JR東海:東海道線(稲沢線) 新川橋梁付近

2013-01-30_19.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D)(70mm付近)
シャッター速度:1/350秒
絞り:F5.6
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME Velvia100F(423-105)

2013-01-30_20.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D)(105mm付近)
シャッター速度:1/350秒
絞り:F5.6
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME Velvia100F(423-105)

2013-01-30_21.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D)(70mm付近)
シャッター速度:1/350秒
絞り:F4.5
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME Velvia100F(423-105)

JR東海:東海道線(稲沢線) 新川橋梁付近

2013-01-30_16.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D)(70mm付近)
シャッター速度:1/500秒
絞り:F5.6
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME Velvia100F(423-105)

2013-01-30_17.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D)(70mm付近)
シャッター速度:1/500秒
絞り:F5.6
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME Velvia100F(423-105)

2013-01-30_18.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D)(70mm付近)
シャッター速度:1/350秒
絞り:F5.6
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME Velvia100F(423-105)

JR東海:東海道線(稲沢線) 新川橋梁付近

2013-01-30_13.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D)(70mm付近)
シャッター速度:1/750秒
絞り:F5.6
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME Velvia100F(423-105)

2013-01-30_14.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D)(70mm付近)
シャッター速度:1/750秒
絞り:F5.6
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME Velvia100F(423-105)

2013-01-30_15.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D)(70mm付近)
シャッター速度:1/500秒
絞り:F5.6
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME Velvia100F(423-105)

JR東海:東海道線(稲沢線) 新川橋梁付近

2013-01-30_10.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D)(70mm付近)
シャッター速度:1/750秒
絞り:F5.6
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME Velvia100F(423-105)

2013-01-30_11.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D)(70mm付近)
シャッター速度:1/750秒
絞り:F5.6
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME Velvia100F(423-105)

2013-01-30_12.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D)(70mm付近)
シャッター速度:1/750秒
絞り:F5.6
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME Velvia100F(423-105)

JR東海:東海道線(稲沢線) 新川橋梁付近

2013-01-30_07.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D)(70mm付近)
シャッター速度:1/500秒
絞り:F5.6
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME Velvia100F(423-105)

2013-01-30_08.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D)(70mm付近)
シャッター速度:1/1000秒
絞り:F4.5
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME Velvia100F(423-105)

2013-01-30_09.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D)(70mm付近)
シャッター速度:1/750秒
絞り:F5.6
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME Velvia100F(423-105)

JR東海:東海道線(稲沢線) 新川橋梁付近

2013-01-30_04.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D)(70mm付近)
シャッター速度:1/250秒
絞り:F9.5
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME Velvia100F(423-105)

2013-01-30_05.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D)(70mm付近)
シャッター速度:1/750秒
絞り:F5.6
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME Velvia100F(423-105)

2013-01-30_06.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D)(70mm付近)
シャッター速度:1/750秒
絞り:F5.6
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME Velvia100F(423-105)

JR東海:東海道線(稲沢線) 新川橋梁付近

2013-01-30_01.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D)(70mm付近)
シャッター速度:1/500秒
絞り:F5.6
露出補正:+0.5段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia100F(423-105)

2013-01-30_02.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D)(70mm付近)
シャッター速度:1/500秒
絞り:F5.6
露出補正:+0.5段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia100F(423-105)

2013-01-30_03.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D)(70mm付近)
シャッター速度:1/500秒
絞り:F5.6
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME Velvia100F(423-105)

[駅弁] 壺屋 稲荷寿し

DSCF5233.jpg
浜名第三橋梁にJR貨物 コキ107の甲種輸送を撮影に行った帰りに買って来ました。
豊橋駅で乗り換える度に買っている駅弁の一つです。

木目調の発泡スチロール容器に古風な掛紙を掛け青い紐でしばった、伝統ある駅弁のスタイル。
2012年10月1日に価格改定をし、20円アップの500円になったが、それでもリーズナブル。

販売場所は、JR豊橋駅 JR線・名鉄線改札口正面の4・5番線ホームへ下る東京よりの階段横ワゴンか、
乗換口に向かう途中にある7・8番線ホームへ下る名古屋よりの階段横売店で売っています。

DSCF5236.jpg
パッケージを開けるとこんな感じで、何の変哲も無い稲荷寿しが7個と、個別包装された紅しょうがが入っている。

日本一美味しいと評価される事の多い駅弁だが、
その名声に違わず一口ほうばれば甘めのタレが口の中に広がり、酢飯との相性も良い。
駅弁としても食べやすく、それで居てボリュームも在るので、私のオススメ駅弁の一つです。

JR東海:東海道線 浜名第三橋梁

2013-01-29_09.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D)(70mm付近)
シャッター速度:1/500秒
絞り:F8
露出補正:-0.5段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia100F(423-105)

2013-01-29_10.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D)(60mm付近)
シャッター速度:1/1000秒
絞り:F5.6
露出補正:-0.5段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia100F(423-105)

2013-01-29_11.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D)(70mm付近)
シャッター速度:1/1500秒
絞り:F5.6
露出補正:-0.5段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia100F(423-105)

2013-01-29_12.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D)(35mm付近)
シャッター速度:1/1000秒
絞り:F5.6
露出補正:-0.5段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia100F(423-105)

JR貨物 コキ107 甲種輸送-東海道線 浜名第三橋梁

2013-01-29_07.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D)(75mm付近)
シャッター速度:1/350秒
絞り:F5.6
露出補正:+0.5段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia100F(423-105)

2013-01-29_08.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D)(70mm付近)
シャッター速度:1/500秒
絞り:F5.6
露出補正:+0.5段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia100F(423-105)

JR東海:東海道線 浜名第三橋梁

2013-01-29_02.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D)(50mm付近)
シャッター速度:1/350秒
絞り:F8
露出補正:-0.5段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia100F(423-105)

2013-01-29_03.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D)(24mm付近)
シャッター速度:1/750秒
絞り:F8
露出補正:-0.5段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia100F(423-105)

2013-01-29_04.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D)(60mm付近)
シャッター速度:1/1500秒
絞り:F5.6
露出補正:-0.5段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia100F(423-105)

2013-01-29_05.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D)(60mm付近)
シャッター速度:1/750秒
絞り:F5.6
露出補正:+0.5段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia100F(423-105)

2013-01-29_06.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D)(60mm付近)
シャッター速度:1/500秒
絞り:F5.6
露出補正:+0.5段補正
フイルム:FUJICHROME Velvia100F(423-105)

甲種輸送:東海道線 浜名第三橋梁

2013-01-29_01.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:MINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D)(70mm付近)
シャッター速度:1/750秒
絞り:F5.6
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME Velvia100F(423-105)

清酒 SLの旅

DSCF5231.jpg
大井川鉄道の千頭駅構内売店で購入した清酒SLの旅で、SL型徳利の500ml入って1,300円でした。

C11 227のイラストが目を惹くパッケージに、500ml詰めのC11型を模したSL徳利が入っています。
中身は、土井酒造場謹製の原酒 遠州灘です。
注ぎ口が水タンク部に在るので、ちょっと注ぎにくいのが難点ですが、部屋のインテリアにも良いですよ。

アルコール度数:19.0度以上、20.0度未満
原材料:米、米麹、醸造アルコール

大井川鉄道 SL本醸造カップ

DSCF5229.jpg
大井川鉄道の千頭駅構内売店で購入した、大井川鉄道SL本醸造カップで、1本250円です。

花の舞酒造酒造謹製で、静岡県産米を100%使用した本醸造です。
甘味と辛味のバランスが良く、飽きの来ない飲み口が特徴のお酒です。
C11 227の2色刷りイラストのワンカップもありますが、こちらはC10 8が菜の花の中を走る写真が目を惹きます。

日本酒度:+5
酸度:1.3
アルコール度数:15度以上、16度未満
原材料:米(静岡県産米)、米麹(静岡県産米)。醸造アルコール
精米歩合:60%精米

ユタカメイク GDX‐M ガーデンバリア ミニ

DSCF5228.jpg
最近は余りクルマに乗らなくなったので、
洗車の手間を減らそうとビルトインガレージに停めた車にボディカバーを掛けてあるのですが、
フロントバンパー周りに野良猫と思われるマーキングで、かなりの臭気を放つし気分も悪い。

普段はジョンソン 犬猫立入禁止 強力分封をボディカバーに洗濯バサミでつけて在るのだが、
コレも持続期間が10~15日と結構頻繁に交換しなければなら無いし、正露丸臭いのもちょっとね。

だからと言って、野良猫のマーキングを我慢する気も無いが、野良猫を駆除する方法もない。
猫は嫌いでは無いが、愛車を汚されて腹も立っているし、
マーキングのたびに洗車とボディカバーの洗濯で折角の休日が潰れてしまう。
最近は、ビルトインガレージの奥まで入り込み、倉庫と自転車にもマーキングしていくので、我慢も限界。

そこで、ユタカメイク GDX‐M ガーデンバリア ミニを購入しました。
近所のホームセンターでは7,980円もしましたが、Amazoneなら4,230円と4割程安かったのでAmazoneで購入。

設置は道路を通る人に反応しにくいよう、また盗難防止の観点から、見えないように車の下に設置し、
被害の多い、フロントバンパー付近に立つと反応するようにしてあります。
まだ購入して2日程度で、残りのジョンソン 犬猫立入禁止 強力分封もぶら下げて在るので、
効果が在るかどうかは判りませんが、コレで野良猫が来なくなれば御の字ですね。

大井川鉄道 五和-神尾間

2013-01-26_03.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 MACRO XR Di(28mm付近)
シャッター速度:1/500秒
絞り:F2.8
露出補正:-0.5段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA100F(059-403)

2013-01-26_04.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 MACRO XR Di(30mm付近)
シャッター速度:1/500秒
絞り:F2.8
露出補正:-0.5段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA100F(059-403)

大井川鉄道 第二橋梁

2013-01-26_01.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 MACRO XR Di(60mm付近)
シャッター速度:1/250秒
絞り:F4.5
露出補正:-0.5段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA100F(059-403)

2013-01-26_02.jpg
カメラ:MINOLTA α-9
レンズ:TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 MACRO XR Di(50mm付近)
シャッター速度:1/350秒
絞り:F4.0
露出補正:-0.5段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA100F(059-403)

DELSEY ComputerCase PHEX 16

DSCF5224.jpg
スペックは、
外寸:幅:430mm×高さ:320mm×奥行き:180mm、重量:1,910g
内寸:幅:400mm×高さ:280mm×奥行き:120+30mm(拡張時:100mm)
A4サイズ程度のノートパソコンを収納出来るスペースも在り、ハンドルは収納式。
曲線を主体にしたデザインで、ちょっとお洒落な感じ。

DSCF5226.jpg
収納例
左側は、MINOLTA α-9 + VC-9M
中央は、TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 MACRO XR Di
右側は、TAMRON SP AF 70-200mm F2.8 Di [IF] MACRO
MINOLTA α-9とTAMRON SP AF 28-75mm F2.8 MACRO XR Di上部にはスペースが在り、
500mlのペットボトルくらいなら収納出来る。

フロントポケットがマチが殆ど無く、財布や携帯電話程度しか収納できない。
またハンドルを収納しているとスペースを取られるし、出しておくとぶらぶらしてちょっと邪魔に感じる。
ファスナーは一条なのだが、フラップのように大きく開くので機材の取り出しはしやすい。

A4サイズのノートパソコンが余裕で収納出来るスペースも在るのだが、私はノートパソコンは持ち歩かない。
しかし拡張すると奥行きは100mmと一泊程度の着替え類なら余裕で収納出来るので、泊りでの撮影旅行には便利。
拡張しなくても、最低限の着替えと身嗜み用品なら旅慣れた人であれば収納出来る。

インナーパッドは厚く耐衝撃性は高いのだが、
バッグ自体が身体に馴染みにくく人混み等での取り回しは少し億劫に感じるのだが、
カメラバックと着替え用のボストンバックを持って更に三脚となると、
そっちの方が人混み等での取り回しが億劫になり、荷物は一つに纏めた方が行動しやすいので、
公共交通機関で行く1泊程度の鉄道撮影旅行等には使いやすい。

ただ、DELSEYはカメラバックの製造・販売から撤退してしまったようで、最近は店頭で全く見なくなった。

DOMKE J-811

DSCF5220.jpg
スペックは、
外寸:幅:380mm×高さ:290mm×奥行き:200mm、重量:1,800g
内寸:幅:350mm×高さ:250mm×奥行き:150mm
バリスティックナイロン製なので、キャンバス地に比べ耐久性・防水性が高く、
A4サイズ程度のノートパソコンを収納出来るスペースも在り、DOMKEには珍しく細かいポケットが多い。

DSCF5221.jpg
収納例1
左側は、MINOLTA α-9 + VC-9M
インナー左側、手前がMINOLTA AF 50mmF1.4 Nwe、奥がTAMRON SP AF 28-75mm F2.8 MACRO XR Di
インナー右側、手前がTAMRON SP AF 70-200mm F2.8 Di [IF] MACRO、奥が500mlペットボトルや水筒
右側が、MINOLTA α-7 Limited + VC-7

DSCF5222.jpg
収納例3
左側は、Nikon F5
インナー左側、手前がNikon AF 50mm F1.4D、奥がNikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF
インナー右側、手前がNikon Nikon AF-S 70-300mm F4.5-5.6G VR IF、奥が500mlペットボトルや水筒
右側が、Nikon F80s + MB-16

フロントポケットに、財布や携帯電話、フイルム数本、Ricoh GR DIGITAL IIIを収納し、
フラップ部にレリーズなどの小物類や、切符等を収納すると便利。

高さが高く、広角~中望遠の短焦点レンズなら2~3本は重ねて収納出来るのだが、
取り出しが不便になり、短焦点レンズ中心の機材との相性は余り良くない。
あと、ファスナーが一条タイプで、高さも在るので、機材の取り出しは少々不便。

ノートパソコンは持ち歩かないのだが、一泊程度の着替え類なら収納出来るので、泊りでの撮影旅行には便利。

カメラ以外の収納スペースやポケットが多く便利だと思い買ったのだが、
DOMKE F-2BBと比べると、幅-20mm、高さ+90mm、奥行き+30mmと、高さが高く取り出しが不便なので、
此方も余り出番が無いのも事実。

DOMKE F-2 BB

DSCF5212.jpg
スペックは、
外寸:幅:400mm×高さ:230mm×奥行き:170mm、重量:1,200g
内寸:幅:350mm×高さ:220mm×奥行き:150mm
バリスティックナイロン製なので、キャンバス地に比べ耐久性・防水性が高い。

DSCF5213.jpg
収納例1
左側は、MINOLTA α-9 + VC-9M
インナー左側、手前がMINOLTA AF 50mmF1.4 Nwe、奥がTAMRON SP AF 28-75mm F2.8 MACRO XR Di
インナー右側、手前がTAMRON SP AF 70-200mm F2.8 Di [IF] MACRO、奥が500mlペットボトルや水筒
右側が、MINOLTA α-7 Limited + VC-7
左右のポケットは、財布や携帯電話、フジフイルム製の5本入りフイルムケースとRicoh GR DIGITAL III
フロントポケットはマチが少なく、レリーズ等の小物類以外収納しにくい。

DSCF5214.jpg
収納例2
左側は、MINOLTA α-9 + VC-9M
インナー左側、手前がAF 35mm F1.4G New、奥がAF 24mm F2.8 Newと AF 50mmF1.4 Nweを積み重ねる
インナー右側、手前がAF 85mm F1.4G(D)(AF 100mm F2.8 MACRO(D)でも可)、奥が500mlペットボトルや水筒
右側が、MINOLTA α-7 Limited + VC-7
左右のポケットは、財布や携帯電話、フジフイルム製の5本入りフイルムケースとRicoh GR DIGITAL III
フロントポケットはマチが少なく、レリーズ等の小物類以外収納しにくい。

DSCF5215.jpg
収納例3
左側は、Nikon F5
インナー左側、手前がNikon AF 50mm F1.4D、奥がNikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF
インナー右側、手前がNikon Nikon AF-S 70-300mm F4.5-5.6G VR IF、奥が500mlペットボトルや水筒
右側が、Nikon F80s + MB-16
左右のポケットは、財布や携帯電話、フジフイルム製の5本入りフイルムケースとRicoh GR DIGITAL III
フロントポケットはマチが少なく、レリーズ等の小物類以外収納しにくい。
短焦点レンズを重ねて収納する事を厭わなければ、
大半の広角~標準系の短焦点レンズをもう1本収納する事が出来る。

DOMKE F-6と内寸を比べると、幅+50mm、高さ+35mm、奥行き+10mm大きいので、
大口径の標準ズームと望遠ズームや、予備ボディも収納する事が出来るようになり、
500mlのペットボトルもはみ出さず、収まりも良くなるのだが、
予備ボディを必要としないのであればDOMKE F-6で十分収まり、
大口径の標準ズームと望遠ズームを持ち出すのであれば、短焦点は省いてDOMKE F-3x BBで十分収まるので、
DOMKE F-2 BBまでは必要と感じず、購入したのだが余り出番が無いのも事実。

DOMKE F-6と外寸を比べると、幅+80mm、高さ+20mm、奥行きは同寸なのだが、
サイズ以上に大きく感じ、人混み等での取り回しは少し億劫に感じる。
あと、DOMKE F-6に比べると、フロントポケットが使いにくいのが欠点。

DOMKE F-10(SAND)

DSCF5203.jpg
スペックは、
外寸:幅:290mm×高さ:220mm×奥行き:150mm、重量:725g
内寸:幅:250mm(上)・180mm(下)×高さ:170mm×奥行き:90mm
キャンバス地なので防水性は期待出来ないが、
他のDOMKE製品と違ってクッションが入っているので、多少の耐衝撃性は期待できる。

DSCF5204.jpg
収納例1
左側は、Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical
中央は、左側は、Voigtlander GrayBESSA R2A(SIDE GRIP) + Voigtlander COLOR-SKOPAR 35mmF2.5PⅡ(LH-4N)
右側は、Ricoh GR DIGITAL III
フロントポケットは、財布や携帯電話、フイルム数本を収納する事が出来る。

DSCF5205.jpg
収納例2
左側は、MINOLTA M-ROKKOR 28mm F2.8
中央は、MINOLTA CLE(グリップ) + MINOLTA M-ROKKOR 40mm F2(社外フード)
右側は、MINOLTA M-ROKKOR 90mm F4
フロントポケットは、財布や携帯電話、フイルム4本とRicoh GR DIGITAL IIIを収納する事が出来る。
レンズを積み重ねる事さえ厭わなければ、Ricoh GR DIGITAL IIIはメイン気室に収納出来る。

DSCF5219.jpg
収納例3
左側は、Carl Zeiss DistagonT* 35mm F2.8 MMJ
中央は、CONTAX Aria D + Carl Zeiss PlanarT* 50mm F1.4 MMJ
右側は、Ricoh GR DIGITAL III
フロントポケットは、財布や携帯電話、フイルム数本を収納する事が出来る。
レンズを積み重ねる事さえ厭わなければ、28mmF2.8程度の短焦点レンズをもう1本収納する事も出来る。

DSCF5281.jpg
収納例4
左側は、専用フードやフイルム2~3本
中央は、FUJIFILM GF670 Professional
右側は、Ricoh GR DIGITAL III
フロントポケットは、財布や携帯電話を収納する事が出来る。
蛇腹式なら中判カメラを収納する事も可能。

DSCF5209.jpg
収納例5
左側は、MINOLTA α-9 + VC-9M
右側は、TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 MACRO XR Di
フロントポケットは、財布や携帯電話、フイルム数本を収納する事が出来る。
縦位置グリップ付きのフラッグシップ機と大口径標準ズームの一部だと、ちょっと窮屈だが収納する事も出来る。
ただし、最新のデジタル対応になった大柄なレンズの場合、収納できない事もある。

軽装備で町を撮り歩く時に丁度良いバッグだが、
飲料水等を収納する場所は、カメラ上部に空いたスペースに500mlペットボトル程度なら置くことは可能だが、
縦位置グリップ付きのフラッグシップ機だと、それも出来なくなる。

あと、フラップ部を止めるの面ファスナーが大きく、静かな場所では、バリバリと言う音が気になる。

DOMKE F-6(SAND)

DSCF5199.jpg
スペックは、
外寸:幅:320mm×高さ:210mm×奥行き:170mm、重量:800g
内寸:幅:300mm×高さ:185mm×奥行き:140mm
キャンバス地なので防水性は期待できないが、使い込んでくると味が出てくる。

DSCF5201.jpg
収納例はこんな感じ。
左側は、MINOLTA α-9 + VC-9M
インナー左側、手前がMINOLTA AF ZOOM 24~105mm F3.5-4.5(D)、奥がMINOLTA AF 50mmF1.4 Nwe
インナー右側、手前がMINOLTA AF APO TELE ZOOM 100-300mm F4.5-5.6 (D)、奥が500mlペットボトルや水筒
右側が、フジフイルム製の5本入りフイルムケースとRicoh GR DIGITAL III
フロントポケットに財布や携帯電話、露出計などのアクセサリー類を収納出来る。

DSCF5200.jpg
Nikon F5での収納例はこんなな感じ。
左側は、Nikon F5
インナー左側、手前がNikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF、奥がNikon AF 50mm F1.4D
インナー右側、手前がNikon Nikon AF-S 70-300mm F4.5-5.6G VR IF、奥が500mlペットボトルや水筒
右側が、フジフイルム製の5本入りフイルムケースとRicoh GR DIGITAL III
フロントポケットに財布や携帯電話、露出計などのアクセサリー類を収納出来る。

DSCF5202.jpg
MINOLTA α-9で短焦点レンズでの収納例はこんな感じ。
左側は、MINOLTA α-9 + VC-9M
インナー左側、手前がAF 35mm F1.4G New、奥がAF 24mm F2.8 Newと AF 50mmF1.4 Nweを積み重ねる
インナー右側、手前がAF 85mm F1.4G(D)(AF 100mm F2.8 MACRO(D)でも可)、奥が500mlペットボトルや水筒
右側が、フジフイルム製の5本入りフイルムケースとRicoh GR DIGITAL III
フロントポケットに財布や携帯電話、露出計などのアクセサリー類を収納出来る。

縦位置グリップ付きのフラッグシップ機だとちょっと窮屈だが収納出来なくは無く、
モータードライブの付いたMF一眼レフなら、殆どの機種で余裕を持って収納出来る。

小口径標準ズームや短焦点レンズなら重ねる事さえ厭わなければ、重ねて収納する事も出来るが、
Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IFは大柄なので、重ねて収納するのは難しい。
500mlペットボトルは少々はみだすが、収納できなくは無い。この辺りは作りの緩いDOMKEならでは。
サイズもそんなに大きく感じず、人混み等での取り回しもそんなに悪くはない。
135mm判一眼レフとレンズ数本なら、大半の機材に合わせやすいオールマイティなカメラバックだと思う。

DOMKE F-3X BB

DSCF5196.jpg
スペックは、
外寸:幅:340mm×高さ:220mm×奥行き:180mm、重量:1,000g
内寸:幅:240mm×高さ:220mm×奥行き:140mm
バリスティックナイロン製なので、キャンバス地に比べ耐久性・防水性が高い。

DSCF5198.jpg
収納例はこんなな感じ。
左側は、TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 MACRO XR Di
中央は、奥にMINOLTA α-9 + VC-9M、手前にTAMRON SP AF 70-200mm F2.8 Di [IF] MACRO
右側は、500mlペットボトルや、350mlの水筒(ピーコック ステンレスボトル 0.35L AMC-35(B))
左右のポケットは、財布や携帯電話、フジフイルム製の5本入りフイルムケースとRicoh GR DIGITAL III

Nikon F5なら、Nikon AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR IF と、
所有していないがNikon AF VR ED Zoom-Nikkor 80-400mm F4.5-5.6 D辺りが収まりが良さそう。

全体的に余裕があり収納がしにくい事は無いが、この組み合わせではレンズを装着したままでの収納は出来ない。
大口径標準ズームと大口径望遠ズームを組み合わせた、鉄道撮影時に使いやすいカメラバッグ。
クッションは底面に申し訳程度しか付いていないので、耐衝撃性は期待できないが、
自分のカメラが入ったバックを手荒に扱う人は居ないだろうし、
クッションの厚みが無い分、コンパクトで駅構内や電車内等の人が多い場所での取り回しが良い。

欠点は、フラップ部のキャンバス地部分が色あせてくる事かな。

三岐鉄道:三岐線 青川橋梁

2013-01-15_14.jpg
カメラ:Mamiya 645ProTL
レンズ:Mamiya 645 C SEKOR 80mm F2.8N (35mm判換算:50mm)
シャッター速度:1/250秒
絞り:F5.6
露出補正:+0.7段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA100F(052-2071)

2013-01-15_15.jpg
カメラ:Mamiya 645ProTL
レンズ:Mamiya 645 C SEKOR 80mm F2.8N (35mm判換算:50mm)
シャッター速度:1/250秒
絞り:F5.6
露出補正:なし
フイルム:FUJICHROME PROVIA100F(052-2071)

2013-01-15_16.jpg
カメラ:Mamiya 645ProTL
レンズ:Mamiya 645 C SEKOR 80mm F2.8N (35mm判換算:50mm)
シャッター速度:1/250秒
絞り:F5.6
露出補正:+0.7段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA100F(052-2071)

三岐鉄道:三岐線 三里-丹生川間

2013-01-15_10.jpg
カメラ:Mamiya 645ProTL
レンズ:Mamiya 645 C SEKOR 80mm F2.8N (35mm判換算:50mm)
シャッター速度:1/350秒
絞り:F5.6
露出補正:+0.7段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA100F(052-2071)

2013-01-15_11.jpg
カメラ:Mamiya 645ProTL
レンズ:Mamiya 645 C SEKOR 80mm F2.8N (35mm判換算:50mm)
シャッター速度:1/350秒
絞り:F5.6
露出補正:+0.7段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA100F(052-2071)

2013-01-15_12.jpg
カメラ:Mamiya 645ProTL
レンズ:Mamiya 645 C SEKOR 80mm F2.8N (35mm判換算:50mm)
シャッター速度:1/500秒
絞り:F5.6
露出補正:+0.7段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA100F(052-2071)

2013-01-15_13.jpg
カメラ:Mamiya 645ProTL
レンズ:Mamiya 645 C SEKOR 80mm F2.8N (35mm判換算:50mm)
シャッター速度:1/250秒
絞り:F5.6
露出補正:+0.7段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA100F(052-2071)

三岐鉄道:三岐線 宇賀川左岸

2013-01-15_08.jpg
カメラ:Mamiya 645ProTL
レンズ:Mamiya 645 C SEKOR 55mm F2.8N (35mm判換算:35mm)
シャッター速度:1/750秒
絞り:F5.6
露出補正:+0.3段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA100F(052-2052)

2013-01-15_09.jpg
カメラ:Mamiya 645ProTL
レンズ:Mamiya 645 C SEKOR 55mm F2.8N (35mm判換算:35mm)
シャッター速度:1/500秒
絞り:F5.6
露出補正:+0.3段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA100F(052-2052)

三岐鉄道:三岐線 山城-保々間

2013-01-15_07.jpg
カメラ:Mamiya 645ProTL
レンズ:Mamiya 645 C SEKOR 45mm F2.8N (35mm判換算:28mm)
シャッター速度:1/500秒
絞り:F5.6
露出補正:+0.3段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA100F(052-2052)

三岐鉄道:三岐線 古城川橋梁

2013-01-15_04.jpg
カメラ:Mamiya 645ProTL
レンズ:Mamiya 645 C SEKOR 45mm F2.8N (35mm判換算:28mm)
シャッター速度:1/500秒
絞り:F5.6
露出補正:+0.3段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA100F(052-2052)

2013-01-15_05.jpg
カメラ:Mamiya 645ProTL
レンズ:Mamiya 645 C SEKOR 45mm F2.8N (35mm判換算:28mm)
シャッター速度:1/500秒
絞り:F5.6
露出補正:+0.3段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA100F(052-2052)

2013-01-15_06.jpg
カメラ:Mamiya 645ProTL
レンズ:Mamiya 645 C SEKOR 45mm F2.8N (35mm判換算:28mm)
シャッター速度:1/500秒
絞り:F5.6
露出補正:+0.7段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA100F(052-2052)

三岐鉄道:三岐線 山城-保々間

2013-01-15_01.jpg
カメラ:Mamiya 645ProTL
レンズ:Mamiya 645 C SEKOR 80mm F2.8N (35mm判換算:50mm)
シャッター速度:1/500秒
絞り:F5.6
露出補正:+0.3段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA100F(052-2052)

2013-01-15_02.jpg
カメラ:Mamiya 645ProTL
レンズ:Mamiya 645 C SEKOR 80mm F2.8N (35mm判換算:50mm)
シャッター速度:1/500秒
絞り:F5.6
露出補正:+0.3段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA100F(052-2052)

2013-01-15_03.jpg
カメラ:Mamiya 645ProTL
レンズ:Mamiya 645 C SEKOR 80mm F2.8N (35mm判換算:50mm)
シャッター速度:1/500秒
絞り:F5.6
露出補正:+0.3段補正
フイルム:FUJICHROME PROVIA100F(052-2052)

岩村醸造 ゑなのほまれ しぼりたて原酒

DSCF5193.jpg
岩村醸造の「飲みくらべ頒布会 第4回」が届きました。
飲みくらべ頒布会は今年で4年目の注文です。
冬場はビールより日本酒が良いので今年も注文しました。

「ゑなのほまれ 絞りたて原酒」は、甘口で無濾過の生原酒。
口に含んだ時のインパクトは強いのですが、喉を通った後のキレが特徴的なお酒です。
此方も、19.3%どアルコール度数が高く、
呑み疲れると言う人は、2割程の水で割って呑んでも美味しいそうです。

日本酒度:-5
酸度:1.3
アルコール度数:19.3%
原料米:ひだほまれ
精米歩合(麹):50%精米
精米歩合(掛):60%精米
飲み頃温度:冷や~ぬる燗
その他:要冷蔵保存
プロフィール

PoLo

Author:PoLo
~未来は何処の空の下へ~
へようこそ!

「銀塩カメラ・銀塩写真」、「国内旅行」
「お酒」、「美味しい食べ物」、
「自転車」、「鉄道(客車・貨物等)」、
「ガーデニング」、「機械式時計」、
「I've Sound」と、
「ラブライブ!」シリーズが
好きな放蕩者の管理人PoLoが、
ストイックに我欲を追求し、
思いのままに書き連ねます。

被写体は、風景や古い街並み、
夜景、ネイチャー、鉄道です。
撮影はリバーサルフイルムを使用し
現像・スキャンに時間が掛かるので
公開は撮影から、
2~3ヵ月後を目標とします。

2013年5月にα Sweet DIGITAL、
2014年8月にα-7 DIGITAL
2017年5月にD700
2018年5月にD300
2018年8月にK-5IIs
2019年5月にX-E2を購入するも、
メインはフイルムから変えずに、
毎月フイルム5本撮る事を目標に、
色々な被写体を撮影しています。

誹謗、中傷、差別的発言、暴言、
猥褻・卑猥な言葉、
事業者による営利目的の宣伝、
記事内容と無関係な内容、
礼節を重んじない不快な投稿や、
道義的・法的に問題があるサイト、
有料サイト、有害サイト、
まとめサイト等へのリンク等は、
管理人の裁量で削除します。

トラックバックは、
成人向けや出会い系サイトが多く、
不快なので受付けていません。

細心の注意を払っていますが、
趣味の範囲内での運営であり、
文章中の誤字・脱字、情報の誤り等、
ご指摘頂ければ修正いたしますが、
思想・価値観の違い等による批判は、
一切の聞く耳を持たず削除します。

当ブログの情報により、
不都合・不利益を被られても、
当方は一切の責任は負いかねます。

写真・文章の
無断使用・無断転載・無断直リンクは
如何なる理由でも一切禁止します。
転売目的の出品者が不快なので、
特にオークションからのリンクは、
厳重に禁止します。

迷子の黒猫 Maukie
ネコ温度計
東京ステーションシティ
列車フラッシュ撮影自粛同盟

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード