行く年…

大晦日…2016年も最後のエントリーとなります。

今年は、写真撮影に明け暮れた一年だったと思います。
写真歴27年目にして初めてリバーサルフイルムだけで年間100本以上撮影し、最終的には108本と昨年の60本の倍近くも撮影する事になりました。
まぁ、108本ってのが煩悩っぽいねぇ(^^;

今年、それ程の本数を撮影した要因は、仁科三湖に足を伸ばすようになった事が一番の要因ですね。

仁科三湖に通うようになった理由が、I'veのCD「THE TIME ~12Colors~」に収録されたKOTOKOさんの「Stardust Train」。
ふと、おねがいシリーズの曲に似ているなぁ……と思い、ふと、Yショップニシさんや木崎湖キャンプ場のサイトを見に行ったのよ。
木崎湖キャンプ場のお気に入りに登録が、「おねがい☆ティーチャー/ツインズ放映&聖地巡礼10周年記念」のトップページで、
なんだか、急に懐かしくなってさ。

「でも、今更背景探しも無いよなぁ……」なんて思っていた。
その矢先、「そう言えば、海ノ口駅南の湖畔に2本の桜があったなぁ」と、思い出して、色々検索していたのよ。
そうしたら、信濃大町ナビで満開の情報を知ったら、我慢出来ず撮影に出掛けたのよ。

最近、DD51の撮影もマンネリ化していて撮影本数が減っていた。
今まで、一つの被写体に夢中になって飽きていくのが恒例で、古い町並み、花と撮ってきて、次は鉄道。
500系~300系と撮影してきたが車輌が引退し、偶々古くからの友人に甲種輸送の事を聞いて撮影に出掛け、
その時に、DD51とEF66の異種重連(今、思えば無動力回送だけどね)を見て、「貨物列車って面白いな」と思い、
貨物列車にに移って来て、次は…と思った矢先、木崎湖に行く事になった。

とは言え、月に何度も木崎湖には行けないし、かと言って年4回程度の撮影だけじゃ満足出来ない。

木崎湖行きが良いきっかけになって、今は風景も夜景もネイチャーも鉄道も満遍なく撮影しているが、お陰で視野が広がった感じ。
形式写真だけが鉄道写真じゃ無いし、風景や花、夕日や月等と組み合わせても良い。そう考えれば構図は無限に広がる。
当然、低照度での撮影機会も、1本だけ狙う機会も増えるから、それならデジタル機にも手を出そうと思い始めて、この一年突っ走ってきた。

楽しい1年だったけど、あえて茨の道に足を突っ込んだ感じがしないでもない(^^;

その反面、機材購入は、レンズ4本にアングルファインダー1個と、たったの5つ。
本格的に中古カメラ機材に手を出して以降、最低の購入個数となりました。

そして今年も、オフラインで良くしてくれた友人達に、
当ブログに足を運び足跡を残して行ってくれたり、ブロとも申請してくれたオンラインの友人達、
皆さんには感謝の思いで一杯です。
良い事も悪い事も、楽しい事も腹の立つ事も、色々在ったけど、今年も1年、無事に過ごす事が出来ました。
今年も趣味に仕事、毎年の事だけど家の整理やメンテナンス等々、忙しい一年を過ごしました。

今年も与党自民党の強行採決の連発には怒りを禁じえず、政治家、特に自民党議員の面を見るのすら不快に思った一年でしたし、
人命が失われても尚、スマートフォン片手に運転するバカが一向に減らない事に、人間性の低さを感じざるを得ません。

最後まで愚痴っぽくなってしまいましたが、今年も皆さんには色々とお世話になりました。
色々有りましたがそれでも昨年以上の充実した一年を送る事が出来ました。
今年も忙しい一年でしたが、写真も年間でフイルム108本と、27年の写真人生の中で最大の撮影本数となりました。
今年もモータースポーツ撮影は皆無で、鉄道撮影も減少しましたが、風景やネイチャーや夜景撮影が増えて、色々な被写体を追いかけた1年でした。

来年もまたよろしくお願いします。
来年も、先の読めないDD51の撮影を中心に、夜景・花火、中判での風景・ネイチャー撮影と、今年以上に撮影に集中したいですね。
このエントリーを持ちまして年末の挨拶に代えさせて頂きます。

それでは、みなさん良いお年をお過ごしください。

旭酒造 「獺祭 等外」

DSCF7107.jpg
今年、最後のお酒ネタは、近所のショッピングセンターの酒販コーナーで見つけた 旭酒造の「獺祭 等外」です。

旭酒造は杜氏制度を廃止し、社員と共にデータ管理をして一定の品質を確保する取り組みを行っている酒蔵です。

「等外」とは、規格外米を使ったお酒の事。
「獺祭」は山田錦を使用していますが栽培時に5%以上の等外米が発生するそうですが、国内の山田錦の生産量には限界があります。
その規格外米を「酒造に適して無いからいらない」ではなく、全量買い取り、全てを美味しいお酒にしようとしたのが「等外」ですが、
等外米でお酒を造ると、例え精米歩合が35%で醸造アルコール添加が無くても「純米大吟醸」表示が出来ないそうです。

そこで旭酒造は、等外米を使用したお酒を「獺祭 等外」として発売。
等外米は粒揃いが悪いので35%まで精米したそうですが、表示上は「普通酒」扱いで、
劣化スピードが速いそうなので、1ヶ月以内に飲みきる事を推奨しています。

華やかでフルーティな香りが広がり甘い口当たり。
嫌味は少なく、何の抵抗もなくするりと喉を流れていき、表示上は「普通酒」でもスペックは「大吟醸」なので後味もすっきり。
色々革新的な事を行う酒蔵なので批判も多いようですが、非常に美味しいお酒で応援したい酒蔵がまた一つ増えました。

アルコール度数:16度
原料米:山田錦 等外米
原料:米(国産)、米麹(国産米)
精米歩合:35%精米
保存方法:冷暗所

CONTAX G2Dの調子が悪い…

先月、郡上八幡・美濃市の撮影に持ち出したCONTAX G2Dの調子が悪い。

DSCF7138.jpg
露光中に巻上げたようなカットが3ヶ所。

DSCF7139.jpg
シャッター幕が開ききっていないカットが1ヶ所。

CONTAXのカメラは元々丈夫ではないとの評価だし、私も使用頻度が少なくなって居るので、動作が渋くなっているのだろう。
ただ、京セラが光学機器事業から撤退したのが2005年で、2015年4月30日をもって補修サービスも終了している。
修理専門業者もあるが、電子カメラだけ在って修理できるかは未知数。

ただ、完全に壊れた訳ではないので、定期的に動作させてやれば復調するかもしれない望みも無い訳ではない。

機材をコンパクトに纏められるので旅カメラとしても最適だと思っているし、CONTAX G用のレンズの描写力も捨てがたく、
今後の事を考えて、CONTAX G2ボディを予備で買っておくのも検討しておいたほうが良いのかもしれない。

今でこそ、マウントアダプタを使いマイクロフォーサーズ機やフジXシリーズ、ソニーαシリーズ等で使う事が出来るが、
マイクロフォーサーズでは焦点距離が2倍になって使いにくいし、フジXシリーズだと1.5倍と計算が面倒。
ソニーα7ならそのままの画角で使えるのだが、
私はソニーと言うメーカーが嫌いだし、画像素子よりマウント口径が小さいカメラなど使いたくも無い。

正直、光学機器事業を再開する気も無いのにCONTAXブランドを手放さない京セラと言うメーカーも好きでは無いがな。

進む道が無い以上CONTAX G2を買って置いても良いのだが、使わなければ同じ症状が出ないとも限らない。
とりあえず、定期的に空シャッターを切って、様子を見るとしよう。

そして、帰名

今日は名古屋に帰る日。

明日から仕事なので、普段より2時間4分早い出発の東京16:56発 こだま673号に乗車。
何時もなら、東京18:00発 のぞみ121号が多いのだが、今回はコミックマーケットにサークル参加する嫁を残してひとりでの帰名。

赤の他人と肩を並べて座るのが嫌だし、車中で駅弁を食べながら帰る魂胆で、
こだま楽旅IC早特なら9,000円でグリーン車に乗れるので、少し早めの出発にしてゆったり帰ることにしました。
正直な所、IC乗車券で新幹線に乗るのは味気なくて嫌いなんだけど、普通車指定席より安くグリーン車に乗れるので仕方が無い。

帰路はA席を選択。
日没が早く景色は殆ど見えないけど、対抗列車とすれ違わない側だし、グリーン車じゃないとA席なんせ選択しないからね。

R0021123.jpg
流石に昨日、胃痛に苦しんだので今日はお酒はなしで、胃に優しそうな「400kcal台弁当」を購入。
まったりと食べて適当に微睡んでいても、定刻通りに到着するんだから、新幹線は楽で良いですね。

普段乗るのぞみ121号より6分遅く名古屋駅に到着。
帰宅後、慌てて旅装を解き、機材を片付けと、忙しく時間が過ぎていく……

体調不良

昨日、買った市販薬を飲んでも一晩眠っても体調が戻らなかったので、医者に行ってきました。

普段から保険証を持ち歩いていないので、自費診療でした。まぁ年明け早々、療養費の申請ですね。

しかしまぁ…最近は寒さにめっきり弱くなってしまったよ……

友人と中古カメラ店巡り

今日は放し飼いなので、関東の友人と中古カメラ店巡りをしてきました。
毎度、私の上京に合わせて休みを取ってくれるので感謝感謝です。

今回もJR中野駅に10時待ち合わせで、先ずはフジヤカメラに向かう。
しかし狙っていたレンズは売れて仕舞っていて、D300も数が少なく選びにくい。
α-9のSSM対応品にVC-9M、DM-9、QD-9のセットが有るも、12万円オーバーだし、F6を持って居るので見送る。

その後、友人の希望で新宿のビックカメラに寄り道し、品川に向かいNikon Museumに向かう。

R0021103.jpg
Nikon Museumは一度行ってみたいと思っていたけど、
年末年始や盆休み、ゴールデンウィークは休館で、中々タイミングが会わなくてね。
1時間ほど滞在し、そじ坊で昼食を取り、松坂屋カメラに向かう。狙ってたTokina AT-X 116PRO DXのα用を発見したので購入。

R0021122.jpg
最後に荻窪さくらやに向かい、メインはフイルムのまとめ買い。
PROVIA 100Fの135を5本パックと4箱、120を3箱、Velvia 100の135の5本パックを4箱購入。
もう少し買う予定だったけど、在庫が余り無くてねぇ……

一時期ほど安くなくなり、ポイント分を引けば大手量販店と大差ない価格になってしまったけど、
リバーサルフイルムを売っている店は限りなく少なくなって、在庫を持っておかないと急に撮影に行きたくなった時に困るからね。
撮影に行きたいのにビックカメラが開く10時まで待つなんて無駄だし、そもそも買いに行くのに交通費も時間も無駄になる。

その後は、荻窪さくらやの2号館でフィルターやF6の電池ケースを買い、
我楽多屋に向かうも、じわじわ悪くなっていた体調が限界を超え、しんどくなってきたので飲み会はパスして解散となりました。

結局、デジタル一眼レフは購入しませんでした~

上京しました

年末なので妻の実家に帰省しました。

何時もなら明け勤務直行なのだが、勤務の都合上、年越しにならない範囲で取れる3連休を選んだら12/25~28での上京になり、
妻を先に上京させ夜勤明け直行ではなく、一度帰宅。
体制を立て直しつつ、ふとパソコンの電源を入れて見るとセーフモードで起動後、問題なく動作し、2度目の復活を遂げました。
驚きつつも、胸のつっかえが取れてスッキリした気分で旅立ち。

今日の機材はRicoh GR DIGITAL IIIを、WISE-WALKER WW-04に入れ、着替えなどはZERO HALLIBURTON ZRP-Fに入れる。
今回は空いている日が生憎の天気のようで、銀塩カメラを持って行っても使わないだろうとの判断でGR DIGITAL IIIだけにしました。

R0021090.jpg
名古屋駅で一番搾りの名古屋づくりとつまみに三色稲荷寿司を購入し、名古屋13:29発こだま 656号に乗車。
普段なら名古屋13:32発のぞみ20号に乗る事が多いのですが、
今回は「一緒に☆こだま早特」キャンペーンをやっていて、ぷらっとこまだより安くこだまに乗れるので、グリーン車を奢ってみました。

R0021092.jpg
1本じゃ足りず、豊橋駅の停車時間で一番搾りの350ml缶を追加購入(^^;

夜勤明けで駅弁を食べながら一杯やって仮眠するには、
所要1時間40分程度ののぞみより、所要3時間は掛かるこだまの方が適しているからねぇ~

夕方までに嫁の実家に着けば良いのだが、今回はこだまにしたので空き時間は1時間程度。
フジやカメラや荻窪さくらやまで足を伸ばす暇は無いし、近場の松坂屋カメラは日曜定休なので、嫁の実家に直行となりました。

如何しような…デジタル一眼レフ……

ここ2~3年、デジタル一眼レフの購入を検討はしている。

デジタル一眼レフを購入する理由が、PROVIA 400Xが生産終了し、フイルムでの動体撮影が難しくなったから。
PROVIA 400Xの在庫は45本在るが期限は2017年7月。冷蔵保存して在るので2017年一杯くらいは使えるだろうが先が無い。
PROVIA 100Fを2段増感し続けても良いのだが、その場合、彩度が高すぎると感じるし、ちょっと硬調な感じになってしまうのよね。

それに、フイルムをカメラに入れっぱなしと言う不安定な状態はイヤなので1本使いきってしまいたいのだが、
数少ない貨物列車で1本撮り切るのも中々難しいし、無駄打ちするのも勿体無いので、
狙いを決めて1~2本の貨物列車だけを撮影に行くスタイルの場合、デジタルカメラは非常に便利だとは思っている。

デジタルなら1カットだけの撮影でも可能だし、ISO感度も1枚ごとに変えられるし、超高感度も自由自在で融通が利く。
しかも、大半の鉄道車両がハイビームを点灯し近付いてくるので、露出はマニュアルにするのだが、
デジタル機なら試し撮りで露出の確認が出来るので安心感が高い。

故に最近 KONICA MINOLTA α-7 DIGITALの出番が多くなってきているのだが、
所有するレンズの広角側が、ズームだと24mmでAPSサイズだと36mm相当とちょっと画角が狭い。
短焦点なら20mmも所有しているがそれでも30mm相当で、もう少し広い画角が欲しい時も在る。
16mmフィッシュアイなら24mm相当になるが、ただ収差の大きい広角レンズになってしまい、使いにくいし面白味も無い。

そこで、TAMRON SP AF 17-50mm F2.8辺りを中古で探して、もう少しα-7 DIGITALを使い込んだほうが良いかとも思うけど、
APSで17mmだと25.5mm相当とまだ狭い。超望遠なら100mmの差でも余り感じないが、超広角だと1mmの違いが大きいからね。

それなら、αマウントントのAPS用超広角ズームでソコソコの性能を有するレンズの購入を検討しているのだが、中古でも3万円台。
AF REFLEX 500mmF8で750mm相当が簡単に撮れるのは魅力だが、正直、操作感に不満が無い訳ではないし、
Nikon AF-s 300mmF4 D+ TC-17 EIIで750mm相当をやって見たい気もする。

でも、中々デジタル一眼レフの購入には至っていない。
その理由は、「どうしてもこの機種が欲しい」と思える機種にめぐり合えていないから。

レンズ資産的にはαマウントが充実しているのだが、
ゴミが写り込む危険性が高く、平気で光量の30%をロスするトランスルーセントミラーのソニーαシリーズは嫌だし、
画像素子よりレンズマウント口径が小さく、電子ビューファインダーのソニーEマウントフルサイズも嫌なので、
妥協してα900を選んだとしても先に進む選択肢が無い。

ソニーに手を出さなければ先の無いKONICA MINOLTAのAPSデジタル一眼レフにしか使えないレンズに3万円前後も出すなら、
Nikon F6も使っている事も在って、デジタル機はNikonをメインにしようかと思い、
色々調べているのだが、気に成るのは新品ならD750、中古ならD3/D3sかD300辺りかな。

今ならキャッシュバックも在るNikon D750を買った方が良い気もする。
D750なら、AF-s 300mmF4D+TC-20EIIで600mmでAF動作するし、APSクロップで900mm相当の超望遠撮影が手頃に出来るが、
ボディと縦位置グリップに予備バッテリーで約20万円。
モータースポーツを撮りに行く事はもう無いと思うし、風景やネイチャーにデジタル機を持ち出す事はフイルムが在るうちは無いので、
鉄道撮影オンリーの機材に約20万はちょっと高いかと思うし、D750ってバランスは良いのだが中途半端な印象が拭えない。

通常の撮影で1/1250秒以上で切る事はほぼ無いので問題は無いのだが、シャッター速度は1/4000秒しかない。
ファインダーが角窓。丸窓が高級と思えるほどNikonを使い込んではいないが、F6とアングルファインダーが共用出来ず不便。
チルト式液晶パネルは横位置でしか使えない。縦位置ローアングルではアングルファインダーが必要となるなど、どうにも中途半端。

かと言って、新品で上を見るとD810になるのだが、3635万画素もいらない。

それなら中古のD3sに目が行くのだが相場が15万円台。
2万円キャッシュバックを考えれば新品のD750を買うのと差が無くなるし、補修期限を考えると二の足を踏む。

3万円前後で買えるD300がコスト的にも性能的にも手頃で無駄な機能も少ないのでサブ機には良いかとも思う。
こちらも補修期限の問題があるが、3万円前後なら、店によっては半年保証が付くし、使い倒して壊れれば買い換えても痛くは無い。
しかし、NikonもAPSサイズに手を出せば、APS用の超広角レンズが欲しくなるに決まっている。
Nikon純正のDX超広角レンズを探せば5万円前後と言うところだろう。
ボディが3万円に縦位置グリップの数千円にDXレンズと合わせれば、9万円弱になりD700なら手が届くが、こちらも補修期限がね。

さらに、D3/D3sやD700だとAPSクロップ時に500万画素とちょっと物足りない。
APSクロップを優先させれば680万画素のD4/D4sなのだが、こちらも少々物足りないし、流石に中古相場も高い。

D3/D3sやD700、D300はめっきりと出物が減ったし、連写を多用する人が多いデジタル機の中古はちょっと怖いとも思う。
それならD750が良いのだろうが中途半端間が拭えないし、イマイチ物欲的に盛り上がらない。
他の機種を見ても、D610は動体メインにはどうかと思うし、不具合揉み消し機と言う悪印象は拭えない。
D810はそこまでの画素数を必要としないし、Dfはデジタルフォーマットに適したインターフェースと思えないし、
D5を買う金は用意できるが、そこまで払いたいとも思えない。

ただ、Nikonを選ぶ理由のもう一つがフイルムカメラとの併用なので、問題はフイルムが何時まで供給されるかと言う点。
FUJIFILMはフイルムを続けると言っているので安心はしているが、それでもISO400のリバーサルはもう無い。

フイルムとの併用を考えなければ、Olympus OM-D E-M1 Mark.IIやFUJIFILM X-T2でも良いかと思うのよ。
私の中では動体メインなら OM-D E-M1 Mark.II、風景やネイチャーにも持ち出すならX-T2って感じかな。
それに、OM-DにはPEN、X-T2ならX-Pro2と、同じレンズでスタイル別に撮り別けられる楽しみもあるのだが、
今後、EVFを使い続けるのだと思うと、まだ抵抗感が残るので、光学ファインダーを搭載したNikonが良いのか……

それなら、Nikon D300が手頃だと思いつつもAPSサイズじゃフルサイズは撮れない。
フルサイズならクロップすればAPSサイズも撮れるからD750辺りがバランスが良いよな…と思いつつも、
なんだか中途半端な感じだし、無駄な機能が多いし、バッテリーに依存するデジタル機を何台も所有するのは無駄だと思うし、
20万円近く出すなら、FUJIFILM GF670Wが買えるなぁ…でもVelvia 100Fはもう無いしなぁ……
フイルムとの併用を考えなければOM-D E-M1 Mark.IIやX-T2と言う選択肢も在るがEVFが嫌いと、堂々巡り。

この年末も、上京してカメラ屋巡りをする予定だけど、さてどうなる事やら……

キリン ラガービール 「自分らしく、いこう、LAGER STYLE キャンペーン」に当選

DSCF7159.jpg
中古カメラ市から帰宅すると、キリン ラガービール 「自分らしく、いこう、LAGER STYLE キャンペーン」に当選し、
「Bコース 能作 錫ビアタンブラーセット」が送られてきました。

ちょっと早いクリスマスプレゼントですね。

歳末 丸栄中古カメラ・用品大バーゲン

例年通りなら会期中の日曜に古くからの友人2人と行く事が多いのだが、日曜は私の都合が悪く、
それ以外の日程だと今日しかないのだが、一人が残念ながら合わず、もう一人が空いているというので、中古カメラ市に行って来ました。

今回は10時に栄 クリスタル広場で待ち合わせなので、市バスと地下鉄を乗り継ぎ、10時少し前に栄に到着。

午前中は軽く廻りつつ品定めして、11時半過ぎに早めの昼食を撮りに、地下2階のそじ坊に向かう。
流石は祝日か、その時間でも満席だったけど、丁度入れ替わりのタイミングで、待たずに座れました。

食後も再び催事場に向かい品定めするも、今回は年末に上京し、中古カメラ店巡りをする予定で、
東京の中古カメラ店の在庫や相場が頭に入っている事もあって、めぼしい機材は見つからず……

DSCF7157.jpg
そんな中、今回大塚商会さんで見つけたのは、「KONICA MINOLTA α-7 DIGITALのすべて」と「ミノルタ α-7700i、α-3700iのすべて」の2冊。
他に、49mm径のスカイライト1Bを3個、52mm径のスカイライト1Bを1個、55mm径のスカイライト1Bを3個購入。

購入した時に、「コニカミノルタのα-7 DIGITALの本ですが、よろしいでしょうか?」と聞かれたのですが、
私はそちらがメインで、4文字ロゴの家電メーカの方じゃないんですよね(^^;
その後、安藤カメラさんでミノルタの55mm径のレンズキャップ、ゴコー商会さんでケンコー aosta Zephyrのケースを購入し終了。

15時過ぎに会場を出て車で来ている友人に載せてもらい、友人の買い物に付き合ってから、はま寿司で夕食を取っての解散と相成りました。

大物の購入は無かったけど、久しぶりの中古カメラ市で古くからの友人と盛り上がって発散できました。

ただ、帰宅しブログを更新しようと旧デスクトップ機を立ち上げてみると、また立ち上がらなくなってました。
「またか…」と思い、メモリー類を抜き差ししてみるも全く立ち上がる気配なし。
8月に壊れて復活して以来、騙し騙し使いつつ2台置ける環境を構築してきたのに、そろそろ限界なのかな……

2度目なのでそれほど気持ち的に落ち込んではないですが、折角早く帰ってきたのに時間をロスするのが癪でも、
とりあえずHDDを取り出してノートパソコンに繋いでみたら、HDDは生きていてデータがサルベージ出来たので一安心。
だけど年末の上京に向けて、中古カメラ店の在庫一覧を作ったのに、
印刷するにはノートパソコンにプリンターを繋がらなければならず、時間的余裕が無いのがネックです。
あと、折角買ったパソコン自動切換装置が無駄になるなぁ……

前回見たく、東京から帰ってきたら、また直ってないかな……

mini bulb【ミニバルブ】

DSCF7136.jpg
先日、書店に行った際に、面白そうだったので廻したガチャガチャ「mini bulb【ミニバルブ】」です。

ブルーだったので単色の白でしたが、レインボーより電球ぽくて私はこちらの方が良かったですね。
ちゃんと光りますし結構明るいのですが、内蔵されているのがLEDなので発光色は電球っぽくないですが(^^;

キーホルダーでもストラップでもなく、首から掛けれるように長い紐が付いていますが、邪魔だったのでえび結びにしてみました(^^;
流石にこの長さで綺麗なえびは結び難しく、ちょっと雑ですがね。

この状態で、キーチェーンでもつけて鞄にでもつけようかな。

Rail Magazine 2017-2

DSCF7155.jpg

Rail Magazine 2017-2を買ってきました。

Rail Magazineは雑誌にしては高額なので、最近は貨物列車特集などの気になった号だけを購入しています。
今月号は先月号に告知があった通りのEF66特集なので、先月のDD51特集に引き続き購入となりました。
更に、特別付録として「広田尚敬 2017年 名シーンカレンダー」が付いて居るので、1,580円と高額ながら購入しました。

Rail Magazineに日本カメラ、アサヒカメラと読む所の多い雑誌が3冊もあるので、年末年始のツマラナイテレビを見なくて済みそうです。

あとカレンダーも、今月号のRail Magazineに日本カメラ、アサヒカメラの付録に、
東急ハンズで4つ買っているし、三岐鉄道のカレンダーも在って、更に新聞屋からも貰うし、どこに掛けようかな~

日本カメラ と アサヒカメラ

DSCF7154.jpg

1月号の日本カメラとアサヒカメラを買ってきました。

今月号は新春企画らしく、日本カメラが「カメラ&写真 大予言スペシャル」、アサヒカメラが「写真とカメラをめぐる ニッポンの論点」と、
方向性は違うモノの、1月号らしい企画がメインと成っていて、
日本カメラに恒例の「フォトコンテスト2016入賞作品カレンダー」、アサヒカメラには「ミラーレス スタイル02」が付いています。

日本カメラは招福来福で、面白おかしい記事が多く、
「カメラ&写真 大予言スペシャル」は着想から妄想まで、「今月のわくわくショット」は町に溢れるカンバン観察、
「絶対に笑ってはいけない写真」はネタ写真満載の、面白おかしい誌面がメインでした。

アサヒカメラはお堅い記事が中心で、「写真とカメラをめぐる ニッポンの論点」は、
肖像権の問題からスマートフォンやSNS、写真の加工から、フォーマットサイズ、短焦点や銀塩写真など幅広いジャンルを取上げています。
ほかに、「2017年撮影暦」など、マジメな写真表現者向けの誌面のような感じでした。

JR東海:関西線-庄内川橋梁

11月18日、KONICA MINOLTA α-7 DIGITAL 撮影。

快速みえ。1両目と2両目の傾きが違う。
PICT5252.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF APO TELE 300mm F4 G (35mm判換算 450mm相当)
露出:1/800秒、F8.0、ISO400相当、昼光

5380レの石油。久々の原色重連。もしかしたら最後と言う噂も在ったけど、12月15日も走ったね。
PICT5263.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF APO TELE 300mm F4 G (35mm判換算 450mm相当)
露出:1/800秒、F8.0、ISO400相当、昼光

折角なので、アップで狙う。
PICT5265.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF APO TELE 300mm F4 G (35mm判換算 450mm相当)
露出:1/500秒、F8.0、ISO400相当、昼光

75レの石油返空。次位のサイドウィンドウに夕日が光る。
PICT5273.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF APO TELE 300mm F4 G (35mm判換算 450mm相当)
露出:1/400秒、F8.0、ISO800相当、昼光

72レの石油。日が雲に陰り光量不足……だけど、タキ18両と堂々たる編成で、何時までも最後尾が見えずちょっと戸惑ったよ。
PICT5277.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF APO TELE 300mm F4 G (35mm判換算 450mm相当)
露出:1/300秒、F4.5、ISO800相当、昼光

我流酒房 胡麻や

あかりの町並み~美濃の撮影に行った際に立ち寄る事を楽しみにしている"我流酒房 胡麻や"に昨年に引き続き行ってきました。
うだつの上がる町並みの中に溶け込むようにある居酒屋で、料理も美味しく、雰囲気も気に入っているお店です。

R0020819.jpg
先ずは生ビールの中ジョッキを注文。お通しは「煮物」でした。

R0020820.jpg
「揚げシラスの大根サラダ」です。
カリカリに揚がったシラスとシャキシャキ大根に青じそドレッシングと大葉の風味でさっぱりとしたサラダで美味しかったです。

R0020821.jpg
「ポテもち明太ソースチーズ焼き」です。
アツアツでとろとろで、チーズの端がカリカリになっていて、良いアクセントになってました。

R0020822.jpg
生ビールの中ジョッキ 2杯目。今年はペースが速い?

R0020824.jpg
「串盛り合わせ」です。
自家製つくね、せせり、鶏もも、豚ネギ間、砂肝の盛り合わせの定番の焼き鳥。

R0020825.jpg
そろそろ日本酒と思い、先ずは「百春」。岐阜のお酒で辛口のしっかりとしたお酒です。

R0020827.jpg
「そば揚げ」です。
そばを揚げて塩で頂きます。ぽりぽりした食感と広がるソバの風味が美味しかったです。

R0020828.jpg
「刺身6種盛り合わせ」です。
マグロ、サーモン、ブリ、鯛、イカ、ホタテ、カツオのたたきの6種類、鮮度も良く美味しかったです。

R0020832.jpg
「カニクリームコロッケ」です。
カニクリームコロッケの上に、更に追い蟹。見た目も豪華で、カニの風味が濃厚で美味しかったです。

R0020833.jpg
2杯目は「御世桜」。岐阜のお酒で華やかな香りのバランスの良いお酒でした。昨年とは逆順でした。

R0020835.jpg
「とり皮餃子」です。
パリとした鳥皮とジューシーな具がマッチして美味しかったです。

R0020837.jpg
「出し巻き玉子」です。
シンプルだけど、とろりとした食感とあわせて美味しかったです。

R0020840.jpg
「梅しそじゃこ飯」です。
梅干、しそ、じゃこの上に更にのり。ご飯のお供が多くてシメにも最適でした。

今回も個室を選んだので、落ち着いて飲めて良かったですし、
店員さんも気さくな感じで雰囲気が良く、料理も美味しいですし、楽しく飲めるので好きなお店です。

ネックは、美濃市駅の美濃太田行きの最終が21:42発と、あまりノンビリしていられない事と、
コレだけ飲んで3回も乗換えをして、帰宅が日付を越える直前に成る事ですね。
それでも、来年もあかりの町並み~美濃を撮影して、「我流酒房 胡麻や」で一杯やりたいですね。

あかりの町並み~美濃 3

11月16日、CONTAX G2D 撮影。

薔薇のようなあかりを上から狙ってみる。
2016-11-16_03-24.jpg
カメラ:CONTAX G2D
レンズ:Carl Zeiss BiogonT* 28mm F2.8
露出:0.7秒、F11.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (063-306)

帳場から漏れる光とあかり。
2016-11-16_03-26.jpg
カメラ:CONTAX G2D
レンズ:Carl Zeiss BiogonT* 28mm F2.8
露出:4秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (063-306)

格子戸と市松模様のあかり。
2016-11-16_03-31.jpg
カメラ:CONTAX G2D
レンズ:Carl Zeiss BiogonT* 28mm F2.8
露出:2秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (063-306)

日も暮れ、あかりがより一段と輝く。
2016-11-16_03-36.jpg
カメラ:CONTAX G2D
レンズ:Carl Zeiss BiogonT* 28mm F2.8
露出:5.6秒、F11.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (063-306)

あかりの町並み~美濃 2

11月16日、CONTAX G2D 撮影。

金平糖のようなあかり。人気の作品でした。
2016-11-16_02-33.jpg
カメラ:CONTAX G2D
レンズ:Carl Zeiss BiogonT* 28mm F2.8
露出:4秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (063-306)

まだ空が赤く染まっている。
2016-11-16_02-36.jpg
カメラ:CONTAX G2D
レンズ:Carl Zeiss BiogonT* 28mm F2.8
露出:1.4秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (063-306)

格子戸とあかり。
2016-11-16_03-05.jpg
カメラ:CONTAX G2D
レンズ:Carl Zeiss BiogonT* 28mm F2.8
露出:2秒、F4.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (063-306)

一際、白さが際立ってました。LEDを使っているのかな?
2016-11-16_03-17.jpg
カメラ:CONTAX G2D
レンズ:Carl Zeiss BiogonT* 28mm F2.8
露出:4秒、F5.6
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (063-306)

あかりの町並み~美濃 1

11月16日、CONTAX G2D 撮影。

夕暮れの美濃市。まだあかりは灯っていないモノが多い。
2016-11-16_02-15.jpg
カメラ:CONTAX G2D
レンズ:Carl Zeiss BiogonT* 28mm F2.8
露出:1/250秒、F5.6
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (063-306)

日が暮れるにつれ、あかりが灯り始める。
2016-11-16_02-29.jpg
カメラ:CONTAX G2D
レンズ:Carl Zeiss BiogonT* 28mm F2.8
露出:4秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (063-306)

黄昏時、フォトジェニックな一瞬。
2016-11-16_02-30.jpg
カメラ:CONTAX G2D
レンズ:Carl Zeiss BiogonT* 28mm F2.8
露出:8秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (063-306)

一番星、みつけた。
2016-11-16_02-32.jpg
カメラ:CONTAX G2D
レンズ:Carl Zeiss BiogonT* 28mm F2.8
露出:8秒、F5.6
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (063-306)

岩村町 水半名物販売所謹製 菊牛蒡味噌漬

毎年注文している岩村醸造の「飲みくらべ頒布会 第3回」が先日、届きました。

飲みくらべ頒布会は今年で8年目の注文です。
寒い冬場はビールが余り進まず、最近は焼酎のお湯割りを楽しんだりもしますが、日本酒が良いので今年も注文しました。

DSCF7153.jpg
今回の頒布会には、岩村町 水半名物販売所謹製 菊牛蒡味噌漬が付いています。

山牛蒡の味噌漬けですが、断面が菊のように見えるので菊牛蒡と呼ばれていいるそうです。
味噌の風味とカリッとした歯応えが印象的で、日本酒によく合います。

岩村醸造 「女城主 純米吟醸 金箔入」

毎年注文している岩村醸造の「飲みくらべ頒布会 第3回」が先日、届きました。

飲みくらべ頒布会は今年で8年目の注文です。
寒い冬場はビールが余り進まず、最近は焼酎のお湯割りを楽しんだりもしますが、日本酒が良いので今年も注文しました。

DSCF7151.jpg
今回は頒布会としては珍しいラインナップですが、お正月らしい「女城主 純米吟醸 金箔入」です。

金箔入りの日本酒と言うと、ちょっと色物的だったり安酒を高級そうに見せようとしていたりと、余り良いイメージが無いのですが、
岩村醸造は、贅沢にも純米吟醸酒に金箔が入っています。
金箔は無味無臭なので、リンゴのような酸味と軽やかな香りの高さは純米吟醸そのものです。

日本酒度:+3
酸度:1.7
アルコール度数:15.6%
原料米:ひだほまれ
精米歩合(麹):50%精米
精米歩合(掛):50%精米
飲み頃温度:冷や

和の小物 坂東 「郡上踊猫」

DSCF7133.jpg
郡上八幡郵便局の辻向かい辺りにある、「和の小物 坂東」の「郡上踊猫」です。

左側の茶色いネコを今回お迎えして、右側の白いネコは2011年8月にお迎えしました。
その後、2011年11月に「温泉ねこ」をお迎えしたのですが、その後は訪問する日が定休日続きで、今年ようやく定休日以外の日に訪問する事が出来ました。

今回は踊っているネコを選びましたが、他にも太鼓や笛、三味線などの楽器を手にしたネコたちに、
釣竿を持った猫たちも居るので、追々揃えていきたいですね。

紅葉色ずく郡上八幡 1

11月16日、Ricoh GR DIGITAL III 撮影。

落葉に降り注ぐ木漏れ日。
R0020739.jpg
カメラ:Ricoh GR DIGITAL III + GR Lens 6mmF1.9 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/64秒、F4.0
ISO感度:ISO100相当

狭間の額縁。
R0020752.jpg
カメラ:Ricoh GR DIGITAL III + GR Lens 6mmF1.9 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/97秒、F5.6
ISO感度:ISO100相当

狭間からの光。
R0020757.jpg
カメラ:Ricoh GR DIGITAL III + GR Lens 6mmF1.9 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/68秒、F4.0、-0.7段補正
ISO感度:ISO100相当

苔むした石垣にも紅葉。
R0020776.jpg
カメラ:Ricoh GR DIGITAL III + GR Lens 6mmF1.9 (35mm判換算:28mm相当)
露出:1/64秒、F5.6
ISO感度:ISO100相当

流響の里 レストラン 「古地鶏カツ丼定食 わさび風味」

郡上八幡城下町プラザの並びにある「流響の里」の2階に在るレストラン。
主に外国人団体観光客相手のようですが、個人客も利用できます。

R0020792.jpg
一般メニューの「古地鶏カツ丼定食 わさび風味」で、1,330円です。

わさび風味ソースの古地鶏カツ丼定食に、小鉢2品、みそ汁、香の物がセットになった定食。
メニュー写真よりカツが小さいのが残念ですが、サクサクのカツはワサビ風味のソースと刻み大葉であっさりと戴けます。
味噌汁のコンニャクが妙に柔らかかったけど、煮すぎなのかなぁ……

紅葉色ずく郡上八幡 2

11月16日、CONTAX G2D 撮影。

櫓付近から見下ろす紅葉。
2016-11-16_01-26.jpg
カメラ:CONTAX G2D
レンズ:Carl Zeiss BiogonT* 28mm F2.8
露出:1/90秒、F8.0
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

城に紅葉は良く似合う。
2016-11-16_01-28.jpg
カメラ:CONTAX G2D
レンズ:Carl Zeiss BiogonT* 28mm F2.8
露出:1/180秒、F11.0
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

紅葉越しのしゃちほこ。
2016-11-16_01-31.jpg
カメラ:CONTAX G2D
レンズ:Calr Zeiss SonnarT* 90mm F2.8
露出:1/125秒、F5.6、+0.7段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

吉田川を渡り駅に向かう。
2016-11-16_02-08.jpg
カメラ:CONTAX G2D
レンズ:Carl Zeiss BiogonT* 28mm F2.8
露出:1/125秒、F5.6
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (063-306)

紅葉色ずく郡上八幡 1

11月16日、CONTAX G2D 撮影。

町を見下ろす石灯篭と色ずく紅葉。
2016-11-16_01-06.jpg
カメラ:CONTAX G2D
レンズ:Carl Zeiss BiogonT* 28mm F2.8
露出:1/90秒、F5.6
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

郡上八幡城。赤い絨毯と赤い天井。
2016-11-16_01-16.jpg
カメラ:CONTAX G2D
レンズ:Carl Zeiss BiogonT* 28mm F2.8
露出:1/180秒、F5.6
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

こちらは黄色い天井と赤い絨毯。
2016-11-16_01-18.jpg
カメラ:CONTAX G2D
レンズ:Carl Zeiss BiogonT* 28mm F2.8
露出:1/60秒、F5.6
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

「天主炎上」とも言われるほど鮮やかな紅葉。
2016-11-16_01-21.jpg
カメラ:CONTAX G2D
レンズ:Carl Zeiss BiogonT* 28mm F2.8
露出:1/125秒、F8.0、-0.7段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia 100 (479-401)

酒蔵みてある記 青木酒造

R0021026.jpg
近鉄主催の「酒蔵みてある記」に久しぶりに参加して来ました。

前回は2015年2月28日の早川酒造部に参加しましたが、その前は2013年3月2日の寒紅梅酒造と、ちょっと間が空いているんですよ。
その理由は、人混みが嫌になったのと、人が多かったりして思った以上に撮影する場所が少ない感じでね。

今では益々人混みは嫌いになったけど、最近は一眼レフや中判カメラばかりを使って居るので、
久しぶりにカメラ片手の気軽な散策をしようと思い、酒蔵みてある記 青木酒造に参加してみる事にしました。

今日の機材は、Rollei B35とRicoh GR DIGITAL IIIを、 Photo M 「Parcferme 一眼用3Wayカメラバッグ」に入れる軽量セット。
最寄り駅から近鉄に乗り、電車に乗っている間も撮影地が無いかロケハンしつつ、近鉄弥富駅で下車。

近鉄弥富駅で受付を済ませ、何時もDD51を追いかけている沿線をRollei B35片手に歩くのは中々新鮮な感じがしました。
最初のポイントが大楠が有名な薬師寺(鯏浦城跡)を目指す。

R0021062.jpg
その後、難畑地蔵尊、興善寺地蔵と巡り、
各所でボランティアガイドの方から丁寧な説明をしてもらい、弥富って意外と歴史が在るのだな…と感心しました。

その後撮影しながら、青木酒造に到着。
某焼鳥店オリジナルの日本酒も青木酒造のお酒なんだけど、青木酒造オリジナルの日本酒ははじめて。

酒蔵内を見学し試飲させてもらってから、
「若水 純米 手汲酒」、「若水 純米しぼりたて」、「米宗 完全発酵純米酒 初しぼり」の4合瓶と、「米宗 純米ゆず酒」を購入。

その後、弥富駅に向かいながら撮影を続けていると、シャッターが切れなかった。
巻上を忘れたのかと思い巻上げレバーを操作しても手応えが無く、何度も巻上げられるのだがシャッターは切れず……遂に壊れたか。
仕方が無いので、27枚ほどしか撮っていないフイルムを巻き戻し、裏ブタを空けてみるも状況判らず。

今度、暇を見て分解してみてもいいけど、大方巻上げユニットのギア破損だろうから手に負えないが、
頻繁に使うカメラでもないからお金を掛けて直すのもね。
でも、使えないとなると寂しいし、唯一のトリオター搭載機だからなぁ……

時間も12時半を過ぎたところだったので、往路で見つけた「和楽亭」と行く中華料理店により道。
蟹あんかけチャーハンが名物のようだけれど、初めての店だったのでランチメニューのチャーハンラーメンセットを注文。
チャーハンとミニラーメンと大ぶりのからあげ二個で、丁度良いボリュームとあっさりとした味わいは好みで美味しかったです。

その後、弥富駅まで歩き、ちょっと寄り道して用事を済ませたかったので帰路はJRを使って帰る事にしました。

JR東海:関西線-新川橋梁

11月12日、KONICA MINOLTA α-7 DIGITAL撮影。

75レの石油返空の前走り普通。
PICT5236.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:TAMRON SP AF 70-200mm F2.8Di [IF] MACRO (85mm:35mm判換算 127.5mm相当)
露出:1/500秒、F5.6、ISO400相当、昼光

メインの75レの石油返空。思いのほか月の高度が高いし、電線が邪魔だった……
PICT5238.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:TAMRON SP AF 70-200mm F2.8Di [IF] MACRO (80mm:35mm判換算 120mm相当)
露出:1/500秒、F5.6、ISO400相当、昼光

変換アダプターを買いました

DSCF7141.jpg
前回、購入したDVI-HDMI変換アダプターが、間違えてDVI-IタイプじゃなくDVI-Dタイプを購入していたので、改めて買いなおしました。

今回は、「Ugreen ハイスピード HDMI-DVI 変換ケーブル DVI-HDMI 金メッキ端子(タイプAオス- DVI24+5 DVI-I メス)」を購入したのですが、
間違いに気付いてから購入するまでに更に一週間……
699円と安いモノに送料を掛けるのがバカらしいので、他に纏めて買う物が無いか考えてからの発注だったのでね。

序に買ったのが、「エトランジェディコスタリカ フリーペーパー A4 ブラック」。
コレも、「まとめ買い対象商品」とかで、2,000円以上買わないと売らないなんていう殿様商売に不快感を感じるんだけど、
近所の店で見かけないので、こう言う時に纏め買いしました。

画像編集ソフトや表計算ソフト、セキュリティソフトなどを除けば、セットアップするのに必要な物は揃ったけど、
今年中は、撮影に酒蔵巡りに大掃除にし、年末の上京前に美容院にも行きたいから、今年中に電源が入るのかなぁ……

長野県松本市のマンホール

R0020493.jpg
長野県松本市の下水道用マンホールの蓋で、松本郵便局付近で撮影しました。

松本市の伝統民芸品である「松本手まり」を全面にデザインした標準サイズのマンホールのカラー仕様の蓋で、
上部に「松本」「てまり」と小さく表記されています。

R0020490.jpg
取り付け管用だと思われる小口径のマンホールも同一デザインが採用されていました。

カラー仕様の方が手まりの鮮やかさが表現出来ていて良いと思います。

山燃ゆる木崎湖 2

11月7日、MINOLTA TC-1 撮影。

和舟が二艘。
2016-11-07_tc-1_03-28.jpg
MINOLTA TC-1 + G ROKKOR 28mmF3.5 + FUJICHROME PROVIA 100F(036-306)

夕暮れ迫る木崎湖。人の気配に気付いた野鳥が逃げていく波紋が美しい。
2016-11-07_tc-1_03-30.jpg
MINOLTA TC-1 + G ROKKOR 28mmF3.5 + FUJICHROME PROVIA 100F(036-306)

夕暮れ迫る木崎湖。
2016-11-07_tc-1_03-32.jpg
MINOLTA TC-1 + G ROKKOR 28mmF3.5 + FUJICHROME PROVIA 100F(036-306)

夕暮れ迫る木崎湖に流れ込む一筋の小川。
2016-11-07_tc-1_03-34.jpg
MINOLTA TC-1 + G ROKKOR 28mmF3.5 + FUJICHROME PROVIA 100F(036-306)
プロフィール

PoLo

Author:PoLo
~未来は何処の空の下へ~
へようこそ!

「銀塩カメラ・銀塩写真」、「国内旅行」
「お酒」、「美味しい食べ物」、
「自転車」、「鉄道(客車・貨物等)」、
「ガーデニング」、「機械式時計」、
「I've Sound」が
好きな放蕩者の管理人PoLoが、
ストイックに物欲・写欲を追求し、
思いのままに書き連ねるブログです。

被写体は、風景や古い街並み、
夜景、ネイチャー、鉄道です。
撮影はリバーサルフイルムを使用し
外注現像・スキャンに時間が掛かるので
更新は撮影から1ヵ月後を目標とします

2013年5月にα Sweet DIGITAL、
2014年8月にα-7 DIGITAL
2017年5月にD700を購入するも、
メインはフイルムから変わらず、
毎月フイルム5本撮る事を目標に、
色々な被写体を撮影しています。

誹謗、中傷、差別的発言、暴言、
猥褻・卑猥な言葉、事業者による宣伝、
記事内容と無関係な内容、
礼節を重んじない不快な投稿や、
道義的・法的に問題があるサイト、
有料・有害サイトへの誘導リンク等は、
管理人の裁量で削除します。

トラックバックは、
成人向けや出会い系サイトが多く、
不快なので受付けていません。

細心の注意を払っていますが、
趣味の範囲内での運営であり、
文章中の誤字・脱字、情報の誤り等、
ご指摘いただければ修正いたしますが、
思想・価値観の違い等による批判は、
一切の聞く耳を持たず削除します。

当ブログの情報により、
不都合・不利益を被られても、
当方は一切の責任は負いかねます。

写真・文章の
無断使用・無断転載・無断直リンク等は
如何なる理由でも一切禁止します。
転売目的の出品者を不快に思うので、
特にオークションからの直リンクは、
厳重に禁止します。

迷子の黒猫 Maukie
ネコ温度計
東京ステーションシティ
列車フラッシュ撮影自粛同盟

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード