JR東海:関西線-蟹江川(東)

4月5日、KONICA MINOLTA α-7 DIGITAL 撮影。

桜もまだ早かったのだが、折角来たので5263レの石油返空を撮影。朝日がエキゾーストに煙る。
PICT5587.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 35-70mm F4(35mm:35mm判換算 52.5mm相当)
露出:1/640秒、F5.6、ISO400相当、ナチュラル+、昼光

Nikon F6で関西線の貨物列車を撮る

泊まり勤務明けでちょっと疲れてはいたけれど、
下らない昼間のテレビ番組を見て過ごすなんて耐えられないし、昼寝をするとリズムが狂うので、
ちょっと出番の少なかったNikon F6を持って、関西線沿線でチャリ鉄をしてきました。

今日の機材は、Nikon F6とRicho GR DIGITAL IIIに、
Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G、AF-S 70-300mm F4.5-5.6Gを、Lowepro Nova180AWに入れる軽量セット。

泊まり勤務明けなので2089レのコンテナから撮影を始め、田植えの終わった田んぼと撮ろうと津島街道踏切に向かうと先客が……

R0023696.jpg
人と同じと所で撮っても面白くないので善田川橋梁に移動し、2089レのコンテナと5282レの石油を撮影。

そこで、2089レのコンテナの撮影前に携帯電話にメール着信。
見てみると、送信元は「info-sms」と言う架空請求詐欺を行っている社会のダニどもからだったので、無視する。
撮影後、最近は保険会社でさえSMSでメッセージを送ってくるようになり、パケ放題に入っていない私には余計な出費なので、
ついでにSMSサービスを受信拒否にしておきました。

R0023702.jpg
その後も人と同じ所じゃつまらないと、8079レの石油返空を楽平神社付近、2080レのコンテナを津島街道踏切南で撮影。

13時半を過ぎて腹も空いてきたのだが、永和駅付近は飲食店が少なく、
喫茶店でランチが在ったもののこの暑さでエビフライはちょっと…と思い、ヨシヅヤJR蟹江駅前店の丸亀製麺に向かい、
冷たいとろ玉うどんと野菜かき揚げを注文し、トレインビューのカウンターで食す。

その後の、8380レの石油を善田川橋梁で撮影し佐屋川橋梁まで追いかける。
国鉄色が主務機の8072レの石油を福田川橋梁、8075レの石油返空を東郊線踏切で撮影したら、フイルムが終わったので撮影終了。

JR東海:関西線-庄内川橋梁

4月2日、KONICA MINOLTA α-7 DIGITAL 撮影。

数少ない国鉄型の211系。コイツも撮れるだけ撮っておきたい。
PICT5559.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF APO TELE 300mm F4 G (35mm判換算 450mm相当)
露出:1/800秒、F8.0、ISO400相当、ナチュラル+、昼光、一脚使用

メインの2084レのコンテナ。古いレンズだからかゴーストが見えるけど、背景の鈴鹿山脈もDD51 825も綺麗に撮れた。
PICT5569.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF APO TELE 300mm F4 G (35mm判換算 450mm相当)
露出:1/800秒、F5.6、ISO400相当、ナチュラル+、昼光、一脚使用

JR東海:関西線-蟹江川(西)

4月2日、KONICA MINOLTA α-7 DIGITAL 撮影。

2089レのコンテナ。同じ場所で画角を広めて菜の花に寄って撮影。
PICT5551.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5(D) (24mm:35mm判換算 36mm相当)
露出:1/1000秒、F8.0、ISO400相当、ナチュラル+、昼光

2080レのコンテナ。カツカツだし菜の花も目立たない……
PICT5554.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5(D) (70mm:35mm判換算 105mm相当)
露出:1/1250秒、F8.0、ISO400相当、ナチュラル+、昼光

JR東海:関西線-蟹江川(西)

4月2日、KONICA MINOLTA α-7 DIGITAL 撮影。

2085レのコンテナ。終わり掛けの菜の花を目立たせようと手前に配置。
PICT5545.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5(D) (35mm:35mm判換算 52.5mm相当)
露出:1/1000秒、F8.0、ISO400相当、ナチュラル+、昼光

運休だと思ってた8972レの単機。立ち枯れしたセイタカアワダチソウが邪魔をし足回りを隠す。
PICT5549.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5(D) (24mm:35mm判換算 36mm相当)
露出:1/1000秒、F8.0、ISO400相当、ナチュラル+、昼光

キリン 「グランドキリン 夜間飛行」

DSCF7290.jpg
相方が見つけて購入してきたキリン 「グランドキリン 夜間飛行」で期間限定商品です。

グランドキリンは毎回ラベルデザインにもこだわっていますが、
「夜間飛行」は夕暮れっぽい空に浮かぶ土星とロケットと街並みに、キラキラした文字とポップで独創的な感じがします。

スタイルはアンバーエール。
グラスに注ぐと黒っぽい非常に濃い色で少し濁りのある感じで、泡も褐色。

香りは麦の甘く香ばしい香りに僅かなロースト香が後から広がる感じで、炭酸はまろやか。
濃そうな見た目に反してほんのり甘くさっぱりとした飲み口で、苦みは強くなく強いインパクトは感じないスムーズなビール。
特出した個性を感じないので やや単調な感じを受けますが、クラフトビールとしては飲みやすいビールですね。

原材料:麦芽・ホップ・糖類(乳糖)
アルコール分:5.5%
内容量:330ml

日本カメラ と アサヒカメラ と 旅と鉄道 と Rail Magazine

DSCF7305.jpg

6月号の日本カメラとアサヒカメラと、7月号の旅と鉄道とRail Magazineを買ってきました。

今月号は、両誌ともソニーα9を特集していますが、私は全く興味なし。
ソニーは嫌いだし、電子ビューファインダーも馴染みにくいし、画像素子よりマウント口径が小さいカメラに魅力を感じない。
それに私は、α-7もα-9も最高のファインダーを搭載したMINOLTAのカメラの方が好きだからね。

日本カメラのメイン記事は「いま気になるプリンターの写真力総チェック」ですが、私はお店プリント派。
コストや手間に耐久性を考えたら、お店プリントの方が良いと思っているからねぇ~
「車から降りてすぐ撮れる絶景」は面白い記事でしたが、当地からは遠い場所ばかりですし、最近は車を使わないからねぇ……

アサヒカメラのメイン記事は「いまさら聞けないカメラ・撮影のこと」をメイン記事にしています。
まぁ、よくに似た内容の記事を時折見かけますが、読み物としては面白かったですね。
あと、「カメラはミラーレスに進むのか」で歴代カメラグランプリ受賞カメラを取り上げているのは面白かったですね。
まぁ私は、光学ファインダーが好きなのでミラーレスに進んでほしくないですけどね。コンパクトさは魅力だけどさ。

あと、「麗しき名列車」で坪尻駅の写真が掲載されていて、懐かしさと共に十数年ぶりに再訪してみたいと思いました。

旅と鉄道は、「グルメ鉄&呑み鉄」と各地の美味いモノ、美味い酒を特集しています。
お酒を飲んでも良い事が鉄道旅行の醍醐味ですし楽しみですから、良い特集だと思いますし面白い記事ですが、
観光列車中心なのがちょっと残念な感じですね。
クルーズトレインや観光列車も良いとは思いますが、選択肢がそれだけに狭められるのは御免です。

Rail Magazineは雑誌としては高い部類なので、最近は貨物列車や機関車特集の時だけ購入しています。
まぁ、毎年似通った内容ですが、在ると撮影に便利ですし、読み物としても面白いので購入しました。

Nikon D700

DSCF7299.jpg
あれだけ悩んでいても、中々買えなかったデジタル一眼レフを、今回の上京でサクッと購入した。

古くからのMINOLTAユーザーだが、ソニーのカメラがどうしても好きになれない。
最高のファインダーを捨ててまで採用したトランスルーセントミラー+電子ビューファインダーが特に好きになれない。

各メーカーが保護フィルターでさえ光量ロスを限りなく0%に近づけようと努力しているのに、
平気で30%ロスするトランスルーセントミラーを採用する神経が理解できないし、
ホコリの一つでも乗ったら全カット没になりかねない恐怖を抱えながらレンズ交換するなんて真っ平だし、
ホコリの一つでも乗ったら全カット没になりかねない恐怖に怖気て、
高倍率ズームを使うなんて、レンズ交換式の楽しみを捨てるような事はしたくない。

なので銀塩機材もNikonにも手を出しつつ、デジタル一眼レフを検討していて、
前々から高額なナノクリスタルコートレンズが必要になる超高画素機より、古い単焦点でも使える機種が良いと思い、
Nikon D3/D3sかD700、APSで良いならD300/D300s辺りが理想形とは思っていたのだが、
流石に10年近くたった現在では程度の良い個体が中々見つからず、
今回偶々、程度の良い個体が信用のおけるお店で出ていたので、購入できたという面も大きいのだが、
鉄道撮影用に使っているFUJICHROME PROVIA 400Xの在庫が40本弱しかなくってきて、期限も7月までとちょっと切羽詰まってきた事もある。

まぁ冷凍保存してあるので半年くらいは持つだろうが、それ以降はISO100を増感するかネガしか選択肢が無くなる。
ISO100じゃ小口径ズームでは厳しいし、逆光やちょっと曇っただけですぐに被写体ブレを起こしてしまいそうなシャッター速度になり、
撮影の選択肢が狭まってしまうし、ネガは同時プリントするとコストと収納スペースに頭を悩ませることになる。
かと言って、歩鉄やチャリ鉄で大口径ズームを持ち歩くのは大変だが、沿線撮影だとクルマは邪魔でしかない。

その前に、デジタル一眼レフを探してはいたのだが、最新機種の最新機能に全く魅力を感じないのよね。
D5は高すぎるし、D810程の画素数はいらない、D750はバランスは良いのだが中途半端、D610では物足りない。
D500はAPSサイズの癖に高いし、それ以下の4桁機じゃ物足りない。

特に、D750はバランスは良いと思うのだが、ファインダーが角型なのよね。
別に「丸形が高級機」とステイタスに思うほどのニコンユーザーではないが、F6とアングルファインダーが共用できないのは不便だし、
チルド機構も横位置でしか使えず不便だし、ニコンのライブビューは遅いとも聞く。
だから、D750はバランスは良いと思いながらも、どうにも中途半端燗が拭えず、買う気が起きないのよね。

確かに、「デジタル機は最新が最良」だとは思うけど、私に取って「最新が最適」であるかは疑問なのよね。
最新機種のAF動作の速さは動体撮影にも有利だけど、
鉄道撮影に限っては、ハイビーム食らってピントを外すくらいなら置きピンで撮ればいい。
最新機種のAEの正確さはどんな撮影にも有利だけど、
鉄道撮影に限っては、ハイビームを食らえば露出アンダーになる可能性が高く、それならマニュアル露出で撮ればいい。

それに、スマートフォンと連携する機能なんて必要ないし、4K動画を撮る趣味もない。
そう考えれば、最新機種である必要性が私にはないのよね。

それだったら、D3系、D700、D300系辺りの方が良いと思いつつも、
中々程度の良い個体が出てこないのでペンギンカメラまで足を延ばし、余り使われた形跡がなかったので思い切って購入しました。
ただ、D700は一番のダークホース。
どうせ買うなら、フラッグシップのD3系か、望遠に特化してAPS機のD300系と思っていたからね。

当初は、松坂屋カメラにあるショット数が6000未満のNikon D300を考えていたんだけど、
結局、APSサイズのデジタル一眼レフを買うと、専用の超広角ズームが必要になり、
NikonならAF-S 12-24㎜ F4辺りを考えていたんだけど、これが中古でも5~6万円する。
ペンギンカメラのD700と差が5万円も無いので、それならフルサイズを買っても良いかと思ってね。

多分、Nikonのデジタル一眼レフはD700で十分だと思う。壊れない限り買い替える気もないし、買い増す気も起きないだろう。
まぁ、そうなると、PENTAX K-5IIsあたりに手を出すのも面白いかもしれないと、果てしない物欲は続くのであった(^^;

いなべ市農業公園 梅林公園

3月28日、Ricoh GR DIGITAL III 撮影。

終わり掛けだったので、紅白の絨毯が出来上がってました。
R0022314.jpg
カメラ:Ricoh GR DIGITAL III + GR Lens 6mmF1.9 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/90秒、F8.0
ISO感度:ISO100相当

水路には花筏。
R0022334.jpg
カメラ:Ricoh GR DIGITAL III + GR Lens 6mmF1.9 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/143秒、F8.0
ISO感度:ISO100相当

いなべ市農業公園 梅林公園 4

3月28日、MINOLTA α-9 撮影。

鈴鹿山脈を背景に紅白の梅を撮影。
2017-03-28_02-27.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA STF 135mm F2.8 (T4.5)
露出:1/640秒、F4.5
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-402)

紅白交互に咲くおめでたい枝。
2017-03-28_02-34.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA STF 135mm F2.8 (T4.5)
露出:1/125秒、F4.5、+1.0段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-402)

ひっそりと咲く白梅にスポットライトが降り注ぐ。
2017-03-28_02-36.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA STF 135mm F2.8 (T4.5)
露出:1/400秒、F4.5
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-402

いなべ市農業公園 梅林公園 3

3月28日、MINOLTA α-9 撮影。

所々で水仙が咲いてました。
2017-03-28_02-22.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA STF 135mm F2.8 (T4.5)
露出:1/500秒、F5.6、+0.3段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-402)

紅白の梅が森に浮かび上がる。
2017-03-28_02-23.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA STF 135mm F2.8 (T4.5)
露出:1/160秒、F5.6、+0.3段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-402)

奥の梅林は、赤、ピンク、白と3色の梅のグラデーションが美しい。
2017-03-28_02-25.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA STF 135mm F2.8 (T4.5)
露出:1/400秒、F4.5、+0.3段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-402)

いなべ市農業公園 梅林公園 2

3月28日、MINOLTA α-9 撮影。

紅白の梅が整然と植えられている園内。
2017-03-28_01-30.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 20mm F2.8 New
露出:1/250秒、F8.0、+0.3段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-402)

枝を切られても、花を咲かせる。
2017-03-28_01-34.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 35mm F1.4G New
露出:1/1000秒、F4.0、+0.3段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-402)

幹が倒れても、天を目指し枝を伸ばし、花を咲かせる。
2017-03-28_01-36.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 35mm F1.4G New
露出:1/320秒、F8.0、+0.3段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-402)

少し雲が出てきて柔らかな日差しに照らされる梅。
2017-03-28_02-05.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 35mm F1.4G New
露出:1/250秒、F8.0、+0.7段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-402)

いなべ市農業公園 梅林公園 1

3月28日、MINOLTA α-9 撮影。

いなべ市農業公園 梅林公園の全景。終わりがけながら色鮮やかな梅と残雪残る鈴鹿山脈とのコントラストが美しい。
2017-03-28_01-02.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 50mm F1.4 New
露出:1/250秒、F8.0、スカイライト1B
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-402)

梅をポートレート風に。
2017-03-28_01-10.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA STF 135mm F2.8 (T4.5)
露出:1/400秒、F4.5
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-402)

1本だけ赤い花をつける不思議な梅。
2017-03-28_01-16.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA STF 135mm F2.8 (T4.5)
露出:1/500秒、F5.0
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-402)

ほんのり赤く染まる花びらが印象的でした。
2017-03-28_01-24.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA STF 135mm F2.8 (T4.5)
露出:1/200秒、F5.0、+1.0段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-402)

鈴鹿の森庭園

3月16日、Ricoh GR DIGITAL III 撮影。

しだれ梅とカマキリの卵。
R0022203.jpg
カメラ:Ricoh GR DIGITAL III + GR Lens 6mmF1.9 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/1520秒、F4.0
ISO感度:ISO100相当

美しいままの落花。
R0022226.jpg
カメラ:Ricoh GR DIGITAL III + GR Lens 6mmF1.9 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/79秒、F8.0
ISO感度:ISO100相当

枝に紅一点。
R0022273.jpg
カメラ:Ricoh GR DIGITAL III + GR Lens 6mmF1.9 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/540秒、F5.6、+0.3段補正
ISO感度:ISO100相当

お土産売り場前に、美しい浮き花。
R0022305.jpg
カメラ:Ricoh GR DIGITAL III + GR Lens 6mmF1.9 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/84秒、F5.6
ISO感度:ISO100相当

鈴鹿の森庭園 2

3月16日、FUJIFILM GF670 Professional 撮影。

しだれ梅に囲まれた花壇はちょっと肩身が狭そうな感じ。
2017-03-16_gf02-09.jpg
カメラ:FUJIFILM GF 670 Professional + EBCフジノン 80㎜ F3.5
露出:1/250秒、F8.0、スカイライト1B
フイルム:FUJICHROME Velvia 100F(427-4531)

雲も少なく広がる青空に、ピンクのしだれ梅は良く映える。
2017-03-16_gf02-10.jpg
カメラ:FUJIFILM GF 670 Professional + EBCフジノン 80㎜ F3.5
露出:1/250秒、F8.0、スカイライト1B
フイルム:FUJICHROME Velvia 100F(427-4531)

最古の呉服枝垂れ(くれはしだれ)を、最後のVelvia 100Fで撮影。好きなフイルムだったので生産終了は至極残念。
2017-03-16_gf03-06.jpg
カメラ:FUJIFILM GF 670 Professional + EBCフジノン 80㎜ F3.5
露出:1/250秒、F8.0、スカイライト1B
フイルム:FUJICHROME Velvia 100F(427-4531)

鈴鹿の森庭園 1

3月16日、FUJIFILM GF670 Professional 撮影。

しだれ梅と鈴鹿山脈の残雪は早春の風景。
2017-03-16_gf01-02.jpg
カメラ:FUJIFILM GF 670 Professional + EBCフジノン 80㎜ F3.5
露出:1/250秒、F8.0、+0.7段補正、スカイライト1B
フイルム:FUJICHROME Velvia 100F(427-4531)

美しい樹形が豪華な感じ。
2017-03-16_gf01-10.jpg
カメラ:FUJIFILM GF 670 Professional + EBCフジノン 80㎜ F3.5
露出:1/250秒、F8.0、スカイライト1B
フイルム:FUJICHROME Velvia 100F(427-4531)

レンジファインダー機なので、ちょっと無理をしてクリスマスローズを主役に。
2017-03-16_gf02-07.jpg
カメラ:FUJIFILM GF 670 Professional + EBCフジノン 80㎜ F3.5
露出:1/250秒、F8.0、スカイライト1B
フイルム:FUJICHROME Velvia 100F(427-4531)

Nikon D700で関西線の貨物列車を撮る

朝起きたら雨が降っていて、出勤間際にはちょっと強く降り出した。
昨日、前カゴのステーの溶接部が破断しインシュロックで応急処置はしたのだが、
まだ通勤カバンを入れるのは危ないと思い、背負って出勤しようと思っていた矢先の雨……

カゴが使えれば、カゴカバーの上にゴミ袋をかぶせればドライエリアは作れるんだけど、背負っていくとなると合羽しかない。
だけど、降ったりやんだりを繰り返しているので合羽も面倒だし、かと言ってカバンを濡らすのも嫌。
財布や手帳を濡らしても困るし、携帯電話を水没させて嫌々キャリア契約のスマートフォン変えるなんて真っ平。

なので、仕事をバックれ、暫らくしたら雨が上がっていた。タイミングが悪いが仕方がない。
平日昼間のテレビ番組なんて見るだけ無駄なので、今日もD700を持って関西線沿線でチャリ鉄をしてきました。

今日の機材は、Nikon D700に、Nikon AF-S 300mm F4DとAF-S TC-14 E IIをLowepro ステルスリポーターに入れ、
先月末に木崎湖で撮影したリバーサル4本と写ルンですを入れる。

DSC_3005.jpg
先ずは蟹江川橋梁で2085レのコンテナを狙う。
蟹江川に向かう道中に昨日直した前カゴステーのインシュロックが外れる。
精密ニッパーでギリギリを切ったのが要因……直している暇はないので、ゆっくり走り蟹江川に向かう。

蟹江川では何時も手軽に300㎜で狙っているのだが、
もう少し画角を狭めたいので300㎜F4+1.4倍テレコンバーターで実験してみようと思ってね。
その後、先月末に木崎湖で撮影したリバーサル4本と写ルンですを現像に出して一旦帰宅。

DSC_3038.jpg
インシュロックを付け直して、AF-S 24-120mm F3.5-5.6GとAF-S 70-300mm F4.5-5.6Gを追加し、
再び蟹江川橋梁へ向かい、8972レの単機、2089レのコンテナを撮影。

2089レを撮影する直前にAF-s300㎜F4D+TC-14E IIでAF動作しなくなった……
MFでは撮影出来るので、とりあえず撮影してTC-14E IIを外してみるとAF動作するので、どうやらTC-14E IIが不調のようだ。

DSC_3054.jpg
まぁ、どうする事も出来ないので西尾張中央道付近に移動し、5282レの石油を撮影し福田川橋梁まで追いかける。

8079レの石油返空を再び蟹江川橋梁で撮影し、2080レのコンテナを再び西尾張中央道付近で撮影。

暫く時間が空くので自宅に昼食を取りに帰り、
調子の悪かったTC-14E IIの接点を掃除しナノカーボンペンを塗布したら復活した模様。

その後は雲が厚くなってきたし、ちょっと暑さに疲れてきたので撮影終了。
だけど、18時を前に西の空に太陽が顔を出したので、2084レのコンテナだけでも撮影に行けばよかったかなぁ……

Nikon D700で関西線の貨物列車を撮る

今週末は静岡ホビーショーが開催されていますが、流石に東京から帰ったばかりでまた静岡に行くのはちょっとしんどい。
なので、先日手に入れたNikon D700のテスト撮影を兼ねて、関西線沿線でチャリ鉄してきました。

今日の機材は、Nikon D700と、
Nion AF-S 24-120mm F3.5-5.6GとAF-S 70-300mm F4.5-5.6GをLowepro Nova180AWに入れる。

日曜でしかも繁忙期ではないので石油便は基本運休だが、
大型連休明けなのでわずかながら期待しつつ、メインは土休日も走るコンテナ列車とワイドビュー南紀と快速みえに211系。
313系が沢山走っていてツマラナイけど、メインの前後に走る列車はテスト撮影を兼ねて撮影する程度かな。

先ずは2085レのコンテナを蟹江川橋梁で撮影しようと自転車を出したら、前カゴステーの溶接部が破断……
直している時間はないのでカメラバッグをたすき掛けして出発するも、前カゴが前後に揺れてちょっと嫌な感じ(^^;

DSC_2975.jpg
先に313系やキハ85は撮影しているものの、狙いの2085レが国鉄色のDD51 853牽引。
なんだかD700を買った事を祝福されたようですね。

一旦帰宅し、前カゴステーをインシュロックで固定し、撮影した写真をパソコンでチェック。
ファインダーの見え具合はまぁまぁって感じだが、操作感は悪くはないし、AEもAFも含めて動作は問題なさそう。

その後2089レのコンテナを撮影に行こうと思うも、動作確認は取れたし、ちょっと疲れ気味な事も在ったし、
カサブランカが先日の雨で倒れそうになっていたので、撮影を見送り添え木をする事にする。

その後、ブログネタを作って、母の日なので母親を外食に誘ったので、今日の撮影は2085レのコンテナだけ。
こういう贅沢な事が出来るのも、地元民の強みだよね。

岩村醸造 「女城主 純米亀の尾」

岩村醸造の「味めぐり頒布会 第2回」が届きました。
味めぐり頒布会は2009年以降、8回目の注文です。

DSCF7295.jpg

女城主のお酒と思って飲むと、普段と全く違う味わいに驚きますが、
爽やかな森を思わせるような香りと口の中に広がる濃厚な味わい。落ち着いた後味と合わせて中々印象深いお酒でした。

亀の尾と言うと、日本酒をテーマにしたコミックが有名ですね。

日本酒度:±0
酸度:1.5
アルコール度数:15.7%
原料米:亀の尾種籾より栽培の国産米
精米歩合(麹):60%精米
精米歩合(掛):60%精米
飲み頃温度:冷や~ぬる燗

岩村醸造 「ゑなのほまれ Light」

岩村醸造の「味めぐり頒布会 第2回」が届きました。
味めぐり頒布会は2009年以降、8回目の注文です。

DSCF7297.jpg
本醸造酒ですが、うっすらですが華やかでフルーティな香りが広がり、
Lightの名の通りアルコール度数が少し低めなので、軽く優しく甘口の味わいで、後味は酸味の余韻が爽やか。
冷やからぬる燗まで、オールマイティに楽しめる飽きの来ないベーシックなお酒です。

日本酒度:-3
酸度:1.6
アルコール度数:14.8%
原料米:ひだほまれ
精米歩合(麹):50%精米
精米歩合(掛):60%精米
飲み頃温度:冷や~ぬる燗

鈴鹿の森庭園 4

3月16日、MINOLTA α-9 撮影。

逆光で枝の影を入れる。
2017-03-16_02-35.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 20mm F2.8 New
露出:1/800秒、F4.0
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-402)

クリスマスローズとしだれ梅。
2017-03-16_03-10.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 50mm F1.4 New
露出:1/400秒、F5.6、+0.7段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-402)

しだれ梅が囲むクリスマスローズ。
2017-03-16_03-13.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 20mm F2.8 New
露出:1/500秒、F5.6、+0.7段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-402)

クリスマスローズを主役に。
2017-03-16_03-19.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 20mm F2.8 New
露出:1/125秒、F8.0、+1.0段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-402)

鈴鹿の森庭園 3

3月16日、MINOLTA α-9 撮影。

しだれ梅の間から、冠雪した鈴鹿山脈を狙う。
2017-03-16_02-12.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 50mm F1.4 New
露出:1/1250秒、F4.0、+1.0段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-402)

手入れされ樹形が美しいしだれ梅。
2017-03-16_02-13.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 50mm F1.4 New
露出:1/1000秒、F4.0、+1.0段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-402)

しだれ梅ばかりに目が行くけど、下を見るとクリスマスローズ。
2017-03-16_02-14.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 85mm F1.4G(D)
露出:1/1000秒、F4.0、+1.0段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-402)

しだれ梅を飛ばし気味にして、クリスマスローズを主役に撮影。
2017-03-16_02-18.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 85mm F1.4G(D)
露出:1/125秒、F4.0、+1.0段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-402)

鈴鹿の森庭園 2

3月16日、MINOLTA α-9 撮影。

しだれ梅は今回初めて撮影しましたが、華やかな感じが良いですね。
2017-03-16_01-35.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 35mm F1.4G New
露出:1/250秒、F8.0、+1.0段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-402)

フィッシュアイでぐっと寄って、フィッシュアイらしさを強調。
2017-03-16_02-07.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF Fish Eye 16mm F2.8
露出:1/800秒、F4.0、+1.0段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-402)

見渡す限りのしだれ梅。
2017-03-16_02-09.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF Fish Eye 16mm F2.8
露出:1/800秒、F5.6
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-402)

水平を意識してフィッシュアイらしさを抑えて撮影。
2017-03-16_02-11.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF Fish Eye 16mm F2.8
露出:1/500秒、F4.0、+1.0段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-402)

鈴鹿の森庭園 1

3月16日、MINOLTA α-9 撮影。

鈴鹿の森庭園のしだれ梅。
2017-03-16_01-02.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 35mm F1.4G New
露出:1/1250秒、F4.0
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

ピンクの花が満開で青空によく映える。
2017-03-16_01-03.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 35mm F1.4G New
露出:1/1000秒、F4.0
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

しだれ梅がメインだが、脇役も沢山あって写欲をそそる。
2017-03-16_01-15.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 85mm F1.4G(D)
露出:1/800秒、F4.0
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

冠雪した鈴鹿山脈も身近で、とても良いロケーション。
2017-03-16_01-29.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 85mm F1.4G(D)
露出:1/1250秒、F4.0
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

そして、帰名

今日は名古屋に帰る日。

荷物を片付け、お土産を買いに行ったりと、結構慌ただしく時間が過ぎていく。

と言うのも、明日から仕事なので早めに帰りたいのだが、
毎度の東京18:00発の、のぞみ121号ではなく、東京16:56発 こだま673号を選択。
かなり早い時間だけど、「一緒に☆こだま早特」が設定されていたので、最近はよくこだま号を使っている。

「のぞみ」の普通車指定席より安く「こだま」だがグリーン車に乗れるし、
ゆっくり駅弁を食べながら帰るなら「こだま」の方が向いているし、
16:56発に乗車すれば、帰宅ラッシュが始まる前に東京を出発できるので、大荷物を持って通勤ラッシュに乗らなくて済むからね。

帰路はA・B席を選択。
日が長くなって富士山を眺められる可能性も高くなったけど、対抗列車とすれ違わない側だし、海を眺めながら帰ろうと思ってね。
だって、グリーン車じゃなければ赤の他人と肩を並べる可能性が高く、出入りが不便な3列側なんて選ばないよ。

R0023688.jpg
だけど車内が空いているのを良い事に富士山が見えたので撮影してみるも、雲がかかって頂までは見えませんでした。

R0023680.jpg
帰りは、「伝承 鯵の押寿し」とつまみ、キリン 一番絞りと「立山」のワンカップと、呑む気満々(^^;
まったりと食べて適当に微睡んでいても、定刻通りに到着するんだから、新幹線は楽で良いですね。

普段乗るのぞみ121号より6分遅く名古屋駅に到着。
7分乗換を頑張って間に合ったんだけど結構混んでいたので見送って、次の列車に乗って帰路につきました。

帰宅後、慌てて旅装を解き、機材を片付け、ブログを更新してと、忙しく時間が過ぎていく……

鉄道博物館と中古カメラ店巡りと飲み会

今日は放し飼いなので、関東の友人と大宮の鉄道博物館に行ってきました。
毎度、私の上京に合わせて休みを取ってくれるので感謝感謝です。

今回は大宮駅に10時に待ち合わせ。
当初は池袋駅で待ち合わせと言う案も在ったのだが、池袋に出て大宮に向かうのは面倒だったので大宮集合にしてもらいました。

R0023640.jpg
大宮駅からニューシャトルで一駅、鉄道博物館に10時少し過ぎに到着。
鉄道博物館はPiTaPaを除く交通系ICカードで入館出来るのだが、
正直、味気ない感じだし、チケットを買って改札にかざすのは二度手間な感じ。
まぁ、名古屋のリニア・鉄道館も味気ない感熱紙のようなチケットだったから、どっちもどっちですがね……

入館し、先ずメインの1階の車両ステーションから見て回りつつ撮影。

R0023666.jpg
こちらはEF66や、

R0023407.jpg
ED75等の近代の機関車や、コキ5000やレムフ10000の貨車も展示されていて、貨物好きには嬉しいし、
「運転室・展望室常時公開」で、フリーに運転台の見学が出来る企画は、かなり良かったです。

こちらも売店で駅弁を売っていたので「きざみわさびで食べる 焼肉弁当」を購入し、183系の車内で食す。
リニア・鉄道館の117系も好きな車両だけど、やっぱり駅弁を食すには特急車両の方がテーブルが在って便利だし、
車窓からJR線が眺められ、「赤プレ」のEF65や「ブルーサンダー」ことEH200が眺められるのは楽しいですね。

R0023655.jpg
その後、「転車台回転実演と汽笛吹鳴」を見て、
2階~3階を見て回り屋上にも上がったんだけど、雨は上がったものの空は残念ながらどんより……
屋外展示の「DD13」と「キハ11」までを見て、2回目の「転車台回転実演と汽笛吹鳴」を見る。

R0023607.jpg
今回初めて鉄道博物館を訪れましたが、
「転車台回転実演と汽笛吹鳴」や「運転室・展望室常時公開」に、展示車両の座席も座れる等、展示一辺倒じゃないですし、
やりませんでしたがシミュレーターもD51を除き無料だったり、キッズスペースが充実していたり、
転車台と扇形庫を模した展示スタイルや、所々にマネキンを配置し躍動感のある感じ等、見どころも沢山ありましたが、
展示車両が窮屈な配置と薄暗い照明で、撮影がしにくい感じで、思いのほか名古屋のリニア・鉄道館も劣っていない印象を受けました。
まぁ、リニューアル工事以降がどうなるかが楽しみですね。

結局、15時半過ぎまで見て回り、ニューシャトルで大宮駅へ。埼京線に乗り新宿駅で中央線に乗り換え、フジヤカメラへ。
D700用のバッテリーとモニターカバー、ジャンク館でLR44とマルミ ハンディポケッチとコニカミノルタ、BC-400のジャンクを購入。

コニカミノルタ BC-400が改造して放電気を作ろうと思ってね。

そして久々の飲み会は、山内農場に行く事にした。
新橋店が無くなってしまったのだが、地鶏の炭火焼きが食べたくて、中野南口駅前店を選択。
しかも「静岡味巡りフェア」を開催していて、わさびで食べる地どりの炭火焼きや生しらすと生桜海老が堪能出来たりと満足。

12月は私が体調を崩し飲みに行けなかったので東京では昨年8月以来と久しぶり。
まぁ先月名古屋で飲んだんだけど東京で飲むのは別格だし、プライベートな飲み会は楽しいので21時頃まで飲んでました(^^;

中野駅で解散し、座って帰れるので総武緩行線にのんびり乗っての帰路と相成りました。

岩合光昭写真展 「ねこの京都」

混雑するゴールデンウィークを避けたので、ようやく東京スカイツリーに行けるかと思いきや、生憎の天気なので見送り。

展望回廊まで行くと1人3090円も掛かるから、こんなどんよりした日に行かなくてもね。
まぁ、年3回は必ず上京するから、「また何時でも行ける」なんて気持ちが働いちゃうからねぇ~

そこで午前中は妻の実家で岩合光昭世界ねこ歩きを見て、昼食。

R0023358.jpg
その後、日本橋三越本店で開催している岩合光昭写真展 「ねこの京都」を見に行ってきました。
そのうち、名古屋でも開催されるとは思いますが、妻の両親もネコ好きなので一緒に行った次第です。

R0023361.jpg
写真展の出口から催事場の入り口まで、ネコの足跡が点々と、時折外を眺めに行ったような演出にほっこり。
因みにこの窓の先に、うなぎ屋さんや鰹節屋さんが在ったのは、確信犯なのかなぁ(笑

物販で写真集やポストカード等を買ったら、もう16時過ぎ。
混雑する前には帰りたいので、地下の食品売り場で夕飯のおかずを買って帰路に就く。

上京し、中古カメラ店に寄り道。

今年のゴールデンウィークは勤務表の切り替え上、泊まり勤務明け+2休しか取れなかったのですが、
そのお陰で、5/9~10が休みになったので、1日休暇を取って1週ずらしての上京と相成りました。

今日の機材はCONTAX T2とRicoh GR DIGITAL IIIをNOMADIC TP-03 ターポリン フラップショルダーSに入れ、
着替え等は多くないのですが、帰りは荷物が増えそうなのでZERO HALLIBURTON ZRP-Fを持ち出す。

今回は生憎の天気のようだが、持ってなければ撮れないし、
フォトジェニックな風景に出会ってもGR DIGITAL IIIだけでは寂しいので、CONTAX T2を持ち出す事にしました。
コレだけの機材なら、鞄ももう一回り小さいNOMADIC WISE-WALKER WW-04でも収まるんだけど、
ペットボトルが入らないし、お土産等もを収納出来た方が便利と思いNOMADIC TP-03 ターポリン フラップショルダーSにしました。

盆と年末は泊まり明け勤務直行が多いのだが、
毎年ゴールデンウィークは例年通り一緒に上京するので、直行ではなく一度帰宅し体制を立て直して出直す。

R0023345.jpg
名古屋駅で一番搾りの名古屋づくりとつまみと「近江牛 ステーキ重」を購入し、名古屋13:29発こだま 656号に乗車。
普段なら名古屋13:32発のぞみ20号に乗る事が多いのですが、
今回も「一緒に☆こだま早特」キャンペーンをやっていて、のぞみ普通車より安く乗れるのでグリーン車を奢ってみました。

駅弁とつまみをアテにビールを飲んで、一眠りしているうちに東京に到着。
1時間40分台ののぞみだと寝る時間がないけど、2時間40分台のこだまなら結構寝ていけるから、泊まり勤務明けでも楽なのよね。

品川に16:09着。
これからカメラ屋巡りをすると帰宅ラッシュにはまりそうなのが嫌なのだが、どうしてもペンギンカメラに行きたくて寄り道。
だけど、品川から乗った京急が結構混雑していてげんなり……

R0023357.jpg
今回、買った機材はNikon D700+MB-D10。
中々程度の良い個体が出てこないのでペンギンカメラまで足を延ばし、余り使われた形跡がなかったので思い切って購入しました。

最初は、松坂屋カメラにあるショット数が6000未満のNikon D300を考えていたんだけど、
結局、APSサイズのデジタル一眼レフを買うと、専用の超広角ズームが必要になり、
NikonならAF-S 12-24㎜ F4辺りを考えていたんだけど、これが中古でも5~6万円する。
ペンギンカメラのD700と差が5万円も無いので、それならフルサイズを買っても良いかと思ってね。

帰りは、子安から普通に乗り、京急川崎でエアポート急行に、京急川崎で快特にと小刻みな乗り換えでちょっと疲れつつ品川へ。
混雑した列車にぐったりしつつ、「混雑が苦手な私は東京には住めないな…」と話しながら妻の実家に向かう。

飛騨高山麦酒 カルミナ

R0021865.jpg
飛騨高山の天然水に麦芽を100%使用した飛騨高山麦酒 特別醸造限定ビールの「カルミナ」

従来のビールと違い、瓶の中で二度目の発酵をさせ、アルコール度数が10%の濃厚で少し甘口のビールです。
「カルミナ」とはシンハラ語で「黒い宝石」を意味するそうですが、その名に恥じない味わいと香りが楽しめます。
味わいとしては「スタウト」に近いのですが、「スタウト」よりさらに濃く、どっしりとした味わいで、後味の甘味が印象的です。

アルコール度数は高めですが、濃くて甘めの味わいでアルコール臭さを余り感じず、
普段飲みのビールと同じ感覚で飲んでしまうと、酔いが回るのが早いと思います。

10%とビールにしては高めのアルコール度数と濃く深い味わいは、色々なビールを飲んで来ましたが初めての味わいでしたが、
私は味気のないドライビールなんかより、濃くてインパクトのある「カルミナ」は好きですね。

原材料:麦芽・ホップ
アルコール分:10%
内容量:500ml

飛騨高山麦酒 スタウト

R0021863.jpg
飛騨高山の天然水に麦芽を100%使用した飛騨高山麦酒の「スタウト」

ローストしたモルトを使用し、アルコール度数が7%と少し高めに仕上げられたスタウト。
深みのあるビターな味わいと力強いがまろやかな味わいが印象的だが、喉越しなめらかで余韻を残しつつも後味スッキリ。
芳醇で濃厚な飲み応えあのあるビールでした。


原材料:麦芽・ホップ
アルコール分:7%
内容量:500ml
プロフィール

PoLo

Author:PoLo
~未来は何処の空の下へ~
へようこそ!

「銀塩カメラ・銀塩写真」、「国内旅行」
「お酒」、「美味しい食べ物」、
「自転車」、「鉄道(客車・貨物等)」、
「ガーデニング」、「機械式時計」、
「I've Sound」が
好きな放蕩者の管理人PoLoが、
ストイックに物欲・写欲を追求し、
思いのままに書き連ねるブログです。

被写体は、風景や古い街並み、
夜景、ネイチャー、鉄道です。
撮影はリバーサルフイルムを使用し
外注現像・スキャンに時間が掛かるので
更新は撮影から1ヵ月後を目標とします

2013年5月にα Sweet DIGITAL、
2014年8月にα-7 DIGITAL
2017年5月にD700を購入するも、
メインはフイルムから変わらず、
毎月フイルム5本撮る事を目標に、
色々な被写体を撮影しています。

誹謗、中傷、差別的発言、暴言、
猥褻・卑猥な言葉、事業者による宣伝、
記事内容と無関係な内容、
礼節を重んじない不快な投稿や、
道義的・法的に問題があるサイト、
有料・有害サイトへの誘導リンク等は、
管理人の裁量で削除します。

トラックバックは、
成人向けや出会い系サイトが多く、
不快なので受付けていません。

細心の注意を払っていますが、
趣味の範囲内での運営であり、
文章中の誤字・脱字、情報の誤り等、
ご指摘いただければ修正いたしますが、
思想・価値観の違い等による批判は、
一切の聞く耳を持たず削除します。

当ブログの情報により、
不都合・不利益を被られても、
当方は一切の責任は負いかねます。

写真・文章の
無断使用・無断転載・無断直リンク等は
如何なる理由でも一切禁止します。
転売目的の出品者を不快に思うので、
特にオークションからの直リンクは、
厳重に禁止します。

迷子の黒猫 Maukie
ネコ温度計
東京ステーションシティ
列車フラッシュ撮影自粛同盟

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード