三岐鉄道 北勢線 西別所駅

10月29日、フイルム撮影分~

1本もまともに撮れて居ないので最後の望みと西別所駅で下車し、踏切通過後に後追い撮影。
2015-10-29_31.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 MACRO XR Di (75mm付近)
シャッター速度:1/30秒
絞り:F2.8
露出補正:-0.3段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (061-407)

側面をとる前に発車してしまったので慌てて撮影するも僅かに被写体ブレ…夕日もイマイチだし……記録として掲載(^^;
2015-10-29_32.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 MACRO XR Di (75mm付近)
シャッター速度:1/40秒
絞り:F2.8
露出補正:-0.3段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (061-407)

三岐鉄道 北勢線 山田川橋梁

10月29日、フイルム撮影分~

ようやくやってきた"ナロウィントレイン"だけど、空が残念な感じ……
2015-10-29_21.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 MACRO XR Di (60mm付近)
シャッター速度:1/160秒
絞り:F4.0
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (061-407)

次の列車は薄日が差してくれたんだけどねぇ~
2015-10-29_26.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 MACRO XR Di (75mm付近)
シャッター速度:1/200秒
絞り:F4.0
露出補正:+0.3段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (061-407)

三岐鉄道 北勢線 めがね橋付近

10月29日、フイルム撮影分~

護国神社の鳥居と北勢線。全国的にも珍しいナローゲージと、割と珍しいと思う曲がった参道の組み合わせ。
2015-10-29_01.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 MACRO XR Di (75mm付近)
シャッター速度:1/160秒
絞り:F4.0
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (061-407)

土木遺産の「めがね橋」を渡る。
2015-10-29_06.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 MACRO XR Di (35mm付近)
シャッター速度:1/200秒
絞り:F4.0
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (061-407)

旧三重交通軌道線色に塗られた1両を正面から狙う。
2015-10-29_11.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:TAMRON SP AF 70-200mm F2.8 Di [IF] MACRO (200mm付近)
シャッター速度:1/200秒
絞り:F4.0
露出補正:+0.7段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F (061-407)

キリン 一番搾り 滋賀づくり 初搾り

キリン一番搾りの「全国9工場の醸造家がつくる9つの一番搾り プレゼントキャンペーン」で貰った「キリン 一番搾り 滋賀づくり 初搾り」
暑い時期はついガブガブ飲んでしまうので、少し涼しくなってきた今、味わいながらを呑んでみました。

DSCF6529.jpg
キリン一番搾りの限定品で、全国の醸造工場がその地域の特色を打ち出した地域密着型の商品キャンペーン限定非売品仕様。

DSCF6530.jpg
通常の一番搾り同様に副原料を使わず、麦芽とホップだけを使用してつくられているが、アルコール度数が5.5%と僅かに強めの滋賀づくり。

口当たりは軽いホップの香りを感じ、穀物感は余り感じず、
後味は苦味は少なく軽い甘さが残り、濃くはまり感じずすっと引いていく、スムーズですっきりとした上品な感じのビール。

あっさりとしたビールなので濃いビールが好きな人には合わないでしょうが、私は割と好きな部類ですし、食中酒にも最適ですね。

原材料:麦芽・ホップ
アルコール分:5.5%
内容量:350ml

シャコバサボテンが咲きました

1鉢枯れてしまい残ったもう一鉢も枯れかけていたので、葉を短く剪定し植え替えをしたら元気になって、今年は沢山の花を咲かせました。

序に、CASIO EXILIM EX-ZS35のテストも兼ねてみました。

CIMG0059.jpg
「オート」で撮影。シャッター速度:1/125秒、絞り:F3.5、ISO感度:ISO200、露出プログラム:標準

CIMG0055.jpg
「ベストショット 花を写します」で撮影。シャッター速度:1/125秒、絞り:F3.5、ISO感度:ISO200、露出プログラム:標準

露出プログラムは、「オート」も「ベストショット 花を写します」も同じ。
僅かに「ベストショット 花を写します」の方が明るく写っているのですが、悪く言えばハイライトが飛び気味な感じですね。

鉢は日陰においてあるのですが、ホワイトバランスはオートでもソコソコの色を出してはくれますね。

犯罪警察官の「匿名報道」と「実名報道」の差は一体?

相変わらず警察官による犯罪が後をたちませんが、匿名報道と実名報道の差は一体何なんでしょうか?

愛知県警中川署警察官 痴漢容疑で書類送検

---以下、リンク先より引用---
愛知県警中川署に勤めていた30代の男性巡査部長が名古屋市中村区の名古屋駅で女性の体を触った疑いで書類送検されていたことが26日、分かった。
県警によると、中川署の地域課に勤務していた男性巡査部長は先月23日夜、名古屋駅で電車を降りる際、女性の体を服の上から触った疑いがもたれている。
男性巡査部長はその場から逃走したが、その後の捜査で関与した疑いが浮上し、警察が事情を聴いたところ容疑を認めたという。
県警は今月13日、県の迷惑防止条例違反の疑いで書類送検し、男性巡査部長は同日、依願退職した。
事件当日、男性巡査部長は非番で、「酒を飲んだ後だった。衝動的にやってしまった」という趣旨の説明をしているという。

(中京テレビ)
---以上、リンク先より引用---

愛知県警は8月に、強姦未遂、虚偽の補導票作成、証拠変造・隠滅、と立て続けに逮捕者を出しているけど、
流石に、強姦未遂の望月康太容疑者(当時)は実名報道されましたが、
虚偽の補導票作成、証拠変造・隠滅は匿名報道で、証拠変造・隠滅の2警官(当時)は依願退職している。

そして今回の痴漢巡査部長も匿名報道で依願退職をしている。

正直、犯罪を犯した警察官の依願退職を何で認めるのか、私には疑問だし、「盗人に追い銭」とはまさにこの事だろう。

しかも、匿名報道で依願退職だから、どうで警察関連団体に何食わぬ顔して再就職してるんじゃない?
タクシー会社のヤクザ紛いの事故処理係とか、ゆすりたかりレベルの交通安全協会とか、警察の天下り団体なのは都市伝説じゃないよね?

しかも、何で警察官の犯罪って、立て続けに報道されるんでしょうね?

女子高生に性的暴行 警視庁巡査部長を逮捕

---以下、リンク先より引用---
警視庁の警察官の男が女子高校生を脅してホテルに連れ込み、性的暴行を加えたなどとして逮捕された。
強姦致傷などの疑いで逮捕されたのは、警視庁千住警察署の巡査部長・小野寺毅容疑者(35)。
埼玉県警によると、小野寺容疑者は今年5月、埼玉・富士見市の路上で女子高校生に携帯電話で女性の体の画像を見せ、「盗撮防止の仕事をしている。協力しないとあなたの個人情報が流出する」などとウソを言って近くのホテルに連れ込んだ。
そして、女子高校生の顔にカッターナイフを突きつけて「抵抗したら殺す」と脅した上、性的暴行を加えて全治1週間のケガをさせた疑いが持たれている。
小野寺容疑者は容疑を認め、「タイプの子だった」と供述しているという。
警視庁は、「職員がこのような容疑で逮捕されたことは極めて遺憾。捜査結果を踏まえ、厳正に対処したい」とコメントしている。

(中京テレビ)
---以上、リンク先より引用---

流石に強姦巡査部長は実名報道されましたね。
捜査を装ってホテルに連れ込み、カッターナイフで脅すなんて、何て性質の悪い警察官なんでしょう。
情状酌量の余地なし。悪質だし、取り締まる側の人間が犯した犯罪は、一般市民より重罪にしてもらいたいモノだね。

いっその事、某ボクサーみたいに、ちょん切っちゃえば良いんじゃない?


それ以上に、警視庁のコメント、何様のつもり?

「職員がこのような容疑で逮捕されたことは極めて遺憾。捜査結果を踏まえ、厳正に対処したい」

ってさ、あんたら被害者への謝罪も無く、「思い通りに事が運ばなくて残念」程度の感想を述べるだけって……
結局、警察官って被害者の事より身内の体裁守りたいだけじゃないの?

ほら、テレビ番組の「警察24時」とかで、たかがスピード違反如きに、
「事故を起したら被害者が云々閑雲」と懇々と説教たれてる警察官登場するでしょ?
そのクセに、「身内から犯罪者出しちゃった…残念」程度のコメントって…警察官の本心が垣間見えるよね。

それとも、若い頃は正義感に燃えていても、ある程度の役職者になると自己保身の重要なのかね?


---以下、余談---

続きを読む

JR東海:関西線-春田駅

10月20日、フイルム撮影分~

5380レの石油は蟹江駅で追越し春田駅で待ち受ける。一線スルー式特有の右側通行も多分ココだけの光景。
2015-10-20_28.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 70-300mm F4.5-5.6G VR IF (70mm)
シャッター速度:1/640秒
絞り:F5.6
露出補正:+0.7段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-405)

ワイドビュー南紀も右側通行で高速走行を維持。
2015-10-20_29.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 70-300mm F4.5-5.6G VR IF (200mm)
シャッター速度:1/320秒
絞り:F8.0
露出補正:+1.0段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-405)

夕日に染まる72レの石油。
シャッター速度が稼げなくて厳しい時期だけど、運転士さんがゆっくり入線してくれたのでブレずに撮れたし良い色が出た。
2015-10-20_32.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 70-300mm F4.5-5.6G VR IF (200mm)
シャッター速度:1/250秒
絞り:F5.6
露出補正:+0.3段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-405)

同じく72レの石油。引いて撮るとこんな感じ。
2015-10-20_33.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 70-300mm F4.5-5.6G VR IF (70mm)
シャッター速度:1/125秒
絞り:F5.6
露出補正:+0.3段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-405)

72レの石油と75レの石油変空の交換。
2001年に出来た新参の春田駅で古豪のDD51が交換する。ISO400でも露出が厳しいね……
2015-10-20_36.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 70-300mm F4.5-5.6G VR IF (300mm)
シャッター速度:1/200秒
絞り:F5.6
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-405)

JR東海:関西線-富田浜駅

10月20日、フイルム撮影分~

ちょっと時間が空くので、5380レの石油を富田浜駅まで迎えに行く。ココも高架橋が目立つけど、白っぽい空を隠せるからアリかな。
2015-10-20_25.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 70-300mm F4.5-5.6G VR IF (300mm)
シャッター速度:1/1250秒
絞り:F6.3
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-405)

メインは5367レのセメント。関西線で数少ない順光で撮れる場所。
2015-10-20_27.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 70-300mm F4.5-5.6G VR IF (135mm)
シャッター速度:1/1250秒
絞り:F8.0
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-405)

JR東海:関西線-弥富駅

10月20日、フイルム撮影分~

2080レのコンテナ。国鉄色牽引なのが分かっていたので、編成写真が撮り易い弥富駅で撮影。
2015-10-20_23.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 70-300mm F4.5-5.6G VR IF (135mm)
シャッター速度:1/1250秒
絞り:F5.6
露出補正:+0.3段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-405)

JR東海:関西線-弥富駅付近

10月20日、フイルム撮影分~

最近、狙っている構図が在るので好んで向かっている弥富駅西で、キハ85系ワイドビュー南紀を撮影。
2015-10-20_07.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 70-300mm F4.5-5.6G VR IF (300mm)
シャッター速度:1/500秒
絞り:F8.0
露出補正:+0.7段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-405)

式年遷宮が終わったからか快速みえが昼間2両化されたので、4両の快速みえは余り撮る機会が無い。
2015-10-20_08.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 70-300mm F4.5-5.6G VR IF (300mm)
シャッター速度:1/500秒
絞り:F8.0
露出補正:+0.7段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-405)

5282レの石油。迫力は在るけどちょっと窮屈な感じ。
2015-10-20_10.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 70-300mm F4.5-5.6G VR IF (135mm)
シャッター速度:1/640秒
絞り:F8.0
露出補正:+0.7段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-405)

2089レのコンテナ。尻切れ覚悟でエキゾーストを上げて力行するシーン狙い。
欲を言えば、ノッチを入れた瞬間の「黒煙ブワッ」を撮りたいんだけどね。
2015-10-20_13.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 70-300mm F4.5-5.6G VR IF (200mm)
シャッター速度:1/800秒
絞り:F8.0
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-405)

79レの石油返空は重連単機。DD51 1028の綺麗な感じは出せたけど、軽い単機じゃエキゾーストは期待できなかった……
2015-10-20_17.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 70-300mm F4.5-5.6G VR IF (180mm)
シャッター速度:1/1000秒
絞り:F8.0
露出補正:+0.3段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-405)

JR東海:関西線-下ノ割踏切

10月20日、フイルム撮影分~

綺麗な編成写真が撮れる場所。高架橋が目立つけど曇った空を隠せるからこれもアリかな。
2015-10-20_02.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 70-300mm F4.5-5.6G VR IF (300mm)
シャッター速度:1/500秒
絞り:F8.0
露出補正:+0.7段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-405)

長い貨物列車だと尻切れになっちゃうけど、短い普通列車ならソコソコ撮れる。
2015-10-20_05.jpg
カメラ:Nikon F6
レンズ:Nikon AF-S 70-300mm F4.5-5.6G VR IF (70mm)
シャッター速度:1/1000秒
絞り:F8.0
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X(111-405)

キリン 一番搾り 名古屋づくり 初搾り

キリン一番搾りの「全国9工場の醸造家がつくる9つの一番搾り プレゼントキャンペーン」で貰った「キリン 一番搾り 名古屋づくり 初搾り」
暑い時期はついガブガブ飲んでしまうので、少し涼しくなってきた今、味わいながらを呑んでみました。

DSCF6527.jpg
キリン一番搾りの限定品で、全国の醸造工場がその地域の特色を打ち出した地域密着型の商品キャンペーン限定非売品仕様。

DSCF6528.jpg
通常の一番搾り同様に副原料を使わず、麦芽とホップだけを使用してつくられているが、アルコール度数が5.5%と僅かに強めの名古屋づくり。

味噌煮込みやみそかつ、手羽先等の名古屋名物と同じように色も味わいも濃いビール。
余りホップ感は感じませんが、穀物感が強く味が濃くコクがあり、僅かな甘味を感じるものの、苦味の強いビールですね。

原材料:麦芽・ホップ
アルコール分:5.5%
内容量:350ml

FUJIFILM GF670 Professionalで愛岐トンネル群の紅葉を撮る

今日は何処の紅葉を撮りに行こうか悩んだんだけど、数日前に新聞で見かけた愛岐トンネル群公開に3年ぶりに行くことにしました。
そのお陰で、今月末が有効期限の明治村の住民登録(年間パスポート)の更新が出来るか微妙に成ってきたんですけどね。

今日の機材は、FUJIFILM GF670 ProfessionalとRicoh GR DIGITAL IIIと、専用フードと予備電池に、
ペットボトルのお茶とLEDライトをARTISAN&ARTIST ACAM-7000に入れる。

足場が悪い場所にGF670を持って行くのはちょっと心配なんだけど、
先週、郡上八幡を歩いた時に軽い機材で撮り歩きたい気分になったし、
最終ロットのVelvia 100Fの120サイズの在庫が沢山在るから、好きなVelvia 100Fで撮ってやろうと思ってね。

余り早くいっても仕方が無いので、名古屋9:46発の快速に乗る予定が、昨晩から腰痛が酷くて……
行くのを止めようかとと思ったんだけど、折角の晴天の公休日を下らないTV番組を見て過ごすのは精神的に苦痛なので、
一本遅らせて10:09発の乗車し定光寺10:42着。

R0018211.jpg
紅葉はまだ早かったか、先のほうだけ色付いている状態でした。
コレはコレで綺麗なグラデーションなんだけど、GF670だけじゃちょっと取り難いのも事実。
足場も悪い所なのでレンズ交換は不便なんだけど、高倍率ズームはつまらないから嫌いなんだよね。

R0018177.jpg
他にも間伐材(?)で造られたニホンカモシカのオブジェ。
雰囲気も良く、良い被写体だったので撮影していたら、製作者の方に声を掛けられ暫し雑談。
ココのNPOの人達って、なんだか楽しそうなので、私達も楽しくなれるので、私はこの空間が好きなんですよね。

ゆっくり撮影し、復路は新コースの川原に下りたりしながら定光寺駅に戻る。

R0018322.jpg
定光寺駅のホームに入ると南松本行きのタンカーが下っていきました。
タンカーが来るとは思って無かったので前からは撮れず後追い撮影になりましたが、関西線も良いけど偶には中央線まで足を伸ばそうかな。

そして、定光寺14:43発の快速に乗車し名古屋15:13着。
直帰するには早い時間なので、東急ハンズで来年のカレンダーと手帳用リフィルを購入し、通勤用の鞄を物色。
時間もあったので、名鉄メンズ館にも足を伸ばしてみるも、私が気に入る鞄は見つかりませんでした。

2時間程滞在し帰路に着くのだが、折角なので最寄の回転寿司屋で夕食を取って帰る事にする。
ん~、今月は外食が多くて財布がピンチだよ。まだ呑み会に忘年会に中古カメラ市と……出費が嵩むねぇ(^^;

旅と鉄道 1月号

DSCF6682.jpg

別冊を除き、書店に取り置きを頼んである、「旅と鉄道」の9月号を買ってきました。

今月号はカシオペアを中心にした最後の夜行列車特集。
狭義で言うブルートレインは全廃され、シルバーボディの眩しいカシオペアも廃止が発表され、残るは寝台列車のサンライズ瀬戸・出雲のみ。
画一的な新幹線ばかりが持て囃され、益々旅情が失われていくのが残念で成りませんが、
カウントダウンが始まった今、カシオペアに乗るのも難しいだろうからなぁ……

あと、クルーズトレインも特集していますが、JR九州のななつ星の価格を見れば、庶民が乗るのは無理。
北斗星やトワイライトエクスプレス、カシオペアあたりなら頑張れば乗れたけど、クルーズトレインは頑張っても乗れないでしょ。

あと、寺社への初詣と観光特急を組み合わせた特集は、タイムリーな記事だと思いました。

キリン 一番搾り 横浜づくり 初搾り

キリン一番搾りの「全国9工場の醸造家がつくる9つの一番搾り プレゼントキャンペーン」で貰った「キリン 一番搾り 横浜づくり 初搾り」
暑い時期はついガブガブ飲んでしまうので、少し涼しくなってきた今、味わいながらを呑んでみました。

DSCF6525.jpg
キリン一番搾りの限定品で、全国の醸造工場がその地域の特色を打ち出した地域密着型の商品キャンペーン限定非売品仕様。

DSCF6526.jpg
通常の一番搾り同様に副原料を使わず、麦芽とホップだけを使用してつくられているが、アルコール度数が6%とちょっと強めの横浜づくり。

ホップの香り高く麦芽の穀物感を強く感じ濃厚なコクがありフルーティな感じ。
「取手づくり」と似た系統なんだけど「横浜づくり」の方が味が濃いが、嫌味は無くクリアな味わい。
甘味も感じられるが苦味の方が強く、後味は穀物感と苦味が余韻を残すように後を引く感じ。

濃厚で後を引くので食中酒にするには肴を選ぶ感じですね。

原材料:麦芽・ホップ
アルコール分:6%
内容量:350ml

日本カメラ と アサヒカメラ

DSCF6681.jpg

12月号の日本カメラとアサヒカメラを購入してきました。
今月号は共にデジタル系の記事が多かったですが、まぁ読み物としては面白かったですね。
あと、日本カメラに特別付録「カメラ年鑑 ポケット版 2016」が付属します。

新製品情報で、Laica SLと言うミラーレス機の発売が特集されていますが、
ミラーレス機の分際でボディが100万円、レンズが65万円の併せて165万円と超高額。
隙とか嫌い以前にそんな金額をミラーレス機には出せないし、もしそんな金額が自由になるならNikon AF-S 500mmF4Gを買うね。

日本カメラのメイン記事は、「ベストカメラ 2016」。
基本的にデジタル系の記事なんだけど、各プロが好き勝手に言い放っている対談記事は読んでいて面白いね。
あと、「とよけん先生のメカニズム講座」がカメラのデザイン特集だったり、
「銀塩Today」でVoigtlander BESSAシリーズ終焉を特集していたのが気に成ったかな。

アサヒカメラのメイン記事は、「デジタルカメラの選び方」。
こちらも基本的にデジタル系の記事で当面デジタルカメラを買い換える予定は無いんだけど、解説文が面白くてね。

他は連載記事で、「我が師、土門拳」、「動物っていいな」、「シーナの写真日記」、「日本写真名山」、「虫の肖像」、
「鈴木風景道場」、「麗しき名列車」、「ニッコール千夜一夜物語」、「銀塩カメラ放蕩記」辺りが面白かったですね。

あと、モータースポーツカメラマンがWECの写真を使ってXQDカードの魅力を伝える広告が掲載されているけど、
確かに転送速度の速さは重要だけど、銀塩派の私にはボディとレンズが優先な気がするんだよね。

今日から、名古屋モーターショーが始まるが……

本日、11月20日(金)から23日(月・祝)まででポートメッセなごやで名古屋モーターショーが開催されますが、
今回の主だった出典内容が、「環境対応車」と「自動運転車」で、どちらにも全く興味が沸きません。

物心付いた時からのクルマ好きで、
中高生当時、電話帳でディーラーの住所を調べ地図を見て遠くまで自転車でカタログを貰いに行ったほどのクルマ好きだったんですがね……
当時、すぐには買えない中高生だった私に気前良くカタログをくれ、展示車を見せてくれ、
時にはジュースまで出してくれたメーカー系ディーラーは今でも良い印象を持っています。
反面、明らかにイヤな顔をされたり、「買うならカタログをあげる」なんて理不尽な対応をされた事もありますが、
まぁそう言うメーカーには今でも悪い印象しかなく、絶対に買おうとは思いませんね。

「環境対応車」と言えば、プラグインハイブリッドや電気自動車が中心になるようですが、
大量のレアメタルを使用するバッテリーを大量に使い、
7年程度で交換を余儀なくされるプラグインハイブリッドや電気自動車の何処が環境に優しいのか疑問ですし、
自宅に充電設備を設置する事自体が無駄だと思いますし、現状で充電コネクタの規格が統一されていない時点で普及は望めないでしょう。

先ず充電設備を作るコストと都市部だと場所の問題に、動力200Vが必要になり電力契約が跳ね上がるのと、
特に充電コネクタの規格が統一されていないのも問題ですが、充電口の場所も統一されていないのも問題だと思うのですよ。

今、プラグインハイブリッドや電気自動車を見ると充電口はフロントグリルかリアフェンダーのどちらかに設置されている事が多いようですが、
前と後ほど離れていては、クルマ選びの基準が充電コネクタと充電口の設置場所になりかねませんよね。
例えば、買おうと思っている電気自動車がフロントグリルに充電口が在るから近くに設置したいけど、
次もフロントグリルに充電口が在るとは限らないし、クルマを買い換えるたびに充電設備を作りかえるのは非現実的って事ですよ。
だだっ広い土地の在る人は良いでしょうが、そうでない人には結構切実な問題だと思うんですよね。

それに、電気自動車は長距離走れない。
私の場合、クルマを使うのは早く目的地に着きたいからで、長距離に成ればなるほどクルマのせいで休憩を強要されるのがイヤなのよね。
給油なら5分で済むけど充電は急速でも30分は掛かるでしょう。しかも急速充電すればバッテリーに負担を掛ける訳で良い事無しだよね。

自動運転は必要な技術だと思うが興味なし。
高齢化社会になって、免許の返納を求められる人が増える訳だけど、地方ではクルマが生活必需品だからね。
だけど、自動運転の最大の欠点は、最悪事は人的サポートが必要と言う点。
自動運転でクルマに任せて在るけど、いざとなったら回避しなきゃならないなんて、運転するより緊張を強いられると思うのよ。
例えば、他人が運転していて事故りそうになった瞬間に突然運転変わってって振られるようなもので、そんな怖い事はないでしょう。

あと、今のクルマに興味が持てない最大の要因は、デザインが生理的に受け付けないクルマが増えた事。
複雑すぎるヘッドライトデザインの吊り目の怒り顔に、ネオン管で眉毛のように光るポジションランプや無駄に光るフロントグリルに、
ビックグリルに飽き足らずフロントグリルがヘッドライトにめり込むようなデザインや、ひょっとこのように突き出したロアグリル、
グニャグニャしたデザインでメッキきらぎらの腰高な感じのクルマばかりで、間の抜けたクリアレンズのテールランプも嫌い。
昔は道行くクルマを見ているだけで楽しかったけど、今は気持ちの悪いデザインに嫌気が差すばかり……

昔、アレほど好きだったクルマを、今はこれ程嫌っているのは、寂しい限りなんだけど、
私は、「好きなクルマが在るからクルマが好き」だった訳で、「クルマが好きだから在る中から好きなクルマを探そう」では無かったんだよ。
だから、興味の無いモノの中から魅力を見出そうとはしないし、古い車を何百万もかけてレストアする趣味も無い。

今のハイブリッドやミニバンに全く興味は無いが、ハコスカやセリカLBに憧れる世代でもないし、ハチロクも微妙に世代が違う。
スカイラインならR32~R34だし、セリカならT180~ST200で、レビン・トレノならAE92~AE111のネオクラシック系世代なんだけど、
クラシックカーほど大事にされず、弱い電装系と欠品する電気部品に難儀するジャンルだよね。
かと言って、スマホ世代でもないので、スマホと連携するコネクティングカーにも全く興味が沸かないのよね。

まぁ、根本は生活必需品ではないので、趣味に合わないモノを無理してでも買う必要が無いと言うのが大きいし、
今はクルマより、写真・カメラに金を掛けたいという気持ちが強いからねぇ~

MINOLTA α-9で「郡上八幡上の紅葉」と「あかりの町並み~美濃」を撮る

当初は20日に行く予定だったのだが、天気予報が曇に変わり、行きたい居酒屋が臨時休業になったので、急遽、今日行く事にしました。

今日の機材は、MINOLTA α-9に、AF 20mmF2.8N、AF 24mmF2.8N、AF 35mmF1.4G、AF 50mmF1.4N、と、
Ricoh GR DIGITAL IIIを、Lowepro ステルスリポーターD300に入れ、三脚は Manfrotto Beefree。

美濃市に行くなら、我流酒房 胡麻やで一杯やりたいと思って居るし、昨今は運転するのが面倒になってきたので公共交通機関で向かう。

「あかりの町並み~美濃」を撮るだけなら夕方に着けば十分なのだが、1日休みなのに夕方に着くように出掛けていては時間の無駄。
少しでも時間を有効に使おうと思って調べてみたら、
栄経由で関から下道を走る岐阜バス 高速名古屋線より所要時間の短い 岐阜バス 高速白川郷線を見つけ、
コレなら郡上八幡に4時間程滞在できる予定が組めたので、
乗車したのは名鉄バスセンター9:00発の岐阜バス 高速白川郷線で、郡上八幡城下町プラザに10:22着。

この岐阜バス 高速 白川郷線は、外国人観光客に人気の昇竜道を通るので
欧米系と中国系の観光客が大半で、日本人の方が少なかった感じです。
しかし、長旅でお疲れか、30分もすればみんなオヤスミタイムで、とても静かな車内でした。

R0018007.jpg
到着後、郡上八幡城に上り撮影するも、残念ながら郡上八幡城の紅葉は終わり掛けでした。

丁度、昼時に下山したので流響の里のレストランで昼食。
その後は、お土産を見つつ撮り歩き、また古い町並みを撮り歩きたくなった所で、郡上八幡14:50発の列車で美濃市を目指す。

郡上八幡14:50発の列車が「ゆら~り眺めて清流列車」だったのだが、
クラブツーリズムとJR東海ツアーズの団体さんと高校生の下校時間と相まって、
通勤ラッシュのような車内で折角のローカル列車の風情が台無しでしたが、
地方ローカル線としては、沢山の人に乗って貰えるというのは嬉しい事ですから致し方ない。まぁまた日を改めて乗りに行こうかね。

美濃市15:40着で、帰りの美濃太田までの乗車券を購入し、うだつの上がる町並みを目指す。
16時過ぎに到着し一通り見て歩いた後、暮れていく空を背景にしつつ撮影を始め、18時半過ぎまで撮影。

その後は、念願の我流酒房胡麻やで一杯やって、21時過ぎにはお店を後にする。
美濃市駅まで歩き、美濃市21:43発の列車に乗車し、美濃太田・鵜沼・名古屋で乗換え、
自宅への道中、人懐こい丸々とした野良猫が居たので遊んでいたら、自宅到着は日付が変ってました。

キリン 一番搾り 取手づくり 初搾り

キリン一番搾りの「全国9工場の醸造家がつくる9つの一番搾り プレゼントキャンペーン」で貰った「キリン 一番搾り 取手づくり 初搾り」
暑い時期はついガブガブ飲んでしまうので、少し涼しくなってきた今、味わいながらを呑んでみました。

DSCF6523.jpg
キリン一番搾りの限定品で、全国の醸造工場がその地域の特色を打ち出した地域密着型の商品キャンペーン限定非売品仕様。

DSCF6524.jpg
通常の一番搾り同様に副原料を使わず、麦芽とホップだけを使用し、アルコール度数が僅かに高い5.5%の取手づくり。

ホップの香り高く麦芽の穀物感を強く感じコクがあり、
僅かな苦味の後に麦芽の甘味が広がり苦味を覆うけど、その甘味も穏やかに消えて後味はすっきり。
口当たりのインパクトは強いけど後味すっきりで、「もう一口…」と続けて飲みたくなる美味しいビール。

私の中では、北海道、仙台、取手と3種類飲んだ中で、一番美味しかったと感じました。

私的には、通年商品にしてくれると、旅行に行った際のお土産にちょうど良いんですけどね(^^;

原材料:麦芽・ホップ
アルコール分:5.5%
内容量:350ml

JR東海:関西線-四日市駅

11月5日、デジタル撮影分~

列車を待っている間に撮影した、夕日を背景にぽつんと1両置かれているタキ1900型。ちょっと良い雰囲気かな?
R0017990.jpg
カメラ:Ricoh GR DIGITAL III
レンズ:Ricoh GR Lens 6mmF1.9
シャッター速度:1/13秒
絞り:F2.8
露出補正:なし
ISO感度:ISO800相当

JR東海:関西線-末広可動橋

11月4日、デジタル撮影分~

最終セメント返空便は日没後。
GR DIGITAL IIIを橋の欄干に置いて無理やり撮影してみると、
「鉛筆転がし」所か、「シャープペンシルの芯転がし」みたいになっちゃった(^^;
R0017987.jpg
カメラ:Ricoh GR DIGITAL III
レンズ:Ricoh GR Lens 6mmF1.9
シャッター速度:1/14秒
絞り:F2.8
露出補正:なし
ISO感度:ISO800相当

JR東海:関西線-四日市駅付近

11月4日、デジタル撮影分~

DE10がタキを牽引するのは、甲種輸送を除けば入替風景ならでは。
R0017905.jpg
カメラ:Ricoh GR DIGITAL III
レンズ:Ricoh GR Lens 6mmF1.9
シャッター速度:1/310秒
絞り:F5.6
露出補正:+0.7段補正
ISO感度:ISO100相当

DE10が原因するコキ。富山や岡山周辺に行けば撮れるけど、入替風景なら身近な四日市でも撮影出来る。
R0017975.jpg
カメラ:Ricoh GR DIGITAL III
レンズ:Ricoh GR Lens 6mmF1.9
シャッター速度:1/90秒
絞り:F5.6
露出補正:なし
ISO感度:ISO100相当

地元の人には当たり前な光景だけど、余所者には珍しい「入替中」の標記。
R0017976.jpg
カメラ:Ricoh GR DIGITAL III
レンズ:Ricoh GR Lens 6mmF1.9
シャッター速度:1/45秒
絞り:F5.6
露出補正:なし
ISO感度:ISO100相当

キリン 一番搾り 仙台づくり 初搾り

キリン一番搾りの「全国9工場の醸造家がつくる9つの一番搾り プレゼントキャンペーン」で貰った「キリン 一番搾り 仙台づくり 初搾り」
暑い時期はついガブガブ飲んでしまうので、少し涼しくなってきた今、味わいながらを呑んでみました。

DSCF6658.jpg
キリン一番搾りの限定品で、全国の醸造工場がその地域の特色を打ち出した地域密着型の商品キャンペーン限定非売品仕様。

DSCF6659.jpg
通常の一番搾りと違い原材料に麦芽とホップ以外に、米どころ宮城県らしく宮城県産のササニシキをを使用した仙台づくり。

控えめなホップ感と苦味のすっきりとした口当たりに、僅かに残る甘味を感じられる後味。
さっぱり系だけど非常にバランスが良く、柔らかで上品な感じですね。

濃いビールが好きな人には物足りないでしょうが、食事の味を邪魔しないので食中酒にピッタリだと思います。

私的には、通年商品にしてくれると、旅行に行った際のお土産にちょうど良いんですけどね(^^;

原材料:麦芽・ホップ・米
アルコール分:5%
内容量:350ml

椿が咲きました

CIMG0042.jpg
裏庭の白斑の椿の花が咲きました。
まだ沢山のツボミが在るのでコレからが楽しみですが、中輪で沢山の花を付けるので枝が負けてしまって下を向いてしまうのが難点です。

他にも、白い椿も在るのですが、こちらのツボミはまだ固そうなので咲くのは年明けになりそうです。

岩村醸造 「女城主 特別本醸造 濃州 諸白」

岩村醸造の「飲みくらべ頒布会 第2回」が届きました。
飲みくらべ頒布会は今年で6年目の注文です。
寒い冬場はビールが余り進まず、最近は焼酎のお湯割りを楽しんだりもしますが、日本酒が良いので今年も注文しました。

DSCF6670.jpg

際立って目立つ特徴がある訳では無いが、僅かに辛口の非常にバランスの良いお酒。
飲み飽き無いし、どんな料理と併せてもバランスが良さそうな感じがします。

日本酒度:+3
酸度:1.4
アルコール度数:15.4%
原料米:ひだほまれ
精米歩合(麹):50%精米
精米歩合(掛):60%精米
飲み頃温度:冷や~熱燗

岩村醸造 「女城主 辛口純米酒」

岩村醸造の「飲みくらべ頒布会 第2回」が届きました。
飲みくらべ頒布会は今年で6年目の注文です。
寒い冬場はビールが余り進まず、最近は焼酎のお湯割りを楽しんだりもしますが、日本酒が良いので今年も注文しました。

DSCF6672.jpg

口当たりは辛口ですっきりのシャープな印象のお酒だけど、途中で僅かな甘味を感じるも、後味もすっきり。
和食であれば大半の料理との相性は良さそうです。

日本酒度:+9
酸度:1.5
アルコール度数:15.5%
原料米:ひだほまれ
精米歩合(麹):50%精米
精米歩合(掛):60%精米
飲み頃温度:冷や~ぬる燗

三岐鉄道 楚原-麻生田間

10月30日、デジタル撮影分~

楚原-麻生田間の有名撮影地「めがね橋」。ちょっと雑草が多くて、肝心のめがね橋が隠れ気味……
R0017837.jpg
カメラ:Ricoh GR DIGITAL III
レンズ:Ricoh GR Lens 6mmF1.9
シャッター速度:1/710秒
絞り:F8.0
露出補正:なし
ISO感度:ISO400相当

ちょっと振ってみると、青空と畑の間の小さなナローゲージの黄色い電車が良く目立つ。
R0017838.jpg
カメラ:Ricoh GR DIGITAL III
レンズ:Ricoh GR Lens 6mmF1.9
シャッター速度:1/1410秒
絞り:F8.0
露出補正:なし
ISO感度:ISO400相当

三岐鉄道 北勢線 大泉-楚原間

10月30日、デジタル撮影分~

旧長宮駅跡。移設された駅名看板と鳥居が出迎えてくれる。
R0017827.jpg
カメラ:Ricoh GR DIGITAL III
レンズ:Ricoh GR Lens 6mmF1.9
シャッター速度:1/1740秒
絞り:F5.6
露出補正:+0.7段補正
ISO感度:ISO400相当

椿かな?
甘い香りが漂っていたけど、蜂も多くてちょっと撮影に難儀しました(^^;
R0017831.jpg
カメラ:Ricoh GR DIGITAL III
レンズ:Ricoh GR Lens 6mmF1.9
シャッター速度:1/810秒
絞り:F5.6
露出補正:+1.0段補正
ISO感度:ISO400相当

三岐鉄道 北勢線 大泉-楚原間

10月30日、デジタル撮影分~

大泉-楚原間のS字カーブで後追い撮影~
R0017826.jpg
カメラ:Ricoh GR DIGITAL III
レンズ:Ricoh GR Lens 6mmF1.9
シャッター速度:1/870秒
絞り:F5.6
露出補正:なし
ISO感度:ISO100相当

キリン 一番搾り 北海道づくり 初搾り

キリン一番搾りの「全国9工場の醸造家がつくる9つの一番搾り プレゼントキャンペーン」で貰った「キリン 一番搾り 北海道づくり 初搾り」
暑い時期はついガブガブ飲んでしまうので、少し涼しくなってきた今、味わいながらを呑んでみました。

DSCF6658.jpg
キリン一番搾りの限定品で、全国の醸造工場がその地域の特色を打ち出した地域密着型の商品キャンペーン限定非売品仕様。

DSCF6659.jpg
通常の一番搾りと違い原材料に麦芽とホップ以外に米を使用した、北海道づくり。

目立たないけどしっかりとしたホップの香りと一番絞りにしては控えめな苦味に、渋みなどの嫌味が無く、
パッケージデザインにある「夏の大自然をイメージしました。」との通り、爽やかな感じ。

濃いビールが好きな人には物足りないでしょうが、食事の味を邪魔しないので食中酒にピッタリだと思います。

私的には、通年商品にしてくれると、旅行に行った際のお土産にちょうど良いんですけどね(^^;

原材料:麦芽・ホップ・米
アルコール分:5%
内容量:350ml
プロフィール

PoLo

Author:PoLo
~未来は何処の空の下へ~
へようこそ!

「銀塩カメラ・銀塩写真」、「国内旅行」
「お酒」、「美味しい食べ物」、
「自転車」、「鉄道(客車・貨物等)」、
「ガーデニング」、「機械式時計」、
「I've Sound」と、
「ラブライブ!」シリーズが
好きな放蕩者の管理人PoLoが、
ストイックに我欲を追求し、
思いのままに書き連ねます。

被写体は、風景や古い街並み、
夜景、ネイチャー、鉄道です。
撮影はリバーサルフイルムを使用し
現像・スキャンに時間が掛かるので
公開は撮影から、
2~3ヵ月後を目標とします。

2013年5月にα Sweet DIGITAL、
2014年8月にα-7 DIGITAL
2017年5月にD700
2018年5月にD300
2018年8月にK-5IIs
2019年5月にX-E2を購入するも、
メインはフイルムから変えずに、
毎月フイルム5本撮る事を目標に、
色々な被写体を撮影しています。

誹謗、中傷、差別的発言、暴言、
猥褻・卑猥な言葉、
事業者による営利目的の宣伝、
記事内容と無関係な内容、
礼節を重んじない不快な投稿や、
道義的・法的に問題があるサイト、
有料サイト、有害サイト、
まとめサイト等へのリンク等は、
管理人の裁量で削除します。

トラックバックは、
成人向けや出会い系サイトが多く、
不快なので受付けていません。

細心の注意を払っていますが、
趣味の範囲内での運営であり、
文章中の誤字・脱字、情報の誤り等、
ご指摘頂ければ修正いたしますが、
思想・価値観の違い等による批判は、
一切の聞く耳を持たず削除します。

当ブログの情報により、
不都合・不利益を被られても、
当方は一切の責任は負いかねます。

写真・文章の
無断使用・無断転載・無断直リンクは
如何なる理由でも一切禁止します。
転売目的の出品者が不快なので、
特にオークションからのリンクは、
厳重に禁止します。

迷子の黒猫 Maukie
ネコ温度計
東京ステーションシティ
列車フラッシュ撮影自粛同盟

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード