[なばなの里] 長島ビール園

三重県桑名市長島町の なばなの里内に在る、長島ビール園です。

なばなの里に撮影に行くと、必ず長島ビール園で夕食を取りつつ一杯やる事にしています。
なので車では絶対に行けないのですが、最近は車を出すのが面倒で運転するのがつまらないので問題なし。

R0023905.jpg
先ずは、苦味が少なく口当たりがソフトな、小麦を原材料に使うヴァイツェンの中ジョッキ、680円

R0023907.jpg
相方が好きな、生ハムのたたき わさびソース、600円。
わさびの風味は強くないものの、厚切りの生ハムはビールとの相性も良くて美味しい。

R0023908.jpg
新メニューと思われる、アボカド・アロエのミックスビーンズサラダ、700円。
とろりとしたアボカドとしゃきっとしたアロエに、ミックスビーンズと中々ボリューム感のあるサラダ。

R0023909.jpg
こちらも新メニューかな、スパイシーポテトフライ、400円。ピリッとスパイシーなほくほくポテトは、ビールが進みます。

R0023910.jpg
2杯目は芳ばしいホップの香りが特徴的で苦味の効いたピルスナーの中ジョッキ、680円。

R0023912.jpg
こちらも新メニューと思われる、やわらか焼いか、400円。
やきいか4本と七味マヨネーズとパセリを添えただけで400円はちょっと割高だが、名前に恥じず柔らかくて美味しいです。

R0023914.jpg
今回は、ソーセージ盛り合わせを注文、1,080円。色々な味のソーセージが楽しめ、ビールも進みます。

R0023922.jpg
3杯目は、ローストした麦芽の甘い風味と香りが特徴の、デュンケルの中ジョッキ。680円。

R0023923.jpg
桃仙オリジナル餃子で450円。パリパリでニンニクの効いた餃子がビールと良い相性。

R0023924.jpg
相方が必ず頼む、シーフードドリア。1300円。最近は、半分ずつ別けて丁度良い感じかな。

撮影して、呑んで、充実した一日でした。

[なばなの里] あじさいソフトクリーム

R0023871.jpg

三重県桑名市長島町のなばなの里内の、
「花広場」と「あじさい・しょうぶ園」の間に在る展望台1階に在るスナックコーナーの「あじさいソフトクリーム」です。

撮影合間の休憩によく使います。
ピンクの方はバラに近い味ですが、紫の方の味わいは例えが見つかりませんが、あっさりとした味わいで中々美味しかったです。

[なばなの里] プレミアム抹茶ソフトクリーム

R0023868.jpg

三重県桑名市長島町のなばなの里内の、
「花広場」と「あじさい・しょうぶ園」の間に在る展望台1階に在るスナックコーナーの「プレミアム抹茶ソフトクリーム」です。

撮影合間の休憩によく使います。
抹茶が濃いソフトクリームで、ワッフルコーンと合わせて美味しかったです。

[なばなの里] 麺料理 芭蕉庵 「冷やし鴨そば膳」

三重県桑名市長島町の なばなの里内に在る、麺料理 芭蕉庵。

なばなの里に行った際によく昼食で利用するお店です。

R0023859.jpg
季節限定メニューの夏のおすすめ「冷やし鴨そば膳」で、
鴨肉に載ったざるそばに、あなご寿司、デザートがセットになって、1,580円。

つゆは胡麻だれで、胡麻の風味が効いていて鴨肉にも負けない風味。
そばも前回食べた時は少しコシがない感じがして残念でしたが、今回はしっかりとしたコシが楽しめ、
しっかりした鴨肉と柔らかく煮てあるあなご寿司と合わせて中々美味しかったです。

TAMRON SP 70-200mm F2.8 Di VC USDのテスト撮影

先日購入したTAMRON SP 70-200mm F2.8 Di VC USDのテスト撮影をしてきました。

今日の機材は、Nikon D700に、TAMRON SP 70-200mm F2.8 Di VC USDをLowepro ステルスリポーター D300に入れる。

当初は、AF 20㎜F2.8D と AF-S 24-120mm F3.5-5.6Gも持って、ちょっとロケハンを兼ねて出掛けようと思っていたんだけど、
朝から時折日が差し青空が見えるもののどんよりした雲が広がる生憎の空模様と、
旅疲れも抜けていない中、少々風邪気味で体調も思わしくないので、チャリ鉄は流石に厳しいと思い関西線に乗って出発。
先ずは蟹江駅西の須成踏切で、2085レのコンテナを撮影し、駐輪場跨線橋に移動し、211系の区間快速までを撮影。

その後の予定は立ててあるものの、生憎の空模様と体調を考え、動作確認は取れたので撮影終了し帰路に就く。

DSC_3331.jpg
8月17日撮影。Nikon D700 + TAMRON SP 70-200mm F2.8 Di VC USD (135㎜)、1/1000秒 F5.6、ISO400相当、晴天

DSC_3318.jpg
7月8日撮影。Nikon D700 + Nikon AF-S 70-300mm F4.5-5.6G VR IF (135㎜)、1/800、F5.6、ISO400相当、晴天

TAMRON SP 70-200mm F2.8 Di VC USDは、
30分程使っただけですが、巷で言われているほどAF速度に大きな不満は抱きませんでした。
純正 VR IIを使えばもっと速いのかもしれませんが、私はTAMRON USDでも十分、満足ですね。

ズームリングやピントリングの回転方向は、多様なメーカーのカメラを使っているので全く気にならない。

同じ条件で撮影している訳ではないので単純比較はできませんが、Nikon AF-S 70-300mm F4.5-5.6G VR IFと比べると暖色系。
キリッとして良い写りをするが、派手さはなく私好みの描写特性で、満足度は高い。
この写真じゃボケの具合はイマイチ判らないが、悪くない印象。

もっと使い込んでみたいレンズですね。

TAMRON SP 70-200mm F2.8 Di VC USD

DSCF7438.jpg
今回の上京の際、購入したTAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD。

例によって、Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR IIと最後まで迷ったんだけど、最終的にはTAMRONに決めました。

決め手の一つはコストパフォーマンス。
純正の方が描写性能もAF性能も高性能なのは認めるが、約半額と言う価格はやはり大きい。
純正の方が防塵防滴性能が高いと謳う人もいるが、私は雨の日に撮影に出掛ける根性はない。
正直、純正を買う余裕はあるが、その差額でほかのレンズを買った方が撮影の幅が広がって良いと思ったよね。

例えば、純正70-200㎜F2.8G VR IIだけを買えば、70-200㎜の範囲でしか撮影出来ないが、
差額でTAMRON SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USDを買えば、70~600㎜の範囲で撮影出来て、幅が広がるのよ。
まぁ、Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm F5.6E ED VRがフイルムカメラでも使えるGタイプだったら、無理してでも純正を買っていたかもね。

あと、ネット情報を総合的に判断した結果。
「純正の方が耐久性が高い」なんてコメントも良く見かけたが、
Nikon テレコンバーター TC-14 E IIが壊れたが、私が所有するTAMRONレンズは壊れた事が無い。

「純正の方が爆速AF」なんてコメントも良く見かけたが、
ボディ内モーターのMINOLTA αのAF速度でAFが遅すぎて撮影出来なかったことはないし、
貨物列車ならNikon AF-s VR 24-120㎜ F3.5-5.6GやAF-s VR 70-300㎜F4.5-5.6GのAF速度でも十分と思ったから、
爆速AFの必要性を感じられなかったのよね。

「純正の方がステイタスが上」なんてコメントも良く見かけたが、
デジタル・ヒエラルギーの頂点に立ち続けようと思ったら、ボディは最新ハイエンド、今ならD5じゃなきゃダメだし、
Eタイプが出た現状で、GタイプのVR IIは既に型落ちモデル。
そもそも、フイルムカメラのF6を使っている私が、デジタル・ヒエラルギーなんかを誇ろうなんて思わないし、
私は他人の目線を気にして悦に浸るより、自分が使いたいものを使いたい。

あと描写特性的に、Nikon AF-s 70-200㎜ F2.8だと鉄道撮影中心になりそうだが、
TAMRON SP AF 70-200F2.8 USDの方がボケが好みの感じで、
風景やネイチャー、祭りやポートレートにも幅広く使えそうな感じがしたし、
私はTAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD [IF] MACRO(A001)も所有しているから、描写性能の差を楽しみたい事も在ったし、
TAMRONのレンズって結構好きで、どっちを使いたいか考えたらTAMRON SP 70-200mm F2.8 Di VC USDだった訳ですよ。

近いうちにテスト撮影に行きたいんだけど、天気がイマイチだからなぁ~

使い込んで、もしNikon AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR IIが欲しいと思ったら、
また頑張ってお金を貯めて買えば良いだけの事。それが趣味ってもんだし、その趣味のために仕事しているのだからね。

なばなの里 2

6月13日、KONICAMINOLTA α-7 DIGITAL 撮影。

見渡し限りの紫の花しょうぶ。
PICT5899.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF 50mm F2.8 MACRO(D) (35mm判換算 75mm相当)
露出:1/400秒、F4.0、+0.7段補正、ISO100相当、ナチュラル+、昼光

見渡し限りの青い花しょうぶ。
PICT5921.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF 50mm F2.8 MACRO(D) (35mm判換算 75mm相当)
露出:1/500秒、F4.0、+1.0段補正、ISO100相当、ナチュラル+、昼光

アジサイ、紅一点。
PICT5940.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF 50mm F2.8 MACRO(D) (35mm判換算 75mm相当)
露出:1/800秒、F4.0、+0.3段補正、ISO100相当、ナチュラル+、昼光

逆光で淡い感じに。
PICT5952.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF 50mm F2.8 MACRO(D) (35mm判換算 75mm相当)
露出:1/300秒、F4.0、+0.7段補正、ISO100相当、ナチュラル+、昼光

なばなの里 1

6月13日、KONICAMINOLTA α-7 DIGITAL 撮影。

ハートに見えるアジサイ。
PICT5864.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF 50mm F2.8 MACRO(D) (35mm判換算 75mm相当)
露出:1/300秒、F4.0、+0.3段補正、ISO100相当、ナチュラル+、昼光

純白のアジサイ「アナベル」。
PICT5868.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF 50mm F2.8 MACRO(D) (35mm判換算 75mm相当)
露出:1/200秒、F4.0、+1.3段補正、ISO100相当、ナチュラル+、昼光

背景のカラフルな花しょうぶが色を添える。
PICT5888.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF 50mm F2.8 MACRO(D) (35mm判換算 75mm相当)
露出:1/500秒、F4.0、+0.3段補正、ISO100相当、ナチュラル+、昼光

同系色でまとめたけど、こちらも圧巻。
PICT5894.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF 50mm F2.8 MACRO(D) (35mm判換算 75mm相当)
露出:1/300秒、F4.0、+0.7段補正、ISO100相当、ナチュラル+、昼光

そして、帰名

今日は名古屋に帰る日。
荷物を片付け、お土産を買いに行ったりと、結構慌ただしく時間が過ぎていく。

明日から仕事なので早めに帰りたいのだが、毎度の東京18:00発の、のぞみ121号ではなく、東京16:56発 こだま673号を選択。
かなり早い時間だけど、「一緒に☆こだま早特」が設定されていたので、最近はよくこだま号を使っている。

「のぞみ」の普通車指定席より安く「こだま」だが快適なグリーン車に乗れる。
ゆっくり飲んで駅弁を食べながら帰るなら「こだま」の方が向いているし、
16:56発に乗車すれば、帰宅ラッシュが始まる前に東京を出発できるので、大荷物を持って通勤ラッシュに乗らなくて済むと、
私には一石二鳥。

帰路はA・B席を選択。
日が長くなって富士山を眺められる可能性も高くなったけど、対抗列車とすれ違わない側だし、海を眺めながら帰ろうと思ってね。
だって、グリーン車じゃなければ赤の他人と肩を並べる可能性が高く、出入りが不便な3列側なんて選ばないよ。

GR000187.jpg
帰りは、「国技館 やきとり」と、キリン一番搾りと鹿児島ハイボール呑む気満々(^^;
今日は昼食が遅かったので、ご飯物はちょっと重いと思い、焼き鳥にしてみました。
そして「ぽてコタン」は、昨日の隣のサークルさんからの頂き物です。

まったりと食べて適当に微睡んでいても、定刻通りに到着するんだから、新幹線は楽で良いですね。

普段乗るのぞみ121号より6分遅く名古屋駅に到着。
混雑するコンコースを避けようと乗換改札に向かうと、自動改札機に名古屋駅より先の切符の要求をされました。
確かに「一緒に☆こだま早特」の乗車券は「名古屋市内」ではなく「名古屋」の扱いだが、在来線の改札は「名古屋」だろ?
JR東海如きに行動の制約をされる筋合いはなく、利用者がどの改札から出ようが勝手だろ?

「ぷらっとこだま」のように、利用できる改札の制限を購入時の説明やチラシの添付等で明示していれば別だが、
WebサイトのQ&A等の一部にしか記載していないからねぇ~
駅員さんは親切な人が多いと感じるので、駅員さんに文句を言っても仕方がないが、
正直、JR東海のこういう経営方針は嫌いですし、こういう経営方針を認める経営者はじめ上層部も嫌いです。

帰宅後、慌てて旅装を解き、機材を片付け、ブログを更新してと、忙しく時間が過ぎていく……

コミックマーケット92に参加してきました

GR000185.jpg
相方がサークル参加しているので、手伝いでコミックマーケット92に参加してきました。

まぁ、朝早いのも嫌だし、人が多いのも嫌だし、暑いのも嫌だったので、手伝うか迷っていたんだけど、
お盆で貨物列車も軒並み運休だし、そうそう中古カメラ店巡りもしてられないし、
乗り鉄するにも目的が無かったし何処に行っても混んでいそうなので、手伝いに行ってきました。

コミックマーケットに参加するのは2007年8月のコミックマーケット72の3日目以来の10年ぶり。
昔は興味が在るジャンルで好きな作品も在ったし、コスプレ撮影をしたりと、あの人混みに突入する気力が在ったけど、
最近は、カメラに予算を掛けたい事も在って足が遠のいていたのよねぇ……

とは言え、10年ぶりにコミックマーケットに参加して、特に見て回る事もなく、すっとサークルスペースで手伝っていたけど、
何をした訳でもないし、何かを買った訳でもないんだけど、その空間に居るだけでなんか楽しかったかな~

カメラや鉄道系は見て廻りたいと思うけど残念ながら2日目のジャンルだったし、
評論系にも少数ながら鉄道系やカメラ系、酒系が在ったけど、結局人の多さに突撃する根性がなくてねぇ~
あと、何処を廻りたいってのが調べてない事も在るし、カメラは使ってなんぼ、鉄道は乗ってなんぼ、酒は飲んでなんぼって思ってるからさ。

でも、売り手側を横から見ていて、サークル参加も大変そうだけど、楽しそうだなって思ったよ。

ぶらり三浦、撮り歩き

前回は、撮り鉄メインで大宮 鉄道博物館に付き合ってもらったので、今回は、乗り鉄メインで三崎口周辺をぶらり撮り歩きしてきました。

品川10時集合で、京急のフリーきっぷ「みさき まぐろきっぷ」を購入し、10:17発の快特に乗り一路三浦海岸へ。

GR000062.jpg
既に11時半近かったので、三浦海岸の「海わ屋」で昼食を取ろうと向かう。
まだ店は空いていて席とドリンクの提供はすぐ出来るが、食事は提供まで1時間ほど掛かると言われた。
まぁ、今から戻るのも面倒だし、外で延々待たされる訳ではないのでビールを飲みながら待つ事にした。

「海わ屋」で「まぐろと地魚丼&湘南釜揚げしらす蕎麦セット」を食し、
再び京急に乗って三崎口に向かい京急バスに乗り換え白秋碑前停で下車し、城ヶ島公園を目指す。

GR000073.jpg
その前に、高所恐怖症の友人を連れて城ヶ島大橋の途中まで行ってみる。
最初は手前で降りて歩いて渡ろうかと言う話をしていたのだが、渡れなくなるとマズいので渡ってから戻る事にした。

GR000105.jpg
そして城ヶ島公園に向かい、野良にゃんこを撮影しつつ安房崎灯台へ。
写真を撮りつつ、海を眺め、潮だまりのカニや魚を見て喜び、久々に童心に帰ったようでした。

まぁ、2時間ほど前にビール飲んでるがな(笑

GR000148.jpg
暫らく海岸線を歩き、城ヶ島公園を抜けて、ウミウ展望台~馬の背洞門まで行って、再び白秋碑前停に戻る。

もう良い時間だったので、京急バスに乗り日の出停で下車し、「山富染物店」でクーポンを使用し手ぬぐいを貰い、
再び日の出停から混雑したバスに乗り、三崎口駅に戻り17:17発の快特に乗って一路品川へ。

品川駅で友人に渡すモノを渡して、
そのまま品川インターシティの北海道に向かうも、ビールがアサヒ スーパードライに変わっていたので入店せず、
土風炉を見つけたので行ってみると、キリン一番搾りの上に、クラフトビールも多数あったので入店。

土風炉 品川インターシティ店は店の作りも面白くて、料理も中々良いのでまた訪れたいお店ですね。
珍しく相方より遅くまで飲んでいて、最寄り駅で相方と合流して家路を急ぐ。

上京し、中古カメラ店に寄り道。

お盆なので、妻の実家に帰省しました。
今回は何時も通りの、妻を先に上京させ私は夜勤明け直行で追いかける。

今回も、エクスプレスカードのポイントが6月末で400ポイントが失効するのだが、
そこは乗車変更を駆使して、失効しない200ポイントと合わせこだまのグリーン車で上京出来るようにしてみました。

今日の機材は、
Nikon F6とCONTAX T2とRicoh GR IIをNOMADIC TP-03 ターポリン フラップショルダーSに入れ、
夏場で荷物は少ないんだけど、帰りに荷物が増える事を見越して、着替えなどはZERO HALLIBURTON ZRP-Fに入れる。
Nikon F6は狙っているのがNikon Fマウントレンズなので、テスト用ボディとして持参することにした。

暑い中、職場から20分ほど掛けて最寄り駅まで歩く予定だったのだが、
車通勤の後輩クンが、終業後に「駅まで送りますよ」と言ってくれたので、好意に甘えて便乗させてもらう。
お陰で汗もかかずゆっくりと向かい、名古屋駅で36分程に増えたの乗り換え時間で、
売店でビールとツマミと駅弁をゆっくり仕入れて、名古屋10:29発こだま644号に乗車。

GR000046.jpg
流石にこの時間からビールを呑むのも憚られそうな感じだったんだけど、お盆だけど流石はこだまのグリーン車。
周囲に乗客は少なくて気楽でした(^^;

嫁の実家の最寄り駅のコインロッカーにZERO HALLIBURTON ZRP-Fを預けて、先ずは荻窪駅で下車し荻窪さくらやを目指す。
例年通りならフイルムをまとめ買いするのだけれど、
現在在庫が多く、PROVIA 100Fの135が26本、120が25本、Velvia 100の135が22本、PROVIA 400Xの135が27本も在る。
次の上京まで4ヶ月程度で在庫だけで賄えそうだったので、フイルムの購入は見送り。

HCLフイルムクリーナーも欲しかったのだけれど、300mlの大サイズしかなくこちらも購入見送り。
狙っていたレンズも、思いのほかスレが目立つし、フジヤカメラのAB品と7,000円程度なので購入見送り。

2号館の向かい、写ルンですプレミアムキットと中古のRicoh ケーブルスイッチCA-2を購入。
Ricoh ケーブルスイッチ CA-2はモデルチェンジし CA-3になってデザインが新しくなったんだけど、
USBケーブルはカメラ同梱のものを使用する仕様になってしまい、嵩張るのと忘れる危険性が高まるので、旧タイプを購入。

再び荻窪駅に向かい総武緩行線に乗り中野で下車し、フジヤカメラを目指す。

GR000059.jpg
先ずはジャンク館に行って、MARUMI ハンディ・ポケッチの62~82㎜厚枠用の中古を探すも見当たらず、
ついでにHCL レンズクリーナーも探すも見当たらず…今回は狙っているものがことごとく見つからず……

本館1階を一通り見てから、本館2階に向かいTAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di USDのA品を見せてもらう。
その時に、「AB品やAB+品と余り差が無いので決め手がない」と言ったら、AB品も出してくれたので比較して、
持参したNikon F6で動作確認をして、A品より2,160円安いAB品にして、差額でMARUMI DHGレンズプロテクトの77㎜を購入。

その後、アルプス堂にNikon AF 28㎜ F2.8Dを見に行くも、既に8万円以上使っているので購入を躊躇う。
何時もならこれにフイルム代で4万円程度を余分に使っているのに、AF28㎜F2.8Dなら何時でも帰るだろうと、今回は見送り。

その後も、松坂屋カメラにMINOLTA AF 24-50㎜ F4やOlympus ZUIKO AUTO-MACRO 50㎜ F3.5を見に行くつもりだったんだけど、
流石に夜勤明けで疲れていたので行く事が面倒になり、
混雑する中央線を避け中野始発の総武緩行線に乗車し、寝ながら妻の実家に向かう。

今夏の物欲

今年のお盆に上京するので中古カメラ店巡りを楽しむ魂胆なので、何を狙うか考えておこうと思う。

Nikon D700を買った事も在って、そろそろNikon用の大口径ズームを狙おうとも思っている。

大口径標準ズーム純正現行品は、AF-S 24-70mm F2.8E ED VRとAF-S 24-70mm F2.8G EDの2本。
だけど、AF-S 24-70mm F2.8E ED VRは電磁絞りを採用しているので、F6で使えなないなら買う意味が無いので、
AF-S 24-70mm F2.8G EDになるのだが、結構高額で標準ズームにしては全長が133㎜と長いのが気になる。

それなら、TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD。
価格も純正Gレンズの半額くらいだし、全長も116㎜と少し短い。その差はたった17㎜と、見た目ほど差が無いのに驚いたけどね。
純正よりAF動作が遅いと言われているけど、
鉄道撮影でAF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IFのAF動作速度でも十分と思っているから、大きな不満は無いのかもしれない。

大口径望遠ズームも、純正現行品はAF-S 70-200mm F2.8E FL ED VRとAI AF Zoom-Nikkor 80-200mm f2.8D ED の2本。
Eレンズは電磁絞りを採用していてF6では使えないし、今更Dタイプのズームを新品デカいのも微妙なので、
選ぶならAF-S 70-200mm F2.8G ED VRかAF-S 70-200mm F2.8G ED VR IIの2本。
だけど、純正はやっぱり高額なので、二の足を踏む。

同様にTAMRONから、SP 70-200mm F2.8 Di VC USD G2が出ているが、こちらも電磁絞り採用でF6では使えないので、
選ぶなら旧製品のSP 70-200mm F/2.8 Di VC USD。
こちらも評判はかなりいいようだが、AF動作が純正に比べれば遅いと聞く。
ただ、大口径標準ズームと同じく、AF-S 70-300mm F4.5-5.6G VR IFのAF動作速度でも十分と思っているから、大きな不満は無いのかもしれない。

純正ならテレコンバーターを使い280㎜F4や340㎜F4.5として使えるが、300㎜F4Dを所有しているので大きなメリットではない。
ネットで比較記事も多いが、プロが使っているのは純正だけじゃないし、耐久性はユーザーの使い方にもよるし、AF速度は体感。
故にイメージに頼っている面が多く参考にはならないし、参考にする価値はなく参考にはしたくない。
GANREFの性能テストを見るとTAMRON SP 70-200mm F2.8 Di VC USDの性能は、
ピーク値は純正VRIIに劣るが、F11までならどの絞り値でも平均してスコアを出しているのは良いと思う。

シグマにも同様のズームが在るが、SIGMA AF 120-300mm F2.8 EX DG OS HSMの事を問い合わせた際に、
然もめんどくさそうにぶっきらぼうな対応をされ、それを信じて購入したらNikon F5では動作せず使いたい時に使えなかったので、
もう二度とシグマ製品は買わないと誓ったから今回も除外。

あと、Dタイプの単焦点レンズをもう少し充実させたいので、
AF フィッシュアイ 16㎜F2.8D、AF 24㎜ F2.8D、AF 28㎜ F2.8D、AF 85㎜F1.4DかF1.8Dに、、
AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IFの描写力がイマイチな感じなので、AF-S 24-85mm F3.5-4.5G ED VRや、
欲を言えば、AF-S 80-400mm F4.5-5.6G ED VRも欲しいかな。

ほかにPENTAX K-5IIsかPENTAX KP。
K-5IIsはPENTAX MZ-Sのサブ機として撮影に持ち出すには丁度よさそうなサイズと、手ごろになった価格。
KPは、ISO819200まで使えるので夕暮れから夜の撮影で撮影の幅が広がり、人とは違う構図で狙う事が出来るようになるが、
狙っている数カットの為に10万円超はちょっとね。

あと、写ルンです プレミアムキットは買おうと思っているけど、
リバーサルフイルムは在庫も多いし、次の上京まで4か月程度なので今回の購入は見送っても良いかも……

なばなの里 4

6月13日、MINOLTA α-9 撮影。

つぼみ、咲き始め、満開と、綺麗に並んだアジサイ。
2017-06-13_03-06.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA STF 135mm F2.8 (T4.5)
露出:1/125秒、F4.5、+0.7段補正、一脚使用
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (063-308)

つぼみも多い花しょうぶ。
2017-06-13_03-16.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D)
露出:1/400秒、F4.0、+0.7段補正、一脚使用
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (063-308)

可愛らしい花だけど、儚い感じのアジサイ。
2017-06-13_03-31.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 50mm F2.8 MACRO(D)
露出:1/80秒、F4.0、一脚使用
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (063-308)

日陰にひっそりと咲く。
2017-06-13_03-34.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 50mm F2.8 MACRO(D)
露出:1/100秒、F4.0、一脚使用
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (063-308)

なばなの里 3

6月13日、MINOLTA α-9 撮影。

少し傾けると、フィッシュアイらしくなる。
2017-06-13_02-09.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF Fish Eye 16mm F2.8
露出:1/1600秒、F4.0、+0.3段補正、一脚使用
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (063-308)

フィッシュアイで花しょうぶを見下ろしてみる。
2017-06-13_02-12.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF Fish Eye 16mm F2.8
露出:1/250秒、F8.0、+1.0段補正、一脚使用
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (063-308)

STFでポストカード風に。
2017-06-13_02-31.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA STF 135mm F2.8 (T4.5)
露出:1/640秒、F4.5、+1.0段補正、一脚使用
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (063-308)

青い空間。
2017-06-13_03-04.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF Fish Eye 16mm F2.8
露出:1/125秒、F8.0、一脚使用
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (063-308)

なばなの里 2

6月13日、MINOLTA α-9 撮影。

競い咲く花しょうぶ。
2017-06-13_01-29.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D)
露出:1/320秒、F5.6、+0.7段補正、一脚使用
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

背景を落とし気味に、妖艶な雰囲気に紫の花しょうぶを撮る。
2017-06-13_01-34.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D)
露出:1/800秒、F4.0、+0.3段補正、一脚使用
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

フィッシュアイで遊んでみる。
2017-06-13_02-05.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF Fish Eye 16mm F2.8
露出:1/800秒、F4.0、+1.0段補正、一脚使用
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (063-308)

フィッシュアイでフィッシュアイらしさを出さずに撮影。
2017-06-13_02-07.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF Fish Eye 16mm F2.8
露出:1/200秒、F8.0、+0.3段補正、一脚使用
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (063-308)

なばなの里 1

6月13日、MINOLTA α-9 撮影。

なばなの里の花しょうぶ。今年は開花が遅いか、まだツボミも多かったです。
2017-06-13_01-08.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D)
露出:1/800秒、F4.0、+1.0段補正、一脚使用
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

アジサイ「アナベル」のアップ。今年は雨が少ないからか全体的に花が小さかったです。
2017-06-13_01-12.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D)
露出:1/500秒、F4.0、+1.0段補正、一脚使用
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

パープルフリンジの花しょうぶは清楚な感じ。
2017-06-13_01-19.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D)
露出:1/640秒、F4.0、+0.7段補正、一脚使用
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

白い花しょうぶが眩しい。
2017-06-13_01-28.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D)
露出:1/320秒、F4.0、+0.7段補正、一脚使用
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

クルマ、どうするかね……

タイヤの銘柄を調べて2ヶ月が経ち、車検満了まで2ヶ月となったのだが、未だ何もアクションを起こしていない。
5月29日の茶臼山高原以降、車に乗っていなかったので、7月22日に美容院に行く際に乗ってはみたが、
その間に、ディーラーから携帯電話に着信が在ったのだが、寝室に携帯電話を放置していて気付かなかった。

19年も乗っていると、愛着や思い出も沢山あるけど、あちこちガタが来ているのも実感する。

今回車検を通そうと思うと車検代(約12万円)の他に、
ブレーキのオーバーホール(約15万円)に、タイヤ交換(約6万円)、ウォーターポンプとタイミングベルトの交換(約8万円)は必須。

他にも、インパネにもヒビが入ってきているし、サイドウィンドウは振動で少し下がるし、洗車で強い水圧を掛けると雨漏りするし、
バックドアのダンパーが抜けてしまい開いたままで保持できないので、荷物の積み下ろしが不便。

そうなると、こんなに乗らないクルマに車検を通すためだけに約40万円出費を強いられる。
しかも、もし今度の車検で全て直したとしても、他の不具合を直すにはさらにコストが掛かるし、
それ以上に他が壊れない保証はないし、それ以上にあと何年、部品が供給されるのだろう。

そう思えば、普通の人は買い替えるのだろうが、私は欲しいと思えるクルマが全く見つけられない。
兎に角、今のクルマのデザインもコンセプトも生理的に受け付けないモノが多くなり、趣味性を感じられなくなった。
夏休み前には車の新聞折込広告も増えたのだが、ちらりと見ただけでため息しか出ない程、今の車のデザインには嫌悪感を覚えている。

兎に角、今のクルマはカッコ悪い。
馬鹿みたいにデカいフロントグリルや車幅いっぱいまで広がったロアグリル。
相反する小さなヘッドライトはブラックアウトされ死んだ魚の目のようで、更にヘッドライトにめり込んだフロントグリル。
衝突安全基準も在るのだが、無駄に分厚いボンネットフードとフロントフェンダーと、見る事すら嫌な車が増えてきた。

それ以上に、ここ数年、クルマに乗らなくなった。つまり必要性もなくなってしまったのだ。
そんなものに、200万円も300万円も払いたくないし、ムカつく嘘つき内閣が牛耳る国に1円でも余分に税金を払うのも癪だし、
古い車の税金を重加算してまで優遇されている自動車メーカーを儲けさせるのも癪。

2年前の2015年の9月に車検を通して以降、乗ったのは、車検からの帰りの9㎞と通勤1回の20㎞の計29㎞。
車検からの帰りは自走なので走らなければいけないし、通勤も車検後の休日出勤日に試しに乗っていくかと思っただけ。

2016年は、通勤1回の20㎞と、佐布理池の75㎞の94㎞。
通勤も元旦出勤で道路も空いているだろうから久々に出しただけで、まともに乗ったのは佐布理池に梅を撮りに行った時だけ。

2017年は今日までで、13ヶ月ぶりにシロアリ薬剤散布で車を出した2㎞と、
鈴鹿の森庭園の91㎞、いなべ市農業公園の102㎞、茶臼山高原の229㎞の424㎞。

今年は少し運転するようになったけど、車検からの2年でまともに乗ったのは、
2016年の佐布理池と、2017年の鈴鹿の森庭園、いなべ市農業公園、茶臼山高原の4回で497㎞。

正直、茶臼山高原以外は、公共交通機関とタクシーで何とかなる。
茶臼山高原もタクシーで行けなくはないが、流石にコストパフォーマンスが悪いだろう。
まぁ車の税金より安いだろうが、そういう時はレンタカーを借りればいい。
レンタカーと言えど、パッソやマーチみたいな出来損ないの手抜き車や、
馬鹿みたいにフロントグリルがデカく、かっこ悪いヴィッツなんかには乗りたくないが、
幸いにも身近にタイムズレンタカーが在って、コンパクトクラスはマツダ デミオしか置いていない。

クルマをこの2年で4回しか必要としないが、
休日に車で大規模ショッピングセンターやアウトレットに買い物に出掛けること自体が嫌なので、
「クルマ、必要だね」なんて思う為に、大規模ショッピングセンターに行こうとも、アウトレットに行こうとも思わないし、
「外食」は飲みに行く事なので、クルマで「外食」には行かないし、鉄道撮影の大半はクルマは邪魔でしかない。
渋滞やマナーの悪いクルマに不快な思いをし、毎月1万円程の赤字を出してまで、クルマ通勤するなんてバカらしい。

折しも、最近のクルマや今後クルマが発展していく方向が私の趣味とは正反対になってきた。
私は、A/T車、ミニバン、ハイブリッドが嫌いだし、電気自動車、コネクティングカー、自動運転、IoTに全く興味が沸かない。
生活に必要ではないし趣味も合わなくなっていく自動車を、買うという理由が全くないのだ。

それを思うと、車検に40万円前後も掛けるなら、毎年2泊3日程度の旅行に出掛けた方が有意義だと思うようになってきた(^^;

JR東海:関西線-春田駅

6月12日、Nikon F6 撮影。

2084レのコンテナ。一線スルー方式なので右側通行で通過していく。
2017-06-12_02-33.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (50mm)
露出:1/400秒、F5.6
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

211系普通。
2017-06-12_02-34.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (35mm)
露出:1/500秒、F4.5
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

211系同士の交換。方向幕が、片や「名古屋」、片や「普通」。これ如何に?
2017-06-12_02-35.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (35mm)
露出:1/250秒、F5.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

JR東海:関西線-春田駅

6月12日、Nikon F6 撮影。

春田駅で待避する快速みえ。
2017-06-12_02-20.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 70-300mm F4.5-5.6G VR IF (200㎜)
露出:1/1000秒、F5.6
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

春田駅に停車する211系普通。
2017-06-12_02-28.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 70-300mm F4.5-5.6G VR IF (200㎜)
露出:1/400秒、F5.6
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

JR東海:関西線-蟹江駅

6月12日、Nikon F6 撮影。

5380レの石油。永和待避中に先行し蟹江駅で再び撮影。機関車以降2両目にコキが連結されている珍しい編成。
2017-06-12_01-33.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 70-300mm F4.5-5.6G VR IF (135㎜)
露出:1/800秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

交換シリーズ。313系と交換するキハ85 ワイドビュー南紀。
2017-06-12_02-04.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (28mm)
露出:1/800秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

交換シリーズ。211系と交換する8079レの石油。雰囲気は国鉄時代。
2017-06-12_02-13.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (24mm)
露出:1/1000秒、F5.6
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

JR東海:関西線-永和駅

6月12日、Nikon F6 撮影。

8380レの石油。タダでさえ短いタンカーは夏場は更に短くなるので、ちょっと尻切れ感……
2017-06-12_01-28.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 70-300mm F4.5-5.6G VR IF (300㎜)
露出:1/640秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

JR東海:関西線-白鳥信号所付近

6月12日、Nikon F6 撮影。

キハ25の回送。時折見かけるから関西線では良い被写体だけど、高山線で乗るとちょっとガッカリ……
2017-06-12_01-18.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (35mm)
露出:1/1000秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

8079レの石油返空。紫陽花と大木で挟むように撮ってみる。
2017-06-12_01-22.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (24mm)
露出:1/1000秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

2080レのコンテナ。こちらも紫陽花コラボ。
2017-06-12_01-26.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (35mm)
露出:1/1000秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

JR東海:関西線-白鳥信号所付近

6月12日、Nikon F6 撮影。

2089レのコンテナ。紫陽花にピントを合わせてDD51を贅沢にアウトフォーカス。
2017-06-12_01-08.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (24mm)
露出:1/1000秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

5282レの石油。紫陽花メインで撮影。この列車も何時までDD51が代走するんだろう……
2017-06-12_01-13.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (35mm)
露出:1/1000秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

特急ワイドビュー南紀。こちらも紫陽花コラボがあと何年出来るのかな……
2017-06-12_01-17.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (24mm)
露出:1/1000秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

JR東海:関西線-善田川橋梁

6月12日、Nikon F6 撮影。

8972レの単機。空が綺麗だったので見上げて撮影。
DE10も最終全検を終え、DD200型の発表も在ったから出来るだけ撮っておきたい。
2017-06-12_01-05.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (28mm)
露出:1/1000秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

五一わいん スペシャル 白 1997

DSCF7390.jpg
セイベルとナイヤガラを主体にブレンドした五一わいんの貴腐ワイン「スペシャル 白」
20歳の時の1997年にプレゼントで貰ったワインで、20年寝かせた2017年に開封してみました。

爽やかな酸味とフルーティーな香りが広がり、貴腐ワインらしい甘味が調和し、
爽やかなでありながら、優しい飲み口が印象的な美味しいワインでした。

ヴィンテージ:1997
タイプ:白
原産国:日本 長野県塩尻市 林農園(株)
ぶどう品種:セイベル、ナイヤガラ他
アルコール度数:12%
容量:720ml

[駅弁] 稲荷寿し 春のお好み稲荷

DSCF7315.jpg
6月5日に賀茂しょうぶ園に行った帰りに、JR豊橋駅コンコースの売店で購入した「稲荷寿し 春のお好み稲荷」で、670円です。

DSCF7319.jpg
春限定の駅弁で、通常の稲荷寿しが3貫に、
あなご、筍と菜の花、レンコンとコンニャク、アサリ生姜炊きと錦糸玉子の4種類の変わり種稲荷寿しは入っています。

通常の稲荷寿しも美味しいですし、変わり種も味や食感がバラエティに富んでいて目にも鮮やか。
こちらも、油揚げの味を邪魔せず美味しかったです。

どうやら四季で出しているようなので、撮影ついでに豊橋駅に寄って色々買ってみたいですね。

みかわの郷 「豊橋カレーうどん」

R0023774.jpg
6月5日、賀茂しょうぶ園に行った際に豊橋駅駅ビル カルミア1Fのみかわの里で頂いた「豊橋カレーうどん」です。

今回初めて「豊橋カレーうどん」を食しました。
みかわの郷の豊橋カレーうどんの具は、ルールにあるウズラの卵が3個に、プチトマト、豚肉、油揚げにラー油。

「豊橋カレーうどん」とは愛知県豊橋市で提供されているご当地カレーうどんで、
1.自家製麺を使用する。
2.器の底から、ごはん。とろろ。カレーうどんの順に入れる。
3.豊橋産ウズラ卵を使用する。
4.福伸漬けまたは壺漬け・紅しょうがを添える。
5.愛情を持って作る。
の、5箇条を守れば、各店舗ごとにバリエーション展開がなされる。

食べ方にもルールが在って、
1.最初から混ぜずにカレーうどんを普通通りに味わう。
2.うどんを食べ進めると、うどんの下から「とろろが乗ったご飯」が出てくる。
3.とろろとご飯とカレーと絡めて食す。

辛さは程々ですが、ラー油で味わいが変わりますし、プチトマトの酸味も爽やか。
麺も滑らかで、小麦の甘味を感じられ、のど越しの良いタイプで中々美味しいです。

うどんの下から、とろろとご飯が出てくるので絡めて食す。
「とろろとカレーって如何かな…」って思っていましたが、かつおダシの効いた汁ととろろの相性も良く、
とろろもカレーもご飯との相性は良いので、1杯で2度おいしい。

うどんを食べ終わった時には少々物足りない量でしたが、ご飯も含めるとおなか一杯と味も量も満足でした。
小食の人にはちょっと多いと感じる量かもしれませんね。

写真は在りませんが、たくあん・ガリ・野沢菜漬け・白菜の一夜漬け等の漬物セットがサービスで提供されます。
コレだけで十分飲めそうな量でしたが、残念な事にビールがスーパードライでした。

賀茂しょうぶ園 3

6月5日、MINOLTA α-9 撮影。

一面の花しょうぶは圧巻でした。
2017-06-05_03-07.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 50mm F2.8 MACRO(D)
露出:1/500秒、F4.0、+0.7段補正、一脚使用
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (063-308)

背景にもたくさんの花しょうぶが在るんので、標準マクロの出番が多い。
2017-06-05_03-13.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 50mm F2.8 MACRO(D)
露出:1/400秒、F4.0、+0.7段補正、一脚使用
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (063-308)

向きを変えると賀茂神社の森が広がり、背景を暗く落とせる。
2017-06-05_03-27.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 50mm F2.8 MACRO(D)
露出:1/320秒、F5.0、+0.7段補正、一脚使用
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (063-308)

最後に、赤い太鼓橋を背景に白い花しょうぶを撮影。
2017-06-05_03-33.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 50mm F2.8 MACRO(D)
露出:1/400秒、F5.6、+1.0段補正、一脚使用
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (063-308)

賀茂しょうぶ園 2

6月5日、MINOLTA α-9 撮影。

白と黄色、定番の紫と、カラフルに植えられている。
2017-06-05_02-04.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:TAMRON SP AF 180mm F3.5 Di LD MACRO
露出:1/640秒、F4.0、+0.7段補正、一脚使用
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (063-308)

賀茂神社の鳥居を背景に撮影。
2017-06-05_02-08.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:TAMRON SP AF 180mm F3.5 Di LD MACRO
露出:1/200秒、F4.0、+1.0段補正、一脚使用
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (063-308)

周囲の法面には紫陽花も植えられている、背景のしょうぶのボケが可愛らしい感じ。
2017-06-05_02-33.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D)
露出:1/125秒、F4.0、+1.0段補正、一脚使用
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (063-308)

木陰のアジサイに木漏れ日が降り注ぐ。
2017-06-05_02-34.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D)
露出:1/125秒、F4.0、一脚使用
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (063-308)
プロフィール

PoLo

Author:PoLo
~未来は何処の空の下へ~
へようこそ!

「銀塩カメラ・銀塩写真」、「国内旅行」
「お酒」、「美味しい食べ物」、
「自転車」、「鉄道(客車・貨物等)」、
「ガーデニング」、「機械式時計」、
「I've Sound」が
好きな放蕩者の管理人PoLoが、
ストイックに物欲・写欲を追求し、
思いのままに書き連ねるブログです。

被写体は、風景や古い街並み、
夜景、ネイチャー、鉄道です。
撮影はリバーサルフイルムを使用し
外注現像・スキャンに時間が掛かるので
更新は撮影から1ヵ月後を目標とします

2013年5月にα Sweet DIGITAL、
2014年8月にα-7 DIGITAL
2017年5月にD700を購入するも、
メインはフイルムから変わらず、
毎月フイルム5本撮る事を目標に、
色々な被写体を撮影しています。

誹謗、中傷、差別的発言、暴言、
猥褻・卑猥な言葉、事業者による宣伝、
記事内容と無関係な内容、
礼節を重んじない不快な投稿や、
道義的・法的に問題があるサイト、
有料・有害サイトへの誘導リンク等は、
管理人の裁量で削除します。

トラックバックは、
成人向けや出会い系サイトが多く、
不快なので受付けていません。

細心の注意を払っていますが、
趣味の範囲内での運営であり、
文章中の誤字・脱字、情報の誤り等、
ご指摘いただければ修正いたしますが、
思想・価値観の違い等による批判は、
一切の聞く耳を持たず削除します。

当ブログの情報により、
不都合・不利益を被られても、
当方は一切の責任は負いかねます。

写真・文章の
無断使用・無断転載・無断直リンク等は
如何なる理由でも一切禁止します。
転売目的の出品者を不快に思うので、
特にオークションからの直リンクは、
厳重に禁止します。

迷子の黒猫 Maukie
ネコ温度計
東京ステーションシティ
列車フラッシュ撮影自粛同盟

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード