Ricoh GR DIGITAL III

私が所有する3代目のコンパクトデジタルカメラ。

初代はFuji FinePix 4500で、オートしか使えずズームも出来ないカメラだったが、斬新なデザインで割と気に入っていた。
しかし、スマートメディアが無くなり、画像消失も顕著になったので買い換えた次第で、防湿庫の肥やしになっている。

二代目はFuji FinePix E510で、フルモードAEとズームを搭載したカメラだったが、
フジのニッケル水素電池の自己放電の多さで、使いたい時に使えずずいぶんと嫌になったモノだが、
エネループを購入してから、ブログ用の写真撮影用として生き長らえている。

三代目がRicoh GR DIGITAL III。
2010年10月に荻窪さくらやで、スペアバッテリーが1個オマケで付いて39,800円だったので衝動買いしたカメラ。
DSCF6048.jpg

スペック
レンズ:GR Lenz 6mmF1.9(35mm換算:28mm相当)
画像素子:1/1.7型CCD 1000万画素
シャッター速度:1/2000~1秒、バルブ
記録媒体:SDカード、SDHCカード、内蔵メモリー
記録画素数:[4:3]:3648×2736、3264×2448、2592×1944、2048×1536、1280×960、640×480
[3:2]:3648×2432、
[1:1]:2736×2736
液晶モニター:3型 92万画素透過型液晶
使用電池:リチャージブルバッテリー DB-65、単四型ニッケル水素電池、単四型アルカリ電池
大きさ・重量:幅108.6mm×高さ59.8mm×奥行25.5mm、重量188g(電池・付属品別)

私が所有するデジタルカメラの中で一番高画素なカメラだけど、私がフイルムメインなのでずっとサブ機に甘んじてた。
ブログに使う写真や明治探険隊で写真を撮るのがメインで、かなり勿体無いGR DIGITAL IIIの使い方をしてきたと思う。

先日、KONICAMINOLTA α SweetDIGITALとの比較の為に四切に伸ばしてみて、そう思ったのだ。
コンパクトデジタルなのに、大きく伸ばした方が良さが際立つ感じを実感したのだ。

まぁ、私が意固地にフイルムに拘る余り、デジタルはタダの記録といい加減にしか撮っていなかったのだけれど、
今回、比較用とは言え、大きく伸ばそうと思える写真を撮るようになったというのは、
ようやくデジタルも使っていこうと思うようになったのかもね。

そんな中、Ricoh GR DIGITAL IIIで気にって入るのは、レンズの描写力やデザインもなのだが、
電源投入時に、メーカー名や機種名を表示させず、すぐに撮影体制に入る潔さも気に行っているのだ。

暇潰しに家電量販店でデモ機を弄り回していると、
電源投入時にメーカー名や機種名を表示し、すぐに撮影体制に入らないカメラを時折見かけるが、私はアレが不愉快で嫌いなのだ。
それは、私は写真を撮りたいが故に電源を入れるのであって、メーカー名や機種名を見たい訳ではないのだからね。

APSサイズのRicoh GRも価格がこなれては来たが、コレからもRicoh GR DIGITAL IIIを大切に使っていこうと思う。

目は笑っていない

R0015157.jpg
先日、明治村で見つけたマンホールの蓋です。

口は笑っているものの、目は笑っていない顔に見えました。

男の隠れ家 9月号

DSCF6041.jpg
気に成った特集の号だけ購読している「男の隠れ家」の9月号を購入してきました。
男の隠れ家誌は、酒・そば・城下町・ローカル線の特集を買う事が多いですね。

今月号はそば特集で全国のそばの店を取上げ、
他にも冷酒と酒肴のそば前やそば打ち道具も取上げていたりと、中々読み応えの在る号でした。

初めてデジタル写真を大きく伸ばしてみた

カメラのアマノのメールマガジンに、「六切以上、お試し半額」が在ったので、
KONICAMINOLTA α-Sweet DIGITALで鈴鹿サーキットで撮影したWTCCとスーパー耐久と、
Ricoh GR DIGITAL IIIで明治村で撮影した紫陽花の写真を大きく伸ばしてみました。

DSCF6043.jpg
先ずはKONICAMINOLTA α-Sweet DIGITALで鈴鹿サーキットで撮影したWTCCとスーパー耐久の写真。
時代遅れな610万画素を四切ワイドに伸ばして鑑賞に堪えるかどうかを試したかったんだけど、鑑賞に堪えると思うよ。

個人的に四切ワイド以上に伸ばす事はほぼ無いだろうから、
「トリミング前提の撮影も出来ます」なんて萎える事を言う、3000万画素超のカメラなんて必要ないだろうね。

フイルムに拘ってはいるけれど、モータースポーツ撮影を全てフイルムで撮るのは予算的に厳しいのだが、
α Sweet DIGITALのスペックや操作感では少々物足りなかったからねぇ~
コレで、今年のWTCC用に一台買い増そうと思っているデジタル一眼レフの方向性が大体決まったかな。

DSCF6046.jpg
比較の為に四切にプリントしてみたRicoh GR DIGITAL IIIで明治村で撮影した紫陽花の写真を額縁に入れてみた。
大きく伸ばしてみて、Ricoh GR DIGITAL IIIのレンズのシャープさに驚かされました。

今年4月の丸栄中古カメラ市で100円で買った額縁が四切用だったので、四切でプリントしてみた。
あとは四切ワイドの額縁を調達して、廊下か階段かにフォトギャラリーを新設しようかな。

やっぱり、写真って楽しいなぁ~

ユウガオの種が出来始めました

DSCF6029.jpg
5月11日に蒔いたユウガオに種が出来始めました。

昨年の夕顔は余り成績が良くなく余り咲かなかったのですが、
今年は沢山の花を咲かせたので、種も沢山取れることでしょう。

アサガオの種が出来始めました

DSCF6031.jpg
5月11日に蒔いたアサガオに種が出来始めました。

アサガオは毎年、沢山の花を咲かせてくれるので、種も沢山取れます。
とは言え、プランター3個分程度なので、20個もあれば十分なんですがね。

明治村 デンキブラン汐留バー 「ニッカウィスキー竹鶴&鮭とばスルメセット」

R0015216.jpg
明治村4丁目に在るデンキブラン汐留バーの、
北海道グルメフェアメニューの「ニッカウィスキー竹鶴&鮭とばスルメセット」です。

竹鶴のシングルに、鮭とばとスルメが数本と、一味マヨネーズが付いたセット。
明治村でなければ食べられない訳ではないし、至って普通の乾き物なのだが、
有形文化財の建物の中で、昼間っからウィスキーを傾けると言う雰囲気は、ココでしか味わえないものでしょうね。

「ニッカウィスキー竹鶴&鮭とばスルメセット」はシングルで700円でした。

明治村は車で行く事の多い場所でしょうけど、飲酒運転は厳禁ですよ!!!

明治村 和食処 碧水亭 「羊ヶ丘御前」

R0015194.jpg
明治村1丁目に在る和食処 碧水亭の、北海道グルメフェアメニューの「羊ヶ丘御膳」です。

チラシを見ると"ジンギスカンセット"となっていますが、
メニューには"成吉思汗セット"と"羊ヶ丘御膳"の二種類在って、私は"羊ヶ丘御膳"を注文しました。

更に盛られたラム肉と野菜に、スモークサーモンのサラダ、
枝豆豆腐、醤油ラーメン、ご飯、お漬物、デザートと盛りだくさん。

チラシの写真のように野菜が盛られて出てこないので、野菜を下に敷いて焼こうとするとちょっと面倒なのと、
固形燃料だけで焼ききれるか心配でしたが、それは杞憂に終わりました。

スモークサーモンのサラダと枝豆豆腐をツマミにビールを飲みつつ焼いて、
焼きあがったジンギスカンを半分ほどをツマミにして呑んで、半分とご飯とラーメンで締めと、美味しくいただけました。

"羊ヶ丘御膳"が1,650円、キリンラガービール(中瓶)が620円でした。

結構ボリュームがるので、小食の方は"成吉思汗セット"の方がオススメですかね。
違いは、スモークサーモンかかにかまぼこ、ラーメンがスープ、枝豆豆腐が付かなくなって、300円安くなります。


夏の明治村 3

「名電一号型」から「京都市電」を望む
2014-07-23-03-02.jpg
カメラ:FUJIFILM GF670 Professional
レンズ:EBCフジノンレンズ 80㎜ F3.5(35mm判換算:40mm相当)
シャッター速度:1/250秒
絞り:F4.0
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F(057-4521)

「尾西鉄道蒸気機関車1号」と「ハワイ移民集会所」
2014-07-23-03-06.jpg
カメラ:FUJIFILM GF670 Professional
レンズ:EBCフジノンレンズ 80㎜ F3.5(35mm判換算:40mm相当)
シャッター速度:1/250秒
絞り:F8.0
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F(057-4521)

夏の明治村 2

2014-07-23-02-01.jpg
カメラ:FUJIFILM GF670 Professional
レンズ:EBCフジノンレンズ 80㎜ F3.5(35mm判換算:40mm相当)
シャッター速度:1/250秒
絞り:F8.0
露出補正:+1.0段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F(057-4521)

2014-07-23-02-02.jpg
カメラ:FUJIFILM GF670 Professional
レンズ:EBCフジノンレンズ 80㎜ F3.5(35mm判換算:40mm相当)
シャッター速度:1/125秒
絞り:F8.0
露出補正:+1.0段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F(057-4521)

2014-07-23-02-03.jpg
カメラ:FUJIFILM GF670 Professional
レンズ:EBCフジノンレンズ 80㎜ F3.5(35mm判換算:40mm相当)
シャッター速度:1/125秒
絞り:F8.0
露出補正:+1.0段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F(057-4521)

夏の明治村 1

フイルム撮影分~

花瓶
2014-07-23-01-07.jpg
カメラ:FUJIFILM GF670 Professional
レンズ:EBCフジノンレンズ 80㎜ F3.5(35mm判換算:40mm相当)
シャッター速度:1/30秒
絞り:F3.5
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F(057-4521)

つりしのぶ
2014-07-23-01-08.jpg
カメラ:FUJIFILM GF670 Professional
レンズ:EBCフジノンレンズ 80㎜ F3.5(35mm判換算:40mm相当)
シャッター速度:1/125秒
絞り:F5.6
露出補正:+0.7段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F(057-4521)

ガラス瓶
2014-07-23-01-09.jpg
カメラ:FUJIFILM GF670 Professional
レンズ:EBCフジノンレンズ 80㎜ F3.5(35mm判換算:40mm相当)
シャッター速度:1/8秒
絞り:F3.5
露出補正:+0.7段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA 100F(057-4521)

FUJIFILM GF670 Professionalで明治村を撮りつつ呑み歩く

明治探険隊を攻略してしまったのだが、
相方が北海道グルメフェアメニューの"ジンギスカン"を食べたいと言うので、
同じく、北海道グルメフェアメニューの"ニッカウィスキー竹鶴&鮭とばスルメセット"で一杯やるのも悪くないと思い、
今月、3回目の明治村に行ってきました。

今日の機材は、FUJIFILM GF670 ProfessionalとRicoh GR DIGITAL IIIをWENGER ショルダーバックに入れる。

今日はお酒を飲むのがメインなので、名鉄バスセンター9:40発の都市間高速バスに乗って明治村に向かう。
一本でいけるのは便利なのだが、直行便ではなく小牧経由なので1時間20分ほど掛かるのがネックなのだが、
大体が、2~3分遅れで到着するので、中々優秀な高速バスですね。

11時過ぎには明治村に入村し、早速、"大井牛肉店"の前に咲いているアサガオを撮影。
R0015181.jpg

その後、碧水亭の方へ歩いていくのだが、まだ11時半頃と少し早いので、"森鴎外・夏目漱石住宅"で撮影。
R0015185.jpg

そして、12時少し過ぎに碧水亭に向かう。
ジンギスカンセットは2種類あったので、私は高い方の"羊ヶ丘御膳"と、ビールがキリンだったので迷わず注文。
R0015187.jpg

そして程なく、"羊ヶ丘御膳"がやってきた。
R0015198.jpg

ジンギスカン鍋ではなく、陶板に固形燃料と言うスタイルだが、中々美味しく、ボリュームも在りました。
呑みながら焼いてなので、1時間程、碧水亭に滞在する事に……

その後、千早赤阪小学校講堂の横に在るベンチでフイルム交換をしようとしたら、黒にゃんこが懐いてきた。
PIC_1801.jpg
多分、ブローニーフィルムのパッケージを開ける音が、お菓子か何かの袋をあける音だと勘違いした様子。

PIC_1800.jpg
持っていかれないように注意しつつ、パッケージのニオイを嗅がせたら、ようやく諦めたようですが……

R0015205.jpg
私が座っているベンチの下で、不貞寝してましたよ。

6×7判だと120で10枚しか撮れないので、あっという間に持ってきた3本を消費してしまう。
なので、デンキブラン汐留バーに向かい、"ニッカウィスキー竹鶴&鮭とばスルメセット"で一息入れる。
R0015217.jpg

その後は、ノンビリとお土産を見ながら正門に戻り、明治村15:30発の都市間高速バスで帰路に着く。

電話機を修理してみた

DSCF6038.jpg
ウチはシャープ製の電話機を使用しているのだが、最近、親機の調子が悪く、受話器を上げても電話が取れなくなった。

電話機なんて修理に出すより買い換えた方が安いだろうが、
子機は問題なく使えるので買い換えるのも癪だし、かと言って、高い修理代を出すのも癪。

そもそも、家電に興味が無いから、新しい家電を買うという行為が、全く嬉しくないんだよね。

大方、原因がフックスイッチだと想像出来たので、ダメ元で分解してみた。
分解はいじり止め付トルクスレンチが必要なだけで、ネジ4個を外せば簡単に分解出来て、
フックスイッチ自体は精密ドライバーのマイナスで抉ったら、開ける事が出来た。

あとは、接点を掃除し、ちょっと間隔を詰めて接触しやすくして組み戻す。10分ほど完了。
繋ぎ直して見ると、問題なく電話が取れるようになり、無駄な出費を抑える事が出来ました。

家電製品の分解は自己責任にてお願いします。
当記事を参考にして分解し、修理不能になったり怪我をされても、
当方は一切責任を持つ気も、謝罪する気もありませんし、修理を請け負う気も在りません。
上記の意味の判らない方、自己責任の意味の判らない方は、自費にてメーカーに修理依頼をご依頼ください。

JR東海 国鉄型気動車キハ40引退へ……

2012-06-22_06.jpg
2012年6月22日 庄内川橋梁左岸にて撮影。

国鉄型気動車を完全置き換えへ、JR東海

JR東海が59両所有し、高山線や太多線、紀勢線で活躍している最後の国威鉄型気動車のキハ40型が、
車輌の老朽化のためキハ25型の二次車増備に伴い、2015年度末で引退するそうですね。

平均経年数が35年を越え、メンテナンスに支障をきたし始めているのだろうし、
最新型のディーゼル機関に比べれば、出力も低く燃費の悪いであろうキハ40を維持し続ける意味合いは、
営利企業としては、JR九州が提唱しているような「乗る楽しみ」を除けば、無いだろうね。

事務的なJR東海にしてみれば、全て同じ形式で統一できれば、メンテナンス費用も抑えられるし、
何より不測の事態で遅れが出た時に、車輌のやりくりも楽になるだろう。
当然、普段利用している人たちも、新しい車両の方が乗り心地も良くて、歓迎される事だろう。

だけど、鉄道写真を撮っていて、国鉄時代の車両の方が好きな私にしてみれば寂しくなりますし、
キハ25は貫通扉上部のライトが無い程度で313系と余り変わらないデザインを採用していて、
撮る側にするとツマラナイのよね。電車と気動車だから、中身は別物だけどね。

まぁ、鉄道会社は被写体として運営している訳じゃないので、
どんどん新しい車輌を入れて、乗客サービス向上とイニシャルコストを低減していくのが当然の姿でしょうけどね。

来春引退のトワイライトエクスプレスの撮影と併せて、日本海側まで遠征するのも良いけど、
最近ガソリン高いし、高速の昼間割引も無くなっちゃったからなぁ……

クルマもカメラも新しいモノに興味を感じなくなったけど、
鉄道車両も乗るのは新しい車輌が良いけど、被写体としては新しい車両に魅力を感じなくなった。
なんか、私の好きな時代ってのは、模型の中にしか再現できないのかもしれないね。

旅と鉄道

DSCF6040.jpg
別冊を除き、書店に撮り置きを頼んで在る旅と鉄道誌の9月号を買ってきました。

旅と鉄道誌を買い出したのは古く、1999年秋の号から買っていて、
途中、休刊した時期が在るものの、唯一購読を続けている鉄道雑誌です。
今月号のメイン記事は「秘境鉄道、秘境駅」で、飯田線も特集している。

飯田線は過去に青春18きっぷで乗り通した事が在るし、
撮影の合間にふらりと行った事の在る小和田駅等が特集されていて身近な感じです。

元々、人の多いところが嫌いな面も在るから、ローカル線とか秘境駅って長閑そうで、また行きたくなりますね。

日本カメラ と アサヒカメラ

DSCF6039.jpg
8月号の日本カメラとアサヒカメラを購入してきました。

今月号は、日本カメラが銀塩・デジタル満遍なくとハウツー系、
アサヒカメラが、デジタル系とハウツー系の記事が多かった感じですね。
あと、両誌ともNikon D810を取上げているけど、私は興味ないかな。
だって、3635万画素も必要としないからね。画像データの取り回しを考えると1200万画素も在れば十分だと思うし。

日本カメラで気になった記事は、先ずは「中古カメラ特集2014 ばぜじゃうな沸騰する銀塩熱!!」ですね。
一時期、鈴鹿サーキットでのモータースポーツ撮影用にデジタル一眼レフを買おうかと思ってた頃も在るけど、
最近、その熱もすっかり冷めて、「やっぱり銀塩カメラが楽しい」と再認識したところだからね。

あと、「花火撮影ことはじめ」。
夏場は彼方此方で花火大会が開催されるので、撮りたくなるのが心情。
今年もフイルムカメラで花火の撮影に行こうと思っているから、良い予習になったよ。

アサヒカメラで気になった記事は、「都市を撮る」。
素人には不可能な空撮がメインだったり、都市のスナップは肖像権とか五月蝿い時代になったけど、
古い町並みなどは撮り歩いて楽しいからね。

「今選ぶべき ニコン・フルサイズ機」は、現行機種しか取上げず、ちょっと期待外れだったかな……
Nikonのフルサイズ機の現行機種のラインナップは、D4s、D810、Df、D610の4機種なんだけど、
D4sは高くて買えないし、D810はあんな画素数は要らないし、D610はいまいち萌えない。
消極的選択肢はDfに成るんだけど、モータースポーツメインでDfってのも疑問だし、
私にとってDfのポジションは銀塩カメラで良いからなぁ……

共に、連載記事は楽しみにしているし、今月号は読む所が多い感じですね。

岩村醸造 「女城主 純米吟醸」

岩村醸造の「味めぐり頒布会 第4回」が届きました。
味めぐり頒布会は2009年以降、5回目の注文です。

R0015177.jpg

今年の「女城主 純米吟醸」は、酸と香のバランスが整った印象だそうです。
冷が飲み頃で、私は少し贅沢をしたい時に飲みたいお酒ですね。

因みに純米吟醸酒とは、精米歩合60%以下でアルコール添加をしていないお酒を指します。

日本酒度:+3
酸度:1.6
アルコール度数:15.5%
原料米:ひだほまれ
精米歩合(麹):50%精米
精米歩合(掛):50%精米
飲み頃温度:冷や

岩村醸造 「女城主 本醸造」

岩村醸造の「味めぐり頒布会 第4回」が届きました。
味めぐり頒布会は2009年以降、5回目の注文です。

R0015176.jpg

「女城主 本醸造」は岩村醸造の女城主ブランドの中で低価格帯のお酒ですが、本醸造酒なのです。

因みに、本醸造酒は特定名称酒の一つで、精米歩合70%以下にした白米を原料に用い、
純米酒に近い香りと風味をもち、しかも純米酒よりは淡麗でまろやかな日本酒です。

飲み頃も冷からお燗までと、様々なシーンに合わせる事の出来る、オールマイティーで手頃なお酒です。

日本酒度:+3
酸度:1.5
アルコール度数:15.4%
原料米:ひだほまれ
精米歩合(麹):50%精米
精米歩合(掛):60%精米
飲み頃温度:冷や ~お燗

明治村 デンキブラン汐留バー 「フルーツ白くま」

R0015170.jpg
明治村4丁目に在るデンキブラン汐留バーの、村の夏喜氷フェアメニューの「フルーツ白くま」が先行販売されていました。

写真を見ると、練乳たっぷりのかき氷の上に、桃をバニラアイスが乗ったかき氷に見えますが、
中に、マンゴー、ミカン、イチゴ、ブルーベリー等が隠れたフルーツが盛りだくさんのかき氷です。

結構な量で、相方と2人で食べても満足だったので、1人で食べるのはちょっとキツイかと思いますよ。

明治村 食道楽のコロツケーと小倉ドッグの店の「北海道ポークウィンナーDOG」

R0015165.jpg
明治村一丁目に在る食道楽のコロツケーと小倉ドッグの店の、
北海道グルメフェアメニュー、「北海道ポークウィンナーDOG」です。

北海道産ポーク100%を使用したウィンナーの乗ったホットドック。
プリッとジューシーなウィンナーと、玉ねぎの風味が良くあって、美味しくいただけました。

7月27日までの期間限定メニューなので、気になる方はお早めに。

北海道ポークウィンナーDOGは単品で500円。アイスコーヒーは単品で300円でした。
ソフトドリンクならセットで少し安くなるんですが、甘いジュースは余り好きではないので……

夏の明治村 2

二眼レフでは不利なネイチャー撮影。

2014-07-15-03-07.jpg
カメラ:Mamiya C330 Professional
レンズ:Mamiya C SEKOR 80mm F2.8 (35mm判換算:43mm相当)
シャッター速度:1/125秒
絞り:F8.0
フイルム:FUJICHROME Velvia 100F(423-2546)

2014-07-15-03-08.jpg
カメラ:Mamiya C330 Professional
レンズ:Mamiya C SEKOR 80mm F2.8 (35mm判換算:43mm相当)
シャッター速度:1/125秒
絞り:F4.0
フイルム:FUJICHROME Velvia 100F(423-2546)

2014-07-15-02-09.jpg
カメラ:Mamiya C330 Professional
レンズ:Mamiya C SEKOR 80mm F2.8 (35mm判換算:43mm相当)
シャッター速度:1/125秒
絞り:F5.6
フイルム:FUJICHROME Velvia 100F(423-2546)

2014-07-15-03-12.jpg
カメラ:Mamiya C330 Professional
レンズ:Mamiya C SEKOR 80mm F2.8 (35mm判換算:43mm相当)
シャッター速度:1/60秒
絞り:F2.8
フイルム:FUJICHROME Velvia 100F(423-2546)

夏の明治村 1

フイルム撮影分~

つりしのぶ
2014-07-15-01-06.jpg
カメラ:Mamiya C330 Professional
レンズ:Mamiya C SEKOR 80mm F2.8 (35mm判換算:43mm相当)
シャッター速度:1/60秒
絞り:F4.0
フイルム:FUJICHROME Velvia 100F(423-2546)

花瓶
2014-07-15-01-07.jpg
カメラ:Mamiya C330 Professional
レンズ:Mamiya C SEKOR 80mm F2.8 (35mm判換算:43mm相当)
シャッター速度:1/30秒
絞り:F2.8
フイルム:FUJICHROME Velvia 100F(423-2546)

サンゴシトウ
2014-07-15-01-12.jpg
カメラ:Mamiya C330 Professional
レンズ:Mamiya C SEKOR 80mm F2.8 (35mm判換算:43mm相当)
シャッター速度:1/125秒
絞り:F8.0
フイルム:FUJICHROME Velvia 100F(423-2546)

紫陽花
2014-07-15-02-03.jpg
カメラ:Mamiya C330 Professional
レンズ:Mamiya C SEKOR 80mm F2.8 (35mm判換算:43mm相当)
シャッター速度:1/60秒
絞り:F4.0
フイルム:FUJICHROME Velvia 100F(423-2546)

Mamiya C330 Professyonalで明治村を撮影しつつ明治探険隊に挑戦

前回、攻略できなかった明治探険隊 TRICK Vの終の奇術ですが、
アレから探険の書をコピーしてエアコンの効いた部屋でゆっくり考えたら、攻略できたっぽい。

梅雨の合間で天気もよく、混雑するであろう夏休み前には攻略しておきたかったので、明治村に行ってきました。

今日の機材は、MamiyaC330 ProfessyonalにC SEKOR 80mm F2.8と、
Ricoh GR DIGITAL IIIをWENGER ショルダーバックに入れる。
今日は、明治探険隊がすんなり攻略できれば、しっかり撮影しようと言う魂胆。

昼間割引が無くなって割高感を感じるようになったのだが、
往路は時間短縮と休日に通勤ラッシュにハマるのは不愉快なので、
2,600円程余分に掛かるのだが高速道路を利用し、10時過ぎに何時も通り屋根付駐車スペースに愛車を置き入村。

Mamiya C330にフイルムは入れて在るのだが、
明治探険隊 TRICK Vの目星を付けた場所が合っているのか気になるので、先ずはそこに向かってみると、
最後にTRICKが在るものの、引っ掛かる事無く攻略出来た様子。

そうなれば、後は答え合せをしたいので、正門のミュージアムショップに向かう。
その道中、三重県庁舎前に、明治村内でここでしか咲いて居ないと言う"サンゴシトウ"が咲いていたので撮影。

R0015151.jpg

正門のミュージアムショップで答え合せをしたら正解で、
何時ものタカラッシュカードとワガハイ柄のペットボトルホルダーを貰いました。
R0015158.jpg

今年も明治探険隊 TRICK WからTRICK Vまでの計8問題を全て攻略する事が出来ました。

明治探険隊も攻略してしまったので、撮影に専念する。
ミュージアムショップからアヒルちゃん池の方へ歩いていき、
二眼レフじゃパララックスで不利な花を撮影したり、森鴎外・夏目漱石住宅を撮影したりと、撮影を楽しむ。

昼食は、一丁目の「食道楽のコロツケーと小倉ドッグの店」で取る事にし、
北海道グルメフェアメニューの「北海道ポークウィンナーDOG」とアイスコーヒーにする。

食後も撮り歩きつつ、企画展を眺めたりと、ゆっくりと明治村を楽しむ。
R0015167.jpg

今までは、少しでも早く明治探険隊を攻略したくて、撮影もしなかったからねぇ~

その後は順調に撮影し、持ってきた120フイルムを3本使ってしまったので、撮影は終了。

「和雑貨 楽」で南部鉄器の風鈴を購入し、
「品川硝子ショップ」に向かってみると、隣の「デンキブラン汐留バー」でフルーツ白くまが先行販売をしている。
暑い日だったので、コレ幸いと休憩がてらフルーツ白くまを食す。
「デンキブラン汐留バー」は宵の明治村の時は混雑しているから、先行販売はありがたいよ。

R0015172.jpg
期間限定で特別展示されている「儀装馬車」を撮影して、15時半過ぎに明治村を出発し下道経由で帰路に着く。

カサブランカの花が咲きました

DSCF6027.jpg
既に6年目の球根なのに、今年も大きな花を咲かせたカサブランカの花が咲き始めました。

毎年秋頃に、適当に掘り起こして植え替えているので、ちゃんと咲いてくれると嬉しい限りですね。
しかも、今年は支柱を1.2mから1.5mのものにしたので、少しくらい風が強くても茎が折れないので、長く楽しめそうです。

フウセンカズラの風船が膨らみました

DSCF6026.jpg
5月11日に種を蒔いたフウセンカズラの風船が膨らみました。

フウセンカズラの花は小さく可憐なので、
花を楽しむと言うより、果実である風船を見て楽しむ為に栽培しているようなものですね。

フウセンカズラは昨年も沢山の果実がなり、沢山の種が取れたのですが、今年も沢山の種が取れそうです。

裏庭のアマガエル君

DSCF6021.jpg
時折、「ケッケッケッケッ…」と言う鳴き声で、居る事を主張している裏庭のアマガエル君。
今日は、カサブランカの葉っぱに乗ってました。

写真を数枚撮ったら、迷惑そうに違う葉っぱに移動していったので、余り撮れませんでした。

明治村 食道楽のカフェ 「ジンギスカレー」

R0015124.jpg
明治村4丁目に在る食道楽のカフェの北海道グルメフェアメニューの「ジンギスカレー」です。

「明治村オリジナルの食道楽のカレーに、北海道産のラム肉をトッピング」と北海道グルメフェアのチラシに在るものの、
店頭のポップには、「オーストラリア産」の文字が在ったような……

それでも、柔らかなラム肉は美味しく、ピリ辛の食道楽カレーに食欲が落ちる暑い夏にぴったり。
エアコンの効いた店内で、スパイスの効いたカレーで元気になって、明治探険隊に挑戦ですね。
男性には丁度良い感じの量で、中々満足度は高めのメニューでした。

ジンギスカレーは850円で、アイスコーヒーは350円でした。

Mamiya C330 Professyonalを持って明治探険隊に挑戦

前回、手詰まりしたTRICK Vの続きですが、あれから考え方を変えたら答えが出たっぽい。

愛車を汚すのがイヤなので、雨の日には出掛けたくないのだが、自分が出した答えを確認したいし、
朝起きてみると青空が広がっていたので、雨の隙間を縫って明治探険隊に挑戦してきました。

今日の機材は、MamiyaC330 ProfessyonalにC SEKOR 80mm F2.8と、
Ricoh GR DIGITAL IIIをWENGER ショルダーバックに入れる。
今日は撮影より明治探検隊 TRICK Vの攻略がメインなのだが、時間があれば二眼レフで紫陽花を撮りたいと思ってね。

昼間割引が無くなって割高感を感じるようになったのだが、
往路は時間短縮と休日に通勤ラッシュにハマるのは不愉快なので、
2,600円程余分に掛かるのだが高速道路を利用し、10時過ぎに何時も通り屋根付駐車スペースに愛車を置き入村。

目星を付けたところに向かってみると、カレーぱんの店の前に居たニャンコが散歩中。
R0015106.jpg

一丁目のアヒルちゃん池の紫陽花が見頃でした。
R0015119.jpg

紫陽花やニャンコを楽しみつつも、攻略を優先したいのでC330にはフイルムを居れず明治探険隊を考え、
途中、4丁目の食道楽のカフェで"ジンギスカレー"を食し、何とか奇術参と奇術四を攻略し、終の奇術に取り掛かる。

しかし、その後は道具も無いし野外で考えるのがしんどくなり、
どうせなら雨に降られる前に帰りたいので、14時頃に明治村を後にする。
結局、カメラは持ってきただけで、一枚も撮影しませんでした(^^;

帰りは下道を通り、途中ぱらりと降られるものの、大降りも無く自宅に到着。
軽く水拭きして汚れを落とし、車庫に入れたら5分もしないうちに本降りに成りました。

雨に降られずホッとした反面、終の奇術は次までの宿題になりました。

[トミカ] 三菱トライトン JAFロードサービスカー

先日、相方と買物に行った時に、家電量販店で購入しました。

DSCF6017.jpg
6月に発売された三菱 トライトン JAFロードサービスカーで、このモデルは初回限定カラーは存在しません。
ココ最近、買っているトミカの中で、初めての国産車のモデルになります。

日本では余り馴染みの無いピックアップトラックですが、
同じようなクルマばかりの国産車に面白味を感じない今、ピックアップも在れば良いのに……と思ってしまう。

まぁ、ボディサイズの割りに荷台の小さいピックアップは商用車としても売れないでしょうし、
乗車定員とシートアレンジと燃費が重視される日本じゃ、ピックアップは売れないでしょうからねぇ……

フウセンカズラの花が咲きました

DSCF6013.jpg
5月11日に種を蒔いたフウセンカズラが、白く可憐な花を咲かせました。

フウセンカズラの成長力は強く、支柱を越えても成長を続けて居るので、ネットを張るか何か考えないといけません。
プロフィール

PoLo

Author:PoLo
~未来は何処の空の下へ~
へようこそ!

「銀塩カメラ・銀塩写真」、「国内旅行」
「お酒」、「美味しい食べ物」、
「自転車」、「鉄道(客車・貨物等)」、
「ガーデニング」、「機械式時計」、
「I've Sound」が
好きな放蕩者の管理人PoLoが、
ストイックに我欲を追求し、
思いのままに書き連ねるブログです。

被写体は、風景や古い街並み、
夜景、ネイチャー、鉄道です。
撮影はリバーサルフイルムを使用し
現像・スキャンに時間が掛かるので
公開は撮影から2ヵ月後を目標とします

2013年5月にα Sweet DIGITAL、
2014年8月にα-7 DIGITAL
2017年5月にD700を購入するも、
メインはフイルムから変わらず、
毎月フイルム5本撮る事を目標に、
色々な被写体を撮影しています。

誹謗、中傷、差別的発言、暴言、
猥褻・卑猥な言葉、事業者による宣伝、
記事内容と無関係な内容、
礼節を重んじない不快な投稿や、
道義的・法的に問題があるサイト、
有料・有害サイト、まとめサイトへの、
リンク等は管理人の裁量で削除します。

トラックバックは、
成人向けや出会い系サイトが多く、
不快なので受付けていません。

細心の注意を払っていますが、
趣味の範囲内での運営であり、
文章中の誤字・脱字、情報の誤り等、
ご指摘頂ければ修正いたしますが、
思想・価値観の違い等による批判は、
一切の聞く耳を持たず削除します。

当ブログの情報により、
不都合・不利益を被られても、
当方は一切の責任は負いかねます。

写真・文章の
無断使用・無断転載・無断直リンク等は
如何なる理由でも一切禁止します。
転売目的の出品者を不快に思うので、
特にオークションからの直リンクは、
厳重に禁止します。

迷子の黒猫 Maukie
ネコ温度計
東京ステーションシティ
列車フラッシュ撮影自粛同盟

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード