クロスバイクにカゴを取り付けました

DSCF7104.jpg
10月11日に購入したクロスバイクに前カゴを取り付けました。

ママチャリ用のカゴなので、取り付け位置が違いすぎてそのままでは取り付けられず、
結束バンドで仮止めして寸法を測り設計図を作ってから、スペーサー金具の製作と取付金具の加工をして、取り付けと相成りました。

スポーツ車用のカゴも存在はしますが、浅かったり狭かったり、思いのほか使い難く感じたので、
無理やりママチャリ用のカゴを取り付けました。

「クロスバイクにカゴなんて…」と否定的な人も存在しますが、私は荷物を背負って乗るのが嫌いですし、
急に荷物が増えた時や、仕出し弁当屋が休みの土休日、盆や正月など、弁当を買って出勤する際にもカゴが在ると便利だし、
チャリ鉄の際も、カメラバッグを入れておけるので楽なんですよ。

ダサいと思う他人は付けなければ良いだけで、私は利便性を優先しただけの事。
道楽で乗るなら格好優先でもいいですが、生活で乗るなら便利な方が良いですからねぇ~

DSCF7105.jpg
因みに、カゴカバーも取り付けたので、ダサさ倍増です(笑

今回は「2段式 前カゴカバー」を購入。
先日購入したNOMADIC MG-02がカゴからはみ出す大きさなので、上方に延長できるタイプを選びました。
流石に水玉は恥ずかしかったので、黒にしましたがね。

コレなら、段差などでの荷物の飛び出しも抑えられますし、小雨程度なら防ぐ事が出来ます。
大雨には対応していないそうですが、その時はこの上に更にゴミ袋でも被せれば、完全なドライエリアを作る事が出来るのは経験済み。

しかもカゴとカバーの間にゴミ袋を入れ、カゴに洗濯バサミで止めておけば、突然の雨への対応も簡単。

自転車通勤で雨に降られる事は間々在りますが、その都度、即対応するのも中々難しい。
そのたびに、鞄を濡らし内容物の心配をしなければいけないのは、精神安定上、悪いですし、
万が一、財布や手帳を濡らすのも後が大変ですが、
携帯電話を水没させて欲しくも無い端末に嫌々買い換えるのは不愉快ですから、自衛は過剰なほどが良いんですよ。

欲を言えば、バイク用のリアボックスのような物が付けられるのが最良なんですが、
今回アルミフレーム車にしたのでリア用荷台の取り付けボルトがなくてねぇ……

クロスバイクを買い増しました

DSCF7075.jpg
2012年3月29日に外装6段のシティサイクルを購入したのですが、流石に草臥れてきた。

DSCF7076.jpg
リアスプロケットの6段はほぼ磨り減ってギア飛びする様になったし、5段も怪しくなってきた。
これでも、雨の日に乗った後はちゃんとオイル塗布しているし、定期的にパーツクリーナーで清掃していたんですがね。

DSCF7077.jpg
リアタイヤも磨り減りケブラーが出てきて、そろそろ交換が必要。
コレも2014年9月13日に一度交換しているのですが、2年程ですきりれて仕舞う様子……

更にサドルも壊れかけて、片方のボルトが取れてグラグラするようになってきた。

計算上ですが、通勤で1日20kmの距離を月平均20日なので、それだけで月400km。それを4年半乗ったので通勤だけで21,600km。
最近は減ったけど、チャリ鉄でも、買物でも頻繁に乗っていたので、下手をしたら25,000kmとか乗っているかもしれない。

19,800円で買ったシティサイクルもコレだけ乗れば本望でしょうし、通勤だけで考えても1km辺り1円だよ(笑
とは言え、流石に金を掛けて整備するより買った方が安いと思ったので、先日、10月11日にクロスバイクを買い増しました。

DSCF7078.jpg
同じような外装6段のシティサイクルにしようか迷ったのですが、
面白そうだったのと、チャリ鉄でより遠くに行けそうだったので「C.Dream ライドフィット RF706」の21段変速のアルミフレーム車を購入しました。

道楽用なら、ルイガノとかビアンキとかのクロスバイクが欲しいんだけど、
通勤用なので、路面が濡れている事も多いので前後のフルフェンダーと、
荷物を背負って乗るのが嫌いなのでカゴが付けられる事が大前提なので、コレに落ち着きました。

ただ、今までのシティサイクルと乗車ポジションが違うので、慣れるまでちょっと苦労しそうですし、
カゴや鍵、テールランプなど、色々カスタムしないといけないので、通勤に使うのはもう少し先になりそうですね。

因みに、外装6段のシティサイクルは、捨てるのは簡単なのすし、駅乗りや買物用に残しておく事にしました。
お陰で2人家族の家に自転車が4台。益々車が出し難くなって、車に乗らない生活が続きそうですわ(^^;;;

自転車のカゴが壊れた

数日前に自転車の前カゴが壊れた。
2箇所ある車体への取付部の1箇所が破断して、グラグラになったのだ。

流石に、2Lのペットボトル2本や、500mlの缶ビール1箱を運搬したりしていたので、金属疲労で破断したんだろう。

流石に溶接するまでは無いので、近所のホームセンターや自転車店に行って見るも、大半が3,000円前後。
だいぶガタの来た自転車に3,000円のカゴを奢るのは流石に勿体無いと思ったのだが、
今すぐにポンと新車を買う気にも成らなかったので、Amazoneを見てみたら1,200円くらいで出ていた。

DSCF6901.jpg
ただ、カゴだけだと送料が350円取られるので、序に東洋リビングの引出棚Lと波型レンズホルダーL 4連を2個も序に購入。

先日購入した東洋リビング ED-165CDTの上段には引出棚が1個しかなく、
上段下には通気口が在ってカメラが安定しないので引き出しを増設したかったから、序に買うには良いチャンスと思ってね。

自転車はカゴは新品になったけど、前後のタイヤもそろそろスリック状態。
まぁ、前後タイヤを替えるコストを考えると、新車に買い換えた方が良いかも……

DOPPELGANGER パッカブルレインポンチョ

DSCF5926.jpg
2014年5月に購入した「DOPPELGANGER パッカブルレインポンチョ
2年程使ってきたので、感想を書いてみようと思います。

・ポンチョなので風通しがよく蒸れ難い。

・リフレクター付なので安全面も高い。

・コンパクトに収納出来るのは便利なのだが、折畳みに少々コツが要る。

・収納ポケットが胸の部分にあるのだが、ココの防水が甘くポケット内が水浸しになり、乾燥させる時に乾きが悪い。

・親指はハンドルに引っ掛けられるベルクロ付のストラップがありバタつきが防止できるのだが、
 ママチャリで使うと胸の部分が余るので、そこに水が溜まり収納ポケット内が余計に水浸しになる。
 少し手繰ってハンドルに引っ掛ければ解消される。

・ツバ付の深いフードは少なく便利なのだが、収納時にツバを折る格好になり次に使う時に折癖が付いて前方視界が遮られるし、
 左右の視界は余り良くなく、後方は大きく振り向かないと見えない。

・追い風だと裾が捲れ上がる。

まぁ、色々気になる点もあるのですが、風通しの良さは優秀ですね。
夏場に合羽を着て、10kmを30分で走ろうとすると、暑さで死にそうになりますからね。

オフィシャルサイトを見に行ったら、私の購入したタイプは旧モデルのようで色々ブラッシュアップされている様子です。

シティサイクルのタイヤ交換

DSCF6087.jpg
2012年3月29日に購入した、外装6段のシティサイクルのタイヤが擦り切れてきて、
まだ実害は感じないのですが、流石に危険と思いお店で交換してきました。

シティーサイクルのタイヤ交換は面倒なので、工賃が掛かってもお店に頼む方が楽ですね。

2年半でこの有様ですが、計算上、1日20kmを平均して月20日は通勤しているので、それだけで月400km。
それに、チャリ鉄や買物等で、少なく見積もっても月50kmは乗って居るので、月間走行距離は450km程度。
計算上なので正確では無いが、それを2年半続けたので、13,500km程度は走った事になる。

クルマの走行距離が年間1,000km程度しか走らないのに、自転車の走行距離が年間5,400km程。
ホント、クルマの要らない生活をしていますね。

DOPPELGANGER パッカブルレインポンチョ

梅雨時期は自転車通勤は大変で、一応雨合羽を持っているのだが、雨合羽は結構蒸れて大変なので、
DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) パッカブルレインポンチョ DRW134-BKをAmazoneで購入しました。

雨の日が公共交通機関で行く方法も在るのだが、自転車より1時間早く出勤しなければならず、
自転車通勤申請でも雨の日はクルマ通勤しても良いのだが、
通勤如きでクルマを汚すのも癪だし、このガソリン高騰のご時世に通勤に車を使いのも馬鹿らしい。

DSCF5926.jpg
収納時はこんな感じ。
裏面にサドル取付用ストラップが付いていて、評判が悪いのだが、
今はシティサイクル通勤なので、なのでカゴに入れるか、鞄に入れて持ち運べば問題なし。

DSCF5927.jpg
広げてみるとこんな感じ。
収納ケースがポンチョ一体型なので邪魔にならないのだが、逆に収納時に綺麗に畳むのがちょっと大変。
ストラップの出来の悪さより、収納のし難さの方が私には気になったかな。

通勤以外にも、サーキットでの撮影にもって行くにも良さそうですね。

ボトムブラケット交換

3月29日の15時頃にサイクルベースあさひで、
「シマノBB-UN55 スクエアテーパー サイズ:68mm-122.5mm[EBBUN55B22]」を注文して、
納期が土日を除き3~4日と在ったのですが、今日の昼過ぎに到着しました。

DSCF4927.jpg
小さな段ボールで送られてきましたが、商品は更に小さいので、段ボール製の変わった緩衝材が入っていました。

DSCF4928.jpg
今回購入した、BB-UN55(上)と取り外したBB-CS21(下)を並べてみました。
L← →R表記どおりに並べると、カップの向きが逆になります。

DSCF4929.jpg
L← →Rの向きどおりに、ボトムブラケットを装着します。

DSCF4930.jpg
カートリッジBBツールを使用し、24mmのスパナ(写真ではモンキーレンチを使用)し、ボトムブラケットを締め付けます。

DSCF4931.jpg
反対側にワンを取り付けます。
CS-21では樹脂製のワンでしたが、BB-UN55はアルミ製のワンが付属していました。

DSCF4932.jpg
此方もカートリッジBBツールを使用し、24mmのスパナ(写真ではモンキーレンチを使用)し、ボトムブラケットを締め付けます。

DSCF4933.jpg
クランクとチェーンホイールを取り付けます。

DSCF4934.jpg
コッタレスクランク抜きを使い、フィキシングボルトを締め付けます。
このとき16mmのスパナ(写真ではモンキーレンチを使用)を使います。

DSCF4935.jpg
反対側のクランクも取り付けます。この時は、当然の事ながら180°逆向きに取り付けます。
4月1日なので、逆向きに取り付けてみようとは思いましたが、風が強く寒かったし面倒だったのでやめました。

DSCF4936.jpg
此方も、コッタレスクランク抜きを使い、フィキシングボルトを締め付けます。

DSCF4937.jpg
このとき16mmのスパナ(写真ではモンキーレンチを使用)を使います。

DSCF4938.jpg
フィキシングボルトを締め付けたら、飾りカバーを取り付けて完成です。
取外しは固着していて梃子摺り2時間程掛かりましたが、取付けは20分ほどで終了し、
近場で試走した結果問題無さそうなので、明日の通勤から乗ろうと思います。

しかし、こんなに早く届くのであれば、慌ててシティサイクルを買う必要は無かったと思いつつも、
雨天時の泥はねはかなり抑えられるので、買って良かったのかもしれません。

自転車の分解・整備は自己責任でお願いします。
当記事を参考にして分解・整備され不具合が生じたり、転倒等で怪我などをされても、
当方は一切の責任を負う気も、修理を請け負う事も、謝罪する気も全くありません。
自信の無い方、自己責任が理解出来ない方は、最寄の自転車専門店等を利用してください。

外装6段のシティサイクルを購入

DSCF4925.jpg
明日からの通勤に困ったし、泥除けを付けたとは言え雨の日のマウンテンバイク走行では泥はねに悩まされていた事もあり、
外装6段、バーハンドル、オートライトのシティサイクルを近所のショッピングセンターで19,800円で購入しました。

これで新車のマウンテンバイクの購入は先送り出来そうですが、
LOUIS GARNEAU LGS-TRX 1辺りが欲しいとは常々思っていたり……

ボトムブラケットを外してみる

折角工具も揃ったので、ボトムブラケットを外してみて、サイズを調べようと思う。

DSCF4919.jpg
先ずは、クランクの付根にある、カバーをマイナスドライバーでこじって外す。

DSCF4920.jpg
次に、コッタレスクランク抜きを使い、フィキシングボルトを外します。このとき16mmのスパナを使います。

DSCF4921.jpg
フィキシングボルトを外したら、コッタレスクランク抜きを逆さにねじ込みます。

DSCF4922.jpg
根元までねじ込んだら、スパナ(写真ではモンキーレンチを使用)を架け替え、コッタレスクランク抜きをねじ込みます。
この時、硬い場合も在るので、KURE 5-56等の浸透潤滑剤を使います。

DSCF4923.jpg
クランクが外れたら、泥で汚れているボトムブラケット部を清掃し、
カートリッジBBツールに付け替え、24mmのスパナ(写真ではモンキーレンチを使用)し、ボトムブラケットを外します。

DSCF4924.jpg
外して清掃し端ボトムブラケットです。
シマノ製のBB-CS21と言うタイプが入っていて、内部のベアリングは破損しているようで、廻すとゴリゴリした感触です。

サイズは、全長122.5mm、シェル幅68mmの四角テーパータイプ。
サイクルベースあさひのサイトで調べてみると、シマノ BB-UN55の68mm-122.5mm[EBBUN55B22]が対応しそう。

買いに行こうと思うも、マウンテンバイクは整備中だし、ガソリン高騰のこのご時世に車を出したくも無いので、
最寄のサイクルベースあさひの店舗2軒と、Y'sロードに電話で問い合わせてみるも、在庫無し。
共に取り寄せで、納期は1週間程というので、サイクルベースあさひのネット通販で注文。

納期は土日除いて3~4日だそうだが、明日からの通勤はどうしよう。
ガソリン高騰のこのご時世に車通勤はしたくは無いし、1時間も早く出る電車通勤も嫌だし……困ったな。

自転車の分解・整備は自己責任でお願いします。
当記事を参考にして分解・整備され不具合が生じたり、転倒等で怪我などをされても、
当方は一切の責任を負う気も、修理を請け負う事も、謝罪する気も全くありません。
自信の無い方、自己責任が理解出来ない方は、最寄の自転車専門店等を利用してください。

自転車用工具

DSCF4918.jpg
一月くらい前から、通勤に使っているマウンテンバイク"マッドロック ゼロ"が、
ペダリングする度に「コツッコツッ」と異音がするようになった。

注油しても症状は変わらず、雨の後は一時的に音が消える程度。
漕がずに惰性で走っている時は異音もしないので、大方、ボトムブラケットが原因だろう。

ボトムブラケットを交換するのに必要な工具は、
コッタレスクランク抜きとボトムブラケット抜きが在れば、後は手持ちの工具で何とかなりそうだ。
ストレートで調べてみたら、コッタレスクランク抜きが486円、カートリッジBBツールが567円だったので、
買いに行って、序にロックリング リムーバーが432円だったので買ってきました。

プロフィール

PoLo

Author:PoLo
~未来は何処の空の下へ~
へようこそ!

「銀塩カメラ・銀塩写真」、「国内旅行」
「お酒」、「美味しい食べ物」、
「自転車」、「鉄道(客車・貨物等)」、
「ガーデニング」、「機械式時計」、
「I've Sound」が
好きな放蕩者の管理人PoLoが、
ストイックに物欲を追求し、
思いのままに書き連ねるブログです。

被写体は、風景や古い街並み、
夜景、ネイチャー、鉄道です。
撮影はリバーサルフイルムを使用し
外注現像・スキャンに時間が掛かるので
更新は撮影から1ヵ月後を目標とします

2013年5月にα Sweet DIGITAL、
2014年8月にα-7 DIGITAL
を購入するも、
メインはフイルムから変わらず、
毎月フイルム5本撮る事を目標に、
色々な被写体を撮影しています。

誹謗、中傷、差別的発言、暴言、
猥褻・卑猥な言葉、事業者による宣伝、
記事内容と無関係な内容、
礼節を重んじない不快な投稿や、
道義的・法的に問題があるサイト、
有料・有害サイトへの誘導リンク等は、
管理人の裁量で削除します。

トラックバックは、
成人向けや出会い系サイトが多く、
不快なので受付けていません。

細心の注意を払っていますが、
趣味の範囲内での運営であり、
文章中の誤字・脱字、情報の誤り等、
ご指摘いただければ修正いたしますが、
思想・価値観の違い等による批判は、
一切の聞く耳を持たず削除します。

当ブログの情報により、
不都合・不利益を被られても、
当方は一切の責任は負いかねます。
ご自身で最新の情報をお調べ下さい。

写真・文章の
無断使用・無断転載・無断直リンク等は
如何なる理由でも一切禁止します。
転売目的の出品者を不快に思うので、
特にオークションからの直リンクは、
厳重に禁止します。

迷子の黒猫 Maukie
ネコ温度計
東京ステーションシティ
列車フラッシュ撮影自粛同盟

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード