日本カメラ と アサヒカメラ

DSCF8323a.jpg
9月号の日本カメラとアサヒカメラを買ってきました。

今月号は、日本カメラがヌード特集と現行機種の撮り比べ特集、アサヒカメラが、撮影後のハウツー系の記事と、
内容が被らなくて読み応えが在りました。

日本カメラのメイン記事は、「あっぱれヌード2019」と「現行71機種 代撮り比べ大会」の2本。
「あっぱれヌード2019」は、ヌード特集はカメラ雑誌の恒例記事ですが、
今月号は口絵にヌードは無く記事が中心ですが、そんなに紙面は割いていない。
珍しいのは、男性ヌードや「エロ本史に足跡を残した凄いグラビア」と、多角的に取り上げている所ですね。

「現行71機種 代撮り比べ大会」も、現行機種の比較記事はカメラ雑誌の恒例記事。
最近でこそデジタルカメラも使うようになり、ミラーレス機にも手を出し始めたので読むようになりましたが、
銀塩カメラにこだわっていた頃には全く興味の沸かない記事でしたが、今ではミラーレス機も使うので一通り目は通しています。

この記事で、思いの外、Olympus OM-D E-M1XのAF性能が低い事と、
ソニーのAF性能は高くても何でもない環境でAFを外すことが在る事、
FUJIFILM X-T3のAF性能がソニーと肩を並べるほど良くなったうえに、外すことが少ないとなれば、やっぱりFUJIが一番かな?

まぁ、個人的には現行機種の撮り比べも良いけど、
例えば、X-T3とX-T2の比較のような新旧機種の比較記事もやってもらいたいものですね。

アサヒカメラのメイン記事は、「「撮りっぱなし」は上達しない!」で、
セレクトから現像、レタッチにプリント、バックアップまで、撮影後のハウツー系の記事に大きく紙面を割いています。
確かにデジタルカメラになってから、カメラが趣味なのか、パソコンが趣味なのか判らなくなってきていますが、
デジタルカメラで撮影する以上は仕方が無いのでしょうね。

ただ、こう言った記事では必ず、転送速度の速いメモリーカードやUSBメモリーの重要性を説いていますが、
転送が終わるまで待っている必要などなく、別の作業をしていれば、転送速度って気にする必要ないと思うんですよね。
例えば、転送している間にカメラを清掃するとか、DVDにバックアップする間に風呂に入るとか。

あと、麗しき名列車が「ビックボーイ」だったのにはちょっと惹かれましたね。

[creareきき]柿渋染め ショルダーバッグを購入しました

DSCF8317.jpg
creareきき の柿渋染め ショルダーバッグを購入しました。
17,928円と少々値が張るんだけど、デザインも収納性も理想的だったので購入しました。

買う時は少々値が張ると思ったので相当悩んだんですが、何時までも気になるので思い切って購入したのですが、
モノを手にすると品質も風合いも良くて、手とても気に入りました。

梱包も丁寧で、ビニール袋の中に不織布に包まれ、ストラップをまとめるのも紙ではなく不織布のような布。
型崩れ防止に入れられた紙も綺麗に折りたたみ筒状にして会ったりと、全てにおいて丁寧。

最近、伊豆箱根鉄道 駿豆線の撮影の際は、一眼レフ機材をLowepro フリップサイド 300AW2に入れて、
Rioch GR II や銀塩コンパクトに、財布や携帯電話にスタンプ帳等を、NOMADIC WISE-WALKER WW-04に入れる事が多い。

バックパックとショルダーバックの併用は歩く際に邪魔なんだけど、
財布や撮影計画にスタンプ帳、GR II等の取り出しやすさに、
泊まりの際に呑みに行く時の事を考慮すると最良のセットかと思ってね。

呑みに行くのに、デカいカメラバッグを持ち歩くのは面倒だし、だからと言って、カメラを裸で持ち歩きたくない。
元々、ポケットにモノを入れるのが嫌いなので、小さめのショルダーバッグが必須の人なんだけど、
最近のショルダーバッグは、ポケット自体が少なかったり、ポケットのマチが少ないモノが多くて、
スマートフォンとかのデジタルガジェットの収納には良いかもしれないけど、
私みたいに財布やシステム手帳を収納したい人には意外と使い難いのよね。

ただ、NOMADIC WISE-WALKER WW-04も10年以上使っていて、少々草臥れてきた。
まぁ、毎日使う訳訳ではないけれど、そろそろ代替のカバンを探しておこうと思ってね。

ポケットが多く収納性が良いので、NOMADICのカバンを20年近く使ってきているのだけれど、
ココ最近、好みのカバンが見当たらないのよ。

それに、帆布のカバンが好きなので帆布で探してみると、NOMADICには今は帆布製の製品が無い。
他のメーカーでも、帆布製のカバンって基本的に収納ポケットが少ないのよね。
収納ポケットが少ないと、収納物がカバン内でグチャグチャになるのが嫌なのよ。

一時期、NOMADIC製品の中では異色だと思う帆布製のHO/NUNOシリーズが発売され、
NU01 A4フラップショルダー と NU03 マガジンサイズショルダーの2種類を愛用していたのだけれど、
長年の使用で擦り切れてきたので、今は使う事なく収納してある。

そこで、帆布製のカバンで収納ポケットが多いという相反する条件で探してみて、
その条件を満たしたのがcreareききの柿渋染め ショルダーバッグだった次第です。

「ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow」を買いました

DSCF8320.jpg
シネマサンシャイン沼津に3回、109シネマズ四日市に5回、109シネマズ名古屋に5回、
ミッドランドスクエアシネマ名古屋に1回の、計14回見に行った、
「ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow」の、ブルーレイを購入しました。

因みに、ラブライブ関連のDVD/ブルーレイ関連を買うのは初めてだったりします。

私はA-on STOREで購入しました。
まぁその理由は、特典が
「ラブライブ!サンシャイン!! ジャケットイラスト使用 A3クリアポスター(2枚組)+L判ブロマイド21枚セット」
だったから。

嫁もコレが良いって言っていたし、タペストリーの為に同じブルーレイを複数枚買う気が無かったし、
そもそも、タペストリーって飾る場所に困るから、それだったらL版ブロマイドの方が良いかと思ってね。

これで好きな時に好きなだけ、「ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow」を見る事が出来ます。

日本カメラ と アサヒカメラ と 旅と鉄道

DSCF8310.jpg
8月号の日本カメラとアサヒカメラと、9月号の旅と鉄道を買ってきました。

今月号は、日本カメラが技術的・機材的記事半々で、アサヒカメラが技術的記事寄りの内容でした。
そして驚く事に、両誌ともベトナムのRicohGR IIIの向上訪問と、ライツパークの記事を掲載しています。

日本カメラのメイン記事は、「写真が良く見えるトリミングの奥義」と「フルサイズEマウントレンズ大百科」。

正直、余りトリミングに良い印象は無い。
まぁ、フイルムをスキャンする際にきっかり100%でスキャンするのは難しいので、95%くらいにトリミングする事はあるけど、
超高画素機を使って大胆にトリミングする趣味は私には無いのよね。
私は写真を撮るのが趣味であって、パソコンで画像編集するのが趣味ではないからさ。

あと、「フルサイズEマウントレンズ大百科」は、ソニーEマウント機に全く興味が沸かないのよね。

今月号で面白かった記事は、口絵と連載記事に、
「リコーCRIII &PENTAXKマウントレンズ工場探訪記」や「ライツパークへ行こう」辺りですね。

アサヒカメラのメイン記事は「身近な人を撮る」
家族写真中心にした人物撮影の記事で、私に一番遠いジャンルなんだけど、
誌面も大きく割いていて読み応えも在って記事として惹かれ、私も撮ってみようと思える内容でした。

旅と鉄道は、「ポツンと秘境駅」で、梅雨に煙るたもと駅が印象的な表紙です。

秘境駅の宝庫 飯田線から、土合・美佐島・筒石のトンネル駅、廃止になった秘境駅などの秘境駅特集に、
夏の道北旅行に、新連載の「鉄道愛を語る」はなんと六角精児さんと、中々読み応えのある誌面でした。

日本カメラ と アサヒカメラ

DSCF8269.jpg
7月号の日本カメラとアサヒカメラを買ってきました。

今月号は、日本カメラがメカ的な内容、アサヒカメラが撮影的な内容と対照的な内容ですが、
「テストリポート」も「ニューフェース診断室」も共に、Ricoh GR IIIを取り上げています。

正直、2400万画素も要らないけど、手振れ補正を利用したホコリ除去や、AF合焦速度の向上や6㎝まで寄れるマクロ等、
一番気になるカメラであるRicoh GR IIIの特集は嬉しいのですが、
やっぱり「GR II に慣れている程、戸惑う」との記載が気になりました。
幾ら性能が上がっても、操作で迷ってはその性能を生かしきれませんからね。

あと、両誌ともFUJIFILM GFX100を取り上げていますが、私は1億2000万画素もいりません。
大胆なクロッピングをする趣味もピクセル等倍でレンズのアラを探す趣味も無いですし、作品をビルの壁に垂らす機会も無い。
それに高画素を突き詰めたGFX100より、GF670のデジタル版みたいなGFX50Rの方に興味がありますね。

日本カメラのメイン記事は「ミラーレス機の「瞳AF」一斉テスト」と「写真家のカメラバッグの中身」。
だけど「ミラーレス機の「瞳AF」一斉テスト」は余り興味のない記事でした。
実際、瞳AFを使わないですし、使わない機能の為に最新機種に買い替えようとも思いませんからね。
「写真家のカメラバッグの中身」は時々特集される記事ですが、読み物としては面白かったですね。

アサヒカメラのメイン記事は「とっておきの夏の風景を撮る。」で、
夏の風景からネイチャー等、幅広い特集を組んでいて、中々読み応えも在りましたし面白かったです。

あと、ニッコール千夜一夜物語が「フォーカシングユニットとNIKKOR-Q Auto 400㎜ F4.5」や、
「ミスターニコン 後藤哲郎さんに聞く」は興味を惹かれました。

シャロン ブルー と シャロン ピンク

DSCF8248.jpg
近所のホームセンターで、6割引きで売られていた紫陽花「シャロン ブルー」と「シャロン ピンク」を買ってきました。

ラブライブ! サンシャイン!! の高海千歌ちゃん、渡辺曜ちゃん、黒澤ルビィちゃんのユニットもCYaRon!ですね。

DSCF8240.jpg
まぁ、ネタで買ってきたのも在るのですが、グラデーションの花びらが幾重にも重なった姿が美しく、

DSCF8242.jpg
特にブルーは、白から青へのグラデーションが爽やかで、フワッっとした花の感じが気に入ったのでね。

Rail Magazine No.430 2019.7

DSCF8249.jpg
近所の書店で、Rail Magazine No.430を買ってきました。

Rail Magazineは雑誌としては高い部類なので、最近は貨物列車や機関車特集の時だけ購入しています。
まぁ、毎年似通った内容ですが、在ると撮影に便利ですし、読み物としても面白いので購入しました。

ラブライブ ! と ラブライブ! サンシャイン!!

DSCF8231.jpg
10連休に私にラブライブ! サンシャイン!!を教えた古くからの友人に、ラブライブ ! 1期のブルーレイを借りて見たのですが、
μ’sの楽曲にも気に入った曲が在って、ちょっと調べてみたら、
「ラブライブ! μ’s Best Album Best Live! collection」に大体が入っているのでセブンネットで購入し、
ラブライブ! サンシャイン!! 1期のCDで買っていなかった、「恋になりたいAQUARIUM」も同時に購入。

正直、これほどラブライブ ! と ラブライブ! サンシャイン!!にハマるとは思いもしませんでしたよ(^^;

日本カメラ と アサヒカメラ と 旅と鉄道

DSCF8229.jpg
6月号の日本カメラとアサヒカメラと、7月号の旅と鉄道を買ってきました。

今月号は、
日本カメラが「みんなフィルムカメラが好き」と「いま、カメラに何がおこっているのか」と銀塩・デジタル半々の機材中心の記事で、
別冊付録で「リコー GR III バイブル」が付属します。
アサヒカメラが「カメラ・写真の流儀案内」とハウツー系の記事と、対極的な誌面づくりですね。

日本カメラのメイン記事は「みんなフィルムカメラが好き」で、久しぶりの銀塩カメラ特集。
写ルンです から 8×10 まで幅広く取り上げられていて、銀塩カメラ好きには惹かれる記事でした。
数年前に比べ、銀塩一眼レフの価格が暴落し、コンパクトカメラの価格が高騰しているのには、隔世の感がありますね。

他に、「いま、カメラに何がおこっているのか」で、
ミラーレス化の真意や撮影技法、充電池の管理などの特集も読みごたえが在りました。

アサヒカメラのメイン記事は「カメラ・写真の流儀案内」で、
ホワイトバランスや露出、ピントから、持っていく機材、バックアップから機材の保管方法まで、
多岐にわたり特集していて、役に立つ内容から、現実的ではない内容や、大きなお世話等、読んでいて面白かったです。

旅と鉄道は、「廃線の歩きかた」で全号に比べ、シックな表紙が良い雰囲気です。

有名な廃線の北陸地区や士幌線はじめ、東京・愛知、大分の廃線を、
線路あとは当然ですが、橋台、橋梁、駅施設、保存車両、トンネル等々、多角的に取り上げ、
「日本列島絶景鉄道地図帳」が綴じ込み付録として付いています。

綴じ込み付録は盗難や紛失の心配は少ないでしょうが、綺麗に切り離すのが少々不便なのが難点ですね。

鉄道コレクション と ザ・バスコレクション80

カレンダー上では10連休も今日が最終日。

まぁ交代制勤務の私は10連休前も代勤で発生した代休で3連休が在ったのですが、
世間でいうゴールデンウィークは3連休か2回あったので、3連休が3連チャンだったんだけど、
4月29日に古くからの友人と沼津に行っただけで、
3~4月分のスキャン作業にブログネタ作りに、現像済みのフイルムの風通しとシリカゲル干しに、
夏~秋向けの花の種まきと庭の草むしりに、古くなったエアコン室外機カバーの解体処分に、
古くからの友人から借りたラブライブ!のブルーレイ鑑賞。

まぁ今年に入ってからずっと突っ走ってきたから、ゆっくりと身体を休ませる時間が出来て良かったよ。

DSCF8215.jpg
庭いじりもひと段落着いたし、ビールの在庫も少なくなってきたのでビールを箱買いしに出掛けたので、
一緒に、伊豆箱根鉄道3000系(3506編成)ラブライブ!サンシャイン!!「HAPPY PARTY TRAIN」ラッピング電車3両セットと、
<JH033>全国バス80 伊豆箱根バス ラブライブ!サンシャイン!!ラッピングバス3号車を購入してきました。

鉄道コレクション シリーズで、伊豆箱根鉄道1300系イエローパラダイストレイン3両セットと、
鉄コレ伊豆箱根鉄道1300系(1301編成)3両セットも在るので、駿豆線のジオラマを造る事も出来ますね。

Over the Rainbo号もそのうち出るでしょうと、無責任な事を書いておきますか(笑

ザ・バスコレクション80も、サイドミラーの鏡面にミラーフィニッシュを張ったりと、ディテールアップをしたいと思いつつ、
結局、箱のまま飾ってあるんですけどね(^^;
プロフィール

PoLo

Author:PoLo
~未来は何処の空の下へ~
へようこそ!

「銀塩カメラ・銀塩写真」、「国内旅行」
「お酒」、「美味しい食べ物」、
「自転車」、「鉄道(客車・貨物等)」、
「ガーデニング」、「機械式時計」、
「I've Sound」と、
「ラブライブ!」シリーズが
好きな放蕩者の管理人PoLoが、
ストイックに我欲を追求し、
思いのままに書き連ねます。

被写体は、風景や古い街並み、
夜景、ネイチャー、鉄道です。
撮影はリバーサルフイルムを使用し
現像・スキャンに時間が掛かるので
公開は撮影から、
2~3ヵ月後を目標とします。

2013年5月にα Sweet DIGITAL、
2014年8月にα-7 DIGITAL
2017年5月にD700
2018年5月にD300
2018年8月にK-5IIs
2019年5月にX-E2を購入するも、
メインはフイルムから変えずに、
毎月フイルム5本撮る事を目標に、
色々な被写体を撮影しています。

誹謗、中傷、差別的発言、暴言、
猥褻・卑猥な言葉、
事業者による営利目的の宣伝、
記事内容と無関係な内容、
礼節を重んじない不快な投稿や、
道義的・法的に問題があるサイト、
有料サイト、有害サイト、
まとめサイト等へのリンク等は、
管理人の裁量で削除します。

トラックバックは、
成人向けや出会い系サイトが多く、
不快なので受付けていません。

細心の注意を払っていますが、
趣味の範囲内での運営であり、
文章中の誤字・脱字、情報の誤り等、
ご指摘頂ければ修正いたしますが、
思想・価値観の違い等による批判は、
一切の聞く耳を持たず削除します。

当ブログの情報により、
不都合・不利益を被られても、
当方は一切の責任は負いかねます。

写真・文章の
無断使用・無断転載・無断直リンクは
如何なる理由でも一切禁止します。
転売目的の出品者が不快なので、
特にオークションからのリンクは、
厳重に禁止します。

迷子の黒猫 Maukie
ネコ温度計
東京ステーションシティ
列車フラッシュ撮影自粛同盟

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード