自動車税を払ってきた

昨年度末までに車検を抹消しなかったので、月末の締切りギリギリに渋々自動車税を払ってきました。

車齢19年の愛車なので、既に13年超(ディーゼル車は11年超)の重加算税が課せられているんだけど、
一昨年から何の連絡も無く、重加算率が10%から15%に改悪されていて、
本来39,500円で、15%増税で5,925円増税の100円未満切捨てで。納税額が45,400円でした。

更に、今度の車検から、自動車重量税の減免措置が失効し本則に戻るので、自動車税まで重加算されることになる。

毎年毎年、自動車税納税の時期になると、
「自動車税の重加算が嫌なら買い替えろ」と言う自動車メーカー優遇税制に強い不快感を覚え、
これほど優遇されていても労働者を大切にせず不正ばかり行う自動車メーカーへの嫌悪感を募らせ、
自動車メーカーを敵視するのと同時に、クルマの維持を辞めようと思いつつも、中々辞められないのですが、
昨年から先送りしているタイヤ交換は必須ですし、
数年来懸念されているブレーキのオーバーホールに、ウォーターポンプとタイミングベルトの交換と、
本格的に整備代が掛かりそうなので、クルマの維持を続けるのもそろそろ潮時かと思いつつ、渋々納税してきました。

古い車に掛かる重加算税が不満で、整備代が嵩むようなら、買換えを検討するのが普通でしょうが、
昨年123kmだった走行距離は、
13か月ぶりの3月16日の鈴鹿の森庭園で91㎞、3月28日のいなべ市農業公園で102㎞走り、2週間で193㎞を走りましたが、
それ以降2ヶ月は運転せず、先日の茶臼山高原で228.2㎞と、今年は421.3㎞走ってますが生活にクルマが必要ではないのよね。

しかも、現在・発売されている大半のクルマのデザインやコンセプトに嫌悪感しか覚えなくなりましたし、
偽装は論外ですが、到底達成出来ないJC08モード燃費をありがたがって買う趣味も、それを「エコだ、エコだ」と持て囃す趣味も、
「売れている車がいい車なんだから、みんなと同じクルマを買おう」と大衆迎合する趣味も無いし、
他人より新しい車に乗る事も、高額な車に乗る事も、どちらもステイタスだなんて全く思わないし、
おそらく来ないであろう「いざ」と言う時の為に7人も8人も乗せられる車も必要ない。重要なのは私の趣味・価値観に合う事。

立て続けに運転した際は維持を続けようかとも思ったけど、それ以降、2ヶ月乗っていないと維持を続けるか、正直迷うのよね。
そこへ来て、先日の茶臼山高原での駐車場待ちの大渋滞で、運転する事が嫌になっているのよね。
私は写真を撮りに行っているのであって、日の高い良い時間を渋滞で潰すなんで、時間の無駄でしかないのよ。

つまり、余り使わないモノに多額の金を掛けるのは無駄と感じるようになってきたし、
必要でもないイヤなモノに嫌々買い替えるくらいなら、買わない方がマシと言う結論になってしまったのですよ。

2~3ヶ月に1~2回乗る程度だったらレンタカーで十分だし、車の維持を続ける為に赤字を出してまで車通勤する気もない。
ただ、今のクルマを維持し続けているのは、思い出と愛着だけ。
それなら、運転を辞めてしまえば、車検を切って車庫に仕舞っておいても良い訳で、
税金も車検も保険も必要が無くなり、簡単に10万円単位で出費を減らす事が出来るのよね。
しかも、車を買い替えないとなれば、簡単に200万円~300万円と言う出費を減らす事が出来る。
いくら自動車産業が日本の基幹産業だろうと、私は欲しくないモノは買わない。

クルマの維持もそろそろ潮時なのかなぁ……

大垣 港町川湊 桜 4

4月14日、PENTAX MZ-S撮影。

住吉橋から和船浮かぶ水門川を望む。
2017-04-14_03-04.jpg
カメラ:PENTAX MZ-S
レンズ:SMC-FA 31㎜ F1.8AL Limited
露出:1/90秒、F5.6、+0.5段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

迫り出した桜と花筏。
2017-04-14_03-17.jpg
カメラ:PENTAX MZ-S
レンズ:SMC-FA 77㎜ F1.8 Limited
露出:1/90秒、F4.0、+1.0段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

夕日に染まる桜を美登鯉橋から狙う。
2017-04-14_03-18.jpg
カメラ:PENTAX MZ-S
レンズ:SMC-FA 77㎜ F1.8 Limited
露出:1/180秒、F4.0、+1.0段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

美登鯉橋たもとの桜。木漏れ日がスポットライトのよう。
2017-04-14_03-29.jpg
カメラ:PENTAX MZ-S
レンズ:SMC-FA 77㎜ F1.8 Limited
露出:1/125秒、F4.0、+0.5段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

大垣 港町川湊 桜 3

4月14日、PENTAX MZ-S撮影。

水門川の中心地。聲の形の背景もこの付近。
2017-04-14_02-21.jpg
カメラ:PENTAX MZ-S
レンズ:SMC-FA 77㎜ F1.8 Limited
露出:1/350秒、F5.6、+0.5段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

奥の細道 むすびの地の桜と和船。
2017-04-14_02-30.jpg
カメラ:PENTAX MZ-S
レンズ:SMC-FA 31㎜ F1.8AL Limited
露出:1/500秒、F4.0、-1.0段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

桜並木の末端から和船を望む。
2017-04-14_02-31.jpg
カメラ:PENTAX MZ-S
レンズ:SMC-FA 77㎜ F1.8 Limited
露出:1/90秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

一房の桜。たらい船用の赤いじゅうたんがちょっと目立つね(^^;
2017-04-14_02-36.jpg
カメラ:PENTAX MZ-S
レンズ:SMC-FA 31㎜ F1.8AL Limited
露出:1/125秒、F5.6、-1.0段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

大垣 港町川湊 桜 2

4月14日、PENTAX MZ-S撮影。

桜、梅花藻、花筏。
2017-04-14_01-26.jpg
カメラ:PENTAX MZ-S
レンズ:SMC-FA 43㎜ F1.9 Limited
露出:1/250秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

花びらがびっしりと浮かぶ噴水を背景に。
2017-04-14_02-01.jpg
カメラ:PENTAX MZ-S
レンズ:SMC-FA 43㎜ F1.9 Limited
露出:1/125秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

鳩。人慣れしているか、ここまで近づいてきた。
2017-04-14_02-14.jpg
カメラ:PENTAX MZ-S
レンズ:SMC-FA 77㎜ F1.8 Limited
露出:1/350秒、F4.0
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

川鵜と花筏。水深が浅いので鵜の泳ぐ姿も良く見える。
2017-04-14_02-16.jpg
カメラ:PENTAX MZ-S
レンズ:SMC-FA 77㎜ F1.8 Limited
露出:1/125秒、F4.0
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

大垣 港町川湊 桜 1

4月14日、PENTAX MZ-S撮影。

大量の花びらが集まる水路を覆う桜。
2017-04-14_01-04.jpg
カメラ:PENTAX MZ-S
レンズ:SMC-FA 43㎜ F1.9 Limited
露出:1/180秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

駅にほど近い水門川だけど、桜が咲き梅花藻が揺れる。
2017-04-14_01-07.jpg
カメラ:PENTAX MZ-S
レンズ:SMC-FA 43㎜ F1.9 Limited
露出:1/125秒、F8.0、+0.5段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

大垣八幡神社横にもひっそりと桜が咲く。
2017-04-14_01-18.jpg
カメラ:PENTAX MZ-S
レンズ:SMC-FA 43㎜ F1.9 Limited
露出:1/250秒、F4.0、+0.5段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

水面に落葉が模様を付ける。
2017-04-14_01-20.jpg
カメラ:PENTAX MZ-S
レンズ:SMC-FA 43㎜ F1.9 Limited
露出:1/30秒、F4.0、+0.5段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

1998年式 Volks Wagen Polo(6N)の燃費 2017年 1回目

今年に入って初めての給油をしました。
今回は270.5km走行で34.31Lの給油で7.88km/L。1L当り123円。
街中:郊外:高速比率1:6:3。

先日の茶臼山高原に行く前に給油しました。
前回給油したのが、2016年2月18日なので約1年3ヶ月ぶりの給油で、昨年、佐布里池に行く前に給油して以来になります。
その間に、佐布里池に1回、鈴鹿の森庭園に1回、いなべ市農業公園に1回、シロアリ薬剤散布で1回クルマを出しただけです。
昨年は2月18日の佐布里池以降、今年の3月16日の鈴鹿の森庭園まで、車に乗る事が無く、年間走行距離もたった94㎞。

その間、車庫の掃除やバッテリー充電の為に少々車を動かしたり、
油膜形成の為にアイドリングばかりしていたので、今回の燃費は当てになりません。

今年は鈴鹿の森にいなべ市農業公園、今回の茶臼山高原と車を出していますが、それでも走行距離は424㎞。
ホント、車の維持を続けるべきか否か、悩むところだよ。

2017年(今回走行分/合計走行分)
走行距離:270.5km/270.5km(今年分:195.0km)、給油量:34.31L/34.31L、平均燃費:7.88km/L/7.88km/L、
給油金額:4,220円/4,220円

MINOLTA α-9で茶臼山高原の芝桜を撮る

少し前から、「今年は久しぶりに茶臼山高原の芝桜を撮りたい」と思っていた所へ、
昨日の中日新聞朝刊の一面に茶臼山高原の芝桜が見ごろとの記事が掲載されていたので、茶臼山高原に行ってきました。

今日の機材は、MINOLTA α-9Ricoh GR DIGITAL IIIに、
MINOLTA AF24mmF2.8N、AF 35mmF1.4G、AF 50mmF1.4N、AF 100mm F2.8 MACRO(D)を、DOMKE F-2BBに入れ、
三脚はVelbon El Carmagne 645。

茶臼山高原は車でしか行けないので、3月28日以来、2か月ぶりに愛車を出す事にした。
前々回の鈴鹿の森庭園に車で行った際の1年1ヶ月ぶりに比べれば短く、その時に比べれば乗るようにはなったけど、
まだ今年10月の車検を通すか否か迷っているから、何時も今回が最後のドライブになる覚悟は持って運転してる。

朝、相方が起きずに出発は11時過ぎ。
私は7時前には起きていたので先に朝食を済ませ、残ったガソリンを消費しようと1時間ほどアイドリング。
お陰で2/3程度残っていたガソリンを1/4程度に減らし、先ずは給油しスペアも含めタイヤの空気圧を確認して出発。
1年3ヶ月前に給油した古いガソリンを極力使いきってから新しいガソリンを入れて買ったんだけど、まぁ仕方がない。

普段ならこんな時間から出発する事はないんだけど、ライトアップが本日まで延長されたので行く事にした。
今日の日没は19:00なので夕日を背景に撮るにも18:30頃から撮影体制に入れれば良いので、
13時過ぎに到着し、昼食のち14時過ぎに山頂に上がっても4時間はシバザクラを撮影して、その後に夕日を撮影出来るからね。

東名阪~東名・名古屋瀬戸道路~猿投グリーンロードを順調に走れるも、国道153号の足助の手前で工事渋滞……
まだ50㎞程残っている段階での渋滞に、面倒になりもう引き返そうかと……

それでも何とか我慢し茶臼山高原道路へ入るも、残り6㎞程度で駐車場待ちの渋滞発生…
さっきの工事渋滞に毎回坂道発進ってのもあってイライラが募り、何度Uターンして帰ろうかと思ったことか……
結局、到着したのが16時半頃と、同じ愛知県内なのに5時間半も掛かりました。

2008年5月にも行っているんだけど、茶臼山高原ってこんなに混んでたっけなぁ……

昼食を取る暇もなく、こんな時間から食事をしていたら撮影する時間が無いので早急にリフトに乗るも、第一リフトは30分待ち…
待つこと並ぶことが大嫌いな私にはうんざりな一日でした……

R0023709.jpg
山頂の到着したのは17時少し前で、既に傾きかけた太陽と人の多さで思い通りの構図は取れず…
それでも、一面の芝桜は綺麗でしたが、渋滞と人の多さには閉口……

R0023769.jpg
18時半ごろから夕日背景に撮影を始めるも、残念ながら19時の日没を迎えても西の空は余り赤く染まりませんでした。
ライトアップされた芝桜を19時半過ぎまで撮影。

リフトで降りて、レストハウスやはずがまだ営業していたので、寄ってみるも「ダムカレー」は売り切れだったので、
かき揚げそばの大盛りを注文し、食後に軽くお土産を見て20時半頃帰路に就く。

流石にこんな時間になると駐車場もガラガラ。
茶臼山高原道路も他に車が全くいない状態でずっとハイビームで気持ちよく走れ、
猿投グリーンロード~東名・名古屋瀬戸道路~東名阪も順調に走れましたが、往路の渋滞を考えると当面運転はしたくないですね。

JR東海:関西線-庄内川橋梁付近

4月10日、KONICA MINOLTA α-7 DIGITAL 撮影。

8072レの石油。段々薄暗くなってきたけど、更に攻めた構図で狙ってみる。
PICT5705.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5(D) (50mm:35mm判換算 75mm相当)
露出:1/400秒、F5.6、ISO400相当、ナチュラル+、昼光

JR東海:関西線-佐屋川橋梁

4月10日、KONICA MINOLTA α-7 DIGITAL 撮影。

佐屋川横の公園に咲く山桜コラボ。まずは鹿バンパー付きの特急ワイドビュー南紀。
PICT5673.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5(D) (24mm:35mm判換算 36mm相当)
露出:1/640秒、F5.6、ISO400相当、ナチュラル+、昼光

メインの2080レのコンテナ。国鉄色でこれをやるのは贅沢かな?
PICT5686.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5(D) (24mm:35mm判換算 36mm相当)
露出:1/500秒、F4.5、ISO400相当、ナチュラル+、昼光

JR東海:関西線-蟹江川(東)

4月10日、KONICA MINOLTA α-7 DIGITAL 撮影。

8079レの石油返空。はるばる北海道からやってきたDD51 1146を桜コラボで撮影。
PICT5669.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5(D) (105mm:35mm判換算 157.5mm相当)
露出:1/500秒、F5.6、ISO400相当、ナチュラル+、昼光

JR東海:関西線-蟹江駅

4月10日、KONICA MINOLTA α-7 DIGITAL 撮影。

5282レの石油を蟹江駅まで追いかけ、先ずは313系普通と交換を撮影。
PICT5648.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5(D) (35mm:35mm判換算 52.5mm相当)
露出:1/340秒、F5.6、ISO400相当、ナチュラル+、昼光

次いで、特急ワイドビュー南紀に道を譲る。
PICT5650.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5(D) (45mm:35mm判換算 67.5mm相当)
露出:1/640秒、F5.6、ISO400相当、ナチュラル+、昼光

20分程停車して、ようやく発車。欲を言うと下りでコレを撮りたいんだけどね……
PICT5658.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5(D) (105mm:35mm判換算 157.5mm相当)
露出:1/640秒、F5.6、ISO400相当、ナチュラル+、昼光

JR東海:関西線-日光川橋梁

4月10日、KONICA MINOLTA α-7 DIGITAL 撮影。

頑張ったら永和駅で5282レの石油を追い越したので、日光川橋梁で対岸の桜を入れてギリギリながらも撮影。
PICT5638.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5(D) (70mm:35mm判換算 105mm相当)
露出:1/800秒、F6.3、ISO400相当、ナチュラル+、昼光

JR東海:関西線-善太川橋梁

4月10日、KONICA MINOLTA α-7 DIGITAL 撮影。

8972レの単機。こういう構図の時は単機がありがたい。
PICT5615.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5(D) (70mm:35mm判換算 105mm相当)
露出:1/1000秒、F5.6、ISO400相当、ナチュラル+、昼光

2089レのコンテナは桜のトンネル。
PICT5628.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5(D) (24mm:35mm判換算 36mm相当)
露出:1/500秒、F5.6、ISO400相当、ナチュラル+、昼光

5282レの石油はちょっと記録的な構図。
PICT5633.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5(D) (50mm:35mm判換算 75mm相当)
露出:1/800秒、F6.3、ISO400相当、ナチュラル+、昼光

JR東海:関西線-蟹江川(東)

4月10日、KONICA MINOLTA α-7 DIGITAL 撮影。

先ずは特急ワイドビュー南紀。
PICT5598.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5(D) (105mm:35mm判換算 157.5mm相当)
露出:1/1000秒、F6.3、ISO400相当、ナチュラル+、昼光

メインの2085レのコンテナは国鉄色のDD51 853牽引。
PICT5603.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5(D) (105mm:35mm判換算 157.5mm相当)
露出:1/1000秒、F5.6、ISO400相当、ナチュラル+、昼光

桜咲く山崎川 2

4月5日、Ricoh GR DIGITAL III 撮影。

綺麗なまま散った桜。犯人は蜜の味を覚えたスズメだと聞いた事が在る。
R0022437.jpg
カメラ:Ricoh GR DIGITAL III + GR Lens 6mmF1.9 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/1143秒、F8.0、+0.7段補正
ISO感度:ISO100相当

GR DIGITAL IIIなら小さな画像素子の被写界深度を生かした撮影が出来る。
R0022402.jpg
カメラ:Ricoh GR DIGITAL III + GR Lens 6mmF1.9 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/203秒、F8.0、+1.0段補正
ISO感度:ISO100相当

少し歩くだけで、山崎川でも表情が全く違う。
R0022420.jpg
カメラ:Ricoh GR DIGITAL III + GR Lens 6mmF1.9 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/60秒、F8.0、+0.7段補正
ISO感度:ISO100相当

桜咲く山崎川 1

4月5日、Ricoh GR DIGITAL III 撮影。

影桜と鯉。
R0022384.jpg
カメラ:Ricoh GR DIGITAL III + GR Lens 6mmF1.9 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/104秒、F8.0、-0.3段補正
ISO感度:ISO100相当

朽ちても、花を咲かせる。
R0022389.jpg
カメラ:Ricoh GR DIGITAL III + GR Lens 6mmF1.9 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/153秒、F8.0、-0.7段補正
ISO感度:ISO100相当

桜と鯉。
R0022395.jpg
カメラ:Ricoh GR DIGITAL III + GR Lens 6mmF1.9 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/97秒、F8.0
ISO感度:ISO100相当

桜咲く山崎川 2

4月5日、CONTAX Aria D撮影。

桜と鯉。欲を言うと、色鯉が一匹でも居れば良かった……
2017-04-05_01-17.jpg
カメラ:CONTAX AriaD
レンズ:Carl Zeiss Praner T* 50mm F1.4 MMJ
露出:1/90秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

椿と桜。
2017-04-05_01-22.jpg
カメラ:CONTAX AriaD
レンズ:Carl Zeiss Praner T* 50mm F1.4 MMJ
露出:1/125秒、F8.0、+0.7段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

気の早い一輪の桜。
2017-04-05_02-11.jpg
カメラ:CONTAX AriaD
レンズ:Carl Zeiss Praner T* 50mm F1.4 MMJ
露出:1/125秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

桜、見下ろす水面に、鴨が波紋を立てる。
2017-04-05_02-18.jpg
カメラ:CONTAX AriaD
レンズ:Carl Zeiss Praner T* 50mm F1.4 MMJ
露出:1/180秒、F5.3
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

桜咲く山崎川 1

4月5日、CONTAX Aria D撮影。

名古屋に生まれ育ち、まもなく40年になるけれど、初めて山崎川の桜を撮りに行ってきました。
2017-04-05_01-05.jpg
カメラ:CONTAX AriaD
レンズ:Carl Zeiss Praner T* 50mm F1.4 MMJ
露出:1/125秒、F8.0、+0.7段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

影桜。人工物が多くて撮りにくいと思ったけど、逆にこういう絵も撮れるから面白い。
2017-04-05_01-09.jpg
カメラ:CONTAX AriaD
レンズ:Carl Zeiss Praner T* 50mm F1.4 MMJ
露出:1/90秒、F8.0、+0.7段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

幹からひっそりと咲く桜。
2017-04-05_01-12.jpg
カメラ:CONTAX AriaD
レンズ:Carl Zeiss Praner T* 50mm F1.4 MMJ
露出:1/90秒、F8.0、+0.3段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

この辺りは8分咲きって所でしたが、それでも見ごたえ十分。
2017-04-05_01-13.jpg
カメラ:CONTAX AriaD
レンズ:Carl Zeiss Praner T* 50mm F1.4 MMJ
露出:1/180秒、F8.0、+0.3段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

JR東海:関西線-八田駅

4月5日、Ricoh GR DIGITAL III 撮影。

2089レのコンテナと八田駅で交換する。ホームまでの距離が在るので結構な速度で、良い感じに手前だけブレてくれた。
R0022461.jpg
カメラ:Ricoh GR DIGITAL III + GR Lens 6mmF1.9 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/73秒、F5.6
ISO感度:ISO100相当

JR東海:関西線-蟹江川(東)

4月5日、KONICA MINOLTA α-7 DIGITAL 撮影。

桜もまだ早かったのだが、折角来たので5263レの石油返空を撮影。朝日がエキゾーストに煙る。
PICT5587.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 35-70mm F4(35mm:35mm判換算 52.5mm相当)
露出:1/640秒、F5.6、ISO400相当、ナチュラル+、昼光

Nikon F6で関西線の貨物列車を撮る

泊まり勤務明けでちょっと疲れてはいたけれど、
下らない昼間のテレビ番組を見て過ごすなんて耐えられないし、昼寝をするとリズムが狂うので、
ちょっと出番の少なかったNikon F6を持って、関西線沿線でチャリ鉄をしてきました。

今日の機材は、Nikon F6とRicho GR DIGITAL IIIに、
Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G、AF-S 70-300mm F4.5-5.6Gを、Lowepro Nova180AWに入れる軽量セット。

泊まり勤務明けなので2089レのコンテナから撮影を始め、田植えの終わった田んぼと撮ろうと津島街道踏切に向かうと先客が……

R0023696.jpg
人と同じと所で撮っても面白くないので善田川橋梁に移動し、2089レのコンテナと5282レの石油を撮影。

そこで、2089レのコンテナの撮影前に携帯電話にメール着信。
見てみると、送信元は「info-sms」と言う架空請求詐欺を行っている社会のダニどもからだったので、無視する。
撮影後、最近は保険会社でさえSMSでメッセージを送ってくるようになり、パケ放題に入っていない私には余計な出費なので、
ついでにSMSサービスを受信拒否にしておきました。

R0023702.jpg
その後も人と同じ所じゃつまらないと、8079レの石油返空を楽平神社付近、2080レのコンテナを津島街道踏切南で撮影。

13時半を過ぎて腹も空いてきたのだが、永和駅付近は飲食店が少なく、
喫茶店でランチが在ったもののこの暑さでエビフライはちょっと…と思い、ヨシヅヤJR蟹江駅前店の丸亀製麺に向かい、
冷たいとろ玉うどんと野菜かき揚げを注文し、トレインビューのカウンターで食す。

その後の、8380レの石油を善太川橋梁で撮影し佐屋川橋梁まで追いかける。
国鉄色が主務機の8072レの石油を福田川橋梁、8075レの石油返空を東郊線踏切で撮影したら、フイルムが終わったので撮影終了。

JR東海:関西線-庄内川橋梁

4月2日、KONICA MINOLTA α-7 DIGITAL 撮影。

数少ない国鉄型の211系。コイツも撮れるだけ撮っておきたい。
PICT5559.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF APO TELE 300mm F4 G (35mm判換算 450mm相当)
露出:1/800秒、F8.0、ISO400相当、ナチュラル+、昼光、一脚使用

メインの2084レのコンテナ。古いレンズだからかゴーストが見えるけど、背景の鈴鹿山脈もDD51 825も綺麗に撮れた。
PICT5569.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF APO TELE 300mm F4 G (35mm判換算 450mm相当)
露出:1/800秒、F5.6、ISO400相当、ナチュラル+、昼光、一脚使用

JR東海:関西線-蟹江川(西)

4月2日、KONICA MINOLTA α-7 DIGITAL 撮影。

2089レのコンテナ。同じ場所で画角を広めて菜の花に寄って撮影。
PICT5551.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5(D) (24mm:35mm判換算 36mm相当)
露出:1/1000秒、F8.0、ISO400相当、ナチュラル+、昼光

2080レのコンテナ。カツカツだし菜の花も目立たない……
PICT5554.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5(D) (70mm:35mm判換算 105mm相当)
露出:1/1250秒、F8.0、ISO400相当、ナチュラル+、昼光

JR東海:関西線-蟹江川(西)

4月2日、KONICA MINOLTA α-7 DIGITAL 撮影。

2085レのコンテナ。終わり掛けの菜の花を目立たせようと手前に配置。
PICT5545.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5(D) (35mm:35mm判換算 52.5mm相当)
露出:1/1000秒、F8.0、ISO400相当、ナチュラル+、昼光

運休だと思ってた8972レの単機。立ち枯れしたセイタカアワダチソウが邪魔をし足回りを隠す。
PICT5549.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5(D) (24mm:35mm判換算 36mm相当)
露出:1/1000秒、F8.0、ISO400相当、ナチュラル+、昼光

キリン 「グランドキリン 夜間飛行」

DSCF7290.jpg
相方が見つけて購入してきたキリン 「グランドキリン 夜間飛行」で期間限定商品です。

グランドキリンは毎回ラベルデザインにもこだわっていますが、
「夜間飛行」は夕暮れっぽい空に浮かぶ土星とロケットと街並みに、キラキラした文字とポップで独創的な感じがします。

スタイルはアンバーエール。
グラスに注ぐと黒っぽい非常に濃い色で少し濁りのある感じで、泡も褐色。

香りは麦の甘く香ばしい香りに僅かなロースト香が後から広がる感じで、炭酸はまろやか。
濃そうな見た目に反してほんのり甘くさっぱりとした飲み口で、苦みは強くなく強いインパクトは感じないスムーズなビール。
特出した個性を感じないので やや単調な感じを受けますが、クラフトビールとしては飲みやすいビールですね。

原材料:麦芽・ホップ・糖類(乳糖)
アルコール分:5.5%
内容量:330ml

日本カメラ と アサヒカメラ と 旅と鉄道 と Rail Magazine

DSCF7305.jpg

6月号の日本カメラとアサヒカメラと、7月号の旅と鉄道とRail Magazineを買ってきました。

今月号は、両誌ともソニーα9を特集していますが、私は全く興味なし。
ソニーは嫌いだし、電子ビューファインダーも馴染みにくいし、画像素子よりマウント口径が小さいカメラに魅力を感じない。
それに私は、α-7もα-9も最高のファインダーを搭載したMINOLTAのカメラの方が好きだからね。

日本カメラのメイン記事は「いま気になるプリンターの写真力総チェック」ですが、私はお店プリント派。
コストや手間に耐久性を考えたら、お店プリントの方が良いと思っているからねぇ~
「車から降りてすぐ撮れる絶景」は面白い記事でしたが、当地からは遠い場所ばかりですし、最近は車を使わないからねぇ……

アサヒカメラのメイン記事は「いまさら聞けないカメラ・撮影のこと」をメイン記事にしています。
まぁ、よくに似た内容の記事を時折見かけますが、読み物としては面白かったですね。
あと、「カメラはミラーレスに進むのか」で歴代カメラグランプリ受賞カメラを取り上げているのは面白かったですね。
まぁ私は、光学ファインダーが好きなのでミラーレスに進んでほしくないですけどね。コンパクトさは魅力だけどさ。

あと、「麗しき名列車」で坪尻駅の写真が掲載されていて、懐かしさと共に十数年ぶりに再訪してみたいと思いました。

旅と鉄道は、「グルメ鉄&呑み鉄」と各地の美味いモノ、美味い酒を特集しています。
お酒を飲んでも良い事が鉄道旅行の醍醐味ですし楽しみですから、良い特集だと思いますし面白い記事ですが、
観光列車中心なのがちょっと残念な感じですね。
クルーズトレインや観光列車も良いとは思いますが、選択肢がそれだけに狭められるのは御免です。

Rail Magazineは雑誌としては高い部類なので、最近は貨物列車や機関車特集の時だけ購入しています。
まぁ、毎年似通った内容ですが、在ると撮影に便利ですし、読み物としても面白いので購入しました。

Nikon D700

DSCF7299.jpg
あれだけ悩んでいても、中々買えなかったデジタル一眼レフを、今回の上京でサクッと購入した。

古くからのMINOLTAユーザーだが、ソニーのカメラがどうしても好きになれない。
最高のファインダーを捨ててまで採用したトランスルーセントミラー+電子ビューファインダーが特に好きになれない。

各メーカーが保護フィルターでさえ光量ロスを限りなく0%に近づけようと努力しているのに、
平気で30%ロスするトランスルーセントミラーを採用する神経が理解できないし、
ホコリの一つでも乗ったら全カット没になりかねない恐怖を抱えながらレンズ交換するなんて真っ平だし、
ホコリの一つでも乗ったら全カット没になりかねない恐怖に怖気て、
高倍率ズームを使うなんて、レンズ交換式の楽しみを捨てるような事はしたくない。

なので銀塩機材もNikonにも手を出しつつ、デジタル一眼レフを検討していて、
前々から高額なナノクリスタルコートレンズが必要になる超高画素機より、古い単焦点でも使える機種が良いと思い、
Nikon D3/D3sかD700、APSで良いならD300/D300s辺りが理想形とは思っていたのだが、
流石に10年近くたった現在では程度の良い個体が中々見つからず、
今回偶々、程度の良い個体が信用のおけるお店で出ていたので、購入できたという面も大きいのだが、
鉄道撮影用に使っているFUJICHROME PROVIA 400Xの在庫が40本弱しかなくってきて、期限も7月までとちょっと切羽詰まってきた事もある。

まぁ冷凍保存してあるので半年くらいは持つだろうが、それ以降はISO100を増感するかネガしか選択肢が無くなる。
ISO100じゃ小口径ズームでは厳しいし、逆光やちょっと曇っただけですぐに被写体ブレを起こしてしまいそうなシャッター速度になり、
撮影の選択肢が狭まってしまうし、ネガは同時プリントするとコストと収納スペースに頭を悩ませることになる。
かと言って、歩鉄やチャリ鉄で大口径ズームを持ち歩くのは大変だが、沿線撮影だとクルマは邪魔でしかない。

その前に、デジタル一眼レフを探してはいたのだが、最新機種の最新機能に全く魅力を感じないのよね。
D5は高すぎるし、D810程の画素数はいらない、D750はバランスは良いのだが中途半端、D610では物足りない。
D500はAPSサイズの癖に高いし、それ以下の4桁機じゃ物足りない。

特に、D750はバランスは良いと思うのだが、ファインダーが角型なのよね。
別に「丸形が高級機」とステイタスに思うほどのニコンユーザーではないが、F6とアングルファインダーが共用できないのは不便だし、
チルド機構も横位置でしか使えず不便だし、ニコンのライブビューは遅いとも聞く。
だから、D750はバランスは良いと思いながらも、どうにも中途半端燗が拭えず、買う気が起きないのよね。

確かに、「デジタル機は最新が最良」だとは思うけど、私に取って「最新が最適」であるかは疑問なのよね。
最新機種のAF動作の速さは動体撮影にも有利だけど、
鉄道撮影に限っては、ハイビーム食らってピントを外すくらいなら置きピンで撮ればいい。
最新機種のAEの正確さはどんな撮影にも有利だけど、
鉄道撮影に限っては、ハイビームを食らえば露出アンダーになる可能性が高く、それならマニュアル露出で撮ればいい。

それに、スマートフォンと連携する機能なんて必要ないし、4K動画を撮る趣味もない。
そう考えれば、最新機種である必要性が私にはないのよね。

それだったら、D3系、D700、D300系辺りの方が良いと思いつつも、
中々程度の良い個体が出てこないのでペンギンカメラまで足を延ばし、余り使われた形跡がなかったので思い切って購入しました。
ただ、D700は一番のダークホース。
どうせ買うなら、フラッグシップのD3系か、望遠に特化してAPS機のD300系と思っていたからね。

当初は、松坂屋カメラにあるショット数が6000未満のNikon D300を考えていたんだけど、
結局、APSサイズのデジタル一眼レフを買うと、専用の超広角ズームが必要になり、
NikonならAF-S 12-24㎜ F4辺りを考えていたんだけど、これが中古でも5~6万円する。
ペンギンカメラのD700と差が5万円も無いので、それならフルサイズを買っても良いかと思ってね。

多分、Nikonのデジタル一眼レフはD700で十分だと思う。壊れない限り買い替える気もないし、買い増す気も起きないだろう。
まぁ、そうなると、PENTAX K-5IIsあたりに手を出すのも面白いかもしれないと、果てしない物欲は続くのであった(^^;

いなべ市農業公園 梅林公園

3月28日、Ricoh GR DIGITAL III 撮影。

終わり掛けだったので、紅白の絨毯が出来上がってました。
R0022314.jpg
カメラ:Ricoh GR DIGITAL III + GR Lens 6mmF1.9 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/90秒、F8.0
ISO感度:ISO100相当

水路には花筏。
R0022334.jpg
カメラ:Ricoh GR DIGITAL III + GR Lens 6mmF1.9 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/143秒、F8.0
ISO感度:ISO100相当

いなべ市農業公園 梅林公園 4

3月28日、MINOLTA α-9 撮影。

鈴鹿山脈を背景に紅白の梅を撮影。
2017-03-28_02-27.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA STF 135mm F2.8 (T4.5)
露出:1/640秒、F4.5
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-402)

紅白交互に咲くおめでたい枝。
2017-03-28_02-34.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA STF 135mm F2.8 (T4.5)
露出:1/125秒、F4.5、+1.0段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-402)

ひっそりと咲く白梅にスポットライトが降り注ぐ。
2017-03-28_02-36.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA STF 135mm F2.8 (T4.5)
露出:1/400秒、F4.5
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-402

いなべ市農業公園 梅林公園 3

3月28日、MINOLTA α-9 撮影。

所々で水仙が咲いてました。
2017-03-28_02-22.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA STF 135mm F2.8 (T4.5)
露出:1/500秒、F5.6、+0.3段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-402)

紅白の梅が森に浮かび上がる。
2017-03-28_02-23.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA STF 135mm F2.8 (T4.5)
露出:1/160秒、F5.6、+0.3段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-402)

奥の梅林は、赤、ピンク、白と3色の梅のグラデーションが美しい。
2017-03-28_02-25.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA STF 135mm F2.8 (T4.5)
露出:1/400秒、F4.5、+0.3段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-402)
プロフィール

PoLo

Author:PoLo
~未来は何処の空の下へ~
へようこそ!

「銀塩カメラ・銀塩写真」、「国内旅行」
「お酒」、「美味しい食べ物」、
「自転車」、「鉄道(客車・貨物等)」、
「ガーデニング」、「機械式時計」、
「I've Sound」と、
「ラブライブ!」シリーズが
好きな放蕩者の管理人PoLoが、
ストイックに我欲を追求し、
思いのままに書き連ねます。

被写体は、風景や古い街並み、
夜景、ネイチャー、鉄道です。
撮影はリバーサルフイルムを使用し
現像・スキャンに時間が掛かるので
公開は撮影から、
2~3ヵ月後を目標とします。

2013年5月にα Sweet DIGITAL、
2014年8月にα-7 DIGITAL
2017年5月にD700
2018年5月にD300
2018年8月にK-5IIs
2019年5月にX-E2を購入するも、
メインはフイルムから変えずに、
毎月フイルム5本撮る事を目標に、
色々な被写体を撮影しています。

誹謗、中傷、差別的発言、暴言、
猥褻・卑猥な言葉、
事業者による営利目的の宣伝、
記事内容と無関係な内容、
礼節を重んじない不快な投稿や、
道義的・法的に問題があるサイト、
有料サイト、有害サイト、
まとめサイト等へのリンク等は、
管理人の裁量で削除します。

トラックバックは、
成人向けや出会い系サイトが多く、
不快なので受付けていません。

細心の注意を払っていますが、
趣味の範囲内での運営であり、
文章中の誤字・脱字、情報の誤り等、
ご指摘頂ければ修正いたしますが、
思想・価値観の違い等による批判は、
一切の聞く耳を持たず削除します。

当ブログの情報により、
不都合・不利益を被られても、
当方は一切の責任は負いかねます。

写真・文章の
無断使用・無断転載・無断直リンクは
如何なる理由でも一切禁止します。
転売目的の出品者が不快なので、
特にオークションからのリンクは、
厳重に禁止します。

迷子の黒猫 Maukie
ネコ温度計
東京ステーションシティ
列車フラッシュ撮影自粛同盟

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード