日本カメラ と アサヒカメラ

DSCF7232.jpg
4月号の日本カメラとアサヒカメラを買ってきました。

今月号は日本カメラがデジタル系、アサヒカメラが京都特集が中心で、ともにCP+2017を取り上げています。
アサヒカメラは珍しい事に別冊付録「原 美樹子 Change」と「京都国際写真祭 LOVE」の2冊が付いています。

日本カメラは「高画素か、連写か、どっちを選ぶ !?」と、最新30機種の撮り比べ特集をメインにしています。
まぁ、私は超高画素機に全く興味がわかないのですが、連写はデジタル機の購入の参考にはなったかな。

あと、「買って楽しい激安コンデジの魅力」は、GR DIGITAL IIIの代わりになるズームの効くコンデジ探しの参考にはならなかったけど、
面白いコンデジが多くて楽しい企画でした。

見開き1ページの企画ですが「お蔵入りカメラ&レンズ列伝」は、Nikon DLの発売中にに引っ掛けてのブラック企画にも見えるけど、
個人的には面白かったですね。
まぁ、NikonもDLじゃなくて、28Ti Dとか35Ti Dとか出せばいいのにね。デジタルなのにアナログなクルクル針って面白いじゃん。
余談だけど、エプソン RD-1がデジタルなのにクルクル針だったねぇ~

アサヒカメラは、「京都の風情を撮り尽くす」がメイン記事で、京都を主題に、祭、文学、花、鉄道と細分化した特集で読み応えが在りました。

最近アサヒカメラが力を入れている法律・マナー特集が、「写真好きのための法律&マナー」としてシリーズ連載化されました。
昨今はまとめサイトと称して他人の著作物をパクる事に全く抵抗の無いクズが多く著作権問題もですが、
肖像権やプライバシー権等々の問題など、厄介な時代で必要な特集なのでしょうが、まぁ読んでいて面白い企画ではないですね。

あと、「麗しき名列車」が天竜浜名湖鉄道だったり、「銀塩カメラ放蕩記」がMamiya C330 Professional Sだったりのが、良かったですね。

日本カメラ と アサヒカメラ

DSCF7214.jpg
3月号の日本カメラとアサヒカメラを買ってきました。
今月号は、ダーク調な日本カメラと、ポップなアサヒカメラと、対照的な雰囲気の表紙でした。
あと、アサヒカメラに「MIRRORLESS STYLE 03」が付録としてついています。

両誌とも新製品特集に誌面を割いていますが、最近、デジタル一眼レフ購入熱が冷めちゃってねぇ……
最新の高性能AFは便利だとは思うけど、MF置きピンで頑張れば良いし、
最新の高性能AEは便利だとは思うけど、内臓露出計+露出補正で頑張れば良いし、
最新の高感度特性には目を見張るけど、最悪ISO100を+2段増感すれば良いし、光跡を撮るのもアリだから、
今の機材で行けるところまで行ってみようと思い始めてね。

さて、日本カメラのメイン記事は「写真家たちの裏技・便利グッズ大公開」で、
道具から使用方法・裏技、心構えまで、各プロ1ページながら中々面白い記事でした。

あと、気に成った記事が、「超簡単にできる! フイルムスキャン入門」
愛用のフイルムスキャナーがあるから、フイルムスキャナーの現状には疎かったり、再勉強になったりと、役に立つ記事でした

アサヒカメラのメイン記事は、「桜風景の表現を極める」
季節柄定番の特集ですが、特集を読みつつ今春の撮影計画を立てつつ、「こう言う撮り方も良いなぁ…」と、構築していくのに良い記事でした。

旅と鉄道 3月号

DSCF7183.jpg

別冊を除き、書店に取り置きを頼んである、「旅と鉄道」の3月号を買ってきました。
旅と鉄道誌を買い出したのは1999年秋の号からと古く、途中、休刊した時期が在るものの、唯一定期購読を続けている鉄道雑誌です。

今月は「ローカル線日帰り旅 どんこう早春賦」がメインで、八高線や播但線などの大都市圏周辺のローカル線を中心に、
旬の井伊尚虎を巡る天竜浜名湖鉄道の旅に私鉄や第3セクター、クロスシート車・駅弁等の特集の誌面になっています。

春の青春18きっぷのシーズンに向けての特集のようで、ふらりと旅に出たくなりますね。

日本カメラ と アサヒカメラ

DSCF7182.jpg

2月号の日本カメラとアサヒカメラを買ってきました。
今月号は冬らしく、両誌とも雪景色が表紙を飾っています。

日本カメラは、「現代の隠れた名玉を探せ! 標準・単焦点レンズ 現行50本撮り比べ」と「モノクロ写真にこだわる」を二大特集とし、
「ニコン フイルムカメラの時代」、「ありがとう・さようなら コニカミノルタプラザ」等の記事を特集しています。

中でも、「現代の隠れた名玉を探せ! 標準・単焦点レンズ 現行50本撮り比べ」は、
最新のレンズばかりかと思ったら、現行と銘打ってあるだけにNikon AF-DやAi-sタイプやPENTAX SMC-FAタイプ等、
新品で売っているレンズを満遍なく取上げているのが良かったです。

他にも、ニコンのフイルムカメラの特集や、コニカミノルタが撤退して10年もギャラリーを続けてきた最後を特集したりと、
フイルム派にも面白い誌面構成でした。

アサヒカメラは毎年恒例の鉄道特集を中心に、新製品情報や、
「写真を無断使用する"泥棒"を追い込む為の、損害賠償&削除要請マニュアル」と、ネット時代に即した特集が中心で、
別冊付録と言うか別冊広告(?)の、「Canon imagePROGEAF PRO-1000」の冊子が着いています。

鉄道特集は毎年楽しみにしている特集の一つで、口絵も鉄道が中心で私の趣味にもあった紙面構成ですね。

「Photoshop Elements 15」と「KINGSOFT Office 2016 Personal」を購入しました 

DSCF7181.jpg
個人的には移行したい訳では無いが、
そろそろメイン機種をWindows10機の「礒村プロ監修 写真編集(RAW現像) エントリーモデル PS5J-A64/T」に移行しなくてはと思い、
15日の14時半に「Photoshop Elements 15」と「KINGSOFT Office 2016 Personal」をビックカメラ.comで発注しました。

最低限、写真の編集が出来ないと、ブログの更新すらままならないですし、
表計算ソフトが無いと、撮影データの管理も出来ないので、そんなパソコンなら使い意味が私には無いですからね。

16日の18~20時に時間指定したのですがやってこず、今日の16時ごろに届きました。
雪の影響が残る中、注文の翌日が指定できた事が半信半疑でしたが、案の定届きませんでした。特に問題は無いですがね。

Photoshop Elementsは、
KONICA MINOLTA DiMAGE ScanDual IVにバンドルされていたPhotoshop Elements2.0からの更新と大きく進化しました。
当初は、EPSON GT-X980に買い換えれば、Photoshop Elementsのバンドル版が付いているだろう…と思っていたのですが、
どうやら付いていないようで、それならGT-X980の購入は止め、ソフト単体で購入しました。
Photoshop Elementsを使い始めて15年程になりますが、ソフト単体での購入は初めてです。

「KINGSOFT Office 2016 Personal」は、
職場ではマイクロソフト純正のオフィスを使って居るので、マイクロソフト純正を買った方が良いのかもしれませんが、
私が望んだOSの更新ではないのに、OSを買ってやってマイクロソフトを儲けさせた上に、
個人では不要なパワーポイントまでセットになったクソ高いマイクロソフト純正を買って、
更に儲けさせるのが癪だったのでキングソフト製を購入した次第です。

ここ数日、パソコンに手を焼いていて、使い勝手が変わりすぎたWindows10に嫌悪感募って、
時折、叩き壊して捨ててやろうかと思ったりするので、仕事で疲れて帰ってきた今日のインストールは見送りました。

Rail Magazine 2017-2

DSCF7155.jpg

Rail Magazine 2017-2を買ってきました。

Rail Magazineは雑誌にしては高額なので、最近は貨物列車特集などの気になった号だけを購入しています。
今月号は先月号に告知があった通りのEF66特集なので、先月のDD51特集に引き続き購入となりました。
更に、特別付録として「広田尚敬 2017年 名シーンカレンダー」が付いて居るので、1,580円と高額ながら購入しました。

Rail Magazineに日本カメラ、アサヒカメラと読む所の多い雑誌が3冊もあるので、年末年始のツマラナイテレビを見なくて済みそうです。

あとカレンダーも、今月号のRail Magazineに日本カメラ、アサヒカメラの付録に、
東急ハンズで4つ買っているし、三岐鉄道のカレンダーも在って、更に新聞屋からも貰うし、どこに掛けようかな~

日本カメラ と アサヒカメラ

DSCF7154.jpg

1月号の日本カメラとアサヒカメラを買ってきました。

今月号は新春企画らしく、日本カメラが「カメラ&写真 大予言スペシャル」、アサヒカメラが「写真とカメラをめぐる ニッポンの論点」と、
方向性は違うモノの、1月号らしい企画がメインと成っていて、
日本カメラに恒例の「フォトコンテスト2016入賞作品カレンダー」、アサヒカメラには「ミラーレス スタイル02」が付いています。

日本カメラは招福来福で、面白おかしい記事が多く、
「カメラ&写真 大予言スペシャル」は着想から妄想まで、「今月のわくわくショット」は町に溢れるカンバン観察、
「絶対に笑ってはいけない写真」はネタ写真満載の、面白おかしい誌面がメインでした。

アサヒカメラはお堅い記事が中心で、「写真とカメラをめぐる ニッポンの論点」は、
肖像権の問題からスマートフォンやSNS、写真の加工から、フォーマットサイズ、短焦点や銀塩写真など幅広いジャンルを取上げています。
ほかに、「2017年撮影暦」など、マジメな写真表現者向けの誌面のような感じでした。

旅と鉄道 1月号 と Rail Magazine2017-1

DSCF7135.jpg

別冊を除き、書店に取り置きを頼んである、「旅と鉄道」の1月号と、Rail Magazine 2017-1を買ってきました。
旅と鉄道誌を買い出したのは1999年秋の号からと古く、途中、休刊した時期が在るものの、唯一定期購読を続けている鉄道雑誌です。

今月の旅と鉄道誌は「国鉄時代を駆ける」で、国鉄時代の車輌や駅、設備などノスタルジーを感じるモノから、
グルメ・廃線巡りまで広く掲載していて、興味を惹かれます。


Rail Magazineは雑誌にしては高額なので、最近は貨物列車特集等の気になった号だけを購入しています。
今月号は、今朝方オフィシャルサイトを見たら掲載されていた先月号の「進化する直通運転」特集を今月号と勘違いし、
「巻頭のRM GalleryがDD51だから気になったら買うか…」程度で、書店に行ったら「ディーゼル機関車DD51」特集。
しかも、特別付録に 「RM POCKET9 DD51と仲間たち」の復刻版が付いていたので、1620円と高額ながら購入しました。

日本カメラ と アサヒカメラ

DSCF7134.jpg

12月号の日本カメラとアサヒカメラを買ってきました。

今月号は、日本カメラに「カメラ年鑑2017」、アサヒカメラに「猫にまた旅 2017」と「キヤノン EOS M5」の付録が付く豪華版。
毎年恒例の「猫にまた旅」カレンダーは、「年末押し迫ってからの付録はどうか」と言う読者の声を聞いて1ヶ月早めたそうです。

今月号は、日本カメラが「ベストカメラ2016」とデジタル中心の記事、アサヒカメラが「カメラ・撮影のこと」とハウツー系と、
相反する誌面作りで読む所が多かった感じです。

日本カメラの「ベストカメラ2016」はm、各プロの投票用紙大公開+2016年のお買物は呼んでいて面白かったですし、
「冬の風物詩を撮る」のふくら雀は可愛らしく撮ってみたいと思える被写体でした。
あと、「今月のわくわくショット」のミニチュア・ワンダーは、純粋に面白いアプローチだと感服しました。

アサヒカメラの「カメラ・撮影のこと」は再勉強になり良かったですし、ネイチャー中心のグラビアは目を見張る物が多かったです。

新製品特集は、両誌ともオリンパス OM-D E-M-1 Mark.IIとソニーα99IIは取上げていて、
アサヒカメラは、ほかにソニーα6500、ペンタックス K-1と幅広く取上げているが、
日本カメラの「ベストカメラ2016」も新製品特集と言えなくは無いか……

まぁ、この中で興味を持ったのはオリンパス OM-D E-M-1 Mark.IIだけ。

ソニーは論外。古くからのAマウントユーザーだが、α99から搭載されたトランスルーセントミラーが如何しても受け入れられない。
α-9の最高のファインダーを捨てた事が許せないし、ホコリが載ったら全カット没にするか、途方も無いレタッチが必要になる訳だし、
フィルターの僅か1%の反射を低減しようと努力しているのに、トランスルーセントミラーで30%もロスさせる思想が理解出来ない。
α6500のようなミラーレス機はサブ機としての興味はあるけど、それは魅力的なメインがあってのことだからねぇ~
画像素子よりマウント口径が小さいようなカメラには私は惹かれないから、サブ機としてα6500を買う事も無いからね。

ペンタックス K-1は面白いカメラだとは思うけど、レンズ資産が少ないし、遊び程度で買うならK-5II/K-5IIs辺りで十分だから。

だけど、キヤノンEOSM5は全く興味なし。
「いままでのミラーレスに満足しているか?」なんて挑発的なキャッチコピーを採用しているけど、全てにおいて物足りない。
正直、OM-D E-M1 Mark.IIやX-T2と同時期に出た同じようなカメラとしてみると、キヤノンは赤っ恥をかいたとしか思えないからね。

まぁ、ちょっとデジタル化も視野には入れているから、デジタル系の記事も面白く読めるね。

パナソニック デスクヒーターを購入しました。

DSCF7114.jpg
パソコンデスクの足元においてあったデスクヒーターが、確か一昨年辺りの冬に壊れたのですが、時期的からか欠品続き。
昨年は家電に浪費するのが嫌で購入を見送っていたのですが、寒さから体調を崩すことも在ったので今年は購入しました。

一枚パネルタイプは沢山在って安いモデルも見かけるのですが、この手のコの字型におけるタイプはコレしか見かけないので、
ちょっと高いのですが前モデルの後継機種と思われる、「パナソニック デスクヒーター DC-PKD3-C ベージュ」を購入。

支払額はAmazoneの方が300円程度安かったのですが、
ポイントを入れるとビックカメラの方が安かったので、今回はビックカメラの通販で購入しました。

プロフィール

PoLo

Author:PoLo
~未来は何処の空の下へ~
へようこそ!

「銀塩カメラ・銀塩写真」、「国内旅行」
「お酒」、「美味しい食べ物」、
「自転車」、「鉄道(客車・貨物等)」、
「ガーデニング」、「機械式時計」、
「I've Sound」が
好きな放蕩者の管理人PoLoが、
ストイックに物欲を追求し、
思いのままに書き連ねるブログです。

被写体は、風景や古い街並み、
夜景、ネイチャー、鉄道です。
撮影はリバーサルフイルムを使用し
外注現像・スキャンに時間が掛かるので
更新は撮影から1ヵ月後を目標とします

2013年5月にα Sweet DIGITAL、
2014年8月にα-7 DIGITAL
を購入するも、
メインはフイルムから変わらず、
毎月フイルム5本撮る事を目標に、
色々な被写体を撮影しています。

誹謗、中傷、差別的発言、暴言、
猥褻・卑猥な言葉、事業者による宣伝、
記事内容と無関係な内容、
礼節を重んじない不快な投稿や、
道義的・法的に問題があるサイト、
有料・有害サイトへの誘導リンク等は、
管理人の裁量で削除します。

トラックバックは、
成人向けや出会い系サイトが多く、
不快なので受付けていません。

細心の注意を払っていますが、
趣味の範囲内での運営であり、
文章中の誤字・脱字、情報の誤り等、
ご指摘いただければ修正いたしますが、
思想・価値観の違い等による批判は、
一切の聞く耳を持たず削除します。

当ブログの情報により、
不都合・不利益を被られても、
当方は一切の責任は負いかねます。
ご自身で最新の情報をお調べ下さい。

写真・文章の
無断使用・無断転載・無断直リンク等は
如何なる理由でも一切禁止します。
転売目的の出品者を不快に思うので、
特にオークションからの直リンクは、
厳重に禁止します。

迷子の黒猫 Maukie
ネコ温度計
東京ステーションシティ
列車フラッシュ撮影自粛同盟

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード