半田 矢勝川の花たち 2

9月30日、フイルム撮影分~

何故か花に付いていたバッタ。
2015-09-30_02-08.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D)
シャッター速度:1/250秒
絞り:F4.0
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100 (061-407)

下を見れば、白い花が儚いが美しく咲く。
2015-09-30_02-12.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D)
シャッター速度:1/250秒
絞り:F4.0
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100 (061-407)

このツボミは咲きかけでした。
2015-09-30_02-13.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D)
シャッター速度:1/160秒
絞り:F4.0
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100 (061-407)

半田 矢勝川の花たち 1

9月30日、フイルム撮影分~
矢勝川沿いは彼岸花だけでなく、色々な花が植えられた花壇も整備されていて、撮り飽きなくて良いですね。

当然、虫たちも多く、花から花へと飛び移りミツバチも沢山居ました。
2015-09-30_02-01.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D)
シャッター速度:1/320秒
絞り:F4.0
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100 (061-407)

コスモスの蜜が好きなようでした。
2015-09-30_02-02.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D)
シャッター速度:1/250秒
絞り:F4.0
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100 (061-407)

あえてツボミをメインしてみる。
2015-09-30_02-05.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D)
シャッター速度:1/250秒
絞り:F4.0
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100 (061-407)

半田 矢勝川の彼岸花 1

9月30日、フイルム撮影分~

昨年より開花が早かったようで、終わりがけの花が多い上に生憎の曇空……
2015-09-30_01-20.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 85mm F1.4G (D)
シャッター速度:1/320秒
絞り:F4.0
露出補正:+0.7段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100 (061-407)

中には遅咲きで、今だツボミの株もあったり……
2015-09-30_01-22.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 85mm F1.4G (D)
シャッター速度:1/320秒
絞り:F4.0
露出補正:+0.7段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100 (061-407)

帰り際に雲が切れてきて青空が広がってきました。真っ赤な彼岸花は背景の青空によく映えますね。
2015-09-30_02-23.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 24mm F2.8 New
シャッター速度:1/400秒
絞り:F4.0
露出補正:+1.0段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100 (061-407)

MINOLTA α-9で三岐鉄道 北勢線の"ナロウィン列車"を撮る

今日は職場でメンタルヘルス研修が在るのだが、正直、私はこの手の研修が大嫌いなのだ。
仕事がサボれるから好きと言う人も居るけれど、
私にはメンタルヘルス研修って、結局「話は聞いてあげるけど、頑張るのは貴方だよ」って感じで、
何か気持ちの持ち方を押し付けられているように感じて不愉快で、余計にストレスが溜まるのよ。
序に言うと、ライフプランセミナーとかも嫌い。証券会社お抱えFPの話を私が鵜呑みにすると思ってるの?

なので有給を取ってカメラを片手に、今日も三岐鉄道北勢線の"ナロウィン列車"を撮りに行ってきました。
私にしてみれば、写真撮っている時間と晩酌している時間が至福の瞬間で、コレが一番メンタルに良い時間だからね。

今日の機材は、MINOLTA α-9とRicoh GR DIGITAL IIIに、
TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 MACRO XR DiとSP AF 70-200mm F2.8 Di [IF] MACROを、
Lowepro ステルスリポーター D300に入れ、昨日の反省を踏まえて、PROVIA 100FとPROVIA 400Xを持って行く事にする。

R0017794.jpg
今日は、"ナロウィン列車"の時刻を聞いて予定を立てたのだが、予定作成に時間が掛かり寝るのが24時近くになり、
朝一から動くのは流石にシンドイので、今日も西桑名駅で"1日乗り放題パス"を購入し、西桑名8:44発の楚原行きにに乗車。

終点の楚原まで乗車し、昨日の反省を踏まえてPROVIA 400Xを装填し、
メインの"ナロウィン列車"をめがね橋付近、大泉-楚原間のS字カーブで撮影し、途中、旧長宮駅等でも撮影。

R0017833.jpg
しかも、ISO400を装填した時に限って晴天が続いたりしてね。

だけどまぁ、シャッター速度も絞り値も余裕が在って良いけど、ISO400のリバーサルフイルムは生産終了…
まだ冷凍庫に在庫が在るから良いけど在庫が尽きたら、ISO400のネガを使うか、ISO100を増感するか、デジタルに移行するか……
多様なカメラを使う事を楽しみにしている私にしてみれば、デジタルに移行するのは、ツマラナイのよねぇ~

ソコソコの手応えはあったので撮影も良いけど折角なら乗ろうと思い、楚原16:18発の"ナロウィン列車"で阿下喜駅に向かい、
暫し撮影して、折り返しの"ナロウィン列車"に乗車し西桑名駅に向かい帰路に着く。

DSCF6639.jpg
帰り道、シャトレーゼで相方にハロウィンらいしいケーキを手土産代わりに購入し帰路に着く。

MINOLTA α-9で三岐鉄道 北勢線の"ナロウィン列車"を撮る

関西線のDD51もまだ撮りたい場所・撮りたい構図が在るけれど、
期間限定列車を優先すると言う事で、泊まり勤務明の身体に鞭打ち、三岐鉄道 北勢線の"ナロウィン列車"を撮りに行ってきました。

今日の機材は、MINOLTA α-9とRicoh GR DIGITAL IIIに、MINOLTA AF 24mmF2.8 Newと、
TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 MACRO XR DiとSP AF 70-200mm F2.8 Di [IF] MACROを、
Lowepro ステルスリポーター D300に入れる。
今回は、PROVIA 100Fを使おうと思って、短焦点+大口径ズームセットにしてみました。

何時もなら在る程度の予定は立てるけど、今日は泊まり勤務明けなので"ナロウィン列車"の運行確認が出来ず、
西桑名駅での乗り継ぎに都合の良い列車を調べただけで、あとは時刻表を印刷して持っていくだけの行き当たりばったり作戦(^^;

R0017754.jpg
西桑名駅で"1日乗り放題パス"を購入し、11:35発の楚原行きに乗車。

R0017764.jpg
東員駅付近のコスモス畑をチェックするも線路から遠い場所のようだし、線路間際は寂しかったので終点の楚原駅まで乗車。

この時点では良い天気だったのでISO100のPROVIA 100Fを装填し、ねじり橋まで歩いていくと、一気に雲が広がる。
一度装填したフイルムを取り出すとデータ管理上困るし、増感するか迷っているうちに列車がやってきたのでISO100のまま撮影。

撮ってしまったら仕方が無いので、ISO100のままめがね橋、護国神社付近で撮影し、そのまま撮影地を求め北上。
山田川橋梁でようやく下りで"ナロウィントレイン"を撮影し、折り返しも迎え撃ち、麻生田駅まで歩き何とか16:10発に間に合った。

帰宅後、調べてみたら楚原-麻生田間って3.7kmあって、三岐鉄道 北勢線で一番距離が長い駅間なんだね…
地図で計ると約4.5km。撮影の為にウロチョロしてるから実際は5km以上は在るし、山田川先の上り坂がしんどくてねぇ……
下調べしてないにしても、我ながら無謀にも程が在るわ(^^;

その後は日没との勝負で、折り返しの"ナロウィントレイン"を撮影する為に西別所駅で下車するも、
時既に遅くシャッター速度はF2.8で1/50秒と、たぶん被写体ブレしてる……

日も暮れて寒くなってきたので、西桑名駅で三岐鉄道オリジナルカレンダーを購入し、桑名17:45発の普通に乗り帰路に着く。

明日は、三岐線に撮影に行こうと思っていたけど、今日はあまりに手応えが無かったのでもう一度北勢線に行こうか悩み、
とりあえず"ナロウィントレイン"の運行状況だけは確認しておいた。

気が付けば「マルチマウント教」

写真歴も四半世紀を越えたのだけれど、気付けば「マルチマウント教(狂とも言うが…)」になっていた。

現在所有するマウントを並べて見ると、
・MINOLTA α
・MINOLTA MD
・Nikon F
・PENTAX K
・Olympus OM
・CONTAX RTS
・CONTAX G
・Mamiya 645
・Mamiya C
・Leica M(但し、Leicaボディは所有せず)
と、10種類のマウントを所有し、動作するボディを所有していないがM42マウントレンズも所有はしている。

最初は1990年に所有したのはMINOLTA α。
2000年に旅行するようになって一眼レフでは嵩張るがコンパクトの描写力に不満だったのでCONTAX Gを買ったのが2000年。

2005年、職場の先輩にMINOLTA XEを譲ってもらい、MINOLTA MDマウントに手を出し始めた。
2006年に、MINOLTA CLEでMマウントデビューし、
同年職場の先輩からNikon FE2、PENTAX MZ-3、ジャンクのPENTAX SP等を譲ってもらい、一気にマルチマウント化していく。

2008年に、Mamiya C3を職場の先輩に譲ってもらう。中判デビューは2007年に購入したYashica Mat-124G。
2009年に、中古カメラ市で見つけた現状品のOlympus OM-1の大きなファインダーが気に入り購入するも、光線漏れが直らず、
後にOM-2n、OM-4Tiと買い増す。

2011年にMamiya 645 ProTLを職場の先輩に譲ってもらう。
2012年にプラナーT* 50mmF1.4を使いたくて、CONTAX AriaDを購入。

10のマウントの内、5種類は譲って貰ったものなのだが、それなりに使うので他のボディやレンズを充実させてきた。
・MINOLTA αは今でもメイン機材で、ネイチャーを中心に全般的に使っている。
・MINOLTA MDは、ボディも魅力的だし、純正レンズやVoigtlander SLレンズなどの個性的なレンズが在るので所有している。
・Nikon Fは、MINOLTAが光学機器事業から撤退しなかったら、貰ったFE2だけで拡充させなかったと思う、主に鉄道撮影用。
・PENTAX Kは、3本のFA Limitedが使いたくて所有し、主に風景用。
・Olympus OMは、OM-1のファインダーが気に入るも、すぐにOM-4Tiをを購入。主に街歩き撮影用。
・CONTAX RTSは、プラナーT* 50mmF1.4が使いたくて購入。小口径の単焦点中心に揃えようと策略中。
・CONTAX Gは、旅行用に購入。今でも風景や夜景の撮影に使用。
・Mamiya 645は、譲ってもらい、レンズも手頃なので揃えた次第。風景や鉄道に使用。
・Mamiya Cは、譲ってもらい、二眼レフの使用スタイルとスクエアフォーマットの55mmが使いたくてレンズを増やしている。
・Leica Mは、レンジファインダー機が使いときも在るので所有。主に街歩き撮影用。

多分、一眼レフ一式があれば大体の被写体は撮影する事が出来るので、MINOLTA αだけで十分なのだと思う。
しかし、光学機器事業から撤退してしまい、嫌いなソニー製を買うのがイヤなので、Nikon Fマウントにも手を出し始めたし、
「旅行の時に重たいカメラは嫌」とか、「二眼レフの撮影スタイルが良い」とか、「古い町並みにはRF機が似合いそう」とか、
「あのレンズが使いたい」とか言い出すから、機材が増えていってしまう。

だけど、Canonだけは手を出していない。それは経営者の御手洗氏の思想が嫌いだから、今後も手を出す気は無い。
私は御手洗氏を労働者の敵だと思っているから、労働者である私が苦労して稼いだ金を貢ぐのは癪だから買わない。
序に言うと、トヨタ前社長の奥田氏も労働者の敵だと思っているから、
私は死んでもトヨタのクルマには乗りたくないので、遺書に「寝台車と霊柩車はトヨタ以外」と記しておこうかな(笑

話が逸れたけど、同じレンズのマウント違いは邪道だと思うから、手を出さない事にしている。
光学系が同じレンズをマウント違いで所有する意味が感じられないし、
レンズには使用目的が在るから、使用目的に一番適したボディに合うのレンズを買えば良いと思っているからね。

JR東海:関西線-蟹江駅

9月30日、フイルム撮影分~
月の出時刻と方位からして厳しいかと思いつつも、フイルムが余っていたので撮影に出掛けて見ました。

月の位置は良かったけど、雲に隠れてしまったので車輌メイン。
だけど常時ハイビームでピントは判らないわ露出は厳しいは……苦し紛れでF32まで絞って被写界深度を少しでも稼いで見る。
2015-09-30_31a.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 100-300mm F4.5-5.6(D) (210mm付近)
シャッター速度:6秒
絞り:F32.0
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-405)
その他:三脚・レリーズ使用

立待月。画面の端の方なので少し流れている感じだし、相手が月なだけに一筋縄ではいかないなぁ……
2015-09-30_36.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 100-300mm F4.5-5.6(D) (100mm付近)
シャッター速度:5秒
絞り:F32.0
露出補正:+1.0段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-405)
その他:三脚・レリーズ使用

JR東海:関西線-蟹江駅

9月29日、フイルム撮影分~
月の出と方位をチェックし撮影に出掛けるも、今回も予想より高度が高かった感じです。

313系普通、DD51フライアッシュ、キハ85ワイドビュー南紀の交換を見下ろす十六夜の月。
2015-09-29_08.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 24-105mm F3.5-4.5(D) (60mm付近)
シャッター速度:8秒
絞り:F16.0
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-405)
その他:三脚・レリーズ使用

構図的には尻切れになるが安全な場所に下がり、対向の2089レのヘッドライトを照明に。
2015-09-29_13.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 24-105mm F3.5-4.5(D) (90mm付近)
シャッター速度:8秒
絞り:F11.0
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-405)
その他:三脚・レリーズ使用

予想以上に月が高くなってしまった……あと313系のHIDヘッドライトは白いね。
2015-09-29_15.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF 24-105mm F3.5-4.5(D) (90mm付近)
シャッター速度:10秒
絞り:F11.0
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME PROVIA 400X (111-405)
その他:三脚・レリーズ使用

セルフサンシェード

一時期見かけた、「セルフサンシェード」と言う商品を最近は見かけなくなったと思う。

DSCF6636.jpg
このような板状の製品で、カメラのアクセサリーシューに取り付けるひさしのようなもので、
フードだけじゃダメな時や、古いレンズで専用フードが無い場合とか、両手が自由になるのでハレ切りにかなり便利なんですよ。

私の所有するのは、ケンコー セルフサンシェードDXと言う商品で、いつ買ったか覚えていないくらい昔に購入したモノなんです。

コレを改造して簡易レフ板を作ろうと思い同じような商品を探してみたら、今は無いんですよね。

近い商品として、スリック セルフサンシェードと言う商品が在るのですが、
コレだと三脚の脚にクリップで留めるタイプなので、手持ち撮影には不向き。
しかも、三脚を使うのであれば片手が空くので手持ちでハレ切りすれば十分。
態々この製品を使ってハレ切りをする必要性を感じられないんですよね。

ただ、一脚に取り付けて小さなレフ版を挟む事も出来そうなので、そう言う意味では有効利用できそうだけど、9,000円と結構高額。

売れない商品は淘汰されていく運命だけど、
最近のレンズはコーティング性能が向上して、ココまで仰々しいハレ切りしなくても良くなったのかなぁ……

「メカトロテックジャパン 2015」に行ったけど……

チケットを貰えたのだが、休暇を取ってまで行くのは勿体無かったので、今日、自転車で行ってきました。

だけど、レゴランドの工事で道路封鎖してて遠回りさせられるわ、ガードマンの謎の誘導で轢かれそうになるわ、
違うガードマンに駐輪場の場所を聞いても「車が来ます」「通れません」「分かりません」しか答えないし、
挙句、あまりの人の多さに嫌気が差して、入場もせずに帰ってきました。

R0017749.jpg
海沿いのサイクリングはそれなりに気持ちよかったし、太平洋フェリーのいしかりを眺めに行ったようなものですね(^^;

機材マニアの戯言……

カメラマニアで在り、風景もネイチャーも鉄道もモータースポーツも、過去には人物や飛行機と色々な被写体を撮影してきた私だけど、
鉄道写真ほど、幅広いレンズが使える被写体も無いと実感している。

風景も幅広いレンズを使う事が出来る被写体だが、広角から中望遠系があれば大体の被写体が撮影出来ると思う。

ネイチャーはマクロレンズが基本で、100mmと180mmのマクロが在れば大体の被写体が撮影出来ると思う。
それに、50mmマクロが在れば表現の幅が広がるが、無くても困らないとは思う。

モータースポーツや飛行機、鳥などは、超望遠レンズが無ければ撮影できないと言っても過言ではない。
サーキット全体の雰囲気を写したり、航空ショーで展示してある航空機を撮るには広角レンズも使うことは在るが、メインではない。

人物は標準と中望遠の大口径単焦点と、大口径の標準ズームと望遠ズームが在れば大体撮影できると思う。

しかし、鉄道写真は狙い方一つで、16mmのフィッシュアイでも600mmの超望遠でも使う事が出来るのよ。

別に狙い方一つだから、鳥や飛行機の撮影に16mmのフィッシュアイを使ってはいけない決まりは無いが、使う意味を感じられないし、
ポートレートでフィッシュアイを使う事は先ず無いだろう。歪曲収差が大きすぎてモデルさんが激怒するよ(^^;

600mmの超望遠でポートレートやネイチャーを撮ってはいけない決まりは無いが、
モデルさんが遠すぎてコミュニケーションもままならないし、最短撮影距離の問題上、小さな花の撮影は難しいだろう。

鉄道写真の場合、16mmのフィッシュアイや超広角レンズで風景メインで撮ってみたり、
架線柱の隙間からぶち抜いたり、遠くのカーブで正面がちに狙う為に600mmの超望遠が必要だったりと、色々なレンズを使う事が出来る。

反面、標準ズームと望遠ズームの所謂「ダブルズームキット」だけでも撮影する事も可能である。
モータースポーツや飛行機、鳥などは、高額な超望遠レンズが必要になり、初期投資のハードルが高いし、
ポートレートは、個人撮影をしようと思うとモデルさんを探すのが大変だし、撮影会は人だらけで目線を貰うのも一苦労だろう。
しかも、現状では平和な日本は鉄道施設を軍事機密扱いし撮影禁止の対象ではなく、手軽に撮影を始める事が出来る被写体でも在る。

だから、「あそこでこう狙いたいからこのレンズが必要」と言った具合に、止め処なく機材が増えていくんだよね~

それ、総理大臣が言う事?

総理大臣の安倍氏が、携帯料金の値下げを指示したけど、それって一国の総理大臣が口を出すようなレベルの話なの?

そもそも、民業圧迫だし、安保隠しの人気取りなのは明白で、政府の負担は一切無く全く腹も痛まないのに、
実際に値下げが実行されれば総理大臣の手柄になり「強い総理大臣」を演出できるが、
もし値下げが実行されなければ「抵抗勢力」と罵れば良い。
過去に一部の首長の類が好んで使った自ら作りだした敵を自ら討伐するスタイルで、
ノーリスク・ハイリターンの美味しい手法だが、こんな三文芝居に騙されてはいけない。

さて、実際に「高い」と言われている携帯電話料金だが、実際に高いのか?
私の場合、携帯電話を所有して20年になるが、20年前の基本使用料が3,600円台で、通話料は料金追従性。
メールなんて出来る訳も無く、カタカナ標記の電話帳機能が在るだけで、東名阪エリア以外では通話すら出来ない時代の話だけどね。
現在の月額利用料は1,300円台でそのうち300円は携帯保証なので実際は1,000円台。
メールの送受信は無料で、通話とパケット通信は料金追従性のプランを選んでいるが、
通話もWeb閲覧も殆どしないので1,400円以上払う月は稀。

私のプランで見れば、携帯料金は20年前の1/3程度まで安くなっているよね。
それに、データ専用格安SIMでスマートフォンを利用しているけど、コレが2回線(3回線まで持てる)で2,700円台。
携帯電話1回線とデータ専用格安SIM2回線持って20年前と同等の金額なので携帯料金が高いという印象は無い。

しかも、「長期利用者が損をする」と携帯料金を批判しているけど、
それなら、同一自動車の自動車税長期納税者が損をする現在の自動車税制を是正してから言ってもらいたいモノだね。

ただ、キャリア契約のスマートフォンを所有している職場の同僚に聞くと、基本使用量は7,000~8,000円だと聞く。
それだと確かに高くなっているけど、通話しか機能が無く料金追従性の携帯電話と、
何でも出来て通話も通信も無制限のスマートフォンを同列に語る事自体がナンセンスじゃない?

「木を見て森を見ず」じゃ無くて、「森を見て木を見ず」って感じ。
数字だけを見て内容を精査していないのが露呈している恥ずかしい人の発言だよ。

だけど、従来型携帯電話をなくし、スマートフォンとガラホと呼ばれる従来型携帯電話のなりをしたスマートフォンだけをラインナップして、
定額利用を強制する大手キャリア3社を肯定する気は無い。
通話とメールだけで十分な私にしてみれば、スマートフォンは無駄なだけだが、従来型端末でも無駄な機能だらけなのは否めない。

利用者もキャリア契約のスマートフォンが高いと感じるのなら、スマートフォンを持たない選択肢を選んでも良いし、
どうしてもスマートフォンが必要なら、格安SIM契約を検討すれば良いが、
キャリア契約みたいにお金を払えばすぐに使える端末を用意してくれる訳ではなく、格安SIMの場合、契約から設定まで自己責任。
まぁ、キャリア契約は高いと文句を良い、格安SIMは面倒と文句を言い、それでもスマートフォンは欲しいというのは、我侭の極みだろう。

あと、個人的見解だけど、本当にスマートフォンが必要な人ってどれ程居る?
所詮、ゲームやSNSが主な利用目的でしょ?
だったら、通話し放題・パケット使い放題プランなんか禁止にすれば良い。
そうすれば、クルマや自転車を運転しながらスマートフォンを使ったり、歩きながらスマートフォンを使う、迷惑な人間が減るでしょ。

技術革新で「携帯型○○」ってのが一気に普及したけど、
携帯型音楽プレーヤーは騒音発生源だし、携帯型ゲーム機もボタン連打音が五月蝿いし、イヤホン使わないバカも居る。
携帯電話も同様に車内での通話やながらスマートフォンと、迷惑源、在る意味「都市型公害」か「人的公害」じゃない?
モノが悪い訳じゃないけれど、技術革新に人間の道徳心が付いていってないのが諸悪の根源なんだけど、
ルールやマナーが守れないなら禁止するしかないんじゃない?

アサヒ ウィルキンソン トニック+ウオッカ

DSCF6629.jpg
ローソンで先行発売されていた「アサヒ ウィルキンソン トニック+ウオッカ」が近所のスーパーでも販売されるようになりました。

ウィルキンソンらしく強めの炭酸で、グラスに注ぐと激しく炭酸が弾けますが、意外と早く収まります。
香りは柑橘系の香りと苦味を感じますが甘味もあり、後味に僅かなアルコール感を感じます。

緑缶のようなスパイシーさは無く、刺激的な香りでむせ返る事もないので、緑缶より私はこちらの方が好みですね。

原材料:ウオッカ、糖類、酸味料、香料
内容量:350ml
アルコール分:5%

Nikon F6で関西線の貨物列車を撮る

前回撮影の時に狙っていた構図で撮影してみたのだけれど、
20089レのコンテナは予想より手前でレンズが短かったし、79レの石油返空は単機回送だったので予想より迫力が無く、
近い内に再挑戦したいと思っていたので、今日も撮影に出掛けました。

今日の機材は、Nikon F6とRicoh GR DIGITAL III に、
Nikon AF 20mmF2.8(D)、AF-S 24-120mm F3.5-5.6G、AF-S 70-300mm F4.5-5.6Gと、ペットボトルのお茶を
Lowepro ステルスリポーターD300に入れる。

公休日なので、2085レのコンテナからの撮影。
先ずは弥富駅東の弧線橋に向かってみるも、フェンスに日が当たって撮り難いので近くの踏切から撮影。
2085レが国鉄色の牽引だったので、無理やり俯瞰撮影にしなくて正解でした。

次の列車まで1時間半ほど空くのでロケハンしつつ時間を潰そうと思ったら、
今日は思いのほか暑かったので、次の撮影地でまったり過ごし、5282レの石油と2089レのコンテナを待ち構える。
しかし、2089レが前回よりかなり手前でノッチを入れたので、思い通りの構図では撮れず……

その後、8972レの単機は火曜なので運休と見て、1時間半ほど空くので、イオンタウン内のスガキヤで早めの昼食。
何時も丸亀製麺ばかりなので、タマには地元を贔屓してスガキヤに行きましたが、今日はラーメンには暑い日でした(^^;

その後、79レの石油返空で再挑戦してみるも今日も単機……
2080レのコンテナは弥富駅で撮影し、暫し時間が空くので弥富13:34発の列車で富田浜駅に向かう。

R0017738.jpg
富田浜駅で5380レの石油と5367レのセメントを撮影して、富田浜14:46発の列車で春田駅に向かう。

蟹江駅で5380レの石油を追い越して、春田駅に先回りし再び撮影。
そのまま春田駅で何時も見送っている特急ワイドビュー南紀を撮影し、最後に72レの石油と75レの石油返空を撮影し、帰路に着く。

日本カメラ と アサヒカメラ

DSCF6627.jpg

11月号の日本カメラとアサヒカメラを購入してきました。
今月号は共にハウツー系の記事が多い印象で、日本カメラに特別付録「シグマ dp Quattroシリーズ まるごとブック」が付属します。

日本カメラはのメイン記事は「"影"のある写真」のハウツー系もですが、
「あえて超高画素機で試すどっちのレンズショー2005」は超高画素機には興味が無いけれど、レンズの性能には興味が在るし、
まぁ私の場合、最新レンズに憧れると言うより、古いレンズがどこまで粘るかに関心が在るんだけどね。
あと、「よいタイトル、決めのタイトル」は、写真にタイトルをつけるというのは非常に難しいので、良い参考でしたね。

連載記事の「町の残像」、「鵜の目鷹の目」、「銘機礼讃」、「落合写真機堂へようこそ」辺りが面白かったですね。

アサヒカメラは、「肖像権時代のスナップ撮影」をメインに「SNS時代に楽しむ料理写真 食べる前に撮る!」と時代を反映した内容でしたね。
私は古い町並みなどは撮るけれど極力他人は入れないし、祭りを除けば他人をスナップする趣味は無い。
このご時世に「盗撮」と誤解されて、
犯罪者だらけの分際で偉そうな態度を取りやがる無能な警察官の相手をするだけでムカつくし時間の無駄だしね。
「SNS時代に楽しむ料理写真 食べる前に撮る!」は、SNSはやっていないけどブログ用に撮る事は在るから、参考に成ったかな。

他は連載記事で、「我が師、土門拳」、「動物っていいな」、「シーナの写真日記」、「日本写真名山」、「虫の肖像」、
「鈴木風景道場」、「麗しき名列車」、「ニッコール千夜一夜物語」、「銀塩カメラ放蕩記」辺りが面白かったですね。

秋のなばなの里 4

10月9日、デジタル撮影分~

ミノルタ AF100mmF2.8 Macroは良いレンズだねぇ~
PICT4491.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D) (35mm判換算:150mm相当)
シャッター速度:1/60秒
絞り:F4.0
露出補正:+1.0段補正
ISO感度:ISO200相当
ホワイトバランス:昼光
その他:一脚使用

夕日をバックに…
PICT4492.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D) (35mm判換算:150mm相当)
シャッター速度:1/250秒
絞り:F4.0
露出補正:+1.0段補正
ISO感度:ISO200相当
ホワイトバランス:昼光
その他:一脚使用

日没と併せて物悲しい雰囲気が出たかな?
PICT4508.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D) (35mm判換算:150mm相当)
シャッター速度:1/60秒
絞り:F4.0
露出補正:+1.0段補正
ISO感度:ISO200相当
ホワイトバランス:昼光
その他:一脚使用

フイルムじゃ撮影を絶対に諦めている光量だよなぁ~
PICT4518.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D) (35mm判換算:150mm相当)
シャッター速度:1/300秒
絞り:F4.0
露出補正:+1.0段補正
ISO感度:ISO200相当
ホワイトバランス:昼光
その他:一脚使用

秋のなばなの里 3

10月9日、デジタル撮影分~

夕日を背景に、今度は正統派で狙ってみる。
PICT4432.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D) (35mm判換算:150mm相当)
シャッター速度:1/500秒
絞り:F4.0
露出補正:+1.3段補正
ISO感度:ISO200相当
ホワイトバランス:昼光
その他:一脚使用

コスモスも満開でした。
PICT4466.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D) (35mm判換算:150mm相当)
シャッター速度:1/400秒
絞り:F4.0
露出補正:+1.0段補正
ISO感度:ISO200相当
ホワイトバランス:昼光
その他:一脚使用

逆光だけど夕日の色を出したい時、すぐ結果の判るデジタルは便利ですね。
PICT4470.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D) (35mm判換算:150mm相当)
シャッター速度:1/250秒
絞り:F4.0
露出補正:+0.3段補正
ISO感度:ISO200相当
ホワイトバランス:昼光
その他:一脚使用

+2.0段の露出補正なんて、ポジでは怖くて出来ない……
PICT4483.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D) (35mm判換算:150mm相当)
シャッター速度:1/250秒
絞り:F4.0
露出補正:+2.0段補正
ISO感度:ISO200相当
ホワイトバランス:昼光
その他:一脚使用

秋のなばなの里 2

10月9日、デジタル撮影分~

いろんな方向を向いて咲いてました。
PICT4379.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D) (35mm判換算:150mm相当)
シャッター速度:1/300秒
絞り:F4.0
露出補正:+0.3段補正
ISO感度:ISO200相当
ホワイトバランス:昼光
その他:一脚使用

ツボミ、開きかけ、満開と揃ってました。
PICT4384.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D) (35mm判換算:150mm相当)
シャッター速度:1/250秒
絞り:F4.0
露出補正:-0.3段補正
ISO感度:ISO200相当
ホワイトバランス:昼光
その他:一脚使用

白いダリアを夕日が赤く染める。
PICT4395.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D) (35mm判換算:150mm相当)
シャッター速度:1/800秒
絞り:F4.0
露出補正:+0.3段補正
ISO感度:ISO200相当
ホワイトバランス:昼光
その他:一脚使用

コスモスを背景に、ちょっとトバシ気味で女子カメ風?
PICT4424.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D) (35mm判換算:150mm相当)
シャッター速度:1/200秒
絞り:F4.0
露出補正:+1.0段補正
ISO感度:ISO200相当
ホワイトバランス:昼光
その他:一脚使用

秋のなばなの里 1

10月9日、デジタル撮影分~

ベゴニアガーデン横の花壇。凄い気合が入った花壇で綺麗なんだけど、背の低い花がみっしりと咲いているので撮影は難しい。
PICT4349.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D) (35mm判換算:150mm相当)
シャッター速度:1/300秒
絞り:F4.0
露出補正:+0.7段補正
ISO感度:ISO200相当
ホワイトバランス:昼光
その他:一脚使用

好きな花の一つのサルビア。背景を黒や緑などにしてぼかすと浮かび上がる。
PICT4353.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D) (35mm判換算:150mm相当)
シャッター速度:1/200秒
絞り:F4.0
露出補正:+0.3段補正
ISO感度:ISO200相当
ホワイトバランス:昼光
その他:一脚使用

木漏れ日がスポットライトのようでした。
PICT4357.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D) (35mm判換算:150mm相当)
シャッター速度:1/160秒
絞り:F4.0
露出補正:+0.7段補正
ISO感度:ISO200相当
ホワイトバランス:昼光
その他:一脚使用

ダリアは小さな花から大きな花まで幅広く楽しめて、名前も面白いのよね。
PICT4362.jpg
カメラ:MINOLTA α-7 DIGITAL
レンズ:MINOLTA AF 100mm F2.8 MACRO(D) (35mm判換算:150mm相当)
シャッター速度:1/400秒
絞り:F4.0
露出補正:+0.7段補正
ISO感度:ISO200相当
ホワイトバランス:昼光
その他:一脚使用

懐かしの特急 北アルプス キハ8000系

1991年9月10日撮影。

8500系の特急 北アルプスが廃止され、除籍後、尾西線 日比野駅に留置されていると知った。
1991年といえば、中学三年生(14歳)の頃、確か自転車で撮影に向かった覚えが在る。

機材は、多分MINOLTA α-3700iとMINOLTA AF ZOOM 35-80mm F4-5.6。

1991-09-10_02.jpg
当時、尾西線では3750系が走っていたんだね。

1991-09-10_01.jpg
メインの8000系 特急 北アルプスだが、定期的にエンジンを掛けつつ長らく留置されていた様子。
パノラマカー同様のヒドゥンピラーを用いた広い固定式連続窓が名鉄らしいね。

車輌が更新されて2001年まで北アルプスは運行され、
高校生だった当時、新名古屋駅(当時:現名鉄名古屋)で北アルプスを見かける時は、決まって遅刻の時だった思い出が在る(^^;

VolksWagen 排ガス不正に思う事…

連日、VolksWagenのディーゼル車の一部の排気ガス規制不正逃れが報道されていますね。
長くVolksWagen車を保有し、「質実剛健」のイメージの強いメーカーが行った不正には複雑な思いだし、
マジメそうなヤツがとんでもない悪事を働いたのは、ブランドイメージに大きな傷が付いたと思う。

ただ、報道を見ていると、「過去のトヨタのリコール隠しをVolksWagenの行った排ガス不正と比べれば軽微」と言った内容を見かけるのは如何かと思う。

今の自動車メディアを見ると、大スポンサーで在るトヨタを悪く言うところを見た事が無い。
同じリコール隠しでも、三菱自動車は徹底的に叩き今でも叩いている風潮を見かけるが、
トヨタのリコール隠しは叩かれる所かVolksWagenも排ガス不正と比較して、「トヨタはそんなに悪くない」と結論付ける始末。
マツダはどんなに良いクルマを造っても、未だに「リセールが弱い」とか「マツダ地獄」なんて揶揄されたりね。

行燈記事なんて読んでも無駄だから、もう10年以上、クルマ雑誌を買わなくなったんだけどね。

挙句、リコール費用や集団訴訟、制裁金などで、存続の危機なんて煽っているけど、
半国営企業のVolksWagenはそう簡単には潰れはしないと思うよ。
もし、万が一にも潰れた場合、クルマの維持を辞める良いチャンスだから、私には何ら問題ない。

序に言うと、問題のディーゼル車が正規輸入されていない日本だけ、前年同月比の新車販売台数が1割近く減っているのよね。
日本のユーザーが、どれだけイメージだけでクルマを選び、自動車メディアに騙されているかが良く判る結果だし、
リコール隠しをしても三菱だと未だに「リコール隠ししたメーカー」と言われ敬遠されるけど、トヨタは関係無しに売れ続ける。
だから、「出る杭」になれない風潮も感じるけど、どれだけ日本人は横並びが好きなんだろうね。

私がホンダ車を買った時は、親戚中がトヨタ車だったから散々「何でトヨタを買わなかったの?」と聞かれウンザリしたし、
VolksWagenに買い換えた時は、親戚中に「何で国産車にしなかったの?」と聞かれウンザリしたのよ。
周囲と違う事とをするのに、「好み以外の理由が必要なの?」ってあきれ返り、「何で、みんなと一緒じゃなきゃダメなの?」と思ったよ。

ただ、最近のVolksWagenも「世界一」の称号を目指す為に、見るべき方向を間違えてきたと思う。
トヨタのリコール隠しも「世界一」を目指す為にユーザーではなく数字だけを見てしまった結果だし、
VolksWagenも同様に数字の為に善悪の判断が出来なくなった訳だよね。

VolksWagenも2006年頃、ワッペングリルを採用しはじめた頃から、良さが失われていった感じがするのよ。
「手抜き」と言うとアレだけど、「トヨタ車化」して言った感じがしたのよね。
特に感じたのがシートで、ノーマルでもきちんと肩周りまでホールドしてくれていたシートが、小振りになった。
今までは角まできっちりクッションが入っているいかり肩のような感じが、一気になで肩になった感じで、
「良かった」と感じたモノが「悪くない」と言うレベルに落ちた感じだし、
「国民車」と言う名のメーカーなのに、プレミアムブランドを目指そうとして失敗した感じ。

一部の国産メーカーが頑張って良いクルマを作り追いついたからそう感じるのか、VolksWagenが手を抜いたのかは判らないけど、
今のVolksWagenは見た目のデコレーションは上手くなったけど、ずば抜けた良さと言うものは感じなくなった。

現状でクルマの必要性を感じられないので、今回の不祥事云々を抜きにしても買い換えると言う選択肢は私には無いし、
このディーゼル車の排気ガス不正以降、VolksWagenもプラグインハイブリッドや電気自動車に力を入れると言う。

ハイブリッド車や電気自動車が嫌いな私にとっては、益々クルマ離れが加速するだろね。

MINOLTA α-9で関西線の貨物列車を撮る

撮りたい構図があって、その為に新しいレンズを購入しても、
「半田の彼岸花が終わっちゃう~」とか、「なばなの里のダリア・コスモスが見頃」とか言って撮影に出掛けていたし、
部屋の片付けだの写真の整理だの言って中々撮影に出掛けられなかったのだけれど、今日こそはDD51の撮影に行ってきました。

今日の機材は、MINOLTA α-9とRicoh GR DIGITAL IIIに、
MINOLTA AF Fish Eye 16mm F2.8、AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D)、AF ZOOM 100-300mmF4-5.6(D)を、
Lowepro ステルスリポーターD300に入れる。

次の2087レのコンテナまで2時間程開くのがネックだが、公休日は2085レのコンテナから撮影出来るので効率が良い。
なので、先ずは2085レのコンテナを弥富駅東で撮影し、5282レの石油と2089レのコンテナを弥富駅東の弧線橋付近で撮影。
その後の8972レの単機は時間になっても来ないのだが、その時点で今日が木曜と気付く始末……

1時間程空くのでイオンタウンまで行ってみるも、一人で入るのは微妙な店や、大して入りたい店もなく、
79レの石油返空と2080レの石油の時間が迫ってきたので共に弥富駅西で撮影。

流石に腹が減ったので、何時も通り丸亀製麺に向かうのだが、
給料前で懐が寂しいのでざるうどん(小)といなり寿司の390円で昼食を済ませ、弥富14:38発の列車で蟹江駅に移動。

蟹江駅で5380レの石油を撮影し、すぐの15:16発の普通で春田駅に先回りし、再び5380レを撮影。

R0017726.jpg
そのまま駅構内で1時間ほど時間を潰し、72レの石油と75レの石油返空を撮影し、帰路に着く。

今日はちょっと攻めた構図で撮影してみたけど、楽しい一日でした。

岩村醸造 「ゑなのほまれ Light」

そして本日、毎年注文している岩村醸造の「飲みくらべ頒布会 第1回」を佐川急便が届けてくれました。
ヤマト運輸2回、佐川急便1回の計3回も宅配が着た珍しい一日でした。

飲みくらべ頒布会は今年で7年目の注文です。
寒い冬場はビールが余り進まず、最近は焼酎のお湯割りを楽しんだりもしますが、日本酒が良いので今年も注文しました。

DSCF6625.jpg
もう一本は、「ゑなのほまれ Light」で、日本酒の銘柄で「Light」と英語標記なのがユニークな一本。

味わいはやや甘口でキレが良く「Light」の名の通り軽いのみ口で、アルコール度数も僅かに低め。
「ゑなのほまれ」と言うと原酒のイメージが強く、アルコール度数が高くインパクトが強い印象があり、それに比べると弱さも感じますが、
料理の味を邪魔しないので食中酒にも最適ですし、「日本酒はちょっと…」と言う人にも飲んでもらいたい印象のお酒でした。

日本酒度:-3
酸度:1.3
アルコール度数:14.7%
原料米:ひだほまれ
精米歩合(麹):50%精米
精米歩合(掛):60%精米
飲み頃温度:冷や~熱燗

岩村醸造 「女城主 純米生一本」

そして本日、毎年注文している岩村醸造の「飲みくらべ頒布会 第1回」を佐川急便が届けてくれました。
ヤマト運輸2回、佐川急便1回の計3回も宅配が着た珍しい一日でした。

飲みくらべ頒布会は今年で7年目の注文です。
寒い冬場はビールが余り進まず、最近は焼酎のお湯割りを楽しんだりもしますが、日本酒が良いので今年も注文しました。

DSCF6626.jpg
まず一本目は、「女城主 純米生一本」は、辛さの中にも滑らかさを感じさせ、口の中に残る華やかな香りが特徴的なお酒です。
日没後、一気に寒くなる昨今、ぬる燗であっさりとした中にも滑らかな風味で癒されます。

日本酒度:+5
酸度:1.5
アルコール度数:15.6%
原料米:ひだほまれ
精米歩合(麹):50%精米
精米歩合(掛):60%精米
飲み頃温度:冷や~ぬる燗

工具箱を購入しました

DSCF6623.jpg

20年近く前にラジコンをやっていた当時から使っていた工具箱「アイリスオーヤマ 工具箱 マイキット 40 」。
ラジコンをやらなくなった10年程前からプラモデル工具入れに転用して使っていたけど、流石に劣化して2~3年程前に壊れてしまった。
同じものを近所のホームセンターで探してみるも見つからず、Amazoneで探しても出品者ばかりで送料を掛けるのがバカらしい…と、
放置してあったんだけど、偶然Amazone出品のものを見つけたので購入しました。

序に、ドライバーやペンチなどの工具類と半田ごてやグルーガンなどがきっちり入りすぎて取り出しにくい工具箱も整理しようと思い、
半田ごて台も収納出来るようにと、「リングスター スーパークラブデュオ クリアD-34S」も購入しました。

コレで、前回とりあえずと購入した、「リングスター スーパークラブデュオ DA-343」が空いてしまうので、
コレをカメラのメンテナンス用品入れに転用しようかと思います。

因みに、同時に注文したのに発送元が違ったようで、
今日の午前中に「アイリスオーヤマ 工具箱 マイキット 40 」、午後に「リングスター スーパークラブデュオ クリアD-34S」が届きました。

共にヤマト運輸が運んできたのでちょっと申し訳ない気持ちも感じましたが、発送元がそう言う発送の仕方をするからいけないんですよね。

懐かしの国鉄下呂駅

1991年7月27日撮影、下呂駅で見かけたDD51 832による貨物列車。
2015年度貨物時刻表によると、高山線の貨物輸送は富山-速見間のコンテナ列車しか見当たりませんが、
当時には、岐阜-高山間で2往復の貨物列車の運行が在ったようです。

1991-07-27_01.jpg
この写真を見ると、石油のタキ2両とセメントのホキ4両の計7両編成のようで、牽引は当然ながら国鉄色のDD51。

関西線でA寒地仕様が走っていた翌年に、暖地仕様のDD51 832号機が高山線を走る不思議。
だけど。このDD51 832号機は、東日本大震災に伴う磐越線石油臨貨を全うし、2012年2月に廃車にされた機体だと聞く。

ガーデニング三昧

DSCF6622.jpg
連休中は何処に行っても混雑しているし、狙っている関西線の貨物列車は運休の可能性が高いので出掛ける気にならず、
この三連休中は、土日は写真の整理をして、今日はガーデニング三昧でした。

今日は、春に取った金魚草の種と蒔いて、貰った矢車菊の種を蒔いて、春に掘り起こしたヒヤシンスとラナンキュラスの球根を植えて、
植えっぱなしだったカサブランカの植替えと、すずらんの鉢の除草と、裏庭清掃と忙しい一日でした。

金魚草と矢車菊とラナンキュラスが3鉢にヒヤシンスは2鉢、金魚草はポリポット7個にも蒔いたので、
一時期と寂しくなっていた裏庭が一気に賑やかになり、芽が出て花が咲けば華やかに成りますね。

[なばなの里] 長島ビール園

三重県桑名市長島町の なばなの里内に在る、長島ビール園です。

今回は期間限定で開催されている、オーダーバイキングの「食べ放題コース」を注文。
注文できる品数の違いで、A.お値打ちコースが2,800円、B.おすすめコースが3,500円、C.大満足コースが4,500円で、
飲み放題がアルコール系が+1,500円、ソフトドリンク系が+500円で、120分までです。

「食べ放題コース」は当然ながら全員が同一コースを注文する必要がありますが、
飲み放題は1人アルコールでもう一人がソフトドリンクのような、別々のコースを注文する事も可能。

R0017700.jpg
先ずは、焼肉のたれとドリンクが運ばれてきます。ビールは中ジョッキで提供されます。
大ジョッキでは温くなってしまうし、小ジョッキじゃすぐに無くなってしまうので、丁度良いサイズですね。

R0017702.jpg
今回は、折角なので「大満足コース」注文。
基本セットのお肉と枝豆とフライドポテトのおつまみが用意されて、このお肉を食べてから追加注文出来るようですが、
サラダとかサイドメニュー系の注文は通るようですね。

1皿ずつ撮影するのは面倒だったので、割愛(^^;

柔らかくて美味しいお肉でしたし、地ビールで焼肉を楽しむなって、何て贅沢な時間なんでしょう。
もうすぐ開催期間が終わってしまうのが残念だったので、店員さんに聞いてみると「イルミネーション期間は出来ない」と言っていたので、
来年も開催するようであれば、食べに行きたいですね。

[なばなの里] 中華料理 桃仙

三重県桑名市長島町の なばなの里内に在る、中華料理 桃仙。

店内は4人掛けのテーブル席と5人掛けの円卓併せて8卓程が並べられた部屋が2部屋になっていて、
視覚的にも混んだ雰囲気を感じさせず落ち着いた雰囲気ですし、接客も丁寧で良かったです。

ランチメニューの「五目スープそばセット」を注文しました。

R0017672.jpg
ランチメニューなのにワンプレートで提供されないのは好印象ですね。
先ずは「小点心(シュウマイ)」が運ばれてきました。小さいながらもジューシーで美味しかったです。

R0017677.jpg
メインの「五目スープそば」です。
あっさりとしていて美味しかったですが、麺が少々固まっていて、もう少しほぐしてから具材を掛けた方が食べ易いと感じました

ライスも付いて居るので、結構なボリュームでおなか一杯になります。

R0017679.jpg
食後を見計らって、「杏仁豆腐」が運ばれてきました。
杏仁豆腐は手作りだそうで、嫌味の無い甘さと滑らかでひんやりした食感が美味しく、熱くなった口の中を程好くクールダウンさせてくれます。

懐かしの国鉄 名古屋駅

前倒し大掃除続行中~

とは言え、ストイックに物欲を追求する私は「断捨離」なんて大嫌い。
新しいコレクションと効率の良い収納スペース確保の為に空間を空ける為に整理しているだけ。
「家にモノがたくさんあって邪魔」なんて全く思わず、「家にモノが沢山在る」ことを幸せに感じる私は、
「○○コンサルト」なんて肩書きで、人様の生活に口出しするヤツが大嫌いって思うほどなんだよね。

結局、「てめぇの著書、売りたいだけだろ」って、見下しているからさ。

今回は、1991年7月26日に撮影した一枚。

1991-07-26_01.jpg
家族旅行の最中に撮影したクハ113系。懐かしの湘南色で、大型ヘッドライトの1編成。

1991-07-26_02.jpg
しかも、クハ111-111とぞろ目の1両。

名古屋駅の線形は変っていないけど、周囲の建物と走る車両は大きく変わったよね。
プロフィール

PoLo

Author:PoLo
~未来は何処の空の下へ~
へようこそ!

「銀塩カメラ・銀塩写真」、「国内旅行」
「お酒」、「美味しい食べ物」、
「自転車」、「鉄道(客車・貨物等)」、
「ガーデニング」、「機械式時計」、
「I've Sound」と、
「ラブライブ!」シリーズが
好きな放蕩者の管理人PoLoが、
ストイックに我欲を追求し、
思いのままに書き連ねます。

被写体は、風景や古い街並み、
夜景、ネイチャー、鉄道です。
撮影はリバーサルフイルムを使用し
現像・スキャンに時間が掛かるので
公開は撮影から、
2~3ヵ月後を目標とします。

2013年5月にα Sweet DIGITAL、
2014年8月にα-7 DIGITAL
2017年5月にD700
2018年5月にD300
2018年8月にK-5IIs
2019年5月にX-E2を購入するも、
メインはフイルムから変えずに、
毎月フイルム5本撮る事を目標に、
色々な被写体を撮影しています。

誹謗、中傷、差別的発言、暴言、
猥褻・卑猥な言葉、
事業者による営利目的の宣伝、
記事内容と無関係な内容、
礼節を重んじない不快な投稿や、
道義的・法的に問題があるサイト、
有料サイト、有害サイト、
まとめサイト等へのリンク等は、
管理人の裁量で削除します。

トラックバックは、
成人向けや出会い系サイトが多く、
不快なので受付けていません。

細心の注意を払っていますが、
趣味の範囲内での運営であり、
文章中の誤字・脱字、情報の誤り等、
ご指摘頂ければ修正いたしますが、
思想・価値観の違い等による批判は、
一切の聞く耳を持たず削除します。

当ブログの情報により、
不都合・不利益を被られても、
当方は一切の責任は負いかねます。

写真・文章の
無断使用・無断転載・無断直リンクは
如何なる理由でも一切禁止します。
転売目的の出品者が不快なので、
特にオークションからのリンクは、
厳重に禁止します。

迷子の黒猫 Maukie
ネコ温度計
東京ステーションシティ
列車フラッシュ撮影自粛同盟

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード