコラボが綺麗だったので撮影。
DSC_4113.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF-S Nikkor 300mm F4D IF-ED + AF-S テレコンバーター TC-14 E II (420㎜)
露出:1/1000秒、F8.0、ISO800相当、晴天、一脚使用

4両の快速。雲が切れ西空が赤く染まる。
DSC_4116.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF-S Nikkor 300mm F4D IF-ED + AF-S テレコンバーター TC-14 E II (420㎜)
露出:1/1000秒、F8.0、ISO800相当、晴天、一脚使用

8072レの石油。エキゾーストは目立たないけど、赤い空を背景にDD51の凸のシルエットが映える。
DSC_4124.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF-S Nikkor 300mm F4D IF-ED + AF-S テレコンバーター TC-14 E II (420㎜)
露出:1/640秒、F8.0、ISO800相当、晴天、一脚使用

JR東海:関西線-西尾張中央道付近

12月7日、Nikon D700 撮影。

8380レの石油。まだ15時半前なのにもう夕暮れの雰囲気。
DSC_4100.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF-S Nikkor 300mm F4D IF-ED + AF-S テレコンバーター TC-14 E II (420㎜)
露出:1/1250秒、F8.0、ISO400相当、晴天、一脚使用

西に傾きだした陽がススキを照らす。
DSC_4101.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF-S Nikkor 300mm F4D IF-ED + AF-S テレコンバーター TC-14 E II (420㎜)
露出:1/1250秒、F8.0、ISO400相当、晴天、一脚使用

16時頃やってくるワイドビュー南紀6号。既に西の空が赤く染まり始めた。
DSC_4107.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF-S Nikkor 300mm F4D IF-ED + AF-S テレコンバーター TC-14 E II (420㎜)
露出:1/1000秒、F8.0、ISO400相当、晴天、一脚使用

ウエストバッグを購入しました

Lowepro フリップサイド 300AW2を撮影に持ち出してみて、
財布や携帯電話、Ricoh GR II等を入れるスペースを確保するためにウエストバッグを購入しました。

冬場ならコートのポケットに入れておけば事足りますが、夏場だとポケット自体が少なくなるし、
私はズボンのポケットにハンカチとティッシュ以外を入れるのが嫌な人なので、
色々さがしてみた結果、Amazoneに気に入ったデザインのモノが在ったので購入しました。

CIMG0173.jpg
固有名称はない商品のようですが、「AOLI」のロゴの入ったコットン製でポケットが5か所でペンホルダー付き。
サイズが幅240x高さ140xマチ110mm、重量:約340gで、Amazoneで1,891円。
ほぼ見た目で選んだのですが、使い勝手も私が求めて居るものに合いそうだったので購入しました。

CIMG0174.jpg
2,000円未満なので送料が掛かってしまうので、
序に「Triple Tree 自由雲台」と「INPON 50mmクイックリリースクランプ+50mmクイックリリースプレートセット」も購入。

「Triple Tree 自由雲台」は2,010円でアルカスイス規格と言う驚きの仕様。
直付けしている「Manfrotto 276B」用に安いティルトトップか自由雲台が欲しかったから、試しに買ってみた。

「INPON 50mmクイックリリースクランプ+50mmクイックリリースプレートセット」も、1,600円でアルカスイス規格。
クイックシュー仕様でないのが面倒で、出番のなくなった「SLIK SPRIT PRO-GM」や「SLIK PRO-MINI III」に使おうと思ってね。
良ければ、もう1~2個購入しようと思います。

細かな使用感は後日、別エントリーにて。

Nikon D700で関西線の貨物列車を撮る

泊まり勤務明けで疲れてはいるけれど、狙っている構図が在るので関西線沿線でチャリ鉄をしてきました。

帰宅途中に先日現像に出したフイルムを引き取って、機材を準備。

今日の機材は、Nikon D700に、
Nikon AF-s 300㎜ F4D、テレコンバーター TC-14E II、TC-17E II、TAMRON SP 70-200mm F2.8 Di VC USDを、
Lowepro フリップサイド 300AW2に入れて、一脚はManfrotto 276Bをバッグサイドに取り付ける。

さて出発と思いきや、宅配牛乳のセールスが来やがった。
面倒だったので無視していたんだけど、間に合わなくなりそうなので自宅を出てきたら、寄ってきやがったので、
「今から出掛けるし、迷惑だからインターホン押さないでくれる?」と吐き捨て、出発。

ホント、訪問セールスってウザいんですけど。
こっちは買う気も興味も無いものを一方的に進めて来るんだからさ。
なんで企業の宣伝・利益の為に、私の時間を一分一秒提供してやらなきゃならないの?

「セールスに来たんだから聞くのが当然」なんて放言したコミュファのセールスとか、
「がはははは…」と下品に笑い、ため口のコミュファのセールスとか、
4m道路に車を止め、無断で他人様の敷地にタイヤを入れ、名前も名乗らず偉い様気取りで横柄なNHKの押し売りとか……
ホント、人の迷惑考えないクズ共、消え失せてくれないかな。

DSC_4768.jpg
出発が遅れたせいで日光川東側が精いっぱいだったので、そこでキハ11 300番台の回送と8972レの単機を撮影。
急いで西尾張中央道の跨線橋に向かい、2089レのコンテナを俯瞰撮影。

DSC_4786.jpg
再び日光川東側に向かい、5282レの石油からキハ25の回送までを撮影。

DSC_4816.jpg
再び西尾張中央道の跨線橋に向かい、8079レも石油返空を俯瞰撮影。
ワイドビュー南紀5号の通過予想時刻を2080レのコンテナと勘違いし、撮り逃したのは失態……

暫く時間が空くので、昼食を取りに一旦自宅に帰る。
自宅に帰るとNTT DoCoMoからダイレクトメールが届いていて、一方的にdポイントカードが送り付けられてきました。
dポイントカードなんて必要ないし、一方的な対応に不快感をを覚えたので、速攻で裁断して破棄しました。

CIMG0197.jpg
そうしたら、母親から電話が在って、「不審なメールが届いて心配」とやってきた。

見てみると、最近流行りのアマゾンを名乗る架空請求メールでした~
今でもこんな事やってるクズのさばってるんだねぇ~
架空請求しか出来ない馬鹿が、法的手続きに出れるものなら出てみろよ。受けて立ってやるからさ(笑

このクズメールのせいで、折角のマルちゃん正麺の味噌が伸びちゃったじゃないかよ。
この損害を、架空請求メールを送ってきたカス共に請求する法的手続きって出来ないのかな(笑

DSC_4829.jpg
サクッとメールを消して、三度日光川東に向かい、8380レの石油を撮影。

DSC_4848.jpg
その後、三度日光川東側に向かい8072レの石油を撮影。

DSC_4864.jpg
急いで西尾張中央道の跨線橋に向かうも211系の快速はギリギリ間に合わず、8075レの石油返空を俯瞰撮影し撮影終了。

機材を片付けていると年配男性に「良い風に撮れましたか?」と話しかけられたので、撮影画像を見せて暫し雑談し家路を急ぐ。

JR東海:関西線-日光川橋梁

12月7日、Nikon F6 撮影。

8079レの石油返空は、名古屋駅前のビル群を背景に定番構図で撮影。
2017-12-07_01-22.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:TAMRON SP 70-200mm F2.8 Di VC USD (70㎜)
露出:1/800秒、F8.0 (-0.7)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-401)

珍しく日光川が凪いだので、日光川で水鏡。キハ85の4両と日光川橋梁は大体同じ長さだった。
2017-12-07_01-24.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (50mm)
露出:1/1000秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-401)

2080レのコンテナも水鏡で狙う。あずき色のコンテナ一色の編成美。
2017-12-07_01-33.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (50mm)
露出:1/1000秒、F8.0 (+0.2)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-401)

JR東海:関西線-善太川橋梁

12月7日、Nikon F6 撮影。

水鏡を狙うなら善太川橋梁と思い移動。
2017-12-07_01-10.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (35mm)
露出:1/1000秒、F8.0 (+0.5)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-401)

2089レのコンテナ。うっすらと見えるエキゾーストと水鏡。
2017-12-07_01-12.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (35mm)
露出:1/1000秒、F8.0 (+0.2)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-401)

5282レの石油。こちらも水鏡で狙う。
2017-12-07_01-14.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (35mm)
露出:1/1000秒、F8.0 (+0.2)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-401)

JR東海:関西線-佐屋川橋梁

12月7日、Nikon F6 撮影。

佐屋川橋梁を渡るキハ11-300の回送。風が穏やかで水鏡が撮れた。
2017-12-07_01-06.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (85mm)
露出:1/800秒、F8.0 (+0.7)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-401)

佐屋川橋梁を渡る8972レの単機も水鏡で狙う。
2017-12-07_01-08.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (85mm)
露出:1/800秒、F8.0 (+0.5)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-401)

JR東海:関西線-蟹江駅付近

12月7日、Nikon F6 撮影。

蟹江駅に入線する2085レのコンテナ。遠くに名古屋駅前のビル群が見える。
2017-12-07_01-02.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (65mm)
露出:1/800秒、F8.0 (+0.2)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-401)

日本カメラ と アサヒカメラ

CIMG0172.jpg
3月号の日本カメラとアサヒカメラを買ってきました。今月号は、正反対のイメージな表紙が印象的です。

日本カメラが「森山大道 SAGA」のポストカード、アサヒカメラは恒例の「ミラーレス スタイル09」が付録で付いていて、
共に、FUJIFILM T-H1、Olympus PEN E-PL9、パナソニック LUMIX GX7 MarkII、を特集しています。
正直、FUJIFILM T-H1は発売される事を全く知らなかったので、少々驚きました。

日本カメラのメイン記事は、「ザ・重ね撮り」と「写真家たちのカメラの履歴書」。
「ザ・重ね撮り」はその名の通り多重露出の特集で、
フイルム時代より結果のすぐ判るデジタル時代こそ、多重露出がやりやすい時代なんでしょうね。

「写真家たちのカメラの履歴書」はプロ達がどんなカメラを使ってきたかの特集で、基本的には銀塩カメラ中心の記事。
昨今、中古カメラ特集が無くなって数少ない銀塩カメラ記事で、個人的には面白かったですね。

あと、「銀塩Today」で銀塩コンパクトカメラの特集をしています。
昨今、人気が在るからか、CONTAX T2が10万円近い相場で驚いています。
私は14年前に、29,800円で買ってますからねぇ~
序に言うと、Voigtlander SLレンズシリーズも、末期のたたき売りで買っているので、今の相場には驚きです。

アサヒカメラのメイン記事は、この季節らしく「愛しの桜風景を撮る」。
毎年の事ですが、桜の撮影は撮れる期間が短いうえに、桜の咲く頃は花曇りなんて言われてすっきりした日が少なく、
しかも、年度末・年度初に掛かって、撮影には苦労するんですよね。
毎年、特集を見ては「ああ撮る」「こう撮る」と考えるんですけどね~

あと、連載記事の「ふらり旅(呑み)日記」は、毎月読み物として面白いですし、
「麗しき名列車」は廃止になる三江線、「銀塩カメラ放蕩記」はOlympusA3.5II、
「ニッコール千夜一夜物語」が35㎜F2.8特集と、興味のある記事が多くて面白かったですかね。

JR東海:関西線-蟹江駅付近

12月6日、Nikon D700 撮影。

名古屋駅前のビル群から月が上る。
DSC_4078.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF 50㎜ F1.4D
露出:1/60秒、F2.8、ISO12800(Hi1.0)相当、晴天

DD51 1147+DD51 1146の旋回窓重連を見下ろす立待月。この構図が撮れるのも市営戸田荘が立て替えられるまでかなぁ……
DSC_4082.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF 50㎜ F1.4D
露出:1/50秒、F2.8、ISO12800(Hi1.0)相当、晴天

酒蔵みてある記 山田酒造

GR002029.jpg
昨年12月から始まった近鉄主催の酒蔵みてある記ですが、
今冬開催分は、上京していたり、勤務と合わなかったり、天候が悪かったり、気分が乗らなかったりで、
今日が今年最初の酒蔵みてある記の参加と相成りました。

今日の機材は、Rollei 35とRicoh GR IIを、Photo M 「Parcferme 一眼用3Wayカメラバッグ」に入れる軽量セット。
最近は鉄道撮影ばかりで一眼レフ機ばかり使っていた反動か、急にRollei 35が使いたくなってねぇ~

因みに、黒のRollei 35は2010年2月の「酒蔵みてある記 山田酒造」以来なので、約8年ぶりの出番です(^^;
特に記録を見た訳でないのに、今回、黒のRollei 35を持ち出そうと思ったのは何の因果か……不思議なものだ。

GR002021.jpg
受付は改札外のトヨタレンタカー付近にあったんだけど、意外と人が少ない事に驚きつつ、地図を貰い出発。
昨年は居た蟹江町のゆるキャラ、カニンジャ「ちょき丸」君も居なかったし……

GR002025.jpg
撮影しつつ順調に歩きながら八ヶ島踏切付近のロケハンをしつつ、松秀寺に立ち寄ると白梅が咲き始めていました。
普段、DD51を追いかけている時に前は通るんだけど、お邪魔するのは初めてでした。

GR002026.jpg
抽選会場の龍照院に着いたのは11:30頃。
昨年の抽選会は大行列だったけど、今年はハイキングMAPに抽選ナンバーが印刷されていて、
その番号で景品がもらえる仕様に変わっていて、全然並んでいなくて快適で、しかも酒粕が当たりました。

GR002028.jpg
山田酒造さんに着いたのは11時過ぎ。
早速今年の新酒を頂いて、300円で大吟醸を一杯。酒蔵内を撮影してからお酒を購入。
今年は、「本醸造 酔仙 しぼりたて生酒」「最愛」「限定特別本醸造 酔仙」の3本を購入しました。

GR002045.jpg
その後は須成町が屋台を出していたのでイカ焼きを購入し、スカンクキッチンの酒肴と熱燗で一献。

GR002047.jpg
12時半を過ぎたら人が少なくなってきたので庭を見学させてもらう。
8079レの石油返空の時間に近かったので踏切で待ってみるも、日曜なので運休でした。

GR002049.jpg
一献傾けたけど昼食はまだだったので、ルートを逸れてヨシヅヤJR蟹江駅前店の丸亀製麺に向かい鴨ねぎうどんを食し、
相方の買い物に付き合い帰路に付く。

Lowepro フリップサイド 300AW2

Lowepro プロランナー300AWでは縦位置グリップ付きの一眼レフが入らないし、ストラップ取付部が解れてきたので、
サイズ的に丁度よさそうと思い、think TANK Photo エアポート・コミューターを買い増しましたのですが、
これが意外と大きく、縦位置グリップ付きの一眼レフ+大口径標準ズーム+大口径望遠ズームで持ち出す際には少々大げさ。

まぁ、その機材ならLowepro ステルスリポーターD300AWでも収まるのですが、
ショルダー型はチャリ鉄の時は意外と不便だし、長距離歩く際はバックパック型の方が楽なので、
Lowepro フリップサイド 300AW2を買い増しました。

折しも車の維持を辞めたので、撮影に出掛けるのに徒歩か自転車か公共交通機関しか選択肢はない。
レンタカーと言う手もありますが、手抜きのゴミみたいな車が大半を占める現状じゃ、運転なんかしたくないですからね。
国産コンパクトクラスでまともなクルマって言ったら、デミオかスイフトしかないんじゃないの?

CIMG0158.jpg
スペックは:
外寸:幅:280mm×高さ:480mm×奥行き:210mm、重量:1,310g
内寸:幅:230mm×高さ:405mm×奥行き:135mm

CIMG0161.jpg
左右のポケットにペットボトルが収まります。

CIMG0159.jpg
上部にストラップが付いているので、一脚・三脚装着する事が出来、一脚・三脚装着時でも安定して置く事が出来る。

CIMG0160.jpg
センターにも、一脚・三脚を装着する事が出来る。
因みに、上部ストラップも下部ポケットも収納式で、着脱式に比べ便利である。

バックパックタイプのバッグの最大の魅力は、一脚・三脚がバッグに取り付けられる事だと思うんですよ。
一脚・三脚用のバッグも発売されていますが、撮影時には結構嵩張って邪魔なんですよね。
かと言って、電車に乗るのに一脚・三脚を裸で持ち歩くのも気が引けるけど、バックパックに取り付けると余り違和感が無い。
雲台とかが気になるようなら、例えばゴルフクラブのヘッドカバーのようなモノを被せれば良いしね。

CIMG0201.jpg

収納例1
上部に、MINOLTA α-9 + VC-9M
左列上から、MINOLTA AF Fish Eye 16mm F2.8、AF 50mm F2.8 MACRO(D)、AF 100mm F2.8 MACRO(D)
中央上から、TAMRON SP AF 180mm F3.5 Di LD MACRO
右列上から、MINOLTA FLASH METER IV、Ricoh GR II

ネイチャーフォト仕様。
MINOLTA α-9 + VC-9Mだと、内寸の奥行き135㎜より18㎜高い153㎜だがファスナーから遠いので何とか収まる。
左側の仕切り上部を斜めにする事により、フィルター径55㎜程度の中望遠までの単焦点レンズを1本収納する事が出来る。
ただし、MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D)程度のレンズを最上部に収納すると、
持ち運ぶ際にカメラのグリップとレンズが当たる可能性が在りそう。

CIMG0165.jpg
収納例2
上部に、MINOLTA α-9 + VC-9M
左列上から、MINOLTA STF 135mm F2.8 (T4.5)、MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D)
中央上から、TAMRON SP AF 180mm F3.5 Di LD MACRO
右列上から、MINOLTA AUTO METER VF、Ricoh GR II

望遠寄りのネイチャーフォト仕様。
小物収納ポーチを取り外せばMINOLTA α-9 + VC-9Mを寝かせて収納する事も出来るが、底面が斜めなので工夫が必要。
STF 135mm F2.8 (T4.5)も立てて収納すること出来るが、AF 100mm F2.8 MACRO(D)よりスペースが空かないし、
持ち運ぶ際にカメラのグリップとレンズが当たる可能性が在りそう。

CIMG0163.jpg
収納例3
上部に、Nikon F6 + MB-40
左列上から、TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD、Nikon AF 20㎜ F2.8D
中央上から、TAMRON SP 70-200mm F2.8 Di VC USD
右列上から、MINOLTA AUTO METER VF、Ricoh GR II

鉄道撮影仕様。

Nikon F6 + MB-40だと、内寸の奥行き135㎜より25㎜高い160㎜だがファスナーから遠いので何とか収まる。
小物収納ポーチを取り外せばNikon F6 + MB-40を寝かせて収納する事も出来るが、底面が斜めなので工夫が必要。

少々窮屈だが、TAMRONの大口径標準ズーム+大口径望遠ズームにNikonの単焦点レンズが1本収納出来る。
SP 24-70mm F2.8 Di VC USDを立てて収納する事も出来るが、
もう1本レンズが入るスペースはないし、持ち運ぶ際にカメラのグリップとレンズが当たる可能性が在りそう。

DSCF7930.jpg
収納例4
上部ポケットに、TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD
上部に、Nikon D300 + MB-D10
左列上から、Nikon AF-S Nikkor 300mm F4D IF-ED
中央上から、TAMRON SP 70-200mm F2.8 Di VC USD
右列は、Nikon テレコンバーターTC-14 E II、Nikon テレコンバーターTC-17 E II

正規の使い方ではないので自己責任だが、上部ポケットに標準ズーム程度のレンズを収納し、
仕切り板を上部ポケットに取り付ける事により、Nikon AF-S Nikkor 300mm F4D IF-EDも出来る。
テレコンバーターも無理やりだが収納する事が出来るが、仕切り板はこれ以上下に下げる事が出来ない。
Nikon D700 + MB-D10だと、高さが8㎜ほど大きくなるが何とか収まる。
Nikon D700 + MB-D10だと、内寸の奥行き135㎜より32㎜高い167㎜(実測値)だがファスナーから遠いので何とか収まる。

DSCF7892.jpg
収納例5
上部に、PENTAX MZ-S + BG-10
左列上から、PENTAX K-5IIs、HOLGA HL-P 60mm F8、Ricoh GR II
中央上から、FA 31mmF1.8AL Limited、FA 43mmF1.9 Limited、FA 77mmF1.8 Limited + Takuma 100/4フード
右列は、FUJIFILM フイルムケース・ダイソーの折りたたみ傘

縦位置グリップ付きの一眼レフとボディ単体のデジタル一眼機に、レンズ3~4本と言った気楽な撮影仕様。
ボディを1台にすれば、更にレンズ2~3本は収納出来る。

DSCF7792.jpg
収納例6
上部に、Mamiya 645 ProTL(HA401、FE401、WG401付き)
左列上から、Mamiya C 45mm F2.8N、C 55mm F2.8N、C 80mm F2.8N
中央上から、アングルファイアンダー、C 45mm F2.8N、C 55mm F2.8N、C 80mm F2.8Nのフード、
        120フイルム5P、MACRO C 80mm F4.0N
右列は、MINOLTA FLASH METER IV、Richo GR II

DSCF8250.jpg
収納例7
上部に、Mamiya 645 ProTL(HA401、FE401、WG401付き)
左列上から、Mamiya C 45mm F2.8N、C 55mm F2.8N、C 80mm F2.8N
中央上から、 120フイルム3~5本、C 210mmF4.0N、
右列は、C 45mm F2.8N、C 55mm F2.8N、C 80mm F2.8Nのフード、Richo GR II

中判カメラ鉄道撮影仕様。
上部の小物収納ポーチを取り外せばamiya 645 ProTL(HA401、FE401、WG401付き)が楽々収納出来る。
レンズも、広角~中望遠の単焦点4本とフードやアングルファインダーなども収納する事が出来るので、
風景やネイチャー、鉄道撮影等に持ち出すにも丁度良い感じ。


縦位置グリップ付き一眼レフとコンパクトデジタル機に、レンズ2~3本と露出計に、
一脚か三脚を持ち運ぶ際には最適ないサイズのバックパックタイプのカメラバッグだと思います。
ただ、深さより18~32㎜も高くなる縦位置グリップ付き一眼レフを収納すると、タブレットの収納が出来なくなりそうです。
まぁ、私はタブレットを持っていないので、実害は在りませんけどね。

欲を言えば、幅と高さ、奥行きが共にもう20㎜程度大きくて、
右側収納部の面ファスナーが下方向に30㎜ほど長く、仕切り板がもう1枚付属していると、より良いと思いますがね。

JR東海:関西線-蟹江駅付近

12月5日、Nikon D700 撮影。

5283レの石炭灰の入線。特徴的なポイントがヘッドライトに浮かび上がる。ちょっとゴーストが目立つな……
DSC_4066.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF 50㎜ F1.4D
露出:1/60秒、F2.8、ISO12800(Hi1.0)相当、晴天

暗闇でもDD51 1156の旋回窓が良く目立つ。
DSC_4071.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF 50㎜ F1.4D
露出:1/60秒、F2.8、ISO12800(Hi1.0)相当、晴天

5283レの石炭灰を追い越すワイドビュー南紀7号。終点勝浦に23:14着と、まだ先は長い。
DSC_4075.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF 50㎜ F1.4D
露出:1/50秒、F2.8、ISO12800(Hi1.0)相当、晴天

JR東海:関西線-西尾張中央道付近

12月5日、Nikon D700 撮影。

構図的には少し早いんだけど、エキゾーストが上がり、フロントウィンドウを夕日が染めたのでシャッターを切った。
DSC_4019.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF-S Nikkor 300mm F4D IF-ED
露出:1/640秒、F8.0、ISO800相当、晴天、一脚使用

当初の狙いはこっちだったんだけどね(^^;
DSC_4022.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF-S Nikkor 300mm F4D IF-ED
露出:1/640秒、F8.0、ISO800相当、晴天、一脚使用

蟹江駅で8072レの石油と交換する211系快速。夕日がベストタイミングかな?
DSC_4029.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF-S Nikkor 300mm F4D IF-ED
露出:1/640秒、F8.0、ISO800相当、晴天、一脚使用

JR東海:関西線-西尾張中央道付近

12月5日、Nikon D700 撮影。

ススキ生える法面を行く8380レの石油。
DSC_3977.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF-S Nikkor 300mm F4D IF-ED
露出:1/1250秒、F8.0、ISO400相当、晴天、一脚使用

夕暮れが迫るけど、まだ2両運行の快速みえ。
DSC_3990.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF-S Nikkor 300mm F4D IF-ED
露出:1/1600秒、F8.0、ISO400相当、晴天、一脚使用

夕日にきらめくススキ。キハ85系の個性的なデザインはアウトフォーカスでも存在感が強い。
DSC_3992.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF-S Nikkor 300mm F4D IF-ED
露出:1/1600秒、F8.0、ISO400相当、晴天、一脚使用

白瀧酒造 「にごり酒の上善如水 純米吟醸」

DSCF7599.jpg
見た目は可愛らしいシロクマのラベルが印象的。

にごり酒は種類によって吹きこぼれる心配が在るのだが、「にごり酒の上善如水 純米吟醸」はその心配はなかった。
瓶の底に数㎝程のもろみが溜まっているので、瓶をゆっくり廻して均質化してからグラスの注いだ。

可愛らしいラベルに華やかな香りで、口当たりもクリーミーと、ここまでの印象はラベル通り可愛らしい感じ。
しかし、味わいは濃厚で華やかな香りと相まって飲み応えは十分。
だけど、端麗辛口のお酒なので後味は切れが良くスッキリとしていて、幾らでも飲める感じ。

だけど、アルコール度数も少し高めの17度以上、18度未満。
見た目は可愛らしいけど、中身はパワフルなシロクマみたいな日本酒でした。

日本酒度:+4
酸度:1.7
アミノ酸度:1.6
アルコール度数:17度以上、18度未満
原材料名:米・米こうじ(国産米 100%使用)
精米歩合:60%精米
飲み頃温度:冷~常温
おすすめの料理:砂肝の唐揚げ、焼き牡蠣

Nikon F6で三岐鉄道 三岐線のセメント列車を撮る

年度末にまとめて取るのは無駄なので、今日は有給取得。
関西線のDD51&DF200も撮りたいけれど、偶にはちょっと遠出と思い三岐鉄道 三岐線のセメント列車の撮影に出掛けました。

今日の機材は、Nikon F6とRicoh GR IIに、
TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USDと、TAMRON SP 70-200mm F2.8 Di VC USDと、
MINOLTA FLASH METER IVを、Lowepro フリップサイド 300AW2に入れる。

最近は、デジタル機の出番が多いので、久しぶりにフイルムカメラ。
しかし、今年に入ってから、Nikon F6とD700しか使っていないって如何よ……

GR001984.jpg
いつも通りゆっくり起きて、近鉄急行に乗車し富田9:50着で、10:02発の三岐鉄道 三岐線に乗り換える。

GR001987.jpg
三岐鉄道の撮影は何時も「三岐鉄道1日乗り放題パス」を使っていたので知らなかったのですが、切符は硬券なんですね。
有人窓口で硬券切符を購入し鋏を入れてもらうなんて、まさかこんな身近で日常的に体験できるとは思いませんでした。

GR001994.jpg
保々10:18着で、保々駅南東の踏切に向かい2002レの単機から撮影するもつもりが、
保々車両区を撮影しつつ歩いたら2002レの単機には間に合わず、501レの石炭灰のみを撮影。
急いで歩き、保々駅で停車する501レの石炭灰を追い越して、先の踏切で再び撮影。

途中、普通列車を撮影しつつ、
3714レのセメントを朝明川の豊栄橋からサイド狙いをして、3713レのセメント返空は定番撮影地で撮影し、
駅に戻りつつ、保々駅北西の踏切付近から502レを撮影。

GR002008.jpg
保々13:00発の列車に乗って大安13:09着。

今度は宇賀川橋梁メインで狙う。
先ずは、503レと3716レのセメントを線路東側の橋から撮影しようと向かうも、と共やってこず……

次は下りが続くので大安スポーツ公園運動場横に移動し、最寄り駅のコンビニで買ったおにぎりを食べつつ待つも、
1001レの単機はやってこず、途中の普通を撮影ししつつ3715レのセメント返空を撮影。

公園のベンチでしばらく休憩して、3718レのセメントを待つもコレもやってこず……
次の3717レのセメント返空までは1時間ほど空くし、来る確証も無いので撮影を切り上げ、大安駅に向かう。

GR002019.jpg
大安駅に戻り、大安16:17発の列車に乗って近鉄富田16:46着。
フイルムが少々残ったので、近鉄富田駅でしばらく撮影し、近鉄蟹江までは先着するというので17:21発の普通に乗車。

フイルムを現像に出して家路を急ぐ。

今日もLowepro フリップサイド 300AW2を持ち出したのですが、
財布や携帯電話、Ricoh GR II等を入れるスペースを考えないといけませんね。
冬場ならコートのポケットに入れておけば事足りますが、
夏場だとポケットが少なくなるし、いちいちバックパックに収納するのは面倒。
そもそもズボンのポケットにモノを入れるのが嫌いなので、夏までに何か対策を考えないといけませんね。

Nikon D700で関西線の貨物列車を撮る

今日はせっかくの公休日だけど生憎の空模様。
だけど、昼間の下らないテレビ番組など見て過ごせる人間じゃないし、オリンピックも興味が無いので、
Lowepro フリップサイド 300AW2のテストを兼ねて、関西線沿線でチャリ鉄をしてきました。

今日の機材は、Nikon D700に、
Nikon AF-s 300㎜ F4D、テレコンバーター TC-14E II、TC-17E II、TAMRON SP 70-200mm F2.8 Di VC USDを、
Lowepro フリップサイド 300AW2に入れて、一脚はManfrotto 276Bをバッグサイドに取り付ける。

DSC_4715.jpg
先ずは2085レのコンテナを西尾張中央道から俯瞰撮影。
ふと西の空を見ると雲が切れていて鈴鹿山脈が良く見える。
「三岐鉄道 三岐線辺りまで遠征しても良かったかなぁ~」なんて思いつつも、もう間に合わないので今日はチャリ鉄。

DSC_4743.jpg
暫く時間が空くので一旦自宅に帰り一休み。
再び出発し、庄内川橋梁に向かいキハ11 300番台の回送から2080レのコンテナまでを撮影。

8972レの単機は運休でした。
まぁ、火曜は元々DE10の返却は無いし、昨日は祝日だった6287レの石油返空も無い。
当然なんですが、昨日が祝日なのをすっかり失念していました(^^;

11時前に到着した時は同業者ゼロでしたが、DF200の撮影時には私を含め5人と、DF200の人気は高いですね。
しかも、その内2人は顔馴染みの方で、8079レの石油までご一緒してました。

再び自宅に帰り、遅い昼食を取って一休みしていると、厚い雲が流れてきたか日差しが陰ってきた。
どんよりした空を背景に撮影してもツマラナイので、8380レの石油の撮影を諦める。
その後もすっきりしない空が続くので、8072レの石油と8075レの石油返空の撮影も見送って今日のの撮影は終了。

Lowepro フリップサイド 300AW2ですが、非常に使いやすく気に入りました。
縦位置グリップ付き一眼レフを無理やり収納しているにもかかわらず、背負った時に違和感が無い。
それでいて、厚みも余り無いので取り回しも良いですし、今日の機材を入れても上部小物ポーチは空いている状態。
縦位置グリップ付き一眼レフ1台に、大柄なズームレンズ2本や単焦点3~4本を持ち出す際には最適なバッグな感じです。

JR東海:関西線-西尾張中央道付近

12月5日、Nikon F6 撮影。

名古屋近郊なのに長閑な風景の中を行く2080レのコンテナ。
2017-12-05_01-35.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:TAMRON SP 70-200mm F2.8 Di VC USD (200㎜)
露出:1/640秒、F8.0 (+0.2)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-401)

JR東海:関西線-日光川橋梁

12月5日、Nikon F6 撮影。

日光川橋梁を渡る8079レの石油返空。
2017-12-05_01-26.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (85mm)
露出:1/800秒、F8.0 (+0.3)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-401)

JR東海:関西線-佐屋川橋梁

12月5日、Nikon F6 撮影。

佐屋川橋梁を渡る2089レのコンテナ。
2017-12-05_01-12.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (120mm)
露出:1/1000秒、F8.0 (+0.5)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-401)

色づき始めた桜と5282レの石油。
2017-12-05_01-16.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (35mm)
露出:1/800秒、F8.0 (+0.7)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-401)

その後にやってくる、特急ワイドビュー南紀4号。
2017-12-05_01-21.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (85mm)
露出:1/800秒、F5.6 (+0.5)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-401)

JR東海:関西線-佐屋川橋梁

12月5日、Nikon F6 撮影。

佐屋川沿いの堤を行く快速みえ。
2017-12-05_01-05.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (35mm)
露出:1/500秒、F8.0 (+1.0)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-401)

佐屋川橋梁を渡るキハ11-300の回送。
2017-12-05_01-06.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (35mm)
露出:1/640秒、F8.0 (+1.3)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-401)

黄色く色づいた桜の葉の中を行く8972レの単機。
2017-12-05_01-10.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (50mm)
露出:1/500秒、F8.0 (+1.0)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-401)

JR東海:関西線-須成踏切

12月5日、Nikon F6 撮影。

蟹江駅を発車する2085レのコンテナ。
2017-12-05_01-04.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:TAMRON SP 70-200mm F2.8 Di VC USD (135㎜)
露出:1/640秒、F8.0 (-1.8)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-401)

SIRUI TYクイックシューTY-BG

先日購入したSIRUI TYクイックシューTY-BGです。
中国製のようですが、3,000円弱でアルカスイス規格のクイックシューが購入できるのは懐に優しいです。

有名メーカーのクアルカスイス規格のクイックシューはかなり高額な部類で、数を揃えようと思うと大変なんですよ。
実際、クイックシューを1個だけ持っていても余り便利だとは思えないですし、
カッコつけて有名メーカー製を1個だけ持つくらいなら、安くて品質の良いモノを複数持った方が、使いやすいですからね。

CIMG0132.jpg
パッケージは非常にシンプルで、SIRUIのロゴ入りの袋に入った「TY-LP75」に六角レンチが付属しています。
中国製といえどぱっと見で品質の悪さは全く感じませんし、ベースに取り付けてもガタを感じる事は在りません。

CIMG0099.jpg
TY-BGは、前後方向でも左右方向でも関係なく装着できるのは便利です。

CIMG0100.jpg
MINOLTA α-9 + VC-9M 装着例。
ロゴを前にすると、独特のグリップ形状が災いして斜めにしか装着できません。

CIMG0109.jpg
ロゴを後ろにすると、まっすぐ装着する事が出来ますが僅かに隙間が空きます。
MINOLTA α-9 + VC-9Mとは相性が悪いようです。

CIMG0104.jpg
MINOLTA α-7 Limited + VC-7 装着例。
ロゴを前にすると、まっすぐ装着できますが独特のグリップ形状のせいで少し浮いています。

CIMG0107.jpg
ロゴを後ろにした方が相性は良さそうですが、それでも僅かにに隙間が空きます。
MINOLTA α-7 Limited + VC-7とも相性が悪そうです。

CIMG0110.jpg
KONICA MINOLTA α-7 DIGITAL + VC-7D 装着例。
ロゴを前にすると、僅かに隙間が空くもののそこそこの収まり方をします。

CIMG0112.jpg
ロゴを後ろにすると、収まりは良いもののバッテリー蓋が空かなくなります。
KONICA MINOLTA α-7 DIGITAL + VC-7Dとの相性はまずまずのようです。

CIMG0119.jpg
Nikon F6 + MB-40 装着例。
ロゴを前にすると、非常に収まりが良いです。

CIMG0121.jpg
ロゴを後ろにしても、非常に収まりが良いです。
Nikon F6 + MB-40 との相性はばっちりのようです。

CIMG0123.jpg
Nikon F5 装着例。
ロゴを前にすると、シャッター側が僅かに浮きます。

CIMG0125.jpg
ロゴを後ろにすると、収まりは良いのですがカスタムボタン等の蓋の開閉が不便になります。
Nikon F5との相性は、余り良くないようですね。

CIMG0126.jpg
Nikon F80s + MB-16 装着例。
ロゴを前にすると、かなり浮きます。

CIMG0128.jpg
ロゴを後ろ向きにしても、かなり浮きます。
Nikon F80s + MB-16との相性…と言うか、小型の一眼レフには大きすぎるようですね。

CIMG0116.jpg
Nikon D700 + MB-D10 装着例。
ロゴを前にすると、僅かに浮きますが収まりは良いです。

CIMG0118.jpg
ロゴを後ろにすると、ぴったりと収まります。
Nikon D700 + MB-D10との相性はばっちりのようですね。

CIMG0129.jpg
PENTAX MZ-S + BG‐10 装着例。
ロゴを前にすると、かなり浮きますし、プレビューボタンを動作させると干渉します。

CIMG0130.jpg
ロゴを後ろにしても、かなり浮きます。
PENTAX MZ-S + BG‐10との相性…と言うか、小型の一眼レフには大きすぎるようですね。

CIMG0133.jpg
因みに、SIRUI TY-LP75は遅れる事6日の1月20日に到着しました。
こちらは過去にレビューしているので割愛。

JR東海:関西線-永和駅

12月2日、Nikon D700 撮影。

名古屋駅前のビル群と十三夜月を背景に8075レの石油返空を撮影。
DSC_3950.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF 50㎜ F1.4D
露出:1/1600秒、F5.6、ISO1600相当、晴天

一気に暗くなったのでF2.8まで絞りを開けたけど、周辺光量不足が目立つ結果に……
DSC_3956.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF 50㎜ F1.4D
露出:1/640秒、F2.8、ISO1600相当、晴天

永和駅で快速みえの交換が行われる。
DSC_3962.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF 50㎜ F1.4D
露出:1/640秒、F4.0、ISO1600相当、晴天
プロフィール

PoLo

Author:PoLo
~未来は何処の空の下へ~
へようこそ!

「銀塩カメラ・銀塩写真」、「国内旅行」
「お酒」、「美味しい食べ物」、
「自転車」、「鉄道(客車・貨物等)」、
「ガーデニング」、「機械式時計」、
「I've Sound」と、
「ラブライブ!」シリーズが
好きな放蕩者の管理人PoLoが、
ストイックに我欲を追求し、
思いのままに書き連ねます。

被写体は、風景や古い街並み、
夜景、ネイチャー、鉄道です。
撮影はリバーサルフイルムを使用し
現像・スキャンに時間が掛かるので
公開は撮影から、
2~3ヵ月後を目標とします。

2013年5月にα Sweet DIGITAL、
2014年8月にα-7 DIGITAL
2017年5月にD700
2018年5月にD300
2018年8月にK-5IIs
2019年5月にX-E2を購入するも、
メインはフイルムから変えずに、
毎月フイルム5本撮る事を目標に、
色々な被写体を撮影しています。

誹謗、中傷、差別的発言、暴言、
猥褻・卑猥な言葉、
事業者による営利目的の宣伝、
記事内容と無関係な内容、
礼節を重んじない不快な投稿や、
道義的・法的に問題があるサイト、
有料サイト、有害サイト、
まとめサイト等へのリンク等は、
管理人の裁量で削除します。

トラックバックは、
成人向けや出会い系サイトが多く、
不快なので受付けていません。

細心の注意を払っていますが、
趣味の範囲内での運営であり、
文章中の誤字・脱字、情報の誤り等、
ご指摘頂ければ修正いたしますが、
思想・価値観の違い等による批判は、
一切の聞く耳を持たず削除します。

当ブログの情報により、
不都合・不利益を被られても、
当方は一切の責任は負いかねます。

写真・文章の
無断使用・無断転載・無断直リンクは
如何なる理由でも一切禁止します。
転売目的の出品者が不快なので、
特にオークションからのリンクは、
厳重に禁止します。

迷子の黒猫 Maukie
ネコ温度計
東京ステーションシティ
列車フラッシュ撮影自粛同盟

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード