think TANK Photo エアポート・コミューター

Lowepro プロランナー300AWでは縦位置グリップ付きの一眼レフが入らないし、ストラップ取付部が解れてきたので、
サイズ的に丁度よさそうなthink TANK Photo エアポート・コミューターを買い増しました。

DSCF7241.jpg
スペックは:
外寸:幅:316mm×高さ:457mm×奥行き:216mm(実測値)、重量:1,700g(本体のみ)~1,900g(全仕切装備時)
内寸:幅:292mm×高さ:414mm×奥行き:173mm

兎に角デカくて大容量と思っていたLowepro プロランナー300AWより大きいバッグ。
サイズの割に重量が1,900gと、他メーカーの同等品と比べ軽量に仕上がっている。
その分、作りは強固でなく少し緩い感じがするが、内容物の形状に柔軟にフィットする。

DSCF7242.jpg
三脚はサイドポケットに入れて上部をストラップで縛るタイプなので、一脚・三脚装着時でも安定して置く事が出来る。

DSCF7244.jpg
半面、一脚を装着しようとするとストラップの面ファスナーが邪魔をし緩くなってしまうのと、
ストラップが三脚用なので長く余りの処理に工夫をするか、短いストラップの調達が必要になる。

DSCF7236.jpg
収納例1
上部に、MINOLTA α-9 + VC-9M
左列上から、TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 MACRO XR Di、TAMRON SP AF 70-200mm F2.8 Di [IF] MACRO
中央上から、Tokina AT-X 116 PRO DX II 、MINOLTA AF APO TELE 300mm F4 G
右列上から、MINOLTA AF 35㎜ F1.4G New、AF 50mm F1.4 New、AF 85mm F1.4G(D)、α-7 DIGITAL + VC-7D

大柄なMINOLTA AF APO TELE 300mm F4 Gの下に着脱式のレインカバーを収納する事が出来る程、奥行きが在るのだが、
そのせいで単焦点レンズは積み重ねられるほどの余裕があり、ちょっと収まりが悪い。

DSCF7237.jpg
収納例2
上部に、MINOLTA α-9 + VC-9M
左列上から、MINOLTA STF 135mm F2.8 (T4.5)、AF 100mm F2.8 MACRO(D)、AF 50mm F2.8 MACRO(D)、AF Fish Eye 16mm F2.8
中央上から、Tokina AT-X 116 PRO DX II 、MINOLTA アングルファインダーVn、TAMRON SP AF 180mm F3.5 Di LD MACRO
右列上から、MINOLTA AF 35㎜ F1.4G New、AF 50mm F1.4 New、AF 85mm F1.4G(D)、α-7 DIGITAL + VC-7D

ネイチャーフォト仕様。
TAMRON SP AF 180mm F3.5 Di LD MACROの下に着脱式のレインカバーを収納する事が出来る。

DSCF7238.jpg
収納例3
上部に、Nikon F6 + MB-40
左列上から、Nikon AF-s VR 24-120mm F3.5-5.6 G、Nikon AF-S AR 70-300mm F4.5-5.6G、Ricoh GR DIGITAL III
中央上から、Nikon AF-s 300mm F4 D
右列上から、Nikon AF-S TC-14 E II、Nikon AF-S TC-17 E II、Nikon AF 20mm F2.8D、Nikon AF 35mm F2D、Nikon AF 50mm F1.4D

手持ちのNikon AF機材を全部入れてみたが余裕で収納する事が出来る。
驚いたのが、大柄なNikon AF-S AR 70-300mm F4.5-5.6Gが縦に収納出来る事。

このバッグなら、体力さえ持てば大三元を揃えても歩鉄・チャリ鉄で困る事はなさそうだけど、
逆に単焦点レンズ中心のラインナップで持ち出すときにはちょっと使い難いかもしれないな……

神楽酒造 「純米活性にごり酒」

R0022021.jpg
2017年2月26日、近鉄主催の酒蔵みてある記の際に購入した神楽酒造 「純米活性にごり酒」です。

お米の味わいを感じるとろりとした甘さと、乳酸菌飲料を思わせる酸味と微炭酸が爽やかフレッシュな飲み口。
アルコール度数が16度と原酒としてはやや低めのアルコール度数と合わせて、飲みやすく美味しいにごり酒です。

アルコール度数:16度
原料:米(国産)、米麹(国産米)
精米歩合:60%精米
飲み頃温度:冷や
保存方法:5℃以下

JR東海:関西線-蟹江駅

2月28日、Ricoh GR DIGITAL III 撮影。

夕闇迫る蟹江駅を通過する2084レのコンテナ。
R0022026.jpg
カメラ:Ricoh GR DIGITAL III + GR Lens 6mmF1.9 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/620秒、F2.8、-0.3段補正、ISO800相当

JR東海:関西線-日光川橋梁

2月28日、KONICA MINOLTA α-7 DIGITAL 撮影。

72レの石油。伊吹山が霞んできたのでシンプルな構図で撮影。
2017-02-28_08d.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D) (24㎜:35mm判換算 36mm相当)
露出:1/1250秒、F8.0、ISO400相当、ナチュラル+、昼光、一脚使用

カワウ見下ろす313系。
2017-02-28_09d.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D) (30㎜:35mm判換算 45mm相当)
露出:1/1250秒、F8.0、ISO400相当、ナチュラル+、昼光、一脚使用

釣り堀で水鏡。
2017-02-28_10d.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D) (24㎜:35mm判換算 36mm相当)
露出:1/1250秒、F8.0、ISO400相当、ナチュラル+、昼光、一脚使用

75レの石油返空も釣り堀で水鏡。
2017-02-28_11d.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D) (24㎜:35mm判換算 36mm相当)
露出:1/1000秒、F8.0、ISO400相当、ナチュラル+、昼光、一脚使用

JR東海:関西線-日光川(東)

2月28日、KONICA MINOLTA α-7 DIGITAL 撮影。

5380レの石油。ここはもう少し画角を狭めた方がマンションが入らなくて良いな。
2017-02-28_07d.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 100-300mmF4-5.6(D) (200㎜:35mm判換算 300mm相当)
露出:1/16000秒、F8.0、ISO400相当、ナチュラル+、昼光、一脚使用

JR東海:関西線-善田川橋梁

2月28日、KONICA MINOLTA α-7 DIGITAL 撮影。

咲き始めた梅と特急ワイドビュー南紀。キハ85の特徴的な先頭はアウトフォーカスでもよく判る。
2017-02-28_04d.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D) (50㎜:35mm判換算 75mm相当)
露出:1/1250秒、F8.0、ISO400相当、ナチュラル+、昼光、一脚使用

79レの石油返空。贅沢にDD51重連もアウトフォーカス。特徴的な凸凸とキラリと光るタキ。
2017-02-28_05d.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D) (50㎜:35mm判換算 75mm相当)
露出:1/16000秒、F8.0、ISO400相当、ナチュラル+、昼光、一脚使用

2080レのコンテナ。さらに画角を狭める。コレだけボカしても凸□は印象的。
2017-02-28_06d.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D) (105㎜:35mm判換算 157mm相当)
露出:1/800秒、F11.0、ISO400相当、ナチュラル+、昼光、一脚使用

JR東海:関西線-日光川橋梁

2月28日、KONICA MINOLTA α-7 DIGITAL 撮影。

伊吹山が見えたので日光川橋梁に移動し、まずは快速みえ。
2017-02-28_02d.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D) (70㎜:35mm判換算 105mm相当)
露出:1/2000秒、F8.0、ISO400相当、ナチュラル+、昼光

5282レの石油。伊吹山がスッキリ見える日は少ない。
2017-02-28_03d.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D) (45㎜:35mm判換算 67mm相当)
露出:1/2000秒、F8.0、ISO400相当、ナチュラル+、昼光

JR東海:関西線-蟹江川橋梁

2月28日、KONICA MINOLTA α-7 DIGITAL 撮影。

2089レのコンテナ。少し画角を狭めてみたけど、構造物は排除できない上に、ヨシヅヤの看板が気に成る結果に……
2017-02-28_01d.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 100-300mmF4-5.6(D) (210㎜:35mm判換算 315mm相当)
露出:1/1000秒、F8.0、ISO400相当、ナチュラル+、昼光、一脚使用

山田酒造 「酔泉 しぼりたて生原酒」

2月19日に酒蔵みてある記に参加し、山田酒造さんで購入した 「醉泉 しぼりたて生原酒」です。

R0021948.jpg
アルコール度数が19度以上20度未満と高いのだが、アルコール度数の高さからくる刺々しさは殆ど感じずまろやかな味わい。
柔らかな辛さとフルーティな香りの後に広がるお米由来の甘さが好印象で、後味もすっきりの美味しいお酒です。

アルコール度数:19度以上、20度未満
原料:米(国産)、米麹(国産米)、醸造アルコール
精米歩合:70%精米
飲み頃温度:冷や
その他:要冷蔵保存

KONICA MINOLTA α-7 DIGITAL で関西線の貨物列車を撮る

昨日はMF機のOlympus OM-4Tiでの撮影を楽しんだので、
今日はNikon F6を持ち出して、撮影に出向いていない伊勢朝日駅周辺に行こうと計画を立てていたのですが、
朝起きるとどんよりした空と小雨が降った様子で、天気予報を見ると三重県は曇の時間が長い予想だったので、遠征は取りやめ。

8時過ぎには天気も回復してきたし、平日昼間のテレビなど見る価値を感じないので、関西線沿線でチャリ鉄をしてきました。

今日の機材は、KONICA MINOLTA α-7 DIGITALと、
MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D)、AF ZOOM 100-300mmF4-5.6(D)、Tokina AT-X 116 PRO DX IIを、
Lowepro Nova180AWに入れる軽量セット。

久しぶりにNikon F6を使いたい気持ちも在ったのだけれど、今月は既に6本撮影しているし、
ゴールデンウィーク前までに現像に出したかったので、今日はデジタル機にして、撮影合間に現像に出してきました。

PICT5716.jpg
公休日なので5263レや8271レの石油返空便からも撮れるのだが、桜も終わってしまったし日の出も早くなったので見送って、
2085レのコンテナを蟹江川橋梁で撮影し、フイルムの現像にカメラ店に寄り道して一旦帰宅。

PICT5750.jpg
2089レのコンテナを再び蟹江川橋梁で、5282レの石油を佐屋川橋梁で葉桜コラボで撮影し、蟹江駅~福田川橋梁と追いかけ、
8079レの石油返空を蟹江川橋梁、2080レのコンテナを西尾張中央道付近で撮影し、昼食を取りにいったん自宅に帰る。

PICT5800.jpg
食後、軽く昼寝をして、8271レの石油を佐屋川橋梁で撮影。

PICT5810.jpg
8072レの石油と8075レの石油返空を何処で撮るか悩むも、日光川橋梁で撮影。
2084レのコンテナは西の空の雲が厚く、赤く染まる空が期待できなさそうだったので、撮影は見送りました。

Olympus OM-4Tiで関西線の貨物列車を撮る

本日まで丸栄中古カメラ・用品大バーゲンが開催されていますが、最近はカメラを買う事より撮りたい気持ちが強いので、
泊まり勤務明けでちょっと疲れてはいるけれど、
先日買ったZuiko MC AUTO-T 300㎜F4.5のテスト撮影を兼ねて関西線の貨物列車を撮影してきました。

今日の機材は、Olympus OM-4TiとRicoh GR DIGITAL IIIに、
ZUIKO 28mmF2.8、G.ZUIKO 35mmF2.8、F.ZUIKO 50mmF1.8、ZUIKO 100mmF2.8、ZUIKO 200mmF4、ZUIKO 300mmF4.5を、
Lowepro ステルスレポーターD300に入れ、一脚はManfrotto 276Bを持ち出す。

因みに、OM-4Tiを持ち出すのは2011年6月29日以来なので、約5年10ヶ月ぶりですし、
MINOLTA α-9やα-7 Limited、Nikon F5やF6以外で鉄道を撮るのは、2012年9月5日のNikon F80s以来、4年7ヶ月ぶりです。

R0023100.jpg
泊まり勤務明けなので、8972レの単機からの撮影で、2089レのコンテナと5282レの石油までを津島街道で撮影。

R0023101.jpg
無茶を承知で5282レの石油を蟹江駅まで追いかける。

そこでカメラにトラブルが発生……
シャッターを切るとミラーアップして絞り込んだ状態でフリーズしてしまうのだ。
折角、5282レの石油を追いかけてきたのに…と思いながらも、とりあえずGR DIGITAL IIIだけで撮影。

バッテリーのLR44も今年2月に下ろしたばかりで、まだ数本しか撮っていないから電池切れではないと思うが、
状況が判らない中、シャッターを切るのは無駄なので、8079レの石油返空と2080レのコンテナは諦めて一旦自宅に帰る。

本体と取説とを交互に眺めていたら、セルフタイマーレバーが倒れているのを発見。
セルフタイマーレバーを戻し、庭のアジサイにピントを合わせてシャッターを切ると、キチンとシャッターが切れて戻りました。
カメラバッグに仕舞う際か取り出す際に誤って触ってしまったのか、搬送中の振動で動いたのだろうか……
それにしても、タマにしか使わないカメラなので、また壊れたのか…とちょっと不安になりました。

R0023116.jpg
まぁ、故障じゃなかったので一安心し、8380レの石油と西尾張中央道付近で、8072レの石油を佐屋川橋梁撮影。
フイルムが1枚余ったので、8075レは運休なので日光川橋梁で快速みえを撮影し、本日の撮影は終了。

帰宅後OM-4Tiのセルフタイマーをセットしシャッターを切ったら、ミラーアップと共に絞り込み電子音が鳴ってシャッターが切れました。
DD51のエンジン音に電子音がかき消されて、全く気付かなかったようです(^^;

三重県四日市市のマンホール

R0021965.jpg
三重県 四日市市の消防水槽用マンホールの蓋で、春の丘展望台付近で撮影しました。
歌川広重(安藤広重)の、
「東海道五十三次」の43番目の宿場町である四日市宿の絵をデザインしたマンホールの周囲が水玉模様になっていて、
上部に「四日市市」、下部に「防火水槽」と記載されています。

三重県四日市市のマンホール

R0021961.jpg
三重県 四日市市の汚水用マンホールの蓋で、近鉄湯の山線 伊勢松本駅付近で撮影しました。
JIS規格型のマンホールの蓋で、中央に四日市の「四」と「日」を組み合わせて図案化した四日市市の市章がデザインされて、
下部に「汚水」と記載がある、キー穴以外穴のないタイプです。

R0022010.jpg
三重県 四日市市の雨水用マンホールの蓋で、四日市あすなろう鉄道 西日野駅付近で撮影しました。
JIS規格型のマンホールの蓋で、中央に四日市の「四」と「日」を組み合わせて図案化した四日市市の市章がデザインされて、
下部に「雨水」と記載がある、穴あきタイプです。

丸栄中古カメラ・用品大バーゲン

例年通りなら会期中の日曜に古くからの友人2人と行く事が多いのだが、日曜は私が仕事で脱落。

初日の19日も20日も開いていたんだけど、初日はマスコミや転売屋などのクズ共が邪魔だし、
20日も開いていたけど、天気を見てギリギリまで撮影に行けないか勘考していたので、結局、今日になりましたが、
友人の都合が前日にしか判らなかったので、丁度良かったかもしれません。

今回も10時に栄 クリスタル広場で待ち合わせなので、市バスと地下鉄を乗り継ぎ、10時少し前に栄に到着。
DoCoMのスマートフォンラウンジなど見ても仕方がないので、早急に8階催事場に上がる。

午前中は軽く廻りつつ品定めして、11時半過ぎに早めの昼食を取りに、地下1階の洋麺屋五右衛門に向かう。
毎度、そじ坊かモコばかりなので偶には違ったお店に行こうと、洋麺屋五右衛門を選び、
「明太子と海老としめじの青じそ風味」の、男性でも選べるレディースセットを注文。
女性でも選べるメンズセットも在ったんだけど、別段大盛りじゃなくて良いし、サラダが付いていたので人生初のレディースセット(笑

食後も再び催事場に向かい品定めするも、
今回もゴールデンウィークに上京し中古カメラ店巡りをする予定なので、めぼしい機材は見つからず……

DSCF7273.jpg
そんな中で、カメラの愛好堂さんでNikon アングルファインダーDR-5を購入し、
その後、大塚商会さんで整備済みで相場より安いOlympus Zuiko MC AUTO-T 300㎜F4.5と72㎜径のMC プロテクターを購入。
そうしたら、大塚商会さんでカメラクロスをサービスしていただきました。

16時過ぎに会場を出て車で来ている友人に載せてもらい、
はま寿司で夕食を取っての19時過ぎと何時もより速い解散と相成りました。

今回、Olympus Zuiko MC AUTO-T 300㎜F4.5を買ったのは、
最近Olympus OM-4Tiの出番が少ないし、最近は鉄道撮影はMINOLTA α-9かNikon F6ばかり持ち出していたので、
昔みたいに多様なカメラで鉄道撮影しようと思う気持ちもあっての購入と相成りました。

サッポロ サッポロクラシック 春の薫り

DSCF7247.jpg
北海道限定のビールですが、名鉄百貨店地下の北海道アンテナショップ「どさんこプラザ」で購入しました。

北海道産のアロマタイプホップ「ふらのほのか」とフレーバーホップを一部に使用した春限定のサッポロクラシック。
もう10年も北海道には行っていないので、サッポロクラシックの季節限定品が出ているとは露知らず、見つけた時には驚きました。

柑橘系の爽やかなホップの香りが広がり、しっかりとしたモルト感と強めの苦みが広がるも、
サッポロクラシックの名に恥じず、バランスが良く後味がスッキリの美味しいビール。

原材料:麦芽・ホップ
アルコール分:5%
内容量:500ml

日本カメラ と アサヒカメラ

DSCF7269.jpg

5月号の日本カメラとアサヒカメラを買ってきました。
今月号は共にNikon D7500を特集していて、
日本カメラがハウツー系、アサヒカメラが肖像権関係を中心にミラーレススタイル 04が付録としてついています。

両誌ともが特集しているNikon D7500ですが、事前情報が全くないまま突然発表された感が在って、驚きました。
両誌とも肯定的ですが、私としてはD750以降のチルトモニターが横位置でしか使えないのが、中途半端で嫌なんですよね。
中途半端なモノを付けるくらいなら、いっそ無い方が潔いと思ってしまうからねぇ…

日本カメラのメイン記事は「写真家たちの”決め設定”はコレだ!」で各ジャンルのプロのカメラ設定を特集してしますが、
銀塩派の私には「名機ニコンFを今買う!」や、「身近ではじめる天体撮影入門」、「ベルボン ミャンマー新工場探訪記」が面白かったですね。

アサヒカメラは「都市の情景」をメインに、肖像権侵害問題が特集を前面に出しています。
肖像権やプライバシー権等々の問題など、厄介な時代で必要な特集なのでしょうが、まぁ読んでいて面白い企画ではないですね。

その反動か、連載記事の「ふらり旅(呑み)日記」、「麗しき名列車」、「銀塩カメラ放蕩記」が面白い感じですし、
「楽園写真術」の棚田の写真は美しくて良かったです。

サッポロ サッポロクラシック

DSCF7246.jpg
北海道限定のビールですが、名鉄百貨店地下の北海道アンテナショップ「どさんこプラザ」で購入しました。

過去に北海道のコンビニから送料を掛けて送ってみたり、新婚旅行でフェリーにクルマを積んで行った際に2箱買ってきたりと、
思い出深いサッポロクラシックが名古屋で手軽に買えるようになったのは嬉しいですね。

すっきりとしたホップの香りと爽やかな苦み。苦みの余韻を引きつつもさっぱりとした後味が印象的。
尖った個性はないが、バランスの取れた美味しいビール。

原材料:麦芽・ホップ
アルコール分:5%
内容量:500ml

岩村醸造 「ゑなのほまれ 特別本醸造」

岩村醸造の「味めぐり頒布会 第1回」が届きました。
味めぐり頒布会は2009年以降、8回目の注文です。

DSCF7267.jpg
「ゑなのほまれ」は岩村醸造で創業以来続いている伝統銘柄です。
スペックはやや甘口を示していますが、くどい甘さではなく酸味を感じる爽やかな甘さが広がり、
芳醇な味わいながら、どのような料理にでもよく合い、普段飲みにも最適な日本酒です。

日本酒度:-3
酸度:1.5
アルコール度数:15.5%
原料米:ひだほまれ
精米歩合(麹):50%精米
精米歩合(掛):60%精米
飲み頃温度:冷や~ぬる燗

岩村醸造 「女城主 辛口純米酒」

岩村醸造の「味めぐり頒布会 第1回」が届きました。
味めぐり頒布会は2009年以降、8回目の注文です。

DSCF7266.jpg
岩村醸造の中でも一番の辛口のお酒ですが、辛さの中にもお米由来の優しい甘さを感じます。
シャープな飲み口ですが、優しい飲み口と豊かな香りが印象的なお酒です。

日本酒度:+10
酸度:1.6
アルコール度数:15.6%
原料米:ひだほまれ
精米歩合(麹):50%精米
精米歩合(掛):60%精米
飲み頃温度:冷や~ぬる燗

「リニア・鉄道館」に行ってきました

昨日に引き続き、東京の友人が名古屋に来たので、有休を取得して遊んできました。

今日の機材も、Ricoh GR DIGITAL IIIを、NOMADIC WISE-WALKER WW-04に入れる軽量セット。
月曜は定休・休園日の施設が多いのだが、リニア館は火曜定休なので、友人の希望もあり、今日行く事にしました。

鉄ちゃんやっている癖に、リニア・鉄道館に行くのは初めてだったりします。
オープン当初は混雑していそうで嫌と避けていて、その後は何時でも行けるとか、撮影優先とかでズルズル……
こういう機会でもないと中々行く事が無いですからね。

11時に新幹線改札前で合流し、あおなみ線に乗って金城ふ頭駅へ。
レゴランドが開業して間もないので、あおなみ線の混雑しているかと思いきやガラガラ……
天気が崩れる予報だったけど、アレじゃねぇ……

あおなみ線の赤字対策としてSL運行しておきながら、金城ふ頭に5000台規模の駐車場作っちゃうんだから、矛盾しているよねぇ~
金城ふ頭には一切の駐車場を作らないくらいの事をやらないと、あおなみ線の赤字対策にならなないんじゃないの?

R0022873.jpg
なんて思いながら、リニア・鉄道館に到着。まだこの時には雨は降っていませんでした。

R0022878.jpg
入館し、シンボル展示のC62、300X、MLX01-1を撮影。
雨が降る前に屋外展示の117系を見に行こうと屋外に出ると、既に雨が降っていたし、
時間も12時過ぎだったのでデリカステーションに向かい「鯛めし弁当」を購入し、117系車内で昼食。

R0023073.jpg
その後、懐かしい車両や見たことのない車両、乗ったことのない車両等の室内展示を見て回りつつ撮影。

R0023046.jpg
14時の回の鉄道ジオラマを眺めていたら、何度目かの鉄道模型熱が再燃しそうな感じ(^^;
最後に、企画展の「ドクターイエローの軌跡」を見て、気づいたら14時半を過ぎたところ。
昨日のトヨタ博物館より、今日のリニア・鉄道館の方が滞在時間が長く、リニア・鉄道館を満喫しました。

帰り際にお土産屋さんの寄り道するも、特に目ぼしい物も無いので、雨の中、金城ふ頭駅に戻る。
正直、金城ふ頭駅からリニア・鉄道館までの道は、殺風景だし屋根はないし、もう少し慣行の余地が在るな。

ホームに上がると、1本後の列車が「ノンストップ」。
退避設備が無いので普通に乗った方が早く名古屋駅に着けるけど、
折角だし、途中駅での乗降がなければ車内も落ち着いているはずなので、「ノンストップ」を待つ事にする。

R0023099.jpg
そうしたら、「ノンストップ」はレゴランド・トレインでした。
ホームドアが在ってうまく撮れないので、車内を撮影。しかも座った目の前とは言え、カニのレゴと微妙な所を撮ったものだ(^^;

友人が帰京する列車まで、名古屋駅でお土産を見たりビックカメラで時間をつぶしたりして、17時過ぎに友人を見送って帰路に就く。

ふと、ホジ6005は明治村からやってきた車両じゃないかと思って調べてみたら、その通りでした。

「トヨタ博物館」と「キリンビール 名古屋工場」に行ってきました

東京の友人が名古屋に来たので、遊んできました。

今日の機材は、Ricoh GR DIGITAL IIIを、NOMADIC WISE-WALKER WW-04に入れる軽量セット。
と言うのも、日程が合えば丸栄中古カメラ・用品大バーゲンに行く予定でしたが、4月19日からの開催で日程が合わず、
それなら友人希望でトヨタ博物館に行く事になり、銀塩カメラを使う場所が無さそうなのでRicoh GR DIGITAL IIIだけを持ち出す事にした。

今回は驚くことに、7:51着の新幹線でやってくるという。
流石に早いと思いつつもトヨタ博物館は9:30開館なので、開館同時に到着すれば一日を有効に使う事が出来るから有り難い。

名古屋駅新幹線改札前で合流し、東山線に乗って栄のホテルに荷物を置いて再び東山線に乗車。
藤が丘駅手前でSDカードを忘れたというので安藤カメラさんに寄り道。
ふと店内を見ると、ミノルタ プログラムバックスーパー90が在ったので、ちょっと心惹かれるも先を急ぐ事も在って見送る。

R0022649.jpg
リニモに乗り換えて、芸大通駅で下車し地元の友人とも合流。
リニモに乗ったのも、トヨタ博物館に行くのも、何時以来か分からない程、久しぶりの訪問です。
まぁ、一人でトヨタ博物館にクルマを見に行こうとは思わないので、こういう機会でもないと中々行く事が無いですからね。
更に到着して知ったのだが、4月8日~16日が入館料半額キャンペーン期間中で、ちょっと得した感じ。

トヨタ博物館はトヨタ以外のクルマも多数展示されていて、非常に見ごたえがありますね。

トヨタ博物館で昼食を取るつもりだったけどレストランが団体客で満席だったので、予定より1時間ほど早いリニモで藤が丘へ。
改札を出てみると、駅横のビルに飲食店が入っていたので、2Fの南湖 藤が丘支店で昼食を取る。

R0022834.jpg
食後、3人で安藤カメラさんを冷やかして、東山線・JR東海道線を乗り継いで枇杷島駅へ。
そこからシャトルバスでキリンビール名古屋工場の向かい、15:10からの回の工場見学ツアーに参加し、
帰り道を考えるとちょっと面倒なんだけど、レストラン BREWER'S HOUSEに寄り道。

久しぶりなので話が弾み、酒も進み、結局20時半頃まで滞在。
城北線の尾張星の宮駅まで歩くも、次の列車まで40分程あったので、枇杷島駅まで歩く事にし、帰路に就く。

コレ、良いなぁ~

ベルボン製雲台で使える汎用L型ブラケット

---以下、上記リンク先より引用---
ベルボン株式会社は、汎用L型ブラケット「BR-Q」を3月24日に発売する。希望小売価格は税別7,900円。

三脚の真上に機材の重心を維持し、構図の変化を抑えながらカメラの縦横位置を切り替えられるL型ブラケット。カメラボディは問わない汎用型で、ユーザーの多いシュープレート「QRA-35L」および「QRA-67L」の代わりに雲台へ取り付けられる。

外形寸法は108×46×89.5mm。プレートの厚みは6mm。重量は125g。

---以上、上記リンク先より引用---

Velbon El Carmagne 645をメイン三脚にして、SLIK SPRIT PRO-GMやManfrotto Beefreeに、
SLIK PRO-MINI IIIやSIRUI 3T-35K テーブル三脚のコンパクト三脚も所有していて、一番困るのが縦位置撮影。

三脚座の付いたレンズなら問題ないが、ボディに三脚を付けて縦位置にすると如何してもバランスが悪くなる。
大柄なVelbon El Carmagne 645なら良くても、Manfrotto Beefreeではその傾向がより顕著になる。
同様に一脚使用時もボディに一脚を付け縦位置にするとグリップが上になるのが嫌だし、折角の縦位置グリップが使えなくなる。

それなら多様なL型プレートが発売されているアルカスイス互換化して行こうと思い、一脚用にKenko FP-95雲台や、
SUNWAYFOTO DPL-03 ユニバーサル L-type QR プレートやSIRUI TYクイックシューTY-LP75を購入したり、
今ある三脚を有用に使う為にVelbon アングルチェンジャー Qを購入したりしてきたけど、
今になって、Veibon QRA-35Lプレート対応のL型ブラケットが出るとは……

三脚全てをアルカスイス互換にするにはコスト的に二の足を踏んでいたんだけど、良いモノを発売してくれたものです。
正直、もう少し早く発売してくれたら、アルカスイス互換化する必要がなかったんですけどね……

5月か8月に上京した際に、1個買ってこようかな。
それとも、それ以前に必要となって、ネット通販で買うことになるのかな?

PENTAX MZ-Sで大垣 船町川湊の桜を撮る

泊まり勤務明けで疲れてはいるのだが、桜は待ってくれない。
大垣の港町川湊の桜も散り始めで時期を逸したが、散り始めなら花筏も楽しめるので、ちょっと無理をして撮影に出掛けました。

今日の機材は、PENTAX MZ-SとRicoh GR DIGITAL IIIと、
FA 31mmF1.8AL Limited、FA 43mmF1.9 Limited、FA 77mmF1.8 Limitedをエツミ APEX D-7に入れる軽量セット。

駐車場に困るし、泊まり勤務明けでの運転もしんどいので、公共交通機関で向かうことにする。
2089レのコンテナ横目に名古屋駅を目指し、名古屋11:45発の新快速に乗車し、大垣に12:19着と35分程で付けるのは非常に便利。

昼食時だったので、前に行った事のある「実演手打うどん 杵屋」が結構混んでいて、
ふと、3Fの「焼とり懐石・蕎麦 鶏匠庵」の広告を見つけ行ってみたら空いていたので、ここで昼食。

食後、観光案内所でチラシが地図を貰って、新牛屋橋から水門川沿いを撮り歩く。
R0022468.jpg

散り始め葉桜になりつつも、まだまだピンク色が目立つ木が多く、更に風が吹けば桜吹雪、水面には花筏とシャッターが進む。

R0022536.jpg
いつも通り、「奥の細道 むすびの地」の先の高橋まで撮り歩いた時には、既にフイルム2本消費。

R0022574.jpg
もう少し撮りたかったので、もう一本籠めて桜や「映画 聲の形」の背景地と言われる「美登鯉橋」を撮影しながら駅に戻る。

大垣駅に到着したのは17時半頃ですでに帰宅ラッシュの様相。

R0022623.jpg
混雑した列車に乗るのが嫌だし、ランチが中々美味しかったのと好みのメニューが在った事と、
ビールがキリンで「岐阜に乾杯」が在ったので、夕食も「焼とり懐石・蕎麦 鶏匠庵」で取る事にした。

R0022645.jpg
相方のスマートフォンで帰路のルートを調べてもらったら、JRで帰ると名古屋駅で20分程待たされることが判明。

それでも養老鉄道で帰るのより20分ほど早く帰れるのだが、
名古屋駅で20分も乗換待ちさせられた挙句、短編成で混雑して交換待ち多数の関西線で帰るのも不愉快だし、
JR東海なんてほかっておいても新幹線で儲かってるんだから、私が不愉快な思いをしてまで乗ってやる必要はないし、
養老鉄道を応援しようと思い、「映画 聲の形」のポストカードを購入して、養老鉄道でのんびりと帰路につきました。

酒蔵みてある記 神楽酒造 スナップ

2月26日、Ricoh GR DIGITAL III 撮影

神楽酒造さんの特徴的な煙突。周囲にあった酒蔵も軒並み廃業し、神楽酒造さんだけになったそうだ。
R0021983.jpg
カメラ:Ricoh GR DIGITAL III + GR Lens 6mmF1.9 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/1520秒、F4.0、ISO100相当

神楽酒造さんコレクション。時折見かけるミニ菰樽、インテリアに欲しいね。
R0021991.jpg
カメラ:Ricoh GR DIGITAL III + GR Lens 6mmF1.9 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/133秒、F4.0、ISO400相当

歴史感じる「酒醸造所」の木製看板。
R0021993.jpg
カメラ:Ricoh GR DIGITAL III + GR Lens 6mmF1.9 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/12秒、F4.0、ISO400相当

見上げると、明り取り窓がラベルデザイン。
R0021998.jpg
カメラ:Ricoh GR DIGITAL III + GR Lens 6mmF1.9 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/26秒、F8.0、ISO400相当

JR東海:関西線-庄内川橋梁

2月25日、KONICA MINOLTA α-7 DIGITAL 撮影。

75レの石油返空。橋梁上からノッチを入れるのでエキゾーストが良く上がるのだが、風に流される事が多い。
PICT5513-7d.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 100-300mmF4-5.6(D) (100㎜:35mm判換算 150mm相当)
露出:1/1250秒、F8.0、ISO400相当、ナチュラル+、昼光、三脚・レリーズ使用

72レの石油。唯一の国鉄色のDD51 853が主務機。
PICT5516-7d.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 100-300mmF4-5.6(D) (100㎜:35mm判換算 150mm相当)
露出:1/1000秒、F8.0、ISO400相当、ナチュラル+、昼光、三脚・レリーズ使用

厚い雲が広がるが、夕日を期待して快速みえ。
PICT5519-7d.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 100-300mmF4-5.6(D) (100㎜:35mm判換算 150mm相当)
露出:1/1000秒、F8.0、ISO400相当、ナチュラル+、昼光、三脚・レリーズ使用

悪あがきで313系快速を撮影。
PICT5523-7d.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 100-300mmF4-5.6(D) (300㎜:35mm判換算 450mm相当)
露出:1/500秒、F5.6、ISO400相当、ナチュラル+、昼光、三脚・レリーズ使用

JR東海:関西線-日光川(東)

2月25日、KONICA MINOLTA α-7 DIGITAL 撮影。

5380レの石油。除草が終わり良い撮影地なんだけど、逆光がキツイ。
PICT5498-7d.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 100-300mmF4-5.6(D) (300㎜:35mm判換算 450mm相当)
露出:1/1000秒、F8.0、ISO400相当、ナチュラル+、昼光、一脚使用

JR東海:関西線-蟹江川橋梁

2月25日、KONICA MINOLTA α-7 DIGITAL 撮影。

79レの石油返空。構造物が邪魔だし重連なのが判らないけど、こちらもエキゾーストが良く見え迫力が出て好きな撮影地。
PICT5488-7d.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 100-300mmF4-5.6(D) (200㎜:35mm判換算 300mm相当)
露出:1/1250秒、F8.0、ISO400相当、ナチュラル+、昼光、一脚使用

JR東海:関西線-福田川橋梁

2月25日、KONICA MINOLTA α-7 DIGITAL 撮影。

蟹江駅で5282レの石油を追い越すワイドビュー南紀。
PICT5474-7d.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 100-300mmF4-5.6(D) (200㎜:35mm判換算 300mm相当)
露出:1/1200秒、F8.0、ISO400相当、ナチュラル+、昼光

5252レの石油。重たいタンカーを停止状態から橋梁に向けて引っ張り上げるので、エキゾーストが良く上がる。
PICT5477-7d.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 100-300mmF4-5.6(D) (250㎜:35mm判換算 375mm相当)
露出:1/1000秒、F8.0、ISO400相当、ナチュラル+、昼光

JR東海:関西線-日光川(東)

2月25日、KONICA MINOLTA α-7 DIGITAL 撮影。

鈴鹿山脈を背に名古屋駅に向かう313系。
PICT5444-7d.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 100-300mmF4-5.6(D) (300㎜:35mm判換算 450mm相当)
露出:1/1250秒、F8.0、ISO400相当、ナチュラル+、昼光、一脚使用

8972レの単機はDD51 1801でした。
PICT5450-7d.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 100-300mmF4-5.6(D) (200㎜:35mm判換算 300mm相当)
露出:1/1250秒、F8.0、ISO400相当、ナチュラル+、昼光、一脚使用

5282レの石油。もう少し広い画角で鈴鹿山脈を入れた方が良いかも…
PICT5470-7d.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF REFLEX 500mm F8 (35mm判換算 750mm相当)
露出:1/800秒、F8.0、ISO400相当、ナチュラル+、昼光、一脚使用

JR東海:関西線-蟹江川橋梁

2月25日、KONICA MINOLTA α-7 DIGITAL 撮影。

蟹江駅を出発し、蟹江川橋梁に向かい力行する2085レのコンテナ。
PICT5438-7d.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF REFLEX 500mm F8 (35mm判換算 750mm相当)
露出:1/640秒、F8.0、ISO400相当、ナチュラル+、昼光、一脚使用
プロフィール

PoLo

Author:PoLo
~未来は何処の空の下へ~
へようこそ!

「銀塩カメラ・銀塩写真」、「国内旅行」
「お酒」、「美味しい食べ物」、
「自転車」、「鉄道(客車・貨物等)」、
「ガーデニング」、「機械式時計」、
「I've Sound」が
好きな放蕩者の管理人PoLoが、
ストイックに物欲・写欲を追求し、
思いのままに書き連ねるブログです。

被写体は、風景や古い街並み、
夜景、ネイチャー、鉄道です。
撮影はリバーサルフイルムを使用し
外注現像・スキャンに時間が掛かるので
更新は撮影から1ヵ月後を目標とします

2013年5月にα Sweet DIGITAL、
2014年8月にα-7 DIGITAL
2017年5月にD700を購入するも、
メインはフイルムから変わらず、
毎月フイルム5本撮る事を目標に、
色々な被写体を撮影しています。

誹謗、中傷、差別的発言、暴言、
猥褻・卑猥な言葉、事業者による宣伝、
記事内容と無関係な内容、
礼節を重んじない不快な投稿や、
道義的・法的に問題があるサイト、
有料・有害サイトへの誘導リンク等は、
管理人の裁量で削除します。

トラックバックは、
成人向けや出会い系サイトが多く、
不快なので受付けていません。

細心の注意を払っていますが、
趣味の範囲内での運営であり、
文章中の誤字・脱字、情報の誤り等、
ご指摘いただければ修正いたしますが、
思想・価値観の違い等による批判は、
一切の聞く耳を持たず削除します。

当ブログの情報により、
不都合・不利益を被られても、
当方は一切の責任は負いかねます。

写真・文章の
無断使用・無断転載・無断直リンク等は
如何なる理由でも一切禁止します。
転売目的の出品者を不快に思うので、
特にオークションからの直リンクは、
厳重に禁止します。

迷子の黒猫 Maukie
ネコ温度計
東京ステーションシティ
列車フラッシュ撮影自粛同盟

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード