神楽酒造 「純米酒 神楽」

R0022019.jpg
2月の酒蔵見てある記の際に購入した、神楽酒造 純米酒 神楽です。

やや甘口の芳醇な香りが広がり、口当たりはまろやかな酸味を感じるフルーティさが広がるがキレが良く、
まろやかな辛口の後味はスッキリとしていながら、柔らかな余韻を残す美味しい日本酒です。

アルコール度数:15%
原料:米(国産米)、米麹(国産米)
精米歩合:60%精米
飲み頃温度:冷や~ぬる燗

岩村醸造 「女城主 純米 生一本」

毎年注文している岩村醸造の「飲みくらべ頒布会 第1回」が先日、届きました。

飲みくらべ頒布会は今年で9年目の注文です。
寒い冬場はビールが余り進まず、最近は焼酎のお湯割りを楽しんだりもしますが、日本酒が良いので今年も注文しました。

DSCF7515.jpg
15.1%と日本酒としては少し高めのアルコール度数と、
特別純米酒と見紛うほどの香りの高さとすっきりとした酸味は白ワインのよう。
秋の濃厚な味わいの味覚ともよく合う日本酒です。

日本酒度:+4
酸度:1.7
アルコール度数:15.1%
原料米:ひだほまれ
精米歩合(麹):50%精米
精米歩合(掛):60%精米
飲み頃温度:冷~常温

平瀬酒造場 「久寿玉 手造り純米」

R0021861.jpg
飛騨特産 酒造米「ひだほまれ」と米麹だけで仕込んだ特別純米酒です。

上立ち香は控えめながら口に含むと豊かな香りが広がります。
味わいはソフトでなめらかな旨味が広がり、爽やかな酸味が調和し、すっきりとした後味が印象的。
冷や冷酒で飲んでも尖った所が無く全体的にまろやかで優しい味わいだが、
ぬる燗にすると更にまろやかな味わいになり、ほっこりと癒される味わいの特別純米酒です。

アルコール度数:15.5%
原材料名:米(岐阜県産)、米麹(岐阜県産米)
原料米:ひだほまれ(岐阜県産)100%
精米歩合:60%精米
仕込水:北アルプス伏流水(軟水)
日本酒度:±5
酸度:1.8
飲み頃温度:最適・ぬるめの燗(24~45℃)、適・冷や(8~15℃)~熱めの燗(45~55℃)

キリン 秋味

DSCF7464.jpg
秋だけの限定ビールで、麦芽を通常の1.3倍使い、
秋の味覚にあわせるように、通常の1.3倍の麦芽を使用した濃い味わいの贅沢なビールの2017年版。

グラスに注ぐとオレンジっぽいゴールドで、見た目からは濃さが想像できない。
飲み口は、よく冷えていると余りホップの香りは広がらず、少し温度が上がってきた方がホップの香りを感じやすい。
口当たりはどっしりとして濃厚。ホップの苦みと麦芽の濃さがしっかりと感じられ、アルコール度数も少し高く、飲み応え十分。

昨年は「秋味 堪能」しか買えず「秋味」を購入したのは一昨年以来なんですが、例年、こんなに濃い味わいでしたっけ?
だけど、少し涼しくなってきた今、ゆっくりと飲むのに最適な美味しいビールでした。

原材料:麦芽・ホップ・米・コーン・スターチ
アルコール分:6%
内容量:500ml

蒲酒造場 「白真弓 純米吟醸」

R0021838.jpg
岐阜のの酒造好適米「ひだほまれ」を55%に磨き、低温で仕込まれた純米酒。

控えめな上立ち香と対照的な少し酸味を感じるフルーティな含み香が広がる。
味わいはお米由来の柔らかな甘みとまろやかなコクが広がるが、キレが在って清涼感も感じさせるのど越しが印象的で、
後味は丸みのある甘味が控えめに広がり余韻を残す、物腰の柔らな雰囲気の上品な日本酒で非常に美味しい。

もしかしたら、今まで飲んだ中で3本の指に入る美味しい日本酒だと言っても過言ではないかもしれません。

アルコール度数:15度
原料:米(国産)、米麹(国産米)
使用米:ひだほまれ(国産)
精米歩合:55%精米
日本酒度:-2
酸度:1.4
飲み頃温度:冷やして5℃~12℃

キリン 「一番搾り 東京に乾杯」

DSCF7414.jpg
昨年、全国9箇所の醸造家がその土地の風土や郷土ならではの味覚にあわせた9種類の一番搾りが今年は47都道府県に細分化。
47都道府県の一番搾りの「一番搾り 東京に乾杯」の2017年版。8月に上京した際に西友で購入しました。

パッケージは他と同様に、右肩部には東京都の形をあしらっていて、色は緑色。
裏面は、他と違い名所や名物等のイラストではなく「一番搾り&TOKYO」のロゴがデザインされ、
東京支社長 高橋 正富氏のコメントになっています。

色は通常の一番搾りより明るく黄色っぽいゴールドで、泡立ちが非常に良く、ホップの香りが華やかに広がります。
口当たりは、ホップが良く効いた爽やかな香りと通常より強めの苦みが広がりコクが在る。
アルコール度数が5%と少々低めなのだが飲みごたえがあり、後味はスッキリとしてキレが良くて美味しいのだが、
僅かに苦みが残る感じが気になりました。

コメントに「目指したのは、世界に誇れる一杯」と在りますが、ちょっと表現が大げさな感じもしないではないですね。

原材料:麦芽・ホップ
アルコール分:5.0%
内容量:350ml

キリン 「一番搾り 名古屋づくり」

DSCF7405.jpg
相方がコンビニで見つけてきた「一番搾り 名古屋づくり」です。

昨年、全国9箇所の醸造家がその土地の風土や郷土ならではの味覚にあわせた9種類の一番搾りが今年は47都道府県に細分化。
47都道府県の一番搾りの「一番搾り 名古屋づくり」の2017年版。
パッケージデザインは昨年とほぼ一緒で、右肩部に県の形を金色であしらったデザイン。

DSCF7407.jpg
裏面も名古屋城天守閣をあしらっているのは同様だが、名古屋工場醸造長 有村治彦氏のコメントの内容が変わっています。

色は、通常の一番搾りよりオレンジ色よりの濃いゴールド色で泡の濃密な感じ。
味は、「なごやめしの濃厚な味わいに負けない」と在るように、
しっかりとした濃い味でコクがあり苦味も強く、アルコール度数は他より高い5.5%と飲みごたえのあるビール。
後味はその苦味の余韻を引くが嫌な雑味は感じられず、思いのほかすっきりと引いていく感じの美味しいビールです。

原材料:麦芽・ホップ
アルコール分:5.5%
内容量:350ml

原田酒造場 「山車 特別純米酒 飛騨の純露」

R0021857.jpg
吟醸並に磨き上げた高精白米を北アルプスの伏流水でじっくりと丹精込めて醸しあげた特別純米酒です。

さらりとした口当たりとキリッとした酸味、そしてふくよかな香りが広がり、追って米の旨味とコクが味わえる。
後味もすっきりとした淡麗辛口の美味しい日本酒で、暑い夏でも冷酒ですっきりと飲める爽やかな味わいでした。

アルコール度数:16.0度以上17.0度未満
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
原料米:ひだほまれ(岐阜県産)
仕込水:北アルプス伏流水
精米歩合:60%精米
日本酒度:+5
酸度:1.6
飲み頃温度:冷やして~ぬる燗

キリン 「グランドキリン 梅雨のエキゾチック」

DSCF7401.jpg
近所のショッピングセンターの酒販コーナーで見つけた「グランドキリン 梅雨のエキゾチック」です。
原材料にコリアンダーシードを使用しているために、日本の酒税法上は発泡酒扱いですが、当ブログではビールとして扱います。

グランドキリンの限定品は、毎度、凝ったラベルと専用デザインの栓を使用していて、手間とコストを掛けている印象。
「梅雨のエキゾチック」のラベルも、ステンドグラスのようにデザインされた紫陽花が鮮やかな印象で、
栓に描かれた開いた傘もまたお洒落な感じ。

今回のビアスタイルはベルギービールを参考にした「ベルジャン・インスパイアード」スタイル。

グラスに注ぐと華やかを感じる甘くまろやかな感じのスパイシーな香りが広がる。
飲み口は、すっきりとした感じで、香り程の甘さは感じないものの華やかな甘みと、後味にかけて徐々に広がるまろやかな苦み。
軽めの飲み口だけどドライじゃない美味しいビールで、ラベルにある「不思議な奥行き」と言う言葉がぴったりです。

原材料:麦芽(大麦麦芽・小麦麦芽)、ホップ、コリアンダーシード
アルコール分:5%
内容量:330m

キリン 「一番搾り 夏冴るホップ」

DSCF7403.jpg
キリン 一番搾りの限定醸造品で、清涼感と涼やかな香りを生み出す「ヘルスブルッカーホップ」をに使用した事を売りにしている。
パッケージは船上から大海原を行く航跡と入道雲が夏らしいイメージをデザインした爽やかな感じで、
裏には、谷川俊太郎氏の詩が掛かれている。

クリアなゴールドで泡立ちの良いビール。
飲み口は、柑橘系のようなホップの香りが爽やかで、控えめながらキリッとした苦みが広がる。
グラスに注ぎ、温度が少し上がっていくと、ホップの香りと苦みが強くなっていきますが、
口当たりは軽めで爽やかな感じ。少しセゾンビールに似ている雰囲気で、暑い夏によく合います。

原材料:麦芽・ホップ
アルコール分:5%
内容量:350ml
プロフィール

PoLo

Author:PoLo
~未来は何処の空の下へ~
へようこそ!

「銀塩カメラ・銀塩写真」、「国内旅行」
「お酒」、「美味しい食べ物」、
「自転車」、「鉄道(客車・貨物等)」、
「ガーデニング」、「機械式時計」、
「I've Sound」が
好きな放蕩者の管理人PoLoが、
ストイックに物欲・写欲を追求し、
思いのままに書き連ねるブログです。

被写体は、風景や古い街並み、
夜景、ネイチャー、鉄道です。
撮影はリバーサルフイルムを使用し
外注現像・スキャンに時間が掛かるので
更新は撮影から1ヵ月後を目標とします

2013年5月にα Sweet DIGITAL、
2014年8月にα-7 DIGITAL
2017年5月にD700を購入するも、
メインはフイルムから変わらず、
毎月フイルム5本撮る事を目標に、
色々な被写体を撮影しています。

誹謗、中傷、差別的発言、暴言、
猥褻・卑猥な言葉、事業者による宣伝、
記事内容と無関係な内容、
礼節を重んじない不快な投稿や、
道義的・法的に問題があるサイト、
有料・有害サイトへの誘導リンク等は、
管理人の裁量で削除します。

トラックバックは、
成人向けや出会い系サイトが多く、
不快なので受付けていません。

細心の注意を払っていますが、
趣味の範囲内での運営であり、
文章中の誤字・脱字、情報の誤り等、
ご指摘いただければ修正いたしますが、
思想・価値観の違い等による批判は、
一切の聞く耳を持たず削除します。

当ブログの情報により、
不都合・不利益を被られても、
当方は一切の責任は負いかねます。

写真・文章の
無断使用・無断転載・無断直リンク等は
如何なる理由でも一切禁止します。
転売目的の出品者を不快に思うので、
特にオークションからの直リンクは、
厳重に禁止します。

迷子の黒猫 Maukie
ネコ温度計
東京ステーションシティ
列車フラッシュ撮影自粛同盟

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード