Nikon D700で関西線の貨物列車を撮る

折角の晴天なのだが、土休日は関西線の貨物列車も軒並み運休や設定なしで、撮影効率が悪いし、
流石に今週は出掛けすぎて疲れていたので、昼食後、座椅子で昼寝をしていたんだけど、
西の空に雲も少ないし、この先日没が早くなっていくのでチャンスも少なくなると思い、
先日の丸栄 中古カメラ・用品大バーゲンで購入したNikon AF 28㎜ F2.8Dのテスト撮影を兼ねてピンポイントで撮影に行ってきました。

今日の機材は、Nikon D700に、Nikon AF 20㎜ F2.8D,AF 28mm F2.8Dを、Lowepro Nova 180AWに入れる。

弥富駅16:46着の列車に乗車。
道中の有名お立ち台に同業者を多数見つけ、月休運休の8075レの石油返空の事を思い出した(^^;
今日の狙いは、2084レのコンテナと夕日なので、8075レの石油返空の事は完全に失念してました(^^;;;

DSC_3496.jpg
しかも今日は、狙いが決まっているので荷物の軽量化を考えレンズは20㎜と28㎜の広角2本のみ。
とは言え、撮らないのは勿体ないので、キャビンに影が掛かるのを覚悟で架線柱の陰に隠れて無理やり撮影(^^;;;

DSC_3541.jpg
弥富駅で8075レの石油返空を撮影し木曽川左岸まで歩き、
上下連続でやってくる211系普通と2084レのコンテナを夕日を背景に撮影。もう2~3日前がベストなのかもなぁ~

撮影後、弥富駅に戻り、弥富17:54発の211系のボックスシートを陣取り帰路に付く。

キリン 「一番搾り 東京に乾杯」

DSCF7414.jpg
昨年、全国9箇所の醸造家がその土地の風土や郷土ならではの味覚にあわせた9種類の一番搾りが今年は47都道府県に細分化。
47都道府県の一番搾りの「一番搾り 東京に乾杯」の2017年版。8月に上京した際に西友で購入しました。

パッケージは他と同様に、右肩部には東京都の形をあしらっていて、色は緑色。
裏面は、他と違い名所や名物等のイラストではなく「一番搾り&TOKYO」のロゴがデザインされ、
東京支社長 高橋 正富氏のコメントになっています。

色は通常の一番搾りより明るく黄色っぽいゴールドで、泡立ちが非常に良く、ホップの香りが華やかに広がります。
口当たりは、ホップが良く効いた爽やかな香りと通常より強めの苦みが広がりコクが在る。
アルコール度数が5%と少々低めなのだが飲みごたえがあり、後味はスッキリとしてキレが良くて美味しいのだが、
僅かに苦みが残る感じが気になりました。

コメントに「目指したのは、世界に誇れる一杯」と在りますが、ちょっと表現が大げさな感じもしないではないですね。

原材料:麦芽・ホップ
アルコール分:5.0%
内容量:350ml

JR東海:関西線-蟹江駅

8月2日、Nikon F6 撮影。

そろそろ見納めの蟹江駅の駅舎前を通過する8075レの石油返空。
2017-08-02_01-36.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (85mm)
露出:1/500秒、F5.6 (+0.8)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

JR東海:関西線-春田駅

8月2日、Nikon F6 撮影。

春田駅に先行し、一線スルー方式で右側通行していく8380レの石油を再び撮影。
2017-08-02_01-33.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (50mm)
露出:1/500秒、F5.6 (+0.2)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

JR東海:関西線-弥富駅

8月2日、Nikon F6 撮影。

8380レの石油を弥富駅で撮影。
2017-08-02_01-32.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 70-300mm F4.5-5.6G VR IF (200㎜)
露出:1/400秒、F8.0 (+0.2)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

キリン 「一番搾り 名古屋づくり」

DSCF7405.jpg
相方がコンビニで見つけてきた「一番搾り 名古屋づくり」です。

昨年、全国9箇所の醸造家がその土地の風土や郷土ならではの味覚にあわせた9種類の一番搾りが今年は47都道府県に細分化。
47都道府県の一番搾りの「一番搾り 名古屋づくり」の2017年版。
パッケージデザインは昨年とほぼ一緒で、右肩部に県の形を金色であしらったデザイン。

DSCF7407.jpg
裏面も名古屋城天守閣をあしらっているのは同様だが、名古屋工場醸造長 有村治彦氏のコメントの内容が変わっています。

色は、通常の一番搾りよりオレンジ色よりの濃いゴールド色で泡の濃密な感じ。
味は、「なごやめしの濃厚な味わいに負けない」と在るように、
しっかりとした濃い味でコクがあり苦味も強く、アルコール度数は他より高い5.5%と飲みごたえのあるビール。
後味はその苦味の余韻を引くが嫌な雑味は感じられず、思いのほかすっきりと引いていく感じの美味しいビールです。

原材料:麦芽・ホップ
アルコール分:5.5%
内容量:350ml

MINOLTA α-9で海津市 津屋川の彼岸花を撮る

今月はひと月近く撮影に出られなかった反動からか、今日も撮影に出掛けました。

今日の機材は、MINOLTA α-9とRicoh GR IIに、
MINOLTA AF16mmF2.8、AF 20mm F2.8N、AF 35mm F1.4、AF 50mmF1.4 New、AF 85mmF1.4G(D)、と、
アングルファインファーVnにFLASH METER IVと、水筒をDOMKE F-2BBに入れる。
一脚は、実は昨日持って行っただけで使わなかったので今日は置いて行く事にした。

今日はWebで見つけた海津市の彼岸花の撮影で、
初めて訪れる場所なので使い勝手の良く撮影データの取れるMINOLTA α-9一式を持ち出す事にし、
レンズもマクロ系を持ち出すと安易に花をクローズアップしてしまうので、広角~中望遠の単焦点を組み合わせてみた。

GR000457.jpg
流石に2日連続の撮影なので桑名11:46着。 
美濃津屋駅周辺に手軽な飲食店が見当たらないので桑名駅のコンコースにあるファミリーマートで食料を仕入れ、桑名12:05発。
因みにこの列車、養老改元1300年祭ラッピング列車でした。

えらく上下揺れのする列車に揺られ美濃津屋に12:42着。美濃津屋駅のベンチで手早く昼食を済ませ歩いて津屋川沿いに向かう。

GR000469.jpg
道中は人っ子一人と出会わなかったけど、流石に津屋川に到着するとカメラを手にした人、多数。
それでも窮屈な感じはなく、広大な景色に長く続く彼岸花の咲いた法面と、開放的な雰囲気にシャッターも進むし気分も爽快。

GR000610.jpg
そのまま、南濃農園付近の橋から津屋川沿いを北上しつつ撮り歩き、
2つ北の橋まで行って折り返し、戻ったころには太陽が養老山脈に隠れるちょっと前でした。
そのまま、太陽が山陰に隠れるまで撮影し美濃津屋江駅に戻り、17:37発の列車に乗って家路を急ぐ。

帰りは蟹江駅で途中下車しサイゼリアで一杯飲みつつ夕食を取り、再び蟹江駅で5383レの単機を撮影して帰路に付く。

PENTAX MZ-Sで半田 矢勝川の彼岸花を撮る

満開はもう少し先のようだけど場所によっては見頃を迎えているし、今週天気の良さそうな平日は今日明日だけっぽいので、
泊まり勤務明けだけどちょっと無理して赤い電車に乗って赤い花を撮りに、半田の矢勝川へ彼岸花の撮影に行ってきました。

今日の機材は、PENTAX MZ-SとRicoh GR IIに、FA 31mmF1.8AL Limited、FA 43mmF1.9 Limited、FA 77mmF1.8 Limitedと、
PENTAX レフコンバーターAにMINOLTA FLASH METER IVと、水筒をDOMKE F-6に入れる。

ここ2年、半田の彼岸花撮影はMINOLTA α-9ばかりを持ち出していたし、少しでも機材を軽量化して負担を減らそうと思ったのと、
Limitedレンズを使いたかったので、久しぶりにPENTAX MZ-Sを持ち出す事にしました。
昨年、PENTAX レフコンバーターAを購入したので、ローアングル撮影もやりやすくなった事だしね。

あと、最近はペットボトルのお茶をペットボトルホルダーに入れず、水筒を持って行く事にしている。
ペットボトルだと結露するし、すぐに温くなっていてメリットを感じられないし、無駄なコストは極力抑えたいからね。

GR000307.jpg
勤務明けで一旦帰宅し、体勢を立て直してからの出発なので11時過ぎの出発で、半田口には12:12着。
半田口駅は無人駅ですが、「ごん吉くん」がお出迎えしてくれます。

先ずは昨年は行かず、一昨年、一昨々年と2年連続で行った"中国台湾料理 楽餐館"で昼食を取る。
ここはキリン一番搾りの中ジョッキが300円と格安なのだが、撮影に影響が出るし、最近は昼から飲まなくなったので見送り。
700円のラーメンセットで、味噌ラーメンとエビ炒飯を注文。
このお店は本場の中国の方が経営していて、美味しくてボリュームも在って、しかも安いので、半田に行く際はよく寄るお店です。

GR000318.jpg
食後、高田橋から矢勝川沿いを撮り歩いていく。まだツボミの彼岸花の多いものの8割程度は咲いている感じで綺麗でした。
途中、矢勝川に飛び石が設置され渡れるようになっていたので渡ってみる。

GR000367a.jpg
その先に仮設お土産屋さんが在って、お茶を勧められたので一杯頂き、お土産を購入し、折角なので権現山に登ってみる。
今年も入れて4年連続で彼岸花のシーズンに半田を訪れて居るけど、権現山に登ったのは初めてでした。

途中のお休み処までにフイルム2本と、Ricoh GR IIで100枚ほどを撮影し、ちょっと疲れたのでみたらし団子で一服。
食べ終わったら16時半近かったので、弘法橋まで行くのは諦め、半田口駅に戻りながらフイルム1本を撮影。
例年よりゆっくりと撮影したので、予定より2時間ほど遅い18:10発の列車で帰路に着く。

JR東海:関西線-町屋川橋梁

8月2日、Nikon F6 撮影。

ステンレスの車体が夏の日差しでギラリと光る。
2017-08-02_01-26.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (28mm)
露出:1/1000秒、F8.0 (+0.3)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

2080レのコンテナ。中ほどに空コキが在るのが残念。
2017-08-02_01-28.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (24mm)
露出:1/1000秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

8079レの石油返空。思いのほかDD51が潰れてしまった……
2017-08-02_01-29.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (24mm)
露出:1/1000秒、F8.0 (+0.3)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

JR東海:関西線-町屋川橋梁

8月2日、Nikon F6 撮影。

町屋川橋梁を抜ける5282レの石油。
2017-08-02_01-15.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF 20mm F2.8D
露出:1/2000秒、F5.6 (-0.3)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

キハ25の回送。ぱっと見313系との区別がつかない……
2017-08-02_01-18.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF 20mm F2.8D
露出:1/2000秒、F5.6 (-0.3)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

2089レのコンテナは少し画角を広めて撮影。ここは200㎜がベストかな?
2017-08-02_01-22.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 70-300mm F4.5-5.6G VR IF (200㎜)
露出:1/1000秒、F7.1 (+0.8)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

1本前はサイド狙いで撮ったので、今度はフロント狙い。
2017-08-02_01-24.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF 20mm F2.8D
露出:1/400秒、F5.6
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

JR東海:関西線-町屋川橋梁

8月2日、Nikon F6 撮影。

初めて訪れた町屋川橋梁左岸。まずは2085レのコンテナを撮影。
2017-08-02_01-03.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 70-300mm F4.5-5.6G VR IF (300㎜)
露出:1/500秒、F8.0 (+0.8)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

少し離れて、トラス橋の町屋川橋梁を渡るワイドビュー南紀を撮影。
2017-08-02_01-06.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (24mm)
露出:1/1000秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

再び線路沿いでキハ11-300の回送を撮影。
2017-08-02_01-08.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF 20mm F2.8D
露出:1/2000秒、F5.6
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

単機なのを良い事に8970レの単機も同じ構図で撮影。
2017-08-02_01-12.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF 20mm F2.8D
露出:1/2000秒、F5.6 (-0.3)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

丸栄中古カメラ・用品大バーゲンに行ってきました

例年通りなら会期中の日曜に古くからの友人2人と行く事が多いのだが、日曜は私が仕事で脱落。
それ以外の日程で、偶々今日に合わせてくれたので、古くからの友人2人とその友人で中古カメラ市に行って来ました。

因みに、古くからの友人2人がそろうのは、2016年4月17日の丸栄 中古カメラ・用品大バーゲン以来なので、約1年半ぶり。

普段なら車内で待ち合わせする友人が午前中仕事がというので、、市バスと地下鉄を乗り継ぎ10時少し前に栄に到着。
午前中は軽く廻りつつ品定めして、13時半頃に仕事を終えた友人が到着したので、
遅めの昼食を取りに、丸栄スカイル地下1階の「大黒や」に向かい、私はアジフライランチを注文。
アジフライって、スーパーのお惣菜や仕出し弁当以外で食べる機会が少ないからねぇ~

DSCF7504.jpg
食後も再び催事場に向かい品定め。当初は松屋カメラさんのフィルター付きを見せて貰うもAF動作が渋かったの見送り、
カメラの愛好堂さんのNikon AF 28㎜ F2.8Dの18,000円の品を購入。

他にも、ちょっと気になったカメラ系ムックが何冊か在ったんだけど、本は重いと後回しにしていたら売れてしまいました(T_T;;;

その後も見て回るも、「今日、これを買うぞ!」という機材が見当たらず17時過ぎに会場を出て車で来ている友人に乗せてもらい、
”回転寿司でらうままるちゅう”で瓶ビール2本と熱燗2本とちょっと飲みすぎ、21時過ぎと何時もより遅い帰宅と相成りました。

日本カメラ と アサヒカメラ と 旅と鉄道

DSCF7502.jpg
10月号の日本カメラとアサヒカメラと、11月号の旅と鉄道を買ってきました。

今月号両誌とも、Nikon D850、Olympus OM-D E-M10 Mark.II、 FUJIFILM X-E3、Canon EOS M100と、
新製品特集が中心ですが、私としてはどの機種にも興味が沸かないですね。
D850程の高画素機はいらないですし、E-M10 Mark.IIはエントリークラス過ぎる。X-E3のデザインは割と好みだけどね。

あと、季節柄、両誌とも紅葉特集をしているのには興味が持てました。

日本カメラで新製品情報以外のメイン記事は「写真界に”新しい色の世界”がやってきた」ですが、
各社の最新モデルのオートホワイトバランスの性能やレタッチの特集で、私的にはイマイチ興味が沸かない感じ。

驚きつつも興味を引いたのが、「最後の!? 蛇腹式中判レンジファインダーカメラを楽しむ」
何時かは来るとはお思っていたけど、FUJIFILM GF670 Professionalもついに来年3月に生産終了だそうです。
1台所有しているので影響はないですし、時代の流れとは言え寂しいですね。
あと惜しむなら、GF670W Professionalを買えなかった事ですね。
価格も価格でしたが、蛇腹というギミックがない事も在って買わなかったんですが、欲しいと思った時には既に在庫なし……

アサヒカメラで新製品情報以外のメイン記事は「秋の絶景」を撮る」で、この時期にはぴったりの特集ですね。
「Photoshopの基本」は、内容が凝縮されていて手軽に読めますし、今まで独学で使ってきたので良い勉強になりますね。
あと、「ネコ写真フォトコンテスト」の入賞作品に、面白い作品が多くて良かったですね。

旅と鉄道は、「へんな鉄道!?」と各地のユニーク列車を特集しています。
最近、「へんなホテル」がブームになったからか、「へんな○○」と付けるのが流行っているようですが、
私としては「ヤバい」を肯定の意味で使う事と同様に、どうにも馴染めません。

内容としては、ホビートレインやトロッコ、変わった形の駅舎などの特集で面白いのですが、
最初の紹介ページが、スマートフォン的表現を意識したのか、無駄な空白が多くてちょっと読みにくい感じがしたのが残念でした。

明知鉄道が特集で、私が数年前から頒布会でお世話になっている岩村醸造も取り上げられていたのが良かったですね。
また、レンジファインダー機でも片手に、ふらりと明知鉄道に行きたくなりましたよ。
他に、小浜線沿線の美味い物・美味い酒特集など、私的に惹かれる記事は多かったように感じました。

Nikon F6で関西線の貨物列車を撮る

今月は泊まり勤務明けも公休日に限ってどんよりした空だったり、三連休は台風襲来や洗濯機や掃除機の買換えで潰され、
全く撮影に出れなかったけど、ようやく今日も撮影に出掛けました。

今日の機材は、Nikon F6とRicoh GR IIに、
Nikon AF 20㎜F2.8D、AF 50mmF1.4D、AF-S 24-120mm F3.5-5.6G、TAMRON SP 70-200mm F2.8 Di VC USD、
MINOLTA FLASH METER IVと、水筒をDOMKE F-2BBに入れる。
最近、ピンポイント撮影で気楽なデジタル機ばかり持ち出していたので、久しぶりにNikon F6をを持ち出す事にしました。

GR000306.jpg
今日は弥富駅に9:23着で、先ずは弥富駅西の道路に向かい撮影開始。
とりあえずブログ用の写真を撮ろうと、Ricoh GR IIの電源を入れると、いきなり「電池を交換してください」の文字……
確か電池交換したばかりと思っていたから、予備バッテリー持って持ってきてないからなぁ……
何とか騙し騙し2枚目を撮るもそれで終了。仕方がないのにフイルム一本で撮影する事にする。

2085レのコンテナからワイドビュー南紀3号までを撮影し、木曽川左岸に移動し、キハ11-300の回送、5282レの石油を撮影。
慌てて弥富駅西の線路沿いに戻り2089レのコンテナを撮影し、慌てて弥富駅に戻ると12:08発の列車に間に合いました。

乗桑名駅で下車し、改札内のコンビニでおにぎりを買ってホームのベンチで手早く昼食を済ませ、
2080レのコンテナ、8079レの石油返空、ワイドビュー南紀5号までを撮影。
ちょっと三岐鉄道 北勢線の改札に寄り道して、今秋のナロウィン列車の情報を仕入れようと思うも、チラシ無し。

桑名13:28発の列車に乗って、再び弥富駅に戻り再び木曽川左岸で8380レの石油、ワイドビュー南紀や8072レの石油を撮影し、
弥富駅西の道路に移動し、211系快速や8075レの石油返空を撮影。

弥富17:33発の列車に乗って永和駅で下車し、跨線橋から2084レのコンテナを撮影し、帰路に就く。
帰宅後、Ricoh GR IIの電池交換を何時だったか調べてみたら、先日電池交換したのはNikon D700の方だったことが判明……
Rioch GR DIGITAL IIIなら最悪は単四電池4本で動作させられたんだけどなぁ~

不親切なNTT西日本

我が家の光回線はNTT西日本のフレッツ光プレミアムを使用しているが、
NTT西日本の一方的な都合でフレッツ光ネクストへの切り替えを強要されている。

フレッツ光プレミアムで何ら支障はないし不満も無い現状で、
NTT西日本の都合でこちらが手間を掛けさせらる事に強い不快感を覚えているのだが、
キャリアを変えるとしても名古屋で光回線事業者となると、コミュファ光かドコモ光、ケーブルテレビ系しか思い浮かばない。

コミュファ光は過去に、20時少し前に来たセールスの態度が悪く、「来てやったんだから話は聞くものだ」的な態度を取ったので、
さんざん文句を言ってやった挙句追い返した経緯が在るので、絶対に契約したいとは思わない。

ドコモ光も、高額なキャリア契約のスマートフォンを契約した挙句に、さらに高額なシェアパック等を契約しないと安くならず、
スマートフォンを殆ど持ち歩かない私には、通信容量が余り続けるだけの無駄な出費でしかないが、
光回線が安くならないのであれば、ドコモ光にするメリットなどないからね。

ケーブルテレビも、地上波だけでも録画したものが溜まっていく現状で、BSやらCSまで見れる環境になったら、
休日はテレビばかり見なければいけない生活になりかねない。
私はそんな衣生活はぞ飲まないし、大して見ないならケーブルテレビを契約する意味ははない。

そこで渋々、フレッツ光ネクストに切り替えようとしたのだが、契約者が親父のままになっていて契約変更が必要だと言われた。

DSCF7485.jpg
まぁ、それは仕方が無いので、契約変更の書類を取り寄せたのだが、これの案内書が不親切極まりない。

DSCF7486.jpg
必要な書類に印鑑証明が在るのだが、「※発行の翌日から起算して3ヶ月以内のもの」は理解できるのだが、
その下にある(写し不可)が全く理解できない。

基本的に役所の窓口で交付される印鑑証明は「写しであることを証明する」と印字されている。
原本など出せる訳がないし、もし出せたとしても原本を提出出来る程、NTT西日本が信頼の置ける会社だとは思わない。

DSCF7487.jpg
さらに必要な書類に、
「・運転免許証(写)、パスポート(写)、・在留カード(写)、特別永住者証明書(写)、・住民基本台帳カード[顔写真付き](写)」とある。

運転免許証やパスポート以外のモノは持っていないのだが、運転免許証やパスポートに(写)など存在しないだろう。
最低限私はその存在を知らないし、在るとしたらどこで交付してくれるのだ?

大方、予想は付いていたのだが、手間を掛けさせられ800円の手数料まで取る仕事にしては雑なので、文句を言ってやるつもりで電話してやったら、
当初は「印鑑証明は窓口で貰えるもの、免許証はコピーではダメ」というので、
「免許証を送れるほど、NTT西日本は信用できる会社じゃないし、悪用されない保証はない。」と文句を言ってやったら、
最終的に「印鑑証明は窓口で貰えるもの、免許証はコピー」だと言った。
「写しとコピーを混同しているんだよね?」、「金をとる割に仕事が雑だし仕事を理解していない」、「不親切だ」とさんざん文句を言っておいてやった。

正直、一方的な切替の強要や雑な仕事ぶりに不快感を募らせているのでNTT西日本から違うキャリアに変えたいと思うけど、
コミュファ光はさらに不快、ドコモ光やケーブルテレビはメリット無しと、他にマシなキャリアが無いからなぁ……

名古屋臨海高速鉄道:あおなみ線-向野橋

7月28日、Nikon F6 撮影。

名古屋駅のビル群を背景と向野橋を背景にあおなみ線を撮影。
2017-07-28_02-07.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (35mm)
露出:1/800秒、F8.0 (+0.2)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

向野橋から名古屋駅のビル群を撮影。新交通システムっぽい塗装のあおなみ線の車両はビル群と似合うと思う。
2017-07-28_02-14.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (35mm)
露出:1/800秒、F8.0 (+0.2)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

名古屋車両区 - 向野橋

7月28日、Nikon F6 撮影。

ビル群を背景に、広大な構内をキハ11がとことこ行く姿は、少し可愛らしい。
2017-07-28_02-31.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (50mm)
露出:1/800秒、F8.0 (+0.5)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

キハ85を入れ替えてました。
2017-07-28_02-32.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (35mm)
露出:1/800秒、F5.6 (+1.0)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

名古屋車両区 - 黄金陸橋

7月28日、Nikon F6 撮影。

近代的なビル群を背景に、古い転車台付近にキハ85とキハ11 2両。
2017-07-28_01-20.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (85mm)
露出:1/1000秒、F5.6 (+0.7)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

MINOLTA MC ROKKOR-PG 50mm F1.4の整備

折角の連休だが、台風襲来で撮影にも出かけられず……
先月、撮影に持ち出そうと思ったら絞り羽根に油が回っていたMINOLTA MC ROKKOR-PG 50mm F1.4を整備してみました。

DSCF7499.jpg
絞り羽根に油が回り、絞り羽根の動きが渋くなったMINOLTA MC ROKKOR-PG 50mm F1.4。

DSCF7488.jpg
吸盤オープナーで銘板を外します。

DSCF7489.jpg
少し緩んでいたか、かなり簡単に外す事が出来ました。

DSCF7490.jpg
更に吸盤オープナーで外します。

DSCF7491.jpg
そうしたら、前玉群が一体で外れました。

DSCF7492.jpg
油の広がっている絞り羽根が露出しました。

DSCF7493.jpg
本来なら絞りユニットを取り外し清掃するのでしょうが、油染みも少ないようなので綿棒に無水エタノールを付けて清掃します。

DSCF7494.jpg
マウント側も清掃したいので、吸盤オープナーで後玉群を取り外します。

DSCF7495.jpg
後玉群も一体で外れました。こちらも、綿棒に無水エタノールを付けて清掃します。

DSCF7497.jpg
無水エタノールを乾燥させ、動作確認をしたら問題なく動作したので逆の手順で組み立てていきます。

DSCF7498.jpg
最後はMINOLTA XD-sに装着し動作確認とピントを確認してみたら、問題なさそうだったの作業終了。

*レンズの分解は自己責任でお願いします。
*この記事を読んで分解し、使用不能な事態や怪我を負っても当方は一切の責任を負いません。

名古屋臨海高速鉄道:東海道支線-向野橋

7月28日、Nikon F6 撮影。

8075レの石油。光る旋回窓が良く目立つ。
2017-07-28_02-27.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (35mm)
露出:1/800秒、F5.6 (+0.2)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

8057レのコンテナかな?
2017-07-28_02-34.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (35mm)
露出:1/500秒、F8.0 (+0.5)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

2070レのコンテナ。最近DD51ばかり撮っていたので新鮮でした。

2017-07-28_02-37.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (35mm)
露出:1/800秒、F5.6 (+0.3)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

名古屋臨海高速鉄道:東海道支線-向野橋

7月28日、Nikon F6 撮影。

単機のEF210 115は1062レかな?
2017-07-28_02-21.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (50mm)
露出:1/800秒、F8.0 (+0.3)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

1255レのコンテナ。向野橋を背景にサイド狙い。
2017-07-28_02-22.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (35mm)
露出:1/800秒、F5.6
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

8380レの石油。こちらも向野橋を背景にサイド狙い。
2017-07-28_02-25.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (35mm)
露出:1/500秒、F5.6 (+0.5)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

名古屋臨海高速鉄道:東海道支線-向野橋

7月28日、Nikon F6 撮影。

1097レのコンテナと向野橋。
2017-07-28_02-13.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (35mm)
露出:1/800秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

2076レはEF66 119の単機でした。
2017-07-28_02-15.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (35mm)
露出:1/800秒、F8.0 (+0.2)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

2082レのコンテナ。EF210 9の牽引でした。
2017-07-28_02-18.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (35mm)
露出:1/800秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

名古屋臨海高速鉄道:東海道支線-向野橋

7月28日、Nikon F6 撮影。

EF66 133 と 313系の競演。
2017-07-28_02-05.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (85mm)
露出:1/800秒、F8.0 (+0.3)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

56レはEF66 133の代走でした。
2017-07-28_02-06.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (120mm)
露出:1/800秒、F8.0 (-0.3)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

2080レのコンテナ。使っていない路線もあるだだっ広い構内を行く。
2017-07-28_02-11.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (35mm)
露出:1/800秒、F5.6 (+0.2)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

洗濯機と掃除機を買ってきました

最近、全然撮影に出掛けられていないので、泊まり勤務明けの今日、無理をしてでも撮影に行こうと意気込んでいたら生憎の曇天。

しかも先一昨日、11年使った掃除機が壊れ、分解して見たが何処が壊れているか分からず修理断念。
おりしも、半年くらい前から11年使った洗濯機も異音を発するようになったので、
どんよりした空で撮影意欲の沸かない今日、チャンスだと思い身近な家電量販店に行ってきました。

基本的に家電に興味のない人間なので壊れない限り買い替えないんですが、
洗濯機や冷蔵庫は途中で壊れると大変だし、また1日潰して家電量販店に行くのが面倒だったので、
掃除機を買いついでと思い一緒に購入してきました。

洗濯機は日立のBW-V70B-A、掃除機も日立のCV-PD9Nを購入しました。
因みに、現在使っている洗濯機も日立のBW-7GVで掃除機も日立のCV-PHB8だったりします。

配達も迅速で17日以降なら何時でも大丈夫だというので、台風直撃の17日は配達の人に悪いので台風一過の18日にしました。
これで、貴重な平日の明けや公休日を更に1日潰さなくて済むのはありがたいですね。

鉄道車両も作っている日立はモーターが丈夫な印象が在りますし、日立という企業に悪いイメージは持っていないのでね。
まぁ、掃除機は何度かスイッチの配線が断線しましたが、その程度なら自分で直せるので問題なし。

DSCF7484.jpg
家電だけを買うのがつまらなかったので、ウィスキー知多、アルパカ のピノ・ノワールとカルメネール、
トミカプレミアムの三菱 ランサーGSR エボリューションIIIとスバル インプレッサ 22B STiバージョンを購入。

もうすぐ、恒例の丸栄 中古カメラ・用品大バーゲンが在るのに、ちょっと金を使いすぎたなぁ……

原田酒造場 「山車 特別純米酒 飛騨の純露」

R0021857.jpg
吟醸並に磨き上げた高精白米を北アルプスの伏流水でじっくりと丹精込めて醸しあげた特別純米酒です。

さらりとした口当たりとキリッとした酸味、そしてふくよかな香りが広がり、追って米の旨味とコクが味わえる。
後味もすっきりとした淡麗辛口の美味しい日本酒で、暑い夏でも冷酒ですっきりと飲める爽やかな味わいでした。

アルコール度数:16.0度以上17.0度未満
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
原料米:ひだほまれ(岐阜県産)
仕込水:北アルプス伏流水
精米歩合:60%精米
日本酒度:+5
酸度:1.6
飲み頃温度:冷やして~ぬる燗

名古屋臨海高速鉄道:東海道支線-黄金陸橋

7月28日、Nikon F6 撮影。

8079レの石油返空。どんよりした空は残念だが、赤いDD51はよく目立つ。
2017-07-28_01-26.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (35mm)
露出:1/1000秒、F5.6 (+0.8)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

初撮影の56レの福山レールエクスプレス号。普段、小豆色コンテナが中心なので新鮮でした。
2017-07-28_01-36.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (35mm)
露出:1/800秒、F8.0 (+0.3)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

5282レの石油。ココは下りメインだから後追い。
2017-07-28_02-01.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (50mm)
露出:1/800秒、F8.0 (+0.5)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

名古屋臨海高速鉄道:東海道支線-黄金陸橋

7月28日、Nikon F6 撮影。

久しぶりに訪れた黄金陸橋。まずは2089レのコンテナ。
2017-07-28_01-06.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (50mm)
露出:1/1000秒、F5.6 (+0.3)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

2072レのコンテナ。無動回送だけど、名古屋駅のビル群を背景に重連っぽい写真が撮れた。
2017-07-28_01-18.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (50mm)
露出:1/1000秒、F5.6 (+0.8)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

8970レの単機。広い構内を単機がとことこ上っていく。
2017-07-28_01-23.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (35mm)
露出:1/1000秒、F5.6 (+1.0)
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

フィルターケース

長年、写真を趣味にしていると、フィルターも大量になってくる。
実際、私も所有するすべてのフィルターの枚数を数えたら、120枚ほどあって自分でも驚いた。

全てのレンズに保護フィルターを付けてあるので120枚もの枚数になっているのだが、
保護フィルターはレンズに付けっぱなしにしておくのが殆どで、
稀にモノコートとマルチコートで使い分けて余っているのは在るが、収納で困る事は殆どない。

だが、PLフィルターやクロススクリーン等の特殊効果フィルター、エンハンサー系のカラーフィルター等が20枚以上ある。
そうなると収納するためのケースが必要になってくる。

DSCF7450.jpg
売っていた時のケースを流用すれば良いのだが、Kenkoのケースは使い難い。

DSCF7451.jpg
この形状のケースを撮影に持ち出して、屋外で使いたいとは思えない。

DSCF7453.jpg
昔のKenkoは、丸いケースが紙ケースに収められて販売していてケースが使いやすかったのだが、
現行品はケースを流用しようとは思えない。

DSCF7441.jpg
そこで、昔購入したKenkoのフィルターケースを使っているのだが、これが既に販売終了。
類似品はMARUMIから出ているのだが、Webでの評判がすこぶる悪く購入するのを躊躇い、
中古カメラ市などでKenko製を見つけたら買っている。

DSCF7443.jpg
他にも、HAKUBA製のフィルターケースも持っていて、2~3枚のフィルターを持ち歩くには丁度良いサイズ。

DSCF7442.jpg
ただ、Kenkoのフィルターケースもこのようにビニール製のポケットにフィルターを収納するタイプで、意外とフィルター面が汚れる。

DSCF7444.jpg
HAKUBA製はEVA素材なのだが、こちらも同様にフィルター面が汚れる事が多い。

ほかにフィルターケースを出しているメーカーも多いのだが、結局同様にフィルター面が汚れる事が多く購入には至っていない。

DSCF7445.jpg
今までフィルターと言えば「Kenko」と言うイメージだったが、最近は「MARUMI」製のフィルターを買うようになった。
「ハンディ・ポケッチ」と言われるMARUMI製のケースが思いのほか使いやすく、機能的。

DSCF7447.jpg
ケース底にフィルター径毎に溝が掘って合って、ケース内でフィルターが暴れない仕様になっている。
フィルターによっては多少カタカタするモノあるが、それでもフィルター面が汚れないメリットは大きい。

撮影に出掛ける時に持ち出すフィルターも2~3枚程度の事が多いし、MARUMI ハンディ ポケッチが一番使いやすいかな。

JR東海:関西線-須成踏切

7月8日、Nikon D700 撮影。

蟹江駅を発車する2085レのコンテナ。
架線柱が邪魔だし、土曜なのでコンテナの積載が悪くて寂しいけど、牽引機を選べば黒煙が期待できるかな。
DSC_3328.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF-S 70-300mm F4.5-5.6G VR IF (135㎜)
露出:1/1000秒、F5.6、ISO400相当、晴天

キリン 「グランドキリン 梅雨のエキゾチック」

DSCF7401.jpg
近所のショッピングセンターの酒販コーナーで見つけた「グランドキリン 梅雨のエキゾチック」です。
原材料にコリアンダーシードを使用しているために、日本の酒税法上は発泡酒扱いですが、当ブログではビールとして扱います。

グランドキリンの限定品は、毎度、凝ったラベルと専用デザインの栓を使用していて、手間とコストを掛けている印象。
「梅雨のエキゾチック」のラベルも、ステンドグラスのようにデザインされた紫陽花が鮮やかな印象で、
栓に描かれた開いた傘もまたお洒落な感じ。

今回のビアスタイルはベルギービールを参考にした「ベルジャン・インスパイアード」スタイル。

グラスに注ぐと華やかを感じる甘くまろやかな感じのスパイシーな香りが広がる。
飲み口は、すっきりとした感じで、香り程の甘さは感じないものの華やかな甘みと、後味にかけて徐々に広がるまろやかな苦み。
軽めの飲み口だけどドライじゃない美味しいビールで、ラベルにある「不思議な奥行き」と言う言葉がぴったりです。

原材料:麦芽(大麦麦芽・小麦麦芽)、ホップ、コリアンダーシード
アルコール分:5%
内容量:330m
プロフィール

PoLo

Author:PoLo
~未来は何処の空の下へ~
へようこそ!

「銀塩カメラ・銀塩写真」、「国内旅行」
「お酒」、「美味しい食べ物」、
「自転車」、「鉄道(客車・貨物等)」、
「ガーデニング」、「機械式時計」、
「I've Sound」と、
「ラブライブ!」シリーズが
好きな放蕩者の管理人PoLoが、
ストイックに我欲を追求し、
思いのままに書き連ねます。

被写体は、風景や古い街並み、
夜景、ネイチャー、鉄道です。
撮影はリバーサルフイルムを使用し
現像・スキャンに時間が掛かるので
公開は撮影から、
2~3ヵ月後を目標とします。

2013年5月にα Sweet DIGITAL、
2014年8月にα-7 DIGITAL
2017年5月にD700
2018年5月にD300
2018年8月にK-5IIs
2019年5月にX-E2を購入するも、
メインはフイルムから変えずに、
毎月フイルム5本撮る事を目標に、
色々な被写体を撮影しています。

誹謗、中傷、差別的発言、暴言、
猥褻・卑猥な言葉、
事業者による営利目的の宣伝、
記事内容と無関係な内容、
礼節を重んじない不快な投稿や、
道義的・法的に問題があるサイト、
有料サイト、有害サイト、
まとめサイト等へのリンク等は、
管理人の裁量で削除します。

トラックバックは、
成人向けや出会い系サイトが多く、
不快なので受付けていません。

細心の注意を払っていますが、
趣味の範囲内での運営であり、
文章中の誤字・脱字、情報の誤り等、
ご指摘頂ければ修正いたしますが、
思想・価値観の違い等による批判は、
一切の聞く耳を持たず削除します。

当ブログの情報により、
不都合・不利益を被られても、
当方は一切の責任は負いかねます。

写真・文章の
無断使用・無断転載・無断直リンクは
如何なる理由でも一切禁止します。
転売目的の出品者が不快なので、
特にオークションからのリンクは、
厳重に禁止します。

迷子の黒猫 Maukie
ネコ温度計
東京ステーションシティ
列車フラッシュ撮影自粛同盟

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード