JR東海:関西線-蟹江駅

6月3日、Nikon D700 撮影。

ワイドビュー南紀 4号に道を譲る5282レの石油。
DSC_3130.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G (24㎜)
露出:1/1000秒、F8.0、ISO400相当、晴天

JR東海:関西線-津島街道踏切付近

6月3日、Nikon D700撮影。

2089レのコンテナ。今年も紫陽花コラボ。
DSC_3115.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G (24㎜)
露出:1/1000秒、F8.0、ISO400相当、晴天

2089レのコンテナ。紫陽花コラボで後追い。
DSC_3117.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G (100㎜)
露出:1/1000秒、F8.0、ISO400相当、晴天

5282レの石油は単機でした。紫陽花と上空を飛ぶ鳥、一羽。
DSC_3122.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G (85㎜)
露出:1/1000秒、F8.0、ISO400相当、晴天

JR東海:関西線-蟹江駅付近

6月3日、Nikon D700撮影。

ちょっと障害物が多いけど、電化区間でディーゼル車同士が交換するシーンを撮りたくて撮影。
DSC_3103.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF-S 300㎜F4D + TC-17E II (500㎜)
露出:1/800秒、F8.0、ISO400相当、晴天

CDアルバムを3枚買いました

DSCF7396.jpg
先日、CDアルバムを3枚購入しました。

1枚は、7月28日に発売された「I've GIRL's COMPILATION vol.10 “ALIVE”」
I've SOUNDの曲はメジャーデビュー前、一緒に旅行した友人が「regret」をカセットテープにダビングしてきたのを聞いて好きになった。
その後、札幌に旅行した時にさっぽろ地下街のCDショップで「verge」を見つけ購入して今に至る。
当時はインディーズ扱いで予約するのも一苦労したけど、今じゃネット通販で簡単に買える事に隔世の感が在りますね。

1枚は、「家入レオ 5th Anniversary Best」
相方が音楽好きで、一緒に音楽番組を見ている時に、「良い曲だなぁ…」と思っていたものの、
シングルCDだとどれを買っていいか判らず、BESTアルバムが出たのを知っていたのだけれど、ようやく買った次第。
その理由は、どちらの初回特典版を買うか迷って、そのうち「また今度でいいや」ってなってたからさ(^^;

1枚は、「TOKIO HEART」
こちらも、一緒に音楽番組を見ている時に、「TOKIOの曲ってカッコイイし元気になって良いなぁ…」と思っていたものの、
どれから買っていいか判らず、「宙船」も入っているので、HEARTを買った次第。

I've SOUND以外のCDを買ったのは久しぶりです。

70-200㎜ F2.8が欲しい

Nikon D700を買ったのでNikon用のレンズを充実させたいと思っているのだが、手始めに70-200㎜ F2.8を手に入れたいと思う。

AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm F4.5-5.6G IF-EDもコンパクトで良いんだけど、
300㎜で一段絞ってF8にしてISO400なら1/1000秒切れるけど、
逆光だと1/500秒とちょっと余裕がなくなるから、もっと明るいレンズが欲しいと思うのよね。

Nikon純正の現行商品は、
AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8E FL ED VR と AI AF Zoom-Nikkor 80-200mm f2.8D ED の2本だが、
AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8E FL ED VRは電磁絞りを採用したEレンズなので、F6で使えないので買いたくないし、
AI AF Zoom-Nikkor 80-200mm F2.8D ED はボディ内モーター駆動の古いタイプのレンズで、今さら新品で買うのも微妙。

TAMRONの現行商品は、
SP 70-200mm F2.8 Di VC USD G2 と SP AF70-200mm F2.8 Di LD [IF] MACROの2本だが、
SP 70-200mm F2.8 Di VC USD G2は電磁絞りを採用していてF6では使えないので買いたくないし、
SP AF70-200mm F2.8 Di LD [IF] MACROはMINOLTA用を所有しているので、マウント違いで同じレンズを買うのは面白くない。

TokinaはAT-X 70-200mm F4 PRO FX VCM-Sしかなく、F2.8通しのズームはないし、
SIGMAは過去に120-300㎜F2.8の事を問い合わせた際に、差も面倒くさそうにいい加減な事を教えられてから不信感を持っているので買いたくはない。

そうなると選択肢は中古になり、
Nikon純正の、AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)か AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II と、
TAMRONのSP 70-200mm F/2.8 Di USDの事実上の二者択一。

中古相場としては、
AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)は10万円前後。
AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II が14万円前後。
TAMRONのSP 70-200mm F/2.8 Di USDが8万円前後と言ったところ。

魅力的な点としては、
AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)は、グレーも選べる面白さはある。
AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II は、銀塩カメラで使える最後の70-200㎜F2.8だろう。
TAMRONのSP 70-200mm F/2.8 Di USDなら、VR IIを買う価格でTAMRON 24-70㎜F2.8も買えるコストパフォーマンスの高さ。

性能的な点としてはGANREFを参考にしてみると、
AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)は、古いレンズでもあり性能はVR IIに劣るようだ。
AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II は、ピーク値は上だが、スイートスポットが狭い感じ。
TAMRONのSP 70-200mm F/2.8 Di USDなら、ピーク値はVRIIに一歩劣るが、F2.8~F11まで性能差が少ない感じ。

サイズ・重量の観点からみると、、
AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)は、最大径87㎜×全長215mm、重量1,395g。
AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II は、最大径87㎜×全長209mm、重量1,540g。
TAMRONのSP 70-200mm F/2.8 Di USDなら、最大径85.8㎜×全長196.7mm、重量1,470g。
最大径で1.2㎜、全長で18.3㎜、重量で144gと、多少の差はあるが大きな差ではない。

Nikon純正の方が所有欲は上だろうが、個人的にはTAMRONのレンズ、結構好きなんだよね。

Nikon用のレンズも純正はEレンズ化、TAMRONがG2化して、
今後はフイルムカメラで使えない電磁絞り採用レンズが増えていくから、新製品に興味を失っていくよ。

まぁ、新しいモノが自分には使えないモノになって行けば買わなくて済む。
レンズか使えないからと嫌々デジタルに一本化する必要性もない訳だし、クルマもA/T車が嫌なら買わなければ良い。
その分の予算を他に回せるのだから、それはそれでアリかもね。

Nikon F6で名古屋臨海高速鉄道の貨物列車を撮る

スッキリしない天気なのだが、今月はまだ3本しか撮影していないが、混雑しそうな土休日に撮影に出掛けるのは嫌だし、
平日昼間の下タないテレビ番組を見て過ごすなんて無駄の極なので、先日購入したRicoh GR IIのテスト撮影を兼ねて、
黄金陸橋や向野橋で名古屋臨海高速鉄道の路線を走る貨物列車を撮影に行ってきました。

今日の機材は、Nikon F6とRicoh GR IIに、
Nikon AF-S 24-1 F3.5-5.6G、AF-S 70-300mm F4.5-5.6G、MINOLTA FLASH METER IVと、
ペットボトルのミネラルウォーターをLowepro ステルスリポーター D300に入れる。

昔、小学校に入る前に親に連れてきてもらった思い出のある向野橋や時折仕事で通る黄金陸橋。
撮れる事は判っていたのだけれど、庄内川以東は撮る場所が少ないイメージが在り避けていたけど、
名古屋駅前や笹島地区のビル群を背景に走るDD51を撮影したくなったので、三十数年ぶりに訪れてみました。

まぁ、ホントは晴天で入道雲モクモクで撮りたかったので、微妙な空に出発が遅れ、黄金10:26着。
チャリ鉄でもよかったんだけど、所により雷雨の予報も在ったし、街中は走りにくいので電車にしました。

GR000003.jpg
2089レのコンテナの撮影から始めると、雲が切れ始め青空がのぞき始めてきた。
そのまま5282レの石油までを黄金陸橋で撮影。
黄金陸橋は歩道も広く欄干も低く、名古屋高速の影で撮影出来るので楽なんですが、
なんせ交通量が多くて排気ガス臭いのと、大型車両が通ると橋が揺れるのでちょっと気持ちが悪くなる。

GR000020.jpg
その後、向野橋に歩いて移動する。
そろそろ腹も空いたのだが、この辺りではカリットギョウザ黄金店ぐらいしか思い浮かばない。
ギョウザだと昼から飲んで終わりそうだったので、コンビニでも探してみるも見当たらないので、
自動販売機でミニッツメイト 朝バナナを購入し、歩きながら手早く補給。

向野橋で、2080レのコンテナから2070レのコンテナまでを撮影し、米野17:05発の列車に乗車。
帰り道に今日撮影したフイルム2本を現像に出して、暑い中、自宅までとぼとぼ歩いて帰宅。

渡辺酒造店 蓬莱 上撰

DSCF7385.jpg
渡辺酒造店さんの店内にあるガチャガチャで手に入れた商品。
とは言え、カプセルにワンカップがそのまま入っている訳ではなく、商品名の書いてある紙が入っていて引き換えるスタイル。
何軒もの酒蔵を訪れた事が在りますが、ガチャガチャでワンカップが出てくるのスタイルは初めてで、面白い試みだと思います。

カップには「高山祭」の山車に「日枝神社」「八幡神社」「気多若宮神社」ののぼりがデザインされていて、
旅情を感じ、お土産にも最適。

一口目には僅かにツンとくるアルコール感を覚えるものの、口当たりはまろやかで柔らかく旨味が広がる感じ。
辛さや酸味は控え目で、香りは穏やか、後味はさらりと、尖った個性は感じませんが、普段の晩酌に最適なお酒だと思います。

日本酒度:+3.0
酸度:1.4
アミノ酸度:1.2
アルコール度数:15度以上、16度未満
原料:米(国産)、米麹(国産魔米)、醸造アルコール
精米歩合:63%精米

茶臼山高原 芝桜 4

5月29日、MINOLTA α-9 撮影。

太陽が丸く見えるようになった。
2017-05-29_03-31.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 35mm F1.4G New
露出:1/320秒、F4.0、+0.3段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

日が沈む前にライトアップが始まった。
2017-05-29_04-01.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 50mm F1.4 New
露出:1/60秒、F8.0、+0.7段補正、一脚使用
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

夕日と芝桜。
2017-05-29_04-05.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 50mm F1.4 New
露出:1/320秒、F4.0、+0.7段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

茶臼山高原 芝桜 3

5月29日、MINOLTA α-9 撮影。

夕日が芝桜を赤く染める。
2017-05-29_03-13.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 50mm F1.4 New
露出:1/125秒、F4.0、+0.7段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

黄昏時。
2017-05-29_03-15.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 50mm F1.4 New
露出:1/2000秒、F4.0
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

西の空が赤く染まる。
2017-05-29_03-24.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 50mm F1.4 New
露出:1/800秒、F4.0
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

茶臼山高原 芝桜 2

5月29日、MINOLTA α-9 撮影。

渋滞のせいで到着が遅くなり、撮影を始めてすぐに日が傾きだした。
2017-05-29_02-26.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D)
露出:1/400秒、F4.0、+1.0段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (063-308)

日が傾きだすと人も少なくなってきた。
2017-05-29_02-28.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 24mm F2.8 New
露出:1/500秒、F4.0、+1.0段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (063-308)

離れて咲く一株の芝桜。
2017-05-29_03-03.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 50mm F1.4 New
露出:1/250秒、F4.0
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

高原の夕暮れ。
2017-05-29_03-06.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 24mm F2.8 New
露出:1/500秒、F4.0
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

茶臼山高原 芝桜 1

5月29日、MINOLTA α-9 撮影。

茶臼山高原の鮮やかなピンクの芝桜。
2017-05-29_01-20.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D)
露出:1/125秒、F5.6、+1.2段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

清楚な感じの淡い紫の芝桜。
2017-05-29_01-26.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D)
露出:1/125秒、F5.6、+1.2段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

「紅一点」ならぬ「緑一点」
2017-05-29_01-30.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D)
露出:1/500秒、F4.0、+0.2段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

背景に山を入れて高原の雰囲気。
2017-05-29_02-23.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D)
露出:1/250秒、F4.0、+1.0段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (063-308)

蒲酒造場 「白真弓 特別純米 極米 芳醇」

R0021835.jpg
使用米の「契約栽培ひだほまれ」は飛騨地区の指定農家に栽培を依頼し、
植物由来の肥料農法で丹精込めて育てられた、こだわりの酒米を使用し、数量限定で蔵出しされた日本酒です。

ほのかな吟醸香と、ふくよかで力強さを感じる味わいと程よい酸味。
日本酒度は±0だが、お米由来のほのかな甘さを感じられる厚みのある味わいなのに、
軽やかですっきりと洗練された味わいが印象的な美味しい日本酒です。

アルコール度数:15度以上16度未満
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
原料米:ひだほまれ(岐阜県産)100%
精米歩合:60%精米
日本酒度:±0
酸度:1.2
飲み頃温度:軽く冷やして~ぬる燗 10~40℃

JR東海:関西線-東郊線踏切

5月23日、Nikon F6 撮影。

8075レの石油返空。町中をDD51は走り抜ける。
2017-05-23_01-36.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 70-300mm F4.5-5.6G VR IF (200㎜)
露出:1/800秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

JR東海:関西線-福田川橋梁

5月23日、Nikon F6 撮影。

特急ワイドビュー南紀。キハ85系もハイブリッド化が発表されたから出来るだけ撮影しておきたい。
2017-05-23_01-32.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 70-300mm F4.5-5.6G VR IF (300㎜)
露出:1/640秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

8072レの石油。最後の国鉄色のDD51 853。何時まで走ってくれるのかな。
2017-05-23_01-34.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 70-300mm F4.5-5.6G VR IF (200㎜)
露出:1/640秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

JR東海:関西線-佐屋川橋梁

5月23日、Nikon F6 撮影。

8380レの石油。永和駅での待避中に追い越して、佐屋川橋梁で再び撮影。
2017-05-23_01-31.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (85mm)
露出:1/1000秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

JR東海:関西線-善田川橋梁

5月23日、Nikon F6 撮影。

快速みえ。薄雲が広がるすっきりした空。
2017-05-23_01-27.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (28mm)
露出:1/800秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

8380レの石油。重い音を響かせながら橋梁を渡る。
2017-05-23_01-29.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (35mm)
露出:1/800秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

JR東海:関西線-白鳥信号所付近

5月23日、Nikon F6 撮影。

8079レの石油返空。楽平神社横で撮影。
2017-05-23_01-21.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (50mm)
露出:1/1000秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

2080レのコンテナ。小麦畑を横目にDD51は走り去る。
2017-05-23_01-24.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (35mm)
露出:1/800秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

JR東海:関西線-善田川橋梁

5月23日、Nikon F6 撮影。

2089レのコンテナ。ココの法面が除草されたのは2~3年ぶりかな?
2017-05-23_01-08.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (35mm)
露出:1/1000秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

5282レの石油。イメージは大井川鉄道の第三橋梁。橋梁の手すりが邪魔だが、ケーブルがない分スッキリ撮れる。
2017-05-23_01-11.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (35mm)
露出:1/800秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

5282レの石油。長い編成だったので後追い。
2017-05-23_01-12.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF (35mm)
露出:1/800秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-401)

旅と鉄道 9月号

DSCF7384.jpg
9月号の旅と鉄道を買ってきました。
旅と鉄道誌を買い出したのは1999年秋の号からと古く、
途中、休刊・廃刊した時期が在るものの、唯一定期購読を続けている鉄道雑誌です。

今月号は「夏の秘境駅特集」で、
室蘭本線・尾幌駅や大井川鉄道・尾盛駅、奥大井湖上駅、飯田線秘境駅6駅制覇と言った正統派から、
鶴見線とちょっとハズシの効いた路線を取り上げているのも、また面白いですね。

あと、鉄道マンたちの青春劇場が、電気機関車運転士編になったのも、また興味をそそられる記事でした。

ビックカメラ.comに騙された

愛用のプリンター HP deskjet 5551のインクの在庫が無くなったので、ビックカメラ.comで注文し、先日届きました。

DSCF7382.jpg
私は、楽天の三木谷氏が嫌いなので、ネット通販はビックカメラ.comかAmazoneしか使わないのですが、
偶々ビックカメラ.comに HP純正インク 56の外装不良品が950円で出ていたのですよ。

外装なんてどうせ捨てるんだしこれで十分。
だけど、撮影データや撮影予定を印刷するのに黒インクは沢山使うので通常商品と合わせて2個、
カラーインクもないと地図等を印刷するのに困るので、HP純正インク 57を1個、同時購入したんですよ。

DSCF7383.jpg
そして先日届いた商品が、この3点。
上段左側が、56の外装不良のアウトレット品、上段右側が56の通常商品、下段が57の通常商品。

確かに、値札の後や全体的に黄ばんだ外装や吊り部分周囲に劣化が見れれるが、
どうせ外装なんて捨てるんだし、この程度なら大して傷んでいるとは思わない。

DSCF7381.jpg
しかし、納品書を見ると、「消費期限 (2017.08)」と記載されている。

これ消費期限ひっ迫商品じゃん。それを「外装不良品」と称するのは優良誤認で立派な詐欺行為じゃん。
多少外装が痛んでいる居るので確かに「外装不良品」だが、私の見たところ何処にも「期限ひっ迫品」との記載はなかったと思う。

もし書いてあったとしても判りにくい場所に書いてあった訳で、
生命保険会社や証券会社などが良くやる、裏面びっしりと小さな文字で書いてある規約と同じで、詐欺的手法だ。

確認しようとビックカメラ.comのサイトを見に行ってみるも、
そのアウトレット品のページは既に無くなっていて、私には確認する術はなく、なんか騙された感じ。
因みに、「注文確認メール」にも「商品の出荷についてのご案内」にも、「期限ひっ迫品」との記載はなく「外装不良品」の記載のみ。

腹の虫が収まらなかったので、ビックカメラ.comに苦情の電話を入れ、
さんざん文句を言ってやったのだが、「今回、迷惑を掛けて申し訳ない」、「ページを確認して…云々」の繰り返し。

こちらがすでに確認できない状況下で、「期限ひっ迫品との記載が在りました」と言われても、\こんな売り方をした連中を信用出来る訳がない。
自身が運営するインターネットのページなら、あとから幾らでも改ざん出来るからね。
「優良誤認」に「後から確認させない」と完全なる顧客軽視。企業規模が大きくなり、天狗にでもなっているんだろうね。

埒が明かなかったので、消費生活センターに電話をしたのだが通話中……
消費生活センターはもっと大変な事例の人が掛けているだろうから、とりあえずブログにアップして腹の虫でも収めるとするか。

ポイントカードは「使えなくなる」と、強制的に「WAON付きのJALマイレージバンクカード」に切り替えさせられた不快感も在るが、
今まで信頼して使ってきていたけど、今回の一軒でビックカメラに対する信用はゼロになったよ。
ただポイントが1万ポイント弱あるから、盗人に追い銭する必要はないので、何かに引き換えて、今後はビックカメラを使うのは辞めようかな。

だけど、ヨドバシカメラも店員が無知すぎて使う気にならないし、
楽天の三木谷氏の横柄な態度には不快感しか覚えないから使いたくないからなぁ~

山田酒造 「酔泉 純米原酒 純」

2月19日に酒蔵みてある記に参加し、山田酒造さんで購入した 「酔泉 純米原酒 純」です。

R0021950.jpg
日本酒のボトルにしてはちょっと珍しい形なのが印象的な、山田酒造さんの「酔泉 純米原酒 純」
中身は「純米吟醸 酔泉」と同じで、内容量が720mlとなったものです。

原酒でアルコール度数が17度以上、18度未満と高めなので、一口目は舌にピリッとした刺激を感じますが、
その後はふくよかな甘い香りとまろやかな飲み口で、落ち着て飲める飽きの来ない味わいが印象的の美味しい日本酒でした。

アルコール度数:17度以上、18度未満
原料:米(国産)、米麹(国産魔米)、醸造アルコール
精米歩合:50%精米

日本カメラ と アサヒカメラ

DSCF7379.jpg
8月号の日本カメラとアサヒカメラを買ってきました。

今月号は日本カメラがカメラ系、アサヒカメラがハウツー系の記事が多い感じで、
共にキヤノン EOS 6D Mark IIとソニーα9を特集していますが、どちらも興味の沸かないカメラですね。

日本カメラに「極 ニコン」の別冊付録が付いていて、銀塩派の私には中々面白い内容でした。
ニコンが100周年記念モデルを発売していますが、正直、色が違うだけのD5やD500にプレミアムを払いたいとは思いませんし、
記念モデルレンズも出ますが、Eタイプレンズが中心で銀塩カメラに使えないので、私は買う予定は無し。
まぁ個人的には、ニコン100周年として、D5スペックの銀塩カメラ F7でも出して欲しかったですね。

日本カメラは、「2017年 上半期のお買い物 ベストバイカメラ&グッツはコレだ!」がメイン記事のようですが、
最新モノには全く興味が沸かず、レンズもニコンでは最新レンズは電磁絞りを採用していて銀塩機種に使えないからねぁ~
まぁ、プロカメラマンのリアル「お買い物」は読み物としては面白かったですがね。

面白かった記事は、「動物たちをしっかり楽しく撮る」や「光ガラス株式会社 工場潜入」や、
「美しいフィルターワーク」は役に立つ記事でした。

アサヒカメラは、「いま評価される風景写真」がメイン記事で、
プロへのインタビューや撮影ハウツー、マナーにまで多岐にわたり特集しています。

あと連載記事の「麗しき名列車」が「田園シンフォニー」、「銀塩カメラ放蕩記」がオリンパス35と、ちょっと渋い所をついてきたり、
ニッコール千夜一夜物語がAi ED 200㎜F2だったのが、面白かったですかね。

僕ビール、君ビール。 続 よりみち

DSCF7278.jpg
長野県軽井沢町にある株式会社 ヤッホーブルーイングとローソンが共同開発したクラフトビール。

第三弾の「続よりみち」は、小麦麦芽も使ったアメリカンウィートスタイルで、カメラを持ったカエルが印象的なデザイン。
持っているカメラの軍幹部が斜めになったデザインが、Voigtlander BESSA-RやEPSON RD-1っぽい感じ(^^;

DSCF7280.jpg
背面デザインはポーズは違いますが、
昨年同様、単行本を持ったカエルがデザインされていて、自由気ままなスタイルを表現しています。

グラスに注ぐとホップの香りが広がります。
昨年はアルコール度数が4.5%でしたが、今年は5.0%nになっていますが、アルコール感は強くありません。

一口飲むと小麦を使ったビールの柔らかい口当たりと、柑橘系と言うよりメロンのような甘いフルーティさが広がり、
後にホップのしっかりとした苦みが残り、ホップの風味が鼻に抜けるしっかりとした味わいの美味しいビールでした。

背面にある「ハッとする味と香り」とは、このビールを的確に表している表現だと思います。

原材料:大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ
アルコール分:5.0%
内容量:350ml

JR東海:関西線-西尾張中央道付近

5月15日、Nikon D700 撮影。

2080レのコンテナ。ココは長い編成の方が収まりが良い。
DSC_3096.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF-S 300㎜F4D
露出:1/1000秒、F8.0、ISO400相当、晴天

JR東海:関西線-蟹江川橋梁

5月15日、Nikon D700 撮影。

8079レの石油。もう少し引っ張って撮ると重連なのが判らない。
DSC_3080.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF-S 300㎜F4D + TC-14E II(420㎜)
露出:1/800秒、F8.0、ISO400相当、晴天

JR東海:関西線-福田川橋梁

5月15日、Nikon D700 撮影。

5282レを撮影後、蟹江川橋梁まで追いかけると、先にやってくるのはワイドビュー南紀。
DSC_3068.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF-S 70-300mm F4.5-5.6G VR IF (200㎜)
露出:1/1000秒、F8.0、ISO400相当、晴天

その後、重たそうにタキを引き出す5282レの石油。
DSC_3074.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF-S 70-300mm F4.5-5.6G VR IF (200㎜)
露出:1/1000秒、F8.0、ISO400相当、晴天

JR東海:関西線-西尾張中央道付近

5月15日、Nikon D700 撮影。

5282レの石油。ココも法面が緑に覆われて鮮やかだけど、もうすぐ足回りが隠れてしまうのよね。
DSC_3061.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF-S 300㎜ F4D
露出:1/1000秒、F8.0、ISO400相当、晴天

JR東海:関西線-蟹江川橋梁

5月15日、Nikon D700 撮影。

ワイドビュー南紀。3両目の窓に2085レのヘッドライトが反射する。
DSC_3011.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF-S 300㎜ F4D + TC-14E II (420㎜)
露出:1/640秒、F8.0、ISO400相当、晴天

2085レのコンテナ。流石は月曜。編成は短いしコンテはは2個だけ。でも短いお陰で最後尾まできれいに収まった。
DSC_3035.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF-S 300㎜ F4D + TC-14E II (420㎜)
露出:1/640秒、F8.0、ISO400相当、晴天

8972レの単機。1エンド側が普段と逆の名古屋側。しかも旋回窓付きで切り文字ナンバーと異端の一台。
DSC_3041.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF-S 70-300mm F4.5-5.6G VR IF (135㎜)
露出:1/1000秒、F8.0、ISO400相当、晴天

2089レのコンテナ。こちらは月曜でも積載が良いようですね。
DSC_3052.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF-S 300㎜ F4D + TC-14E II (420㎜)
露出:1/640秒、F8.0、ISO400相当、晴天

キリン 一番絞り 取手づくり

DSCF7312.jpg
昨年、全国9箇所の醸造家がその土地の風土や郷土ならではの味覚にあわせた9種類の一番搾りが今年は47都道府県に細分化。
47都道府県の一番搾りの「一番搾り 取手づくり」の2017年版。5月に上京した際に西友で購入しました。

パッケージは昨年同様に、右肩部には茨城県の形をあしらっていて、色は黄色。
裏面は、茨城県の農産物・畜産物のイラストと、取手工場醸造長 久保田聖悟氏のコメントになっています。
コメントの、「いばらき」の「き」が少し大きく太い文字で書かれているのが、「いばらぎ」と誤読される事が多いからでしょうね。

色は通常の一番搾りより明るく黄色に近いゴールドで、泡立ちが非常に良いが、泡消えも早い感じ。
味は、昨年よりパンチのある味わいになり、キリンらしく苦みが強くなり、後味にホップのさわやかな風味が広がる。
コクのあるしっかりとした飲みごたえのある味わいで、味の濃い料理にも負けないビールでした。

原材料:麦芽・ホップ
アルコール分:5.5%
内容量:350ml

JR東海:関西線-蟹江川橋梁

5月14日、Nikon D700撮影。

Nikon D700の初撮影は、DD51 853と国鉄色。初のフルサイズデジタル機の購入を祝福されたような気持ち。
DSC_2995.jpg
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon AF-S 70-300mm F4.5-5.6G VR IF (300㎜)
露出:1/1000秒、F8.0、ISO400相当、晴天
プロフィール

PoLo

Author:PoLo
~未来は何処の空の下へ~
へようこそ!

「銀塩カメラ・銀塩写真」、「国内旅行」
「お酒」、「美味しい食べ物」、
「自転車」、「鉄道(客車・貨物等)」、
「ガーデニング」、「機械式時計」、
「I've Sound」が
好きな放蕩者の管理人PoLoが、
ストイックに物欲・写欲を追求し、
思いのままに書き連ねるブログです。

被写体は、風景や古い街並み、
夜景、ネイチャー、鉄道です。
撮影はリバーサルフイルムを使用し
外注現像・スキャンに時間が掛かるので
更新は撮影から1ヵ月後を目標とします

2013年5月にα Sweet DIGITAL、
2014年8月にα-7 DIGITAL
2017年5月にD700を購入するも、
メインはフイルムから変わらず、
毎月フイルム5本撮る事を目標に、
色々な被写体を撮影しています。

誹謗、中傷、差別的発言、暴言、
猥褻・卑猥な言葉、事業者による宣伝、
記事内容と無関係な内容、
礼節を重んじない不快な投稿や、
道義的・法的に問題があるサイト、
有料・有害サイトへの誘導リンク等は、
管理人の裁量で削除します。

トラックバックは、
成人向けや出会い系サイトが多く、
不快なので受付けていません。

細心の注意を払っていますが、
趣味の範囲内での運営であり、
文章中の誤字・脱字、情報の誤り等、
ご指摘いただければ修正いたしますが、
思想・価値観の違い等による批判は、
一切の聞く耳を持たず削除します。

当ブログの情報により、
不都合・不利益を被られても、
当方は一切の責任は負いかねます。

写真・文章の
無断使用・無断転載・無断直リンク等は
如何なる理由でも一切禁止します。
転売目的の出品者を不快に思うので、
特にオークションからの直リンクは、
厳重に禁止します。

迷子の黒猫 Maukie
ネコ温度計
東京ステーションシティ
列車フラッシュ撮影自粛同盟

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード