[駅弁] 皇居外苑酢司 寿司盛り合わせ

GR006970.jpg
5月の上京の際に、東京駅八重洲中央乗換改札口付近の駅弁売場で購入した「皇居外苑酢司 寿司盛り合わせ」で1300円。
柿の葉寿司で有名な「ゐざさ」ブランドで展開している中谷本舗の駅弁です。

GR006973.jpg
掛け紙と蓋を取ると、箸やおしぼり、パウチ包装の醤油にお品書き。

GR006978.jpg
内容は、手まり寿司(たい、えび、さけ、あなご、あじ、いくら)に、巻き寿司、稲荷寿司、大根なます、ミニ大福。

流石は柿の葉寿司で有名な中谷本舗だけあって、お寿司が美味しい。
手まり寿司は一口サイズで食べやすく駅弁として最適だし、
古代米純米酢と米麹糖蜜を使用した酢飯やなますも酸味が控えめの優しい味で美味しい。

量は男性には少なめな感じですが、つまみでビールを飲んだ後には丁度良い感じですかね。
ただ毎度の事ですが、駅弁に入っているパウチ包装の醤油は、量が多すぎて後が困るんですよね。

[駅弁] 崎陽軒 昔ながらのシウマイ

GR006964.jpg
5月の上京の際に、東京駅八重洲中央乗換改札口付近の駅弁売場で購入した「昔ながらのシウマイ 15個入り」で620円。

GR006966.jpg
掛け紙を取ると、パッケージに崎陽軒本店のイラストとシウマイの紹介があります。

GR006969.jpg
崎陽軒のシウマイが15個と、醤油と辛子、楊枝がセットになった、ビールに最適な駅弁。

15個と嫁とシェアするには丁度いい量で、貝柱と豚肉がたっぷり入ったシウマイに辛子をのせて醤油をひとたらし。
味はお馴染みに崎陽軒のシウマイなので、まぎれもなく美味しいし、ビールにもよくある。

15個入りのタレビンはお馴染みの「ひょうちゃん」なのが嬉しいですね。

[駅弁] 桃中軒 鯛めし

GR006796.jpg
4月の伊豆箱根鉄道 駿豆線撮影旅行の帰りに、
JR三島駅新幹線改札内待合室の桃中軒 三島駅新幹線待合室店で購入しました。価格は780円。

GR006801.jpg
東海道線は歴史が古いからか、最近の派手で豪華な駅弁と対極でもあるシンプルな駅弁で、
内容は、鯛西京焼、わさび漬、黒はんぺん磯辺揚げ、抹茶わらび餅、チキンボール、芝漬に、メインの鯛めし。

黒はんぺんやわさび漬など静岡らしいおかずに、鯛西京焼きやチキンボールなど、おかずが充実していて、
更にメインの鯛めしは、茶飯の上にふわふわで優しい甘さの鯛そぼろがふんだんに乗っていて、
しかも価格は780円と、かなりリーズナブルなのに、非常に美味しい。

しかも鯛そぼろが食べやすいように、スプーンも入っているのはありがたい。
味もさることながら、価格や強度の名物、食べやすさを考慮していて、作り手の良心を感じられる駅弁ですね。

[駅弁] 奥駿河の磯ちらし

GR006580.jpg
3月の伊豆三津シーパラダイスと沼津旅行の帰りに、
JR三島駅新幹線改札内待合室の桃中軒 三島駅新幹線待合室店で購入しました。価格は800円。

因みに、この「奥駿河の磯ちらし」は2017年9月にお客さんの声に応えて復活した駅弁だそうです。

GR006584.jpg
東海道線は歴史が古いからか、最近の派手で豪華な駅弁と対極でもあるシンプルな駅弁で、
内容は、錦糸卵、椎茸煮、富士山サーモン、海老、蛸、かに、とびっこ、桜海老等、駿河湾の名物を散りばめたちらし寿司。

沢山の種類の海鮮が入っていても、それぞれの具材が美味しさを主張し、
スッキリとした酢飯と合わせてバランスが良くて美味しい。
具材も細かく切られているので、
沼津港のお店ででゴロっとした具材の入った海鮮ちらしを食べた後だと、寂しく見えたりしますが、
車内でも食べやすく、価格も800円と手ごろで駅弁として最適な感じです。

[駅弁] 天城紅姫 あまご寿司

GR006115.jpg
2月の伊豆箱根鉄道 駿豆線撮影旅行の帰りに、
JR三島駅新幹線ホームの桃中軒 新幹線ホーム2号売店で購入しました。価格は1,360円。

GR006116.jpg
箱状のパッケージを開けると、パックされたあまご寿司と、
箸とプラスチックナイフとおしぼりに、醤油パックと醤油皿が付いています。

GR006117.jpg
この状態にするのに結構苦労しました。

外箱をまな板代わりに出来るようコーティングされているのですが、ふたが閉じてくるのよね。
それに、パックを破る為に一度箱から出さなければならないし、パックを破りお寿司を取り出し経木っぽいシートをめくり、
わさび抗菌シートをめくって、ようやくお寿司が現れます。
折角抗菌シートに守られてきたのに素手で触るのはちょっと勿体ないし、コレをまた箱に戻すのはちょっと手間ですね。

だけど、プラスチックナイフで切れる程、繊細なあまごの身と、押し寿司なのにシャリの固さを感じない絶妙な押し加減。

最初は醤油を付けずに頂きましたが、川魚特有の臭みも無くスッキリとした味わいで、
シャリに混ぜ込まれている三杯酢漬けのワサビの茎のシャキシャキした食感が良いアクセントで美味しいです。
醤油をつけるとより旨味が増した感じで、食が進みます。

個人的にはもう少しわさびのピリッとした刺激感が在ると、より嬉しいですね。

重ねて書きますが、パッケージを開ける手間がかかる分、ネタもシャリも乾いておらず、
しっとりとした食感を残していて非常に美味しいし、ボリュームもあるのに最後まで飽きが来ず、お酒にもよく合う。

所要時間が掛かり比較的空いている事の多い こだまのグリーン車で、
お酒片手にゆったり味わうには最適な駅弁だと思います。
短距離や在来線の車内ではちょっと食べにくいので、注意が必要ですね。

[駅弁] 港あじ鮨

GR005626.jpg
2月の伊豆箱根鉄道 駿豆線撮影旅行の帰りに、
JR三島駅新幹線改札内待合室の桃中軒 三島駅新幹線待合室店で購入しました。価格は1,000円。

GR005629.jpg
筒状のパッケージから取り出し透明シートを外すと、3種類の味のお寿司が現れます。

3種類のあじ鮨は、
・にぎわい鯵鮨 (シャリにワサビの葉を混ぜた握り寿司をわさびの葉で巻いたお寿司)
ぬまづ鯵鮨 (酢でしめたあじ鮨のしその葉巻)
鯵わい太巻き (あじに大葉とごまを合わせた太巻き)

それに、伊豆天城産本山葵とプラスチック製のおろし金とパウチの醤油が付いています。

車内で生わさびをおろすなんて中々体験できない事ですが、
停車中だと「しょりしょり」と言う音が響くのがちょっと気になるのと、おろし金が小さいので、思いの外、力がいります。

見た目も個性豊かで、味わいも三者三様で美味しく、おろしたてのワサビの風味がまたお寿司を引き立ててくれて、
非常に美味しい駅弁でした。

難点はパウチの醤油が余るので、後の始末に困る事ですかね。

付け合わせはガリだけと非常にシンプルな駅弁ですが、海鮮好きには満足度の高い駅弁でした。
今回はビールを合わせましたが、沼津・三島に行く機会が在ったら今度は日本酒を合わせてみたいですね。

[駅弁] 沼津 香まだい寿司

GR005045.jpg
1月の伊豆箱根鉄道 駿豆線撮影旅行の帰りに、
JR三島駅新幹線ホームの桃中軒 新幹線ホーム2号売店で購入しました。価格は1,080円。

GR005044.jpg
筒状のパッケージから取り出すと、中身はこんな感じ。
透明シートで包装された上部に箸とおしぼり、中にパウチの醤油が入っています。

GR005046.jpg
透明シートを外すと、真鯛のお寿司と、この駅弁の特徴である伊豆天城の生わさびと樹脂製おろし金が入っています。
ぱっと見は握り寿司のように見えましたが、敷き詰めた寿司飯の上に真鯛を並べた、どんぶり形式の駅弁でした。

沼津市、駿河湾で育てられている新鮮な鯛を使用し、
静岡県産のダイダイを入れた特製酢を使用た昆布〆台と、香ばしい炙りの鯛の二種類の味が楽しめます。

車内で生わさびをおろすなんて中々体験できない事ですが、
停車中だと「しょりしょり」と言う音が響くのがちょっと気になるのと、おろし金が小さいので、思いの外、力がいります。

ほど良い厚みでプリプリの真鯛におろしたてのワサビを乗せて食すと、ほのかにダイダイの香りが広がってとても美味しい。
2切れ炙り真鯛が載っているのも、味や食感のアクセントになっていて嬉しい。

難点はパウチの醤油が余るので、後の始末に困る事ですかね。

付け合わせはガリだけと非常にシンプルな駅弁ですが、海鮮好きには満足度の高い駅弁でした。
今回はビールを合わせましたが、沼津・三島に行く機会が在ったら今度は日本酒を合わせてみたいですね。

[駅弁] やまや 福岡藩 粋の膳 やまやめんたい彩膳

GR004716.jpg
12月の上京の際に、
東京駅八重洲中央乗換改札口付近の駅弁売場で購入した「やまや 福岡藩 粋の膳 やまやめんたい彩膳」で、1,350円。

何で東京駅で博多の駅弁…と思いでしょうが、まぁ東京駅は全国各地の駅弁を買えますし、
定番の駅弁は少々飽きていて、目を惹いたのが「やまや 福岡藩 粋の膳 やまやめんたい彩膳」だった次第です。

博多のめんたいこで有名な「やまや」とのコラボ商品で、
製造者は、羽田空港の日本エアポートデリカなので空弁がメインな感じ。

GR004720.jpg
内容は、ご飯の上に辛子明太子と鰈の照焼がどんと乗って、
おかずは、煮物(がんも、筍、蒟蒻、人参、椎茸)に、醤油味ゆで卵、金平牛蒡、辛子高菜、デザートはごま団子。

六角形の容器に上品に盛られている様は美しく、1,350円という価格は現在なら割安感を感じるくらい。

辛子明太子は辛さ控えめでしたが、辛子高菜はピリッと辛く、鰈の照焼も身のほぐれも良くて食べやすく、
少し濃いめの味付けですが、味のバランスもお酒との相性も良く、手間もかかった上品な味付けで美味しかったです。

ボリュームは少ないように感じますが、お酒と合わせると丁度良い量かな。
今回はビールを合わせましたが、また機会が在れば日本酒か焼酎辺りを合わせてみたいですね。

[駅弁] 冬の海の幸弁当

GR004679.jpg
12月の上京の際に、JR名古屋駅新幹線南口改札内のデリカステーションで購入した「冬の海の幸弁当」で1,380円。

ジェイアール東海パッセンジャーズの、冬季限定の駅弁です。

GR004682.jpg
内容は
ウニやイクラ、焼蟹ほぐし身と、
ブリ照り焼やイカ旨煮、フグ皮入りつみれ、ニシン昆布巻、味付け数の子と、海鮮がふんだんに使われていて、
玉子焼や大根醤油漬と盛りだくさんで、共にどんぶり形式で、片や酢飯、片や白飯と味の違いを楽しめます。

海鮮好きには嬉しい駅弁ですし、酒の肴にするにも良い駅弁だと思います。
両方ともご飯の上に載っているので、ボリュームも在ります。

名古屋駅を頻繁に使うので、定番駅弁に少々飽き気味だったので季節限定商品はありがたいですし、
名古屋駅は、味噌カツや鳥系等、肉料理メインの駅弁が多く、海鮮系が少ないんですよね。

そんな中で、感動するほどの駅弁ではありませんが、無難に満足出来る駅弁でした。

[駅弁] 地雷屋 天むす

GR004353.jpg
定光寺に撮影に行く際に、近鉄名古屋駅構内の近鉄プラザファミリーマートで購入しました。680円。

GR004355.jpg
袋状のパッケージから取り出すろ、天むすは天然の竹の皮に包まれてます。
紐も竹の皮で出来ていて、おしぼりと共に縛られています。
持ち運びも便利でエコロジーな包装で、更に雰囲気も良いと、一石三鳥の包装手法ですね。

GR004357.jpg
内容はシンプルに、天むす5個ときゃらぶき少々。箸は付いていないので豪快に手づかみで頂きます。

天むす1個に海老は2尾。
プリプリな海老に青のりが入った衣は少しスパイシーで、少し塩味の効いたご飯と共に食が進みます。

ぱっと見、少なく見えますが中々ボリューミーで、味も良くて満足感の高い駅弁です。
持ち運びも便利なので、撮影のお供に丁度いい感じですね。
プロフィール

PoLo

Author:PoLo
~未来は何処の空の下へ~
へようこそ!

「銀塩カメラ・銀塩写真」、「国内旅行」
「お酒」、「美味しい食べ物」、
「自転車」、「鉄道(客車・貨物等)」、
「ガーデニング」、「機械式時計」、
「I've Sound」と、
「ラブライブ!」シリーズが
好きな放蕩者の管理人PoLoが、
ストイックに我欲を追求し、
思いのままに書き連ねます。

被写体は、風景や古い街並み、
夜景、ネイチャー、鉄道です。
撮影はリバーサルフイルムを使用し
現像・スキャンに時間が掛かるので
公開は撮影から、
2~3ヵ月後を目標とします。

2013年5月にα Sweet DIGITAL、
2014年8月にα-7 DIGITAL
2017年5月にD700
2018年5月にD300
2018年8月にK-5IIs
2019年5月にX-E2を購入するも、
メインはフイルムから変えずに、
毎月フイルム5本撮る事を目標に、
色々な被写体を撮影しています。

誹謗、中傷、差別的発言、暴言、
猥褻・卑猥な言葉、
事業者による営利目的の宣伝、
記事内容と無関係な内容、
礼節を重んじない不快な投稿や、
道義的・法的に問題があるサイト、
有料サイト、有害サイト、
まとめサイト等へのリンク等は、
管理人の裁量で削除します。

トラックバックは、
成人向けや出会い系サイトが多く、
不快なので受付けていません。

細心の注意を払っていますが、
趣味の範囲内での運営であり、
文章中の誤字・脱字、情報の誤り等、
ご指摘頂ければ修正いたしますが、
思想・価値観の違い等による批判は、
一切の聞く耳を持たず削除します。

当ブログの情報により、
不都合・不利益を被られても、
当方は一切の責任は負いかねます。

写真・文章の
無断使用・無断転載・無断直リンクは
如何なる理由でも一切禁止します。
転売目的の出品者が不快なので、
特にオークションからのリンクは、
厳重に禁止します。

迷子の黒猫 Maukie
ネコ温度計
東京ステーションシティ
列車フラッシュ撮影自粛同盟

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード