マツイウイスキー 「山陰」

DSCF8799.jpg
倉吉蒸溜所から、山陰発のウイスキーとして、倉吉・鳥取にもっと地域貢献をしていきたい。
そんな想いを込めて生まれたブレンデッドウイスキー「山陰」。

ハイボールで頂くと、香りは少し梨のようなフルーティな香りを感じます。
口当たりは、スムーズで軽快で飲みやすく、少しの苦味を感じた後に甘みが広がりますが、
個性は感じず、少し味わいが薄っぺらい感じがします。

ロックで頂くと、香りは梨の香りがより強調される感じです。
口当たりは、ロックでも軽快でツンとくるアルコール感は無くまろやかで、少しの渋みを感じた後に甘みがが広がります。

ロックでも飲みやすいウィスキーで値段の割には悪くないのですが、強い個性は感じず印象に残り難い感じですね。
「サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション」受賞のタグがついていたので期待したのですが、
正直、ちょっと期待外れ。

「山陰じゃなきゃダメ」という感じは無く、2杯目や3杯目のハイボールでグビグビ呑む程度かなぁ~
まぁ、それだったら「ブラックニッカ」や「サントリー角」で十分な気もする。

品名:ウィスキー
原材料:モルト、グレーン
アルコール度数:40%
容量:700ml
製造者:松井酒造合名会社

ミレックスジャパン 「富士山ウイスキー 40°」

DSCF8547.jpg
サン・フーズ韮崎工場が造り、ミレックスジャパンが販売しているノンエイジのブレンテッドウィスキーで、
割水に、海抜1,000m富士山の森林地帯その地下160mから汲み上げた
富士山特有の玄武岩層が重なる地層で長い年月をかけて磨かれた天然水を使用しているそうです。

ハイボールで頂くと、香りは少しアルコール臭を感じますが、樽の香も感じます。
口当たりは、まろやかで飲みやすいのですが、濃厚な味わいで食事との相性が良いウイスキーだと思います。

ロックで頂くと、香りは少し溶剤っぽいアルコール臭を感じますが、
口当たりはまろやかでツンとくるアルコール感は無く、微かに樽の香りも感じますが、強い個性は感じません。

個人的にはロックや水割りより、ハイボールが相性の良い飲み方だと感じました。

品名:ウィスキー
原材料:モルト、グレーン
アルコール度数:40%
容量:700ml
販売者:株式会社ミレックスジャパン
製造所:サン・フーズ 韮崎工場

Secoma 「十勝ブランデーハイボール」

DSCF8399.jpg
北海道の代表的なコンビニで、個人的に好印象を持っている「セイコーマート」の「十勝ブランデーハイボール」

アルコール分の15%が十勝池田町のブランデーを使用した商品で、
北海道産のブランデーを北海道が基盤のコンビニエンスストアが販売していると言うのがまた良いし、
ブランデーのハイボールと言う商品が珍しかったので購入してみました。

グラスに注ぐとスパークリンクワインのような美しい色で、ブランデーの芳醇な香りが微かに広がります。
口当たりは、先ずブランデーの芳醇な香りが広がり、まろやかな甘みが感じられる。
アルコール度数が7%と高いのに刺々しさが無く、優しい口当たりでとても美味しい。

品名:リキュール類(発泡性)①
原材料:ブランデー、食物繊維、レモン果汁酸味料
内容量:350ml
アルコール分:7%

サントリー「トリスクラシック」

DSCF8361.jpg
1946年、戦後間もない日本に生まれたサントリーウイスキー「トリス」

グラスに注ぐと色は少し薄い感じの琥珀色で、香りは控えめ…と言うか儚い感じ。
口当たりは、ロックで飲むと、ややピリッとした刺激を感じますが、ツンとくるアルコール臭は感じず、
栗のような香りと穀物由来の甘さがまろやかに広がります。

トワイスアップにすると、麦っぽさが強くなって私は好みではありませんでした。

ハイボールにすると、全く癖が無く、個性を感じられなくなりますが、
安ウイスキーの在りがちな嫌味も無いので、食中酒にも最適なウイスキーだと思いますが、
ロックかハイボールと言う、両極端な飲み方が良いというのも不思議な感じですね。

700mlで800円程度で買えますし、ウィスキー初心者にもおすすめ出来ると思いますが、
個性の強いウィスキーが好きな方には、少し物足りなく感じるかもしれませんね。

種別:ウィスキー
原材料:モルト、グレーン
アルコール度数:37%
容量:700ml

サン・フーズ「甲州韮崎 ピュアモルト」

DSCF8275.jpg
サン・フーズ韮崎工場が造り、富永貿易が販売しているノンエイジのピュアモルトウィスキー。
地名を冠したウィスキーはよく見かけますが、その中でも製造元も販売元もよく判りませんが、
近所のホームセンター手頃の価格だったので、買い物ついでに購入してみました。

ウイスキーの生産過程に関する情報はほぼありませんが、ピュアモルトを謳っているのでピュアモルトウィスキーなのでしょう。

グラスに注ぐと色は中庸な琥珀色で、香りは麦芽と爽やかな甘い香り。
口当たりは、若い原酒を使っているからか少々尖っているけれど嫌悪感は感じず、ライトな飲み口が軽やかな印象。
後味は少々アルコール感が鼻に抜けるのが気に掛かりますが、強い個性は感じずバランスの良いウィスキーです。

ハイボールにすると、更にすっきりとした感じで飲みやすくなります。

有名ブランドのウィスキーではないですが、食中酒として気軽にハイボールを楽しみには良いウィスキーだと思います。

原材料:モルト
アルコール度数:40%
容量:700ml

サントリー 「カナディアンクラブ」

DSCF8198.jpg
カナダ・オンタリオ州ウィンザーにある蒸溜所は、
清冽で豊かな水脈と自然に恵まれ、穀倉地帯にも近い等、イスキーづくりに最適な環境で蒸溜されたウィスキーで、
日本ではあまり目立たないカナディアンウィスキーの中では、トップクラスの有名銘柄。

グラスに注ぐと色は透き通った軽いゴールドで、甘いバニラのような香りが広がります。
口当たりは、ロックで飲んでもツンとくる刺激は感じず、
バニラのような香りと穀物由来の甘さがまろやかに広がります。

ハイボールにすると、軽い甘みを残しつ軽い感じで飲みやすくなりますが、個性を感じられなくなりますね。
口当たりから後味までバニラのような甘い香りが持続しまが、後味もすっきりしていて、全体的に柔らかい印象。

700mlで1,200円程度で買えますし、まろやかな飲み口と合わせて、ウィスキー初心者にもおすすめ出来ると思いますが、
個性の強いウィスキーが好きな方には、少し物足りなく感じるかもしれませんね。

種別:ウィスキー
原産国:カナダ
原材料:モルト、グレーン
アルコール度数:40%
容量:700ml
輸入者:サントリースピリッツ株式会社

キリン 「ホワイトホース ファインオールド」

DSCF7808.jpg
キリンが輸入販売するブレンテッド スコッウィスキーの「ホワイトホース ファインオールド」
1,000円程で購入出来る、手軽に味わえる上質なスコッチです。

ホワイトホースは、シングルモルト・ウイスキーのメインとも言える産地である、
スコットランドのスペイサイドという地域で作られる「スペイサイドモルト」のラガヴーリンのモルトをキーにしている。

香りは癖が無く、軽いスモーキーさを伴いつつも花や蜂蜜のような甘い華やかな香りを感じます。
口当たりは、スモーキーさは余り感じず、アルコール感をカラメルのような甘さが包み込むような感じで、
バランスが良く、癖が少なく、トゲの無いまろやかな口当たりと合わせて飲みやすい。

癖が少なく濃いめの味わいなので、ハイボールにしても美味しくいただけますよ。

種別:ブレンデットウィスキー
原産地:スコットランド
原材料:モルト、グレーン
アルコール度数:40%
容量:700ml
輸入者:麒麟麦酒株式会社

江井ヶ嶋酒造 「Green Forest~緑の森~」

DSCF7741.jpg
江井ヶ嶋酒造が造り、酒類食品卸問屋の「三菱食品」が販売しているブレンテッドウィスキー。
ラベルの雰囲気が良かったので購入した次第で、アオキスーパーで多分、980円(税別)でした。

江井ヶ嶋酒造のサイトを見に行っても記載が無く、素性を調べようと検索してみるとオークションばかりでゲンナリ……
しかも3本セットで1万円超と、結構ボッている輩が多くて驚きました。
無知に付け込んでタカろうとする輩ばかりだからオークションは大嫌なんだよね(-_-♯

「SEA FRONT~海岸通り~」と比べると、色は少し薄い飴色で、咳止めシロップのような甘い香りが広がります。
口当たりは滑らかで端麗のすっきりした味わいの大人しい感じの口当たりで、軽くスモーキーな香りが広がります。
強い個性を感じる事はないですが、飲みやすいタイプで気楽にウィスキーを楽しむには良い一本だと思います。

原材料:モルト、グレーン
アルコール度数:40%
容量:500ml

江井ヶ嶋酒造 「SEA FRONT~海岸通り~」

CIMG0169.jpg
江井ヶ嶋酒造が造り、酒類食品卸問屋の「三菱食品」が販売しているブレンテッドウィスキー。
ラベルの雰囲気が良かったので購入した次第で、FEELで1,706円(税込み)でした。

江井ヶ嶋酒造のサイトを見に行っても記載が無く、素性を調べようと検索してみるとオークションばかりヒットしてゲンナリ……
しかも2本で5,800円からとか、結構ボッている輩が多くて驚きました。コレだからオークションとか嫌なんだよね(-_-♯

色は濃い飴色で、少し甘めのモルトの香りが広がりますが、華やかに香り立つ感じもスモーキーな感じは殆どない。
口当たりは滑らかで端麗のすっきりした味わいの大人しい感じの口当たりですが、
強い個性を感じる事はない平凡な感じですが、飲みやすいタイプで気楽にウィスキーを楽しむには良い一本だと思います。

原材料:モルト、グレーン
アルコール度数:40%
容量:500ml

サントリー 知多

DSCF7478.jpg
サントリーのウィスキーと言うと、シングルモルトの山崎や白州が有名ですが、
サントリー向けのグレーン原酒を造っている愛知県知多市にあるサングレインの蒸溜所のグレーン原酒を使用し、
2015年9月1日に発売された新しいブランド。

トウモロコシ等の穀物を原料にし連続式蒸留器を使用したグレーン原酒は、
風味が軽やかで穏やかな味わいからサイレントスピリッツと言われるほど個性の薄いウイスキーという印象が強いですが、
知多は、ホワイトオーク樽、スパニッシュオーク樽、ワイン樽の3種類の樽を使用して熟成された原酒をブレンドしています。

しかし、700mlで4,000円弱と、そこそこのシングルモルトが買えてしまう価格帯。
だけど、愛知県民として「知多」のブランドを試してみました。

色は淡い飴色で個性は薄そうな印象。
「風香るハイボール」のキャッチコピーが有名ですが、先ずはロックで頂きました。
香りはバニラのような甘い香りが華やかに広がり滑らかな口当たりなんですが、その後に一瞬ケミカル臭が広がります。
しかし、刺激感は少ないがすっきりした酸味が聞いていて、僅かな苦みの余韻が残るが、全体的には甘さが強い感じ。
ハイボールにするとその印象は顕著で、甘さは残る一方、苦みや酸味は薄れ、非常に軽い飲み口になりつい飲みすぎる(^^;

強い個性は感じないけど、落ち着いて安心して飲めるウィスキーという感じで、食中酒にしてもよく合うと思いますし、
グレーンウィスキーだからチープって印象は、知多を飲むと間違いだと気付かされますね。

知多だけでなく、山崎と白州も並べて、気分に寄って飲み分けると面白いかもしれませんね。

原材料:グレーン、モルト
アルコール度数:43%
容量:700ml
プロフィール

PoLo

Author:PoLo
~未来は何処の空の下へ~
へ、ようこそ!

動画や短文投稿サイトが主流の
時代に逆らう、長文で写真が多く、
リアルタイム更新をしない、
スマートフォンでの閲覧を
想定していないサイトです。

「カメラ・写真」、「国内旅行」
「お酒」、「美味しい食べ物」、
「自転車」、「鉄道(客車・貨物等)」、
「ガーデニング」、「機械式時計」、
「I've Sound」と、
「おねがい」シリーズと、
「ラブライブ!」シリーズと、
新聞を読む事が好きな、
放蕩者の管理人PoLoが、
ストイックに我欲を追求し、
思いのままに書き連ねます。

被写体は、風景や古い街並み、
夜景、ネイチャー、鉄道です。
撮影はリバーサルフイルムを使用し
現像・スキャンに時間が掛かるので
公開はフイルム・デジタル問わず
撮影から、
2~3ヵ月後を目標とします。

2013年5月にα Sweet DIGITAL、
2014年8月にα-7 DIGITAL
2017年5月にD700
2018年5月にD300
2018年8月にK-5IIs
2019年5月にX-E2を購入するも、
メインはフイルムから変えずに、
毎月フイルム5本撮る事を目標に、
色々な被写体を撮影しています。

コメントに関しては、
誹謗、中傷、差別的発言、暴言、
猥褻・卑猥な言葉、
事業者による営利目的の宣伝、
記事内容と無関係な内容、
HNも名乗らない礼儀知らずや、
礼節を重んじない不快な投稿や、
道義的・法的に問題があるサイト、
有料サイト、有害サイト、
まとめサイト等へのリンク等は、
管理人の裁量で削除します。

トラックバックは、
成人向けや出会い系サイトが多く、
不快なので受付けていません。

細心の注意を払っていますが、
趣味の範囲内での運営であり、
文章中の誤字・脱字、情報の誤り等、
ご指摘頂ければ修正いたしますが、
他人に忖度する気のないので、
思想・価値観の違い等による批判は、
一切の聞く耳を持たず削除します。

当ブログの情報により、
不都合・不利益を被られても、
当方は一切の責任は負いません。

写真・文章の
無断使用・無断転載・無断直リンクは
如何なる理由でも一切禁止します。
転売目的の出品者が不快なので、
特にオークションからのリンクは、
厳重に禁止します。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード